旅行管理者 クイズ #旅行業法

問題誤りなどあればコメントお願いします

旅行業法

企画旅行に参加する旅行者を募集するための広告には、当該企画旅行を実施する旅行業者の旅行業務取扱管理者の氏名を表示しなければならない。

  • YES
  • NO

正解!正解!

不正解!不正解!

NO

旅行業務取扱管理者の氏名は表示事項ではない。


旅行業者は、本邦外の旅行であって、契約の締結の前に旅行者に旅程管理の措置を講じない旨を説明し、かつ、当該旅行に関する計画を定めるサービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付した場合には、旅行地において旅行に関する計画に定めるサービスの提供を受けるために必要な手続きの実施その他の措置を講じなくても良い。

  • YES
  • NO

正解!正解!

不正解!不正解!

NO

本邦外の企画旅行の場合、旅程管理のための措置省略は不可。


旅程管理業務を行う者として法の規定に適合する者の指導による旅程管理業務に相当する実務の研修を受けた経験は、当該研修を受けた地域を目的地とする旅行に係る旅程管理業務に従事した経験とみなされる。

  • YES
  • NO

正解!正解!

不正解!不正解!

YES

旅程管理業務に相当する実務の研修(研修旅行)も実務経験とみなす。


受託旅行業者は他の旅行業者に受託契約の再委託をすることができる

  • YES
  • NO

正解!正解!

不正解!不正解!

NO

受託契約の再委託はできない


受託旅行業者代理業者は受託契約において委託旅行業者を代理して企画旅行を締結することができると定められた営業所においても所属旅行業者の旅行業約款のみを旅行者に見やすいように掲示しまたは旅行者が閲覧することができるように備え置けば足りる。

  • YES
  • NO

正解!正解!

不正解!不正解!

NO

受託旅行業者代理業者の営業所には所属旅行業者の旅行約款とともに、委託旅行業者の旅行業約款も掲示または備え置かなければならない


旅行サービス手配業務取扱管理者はいかなる場合も他の営業所の旅行サービス手配業務取扱管理者となることはできない。

  • YES
  • NO

正解!正解!

不正解!不正解!

YES

他の営業所との兼務や兼任は一切禁止されており、例外なし

営業保証金に関する次の記述から、正しいものだけをすべて選んでいるものはどれか。
(ア) 旅行業者は、営業保証金の供託をしたときは、供託物受入れの記載のある供託書の写しを添付して、その旨を登録行政庁に届け出なければならない。
(イ) 登録行政庁は、旅行業の登録をした場合において、登録の通知を受けた日から30日以内に旅行業者が法第7条第2項の届出をしないときは、その定める7日以上の期間内にその届出をすべき旨の催告をしなければならない。
(ウ) 営業保証金の供託は、旅行業者の主たる営業所の最寄りの供託所にしなければならない。

  • a. (ア) (イ)
  • b. (ア) (ウ)
  • c. (イ) (ウ)
  • d. (ア) (イ) (ウ)

正解!正解!

不正解!不正解!

b. (ア) (ウ)

イ 供託の届け出は登録の通知を受けた日から14日以内のため誤り

企画旅行に参加する旅行者を募集するための広告に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  • a.広告の表示事項の一つに、旅程管理業務の実施の有無が定められている。
  • b. 旅行者が旅行業者等に支払うべき対価が出発日により異なる場合は、少なくともその最低額を表示しなければならない。
  • c. 企画者以外の者の氏名又は名称を表示する場合は、文字の大きさ等に留意して、企画者の氏名又は名称の明確性を確保しなければならない。
  • d.広告には、必ず、法第12条の4に規定する取引条件の説明を行う旨を表示しなければならない。

正解!正解!

不正解!不正解!

c. 企画者以外の者の氏名又は名称を表示する場合は、文字の大きさ等に留意して、企画者の氏名又は名称の明確性を確保しなければならない。

a.旅程管理業務を行う者の同行なので誤り、b.最高額も併記が必要、d.広告に取引条件説明事項をすべて載せていれば不要にできる

旅程管理業務を行う者に関する次の記述から、誤っているものだけをすべて選んでいるものはどれか。
(ア) 旅程管理業務を行う者として旅行業者によって選任される者のうち主任の者は、法第6条第1項第1号から第5号までのいずれにも該当しない者であって、観光庁長官の登録を受けた者が実施する旅程管理研修の課程を修了し、かつ、旅行の目的地を勘案して国土交通省令で定める旅程管理業務に関する実務の経験を有するものでなければならない。
(イ) 旅程管理業務を行う者として旅行業者によって選任される者のうち主任の者となるための国土交通省令で定める旅程管理業務に関する実務の経験は、旅程管理研修の課程を修了した日から1年以内に2回以上の旅程管理業務に従事した経験とする。
(ウ)法第12条の11第ઃ項の規定に適合する者の指導による旅程管理業務に相当する実務の研修を受けた経験は、当該研修を受けた地域を目的地とする旅行に係る旅程管理業務に従事した経験とみなされる。

  • a. (ア)
  • b. (ア) (イ)
  • c. (イ)
  • d. (イ) (ウ)

正解!正解!

不正解!不正解!

c. (イ)

c.1年以内に1回 もしくは3年以内に2回を経験とみなす

[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com