マコモの植え付け

 4月28日(日)

DSC_4530.jpg

 連休2日目。と言っても我が家には関係ないことで日常の生活の延長が続いている。ガーデンもこの時期は緑が増えてきた。


 今朝も寒い。だがこれくらいが作業をするには良いだろう。マコモダケというのをこの年になるまで知らなかった。昨年の秋に鳥取に車で一人旅をした。立ち寄った道の駅でマコモダケと言うのを見かけた。料理方法も書いていた。この時は旅の途中だったので購入しなかった。帰ってから俄然興味が湧いてきて栽培しようと思った。

 マコモダケはイネ科マコモ属の多年草であるマコモの根元に出来る肥大した茎の部分だ。日本でも全国の河川や湖沼に群生しているという。現在畑にしている場所はかっては田んぼだった。当然湿地になっている。掘って池状態にすれば栽培できるかもしれない。ネットで苗を5株購入して鉢に植え付け冬越しさせた。そろそろ植え時になる。

 畑に行ってシャベルで穴を掘る。畑に使っていない場所なので、かっての田んぼのままだ。掘るのは粘土質なのでシャベルが重い。60㎝ほどの深さの穴を掘った。これくらいあれば5株は植え付けることが出来る。

 下に馬ふん堆肥を敷き、肥料を入れてもみ殻を置いた。それを土で覆って、その上に苗を植え付けた。水を張ったら崩れるかもしれないので粘土質の土で覆った。水を張って完了。明日から雨が降るので一杯に溜まるだろう。秋を楽しみに待つとしよう。

DSC_4535.jpg



 裏庭の数か所にシジュウカラの巣箱を設置している。今年もシジュウカラが巣を作ってヒナがかえったようだ。裏庭で作業をしているとヒナの鳴き声がする。隠れてみていると親鳥がせっせと餌を運んでいる。

DSC_4531a.jpg


 入り口が山側なので出入りする親鳥の写真を撮るのが難しい。見ていると親鳥は用心して巣箱に近づかないからだ。巣箱だけではなく毎年、ガーデンの何か所かで他の野鳥たちが巣作りをしている。無農薬なのでガーデン内にはたくさんのエサになる虫たちがいるんだろう。

 生きるもの全てに優しいガーデンにして良かった。

DSC_4532.jpg



 裏庭の土管の周り2か所にリシマキア・ペルシャンチョコレートを植え付けた。リシマキア・ミッドナイトムーンと見た目はほとんど変わらない。こちらの方がミッドナイトムーンよりも葉の色がちょっと濃いかな。

DSC_4543.jpg

DSC_4541.jpg


 明日は雨が降る迄は裏の境界の溝の整備の続きをするつもりだ。以前のようなスピードは無くなったが、ゆっくりとではあるがオープンガーデン開催に向かって着実に進んでいるようだ。

ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると感謝です。
よろしくお願いいたします。

      
人気ブログランキング
      
FC2ブログランキング
[PR] スポンサーリンク
dエンジョイパス
dヒッツ

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
dエンジョイパス
dヒッツ