BREITLING ブライトリング一覧

ブライトリングのクォーツ腕時計!エアロスペースのインプレッション

 

こんにちは、ターコイズです。

パイロットウォッチで人気のブライトリングですが、ブライトリングのエアロスペース エヴォを購入し、今まで4ヶ月ほど使ってみて自分の感じた事などインプレッションしてみたいと思います。

 

クォーツのブライトリング?エアロスペース エヴォとは

ブライトリングの中で、レディースモデルを除きクォーツモデルは、プロフェッショナル コレクションの中のモデルにあり

プロフェッショナル コレクションの中でもエアロスペースエヴォは、一番シンプルなモデルでサイズも小さいモデルとなります。

 

アナログの針とデジタル窓を2つ持ち視認性は良く、さまざまな情報を一目で確認出来るパイロットウォッチです。

 

プロフェッショナル  コレクションは、一つのモデルを除き、チタン素材のケースを採用して大きいモデルが多いですが、大きさの割には意外と軽いモデルと言えます。

 

エアロスペース エヴォの仕様と機能

エアロスペース エヴォ

E79363101B1E1

チタン – ボルケーノ・ブラック

仕様

キャリバー ブライトリング79 温度補正スーパークォーツ(ETA) バッテリーの寿命3~4年

サイズ 43ミリ 厚さ10.8ミリ 重さ 100g

防水性能 100m 

ベゼル 逆回転防止ベゼル

風防 両面無反射コーティング サファイアガラス

機能 

クロノグラフ 1/100秒~59分59.99秒 それ以降は時間・分・秒で48時間までの計測

カレンダー 4年間のプログラム うるう年には変更が必要

その他、カウントダウンタイマー・デュアルタイム・アラーム・ミニッツリピーターなど他にも様々な機能あり

1つのリューズで全ての機能を操作出来るのもよく考えられているモデルだと思います。

 

 

エアロスペース エヴォには他にブルー文字盤とブラックチタン&ラバーストラップのタイプがあります。

 

ブライトリング エアロスペースの進化

ブライトリングのエアロスペースは、発売当初から気になってたモデルですが、クォーツという事でいつかは欲しいと思いながらも手が出せなかったモデルです。

 

1985年にエアロスペースは発表され、ひとつのリューズで全てを操作する基本的な形は変わることなく進化して今のエアロスペースエヴォに引き継がれています。

 

ブライトリングはモデルチェンジも多いブランドなので、文字盤のデザインや大きさなどは進化し変わってますが、基本的なベースデザインは大きく変わってなくても外観全体の造りのクオリティーは上がっていると感じます。

 

ケースはチタン素材を当時と変わらずに使っているのですが、チタンの加工技術の進化もあり当時の荒削りな感じから随分と滑らかな仕上がりに感じます。

 

エアロスペース エヴォのインプレッション

 

 

エアロスペース エヴォは、2013年にから新しく変わり発売されているモデルです。初期モデルは外径が40ミリでしたが、それから42ミリのアヴァンタージュ、そして43ミリのエヴォに変わってます。

 

ベゼルの形状もスッキリと進化している。

この辺りはブライトリング愛好者によっては意見が分かれる所だと思いますが、袖口に引っかかり難い形状へと変化しています。

 

私はこのベゼル形状に変わり、サファイアガラス風防の斜めに削ったエッジを少し出した事にによって正面から見るとベゼル内側にインデックスの刻みが反射で写り込み、立体感が出ていいと感じてます。

 

エアロスペース  エヴォのサイズ

サイズ的には40ミリくらいのサイズが、日本人的には好まれると思いますが、ブランドとしては迫力あるサイズ感を出していくのがブライトリングなのだと主張しているのでしょうね。

 

個人的にはこのサイズでも、とても軽いので使い勝手が良く満足しています。

エアロスペース エヴォの視認性

文字盤の12・3・6・9のインデックス数字が大きいので迫力あるのですが、ココに好みが分かれる文字盤ではないでしょうか。

視認性はこのアラビア数字のインデックスがポリッシュであるので、とても良いです。

 

暗闇ではこれ以外の数字と針の夜光で視認性は良いのですが、ポリッシュのデカい数字は暗い所でもちょっとした光が写り込み角度を変えるだけで視認性は意外と良くなります。

 

液晶部分は、ナイトビジョンゴーグルに対応したバックライト機能をもちプロフェッショナルモデルとしての機能も持っています。

 

エアロスペース エヴォの精度

温度補正があるクォーツなので、一般的なクォーツ腕時計と比べ10倍の精度を誇り、スーパークォーツと呼ばれています。いつも正確であり狂いを気にする事なく使いやすいモデルといえます。

 

エアロスペース エヴォの愛用者

歴代のエアロスペースを使っている方々には、意外と世界の王族の方や世界の経営者CEOの方なども多く幅広い愛好者がおられ、ANAの取締役会長も愛用してるパイロットウォッチ!なのです(笑)

高級ブランドにあるギラギラ感は無く、偉そうに見えなくて、若々しくスポーティーで正確、軽く着け心地のよい所が人気の理由なのかも知れませんね。

 

ブライトリングの正規品と並行品及び中古

今回、私はこのエアロスペース エヴォを正規店で購入しています。

ブライトリングでは、正規店で購入したモデルと並行品とは差別化しているので、ブライトリング ジャパンでの修理、メンテナンスのオーバーホールの金額に差があります。購入時はその辺りにも気を付けて欲しいです。

 

正規店での購入で、クラブ ブライトリングに入会すると、メンテナンス価格が半額、メンバーズマガジン、メンバーズサロン、イベントなどに参加できる特典もあります。

 

※たとえ正規品(中古)でも正規のメンテナンスや特典を受けるには、購入した本人、クラブ  ブライトリングのメンバーである事が必要です 。

 

そしてブライトリングの場合、並行品や中古品は比較的安く購入出来ますのでメンテナンスの事など考えた上で購入して下さいね。

正規メンテナンスでなくてもオーバーホールなどメンテナンスをしてくれる所もあるので安く買いたいなら中古もありです。

並行品の場合は、国内正規モデルには無いモデルもあり、日本では、それブライトリング?って感じのモデルがありますので確認してほしいです。

中古や並行品についてはコチラの記事で⇒中古や並行品で選ぶ腕時計ブランド!メリットやデメリット⁈

 

私はブライトリングの腕時計を今まで正規新品から中古まで数本買ってますが、一生を共に付き合うなら正規品かなって思います。

でも中古の魅力もあるんですよね~(笑)

 

まとめ

今年、購入したブライトリングのエアロスペース エヴォのインプレッションです。

ブライトリングのモデルラインナップの中でも少ないクォーツモデルで、プロフェッショナル  コレクションにあるアナログ針とデジタル表示のあるデジアナタイプのモデルです。

現行のモデルであるエアロスペース  エヴォは、43ミリのサイズで比較的大きいモデルですが、チタン素材ですので、軽く着け心地のいいモデルだと感じます。

 

腕時計としての視認性はとても良く一つのリューズで全ての機能を操作するのも特徴であり、直感的に操作できるのもよく考えられていますね。

ブランド腕時計に興味を持つ方にとって、クォーツモデルはあまり好まれないかも知れませんが、いつも動いていて正確で着け心地のいいモデルなので、私の中では出番の多いモデルとなっていますよ

 

ブライトリングの記事は他にこんな記事もどうぞ⇒【ブライトリング】クロノグラフが似合う男達の人気腕時計!

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました☺