ROLEX レビュー一覧

【ロレックス】GMTマスター青黒ジュビリーブレスレットのレビュー‼

こんにちは、ターコイズです。

GMTマスターⅡ【126710BLNR】ジュビリーブレスレットを購入して一ヶ月以上経ちました。

腕時計は購入し使ってみないとそれぞれの個性というか良いところや悪いって感じるとこもあるのでこのレビューを購入時の参考にして頂けたら嬉しいです😊

 

ロレックスGMTマスターⅡ!新旧モデル良い&悪いところ⁈ 黒バットマンジュビリーブレスレットのレビュー!

いきなりの総評としてGMTマスターⅡ黒バットマンRef.126710BLNRは、スポーツモデルですがジュビリーブレスレットなので

大人の魅力を感じさせてくれてフィット感は抜群!

とてもつけけ心地よく大変満足してるって事です(笑

 

ロレックスGMTマスターⅡ Ref.126710BLNR の外装!

現行オールステンレスのGMTマスターⅡはベゼルの色がのいわゆるペプシモデルと黒のバットマンモデルの2種類です。

 

ベゼル以外の違いとしてブレスレットの種類が3連のオイスターブレスレットと5連のジュビリーブレスレットとなりますが、

私の購入モデルは黒ベゼルの5連ジュビリーブレスレットです✌

 

GMTマスターⅡ青黒バットマンのケース

ケースのサイズは

今のロレックスは、サブマリーナは41ミリ、シードゥエラーは43〜44ミリとなりダイバーズ系が全て大きくなってます。

エクスプローラー系はエクスプローラーⅠは36ミリとサイズダウンしましたが、エクスプローラー2は42ミリですから最近のロレックスは大きくなったものです。

旧型Ref.16710 

引用元:https://the-ticken.com

スポーツモデルのサイズが変わる中で、GMTマスターⅡはケースサイズが変わらなくて良かったです。

旧型モデルのシードゥエラーと並べてみましたが、しっくりくるサイズ!今後もGMTマスターは40ミリの伝統を守って欲しいですよね。

 

 

しかし最近は他のブランドでは40ミリを超えるモデルも多く、腕時計にサイズ感の迫力を求める方にはかも知れません。

6桁モデルになってケース形状も丈夫に造られているので5桁のシャープさはないのと少し重くなってるでしょう。

 

GMTマスターⅡ青黒バットマンのベゼル!

傷は付きにくいセラミックベゼルは

ベゼル表面はとてもキレイに仕上げられたセラミックベゼルの採用で表面は滑らかなツルツルでピッカピカ!

綺麗に輝いて見える時のブルーの配色も👍

 

ベゼルの違いは好みもありますが、のペプシに比べ少し落ち着いた印象で、どんな場面でも安心して使えそうなのは黒ではないでしょうか

 

ベゼルディスクがセラミックとなり旧型モデルと比べて傷の入る心配は少ないですが

 

経年変化など使ってる中でベゼル表面のヤケなどの変化を楽しみたい方には。5桁の旧モデルの方がおすすめです。

 

GMTマスターⅡ黒バットマンのブレスレット&クラスプ

ジュビリーブレスレットの着け心地は

 

ジュビリーブレスレットは現行モデルだけではなく旧型モデルでも採用されていたこともあります。

 

ちょっと派手に見えたりしますがジュビリーブレスレットの着け心地はしなやかで腕にフィットするのでとてもいいですね。

 

中央の小さなポリッシュ部分のコマは3連オイスターブレスレットに比べてそれほど傷が目立たないことも

コマの接続部分が多いぶん汚れが溜まるとかブレスレットがのびやすいかも知れないですね。

 

腕に沿ったうかたちにフィットするので、他のロレックスではコマをひとつ取ってブレスレット調整してもらうのですが、

このジュビリーブレスレットではフルコマの状態で使ってます。

 

そして、イージーリンクを採用したクラスプの便利さは

6桁のモデルになってからケース、ブレスレットがとても丈夫になったことで高級感や安心感は増しました。

その中でも一番の良さはクラスプ部にイージーリンクを採用した事でしょう。

セーフティキャッチ付オイスターロックとイージーリンク(約 5 mmのエクステンションリンク)

 

5連ジュビリーブレスレットにスポーツモデルに採用されているダブルロックのクラスプはGMTマスターだけですね。

 

ケースもですがブレスレットやクラスプが丈夫になって高級感や使い勝手は良いのですが丈夫になったぶん少し重くなり軽さを求める方には

旧型モデルのカシャカシャ軽い感じや味わいは5桁の魅力ですね。

 

GMTマスターⅡ青黒バットマンのムーブメント

ムーブメントの変更点として最も便利に感じるパワーリザーブ70時間は

 

48時間のパワーリザーブから約70時間に延びた事で週末使わなくても止まらないのはサラリーマンにとっては便利と感じるでしょう。

 

このムーブメントの恩恵は、週明けにあっ、止まってないと実感できるのではないでしょうか。 

毎日使ってるならパワーリザーブはあまり関係ないって人もいますね。

 

旧型モデルよりも精度面で上がっているので時間の修正は少ないと思いますよ。

日差 - 2 ~ + 2 秒(ケーシング後)

 

いろいろ自分の目線で書きましたが、人によっては体格や感じ方も違うし好みも違います。

 

使ってみないと分からないこともあるので少しでも参考になればと思います。

 

腕時計は良い部分や悪いと思うこともありますが、好きか嫌いはまた別なんですよね(笑)

 

指定モデルとなると次は一年間は買えないので、選ぶときには本当に心から好きなモデルを選んでくださいね。

楽しい腕時計ライフを!

 

まとめ

GMTマスターⅡ黒バットマンジュビリーブレスレットを購入して感じた事をレビュー

 

腕時計は購入し使ってみないとそれぞれの個性というか良いところや悪いって感じるとこもあるのでこのレビューを購入時の参考にして頂けたら嬉しいです😊

  • ケースサイズ40ミリは
  • 傷付きにくいセラミックベゼル
  • ジュビリーブレスレット着け心地
  • 微調整可能クラスプ
  • 70時間のパワーリザーブムーヴメント

 

そりゃ自分が気に入って買ってるのでそんな悪いところはないです(笑)

 

ロレックスも年々新しモデルを発表し進化を遂げています。ただ、自分にとってすべて新しいモデルが良いとは限らないので

新型、旧型それぞれの良さを知って自分に合う腕時計を探して欲しいです。

 

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

 

 


スカイドゥエラー(Ref.326934)レビュー&インプレッション!

こんにちは、ターコイズです。

ロレックスのスカイドゥエラー(Ref.326934)の使用感などレビューしてみたと思います。

 

スカイドゥエラー(Ref.326934)レビュー&インプレッション!

スカイドゥエラーは2012年にロレックスから2つの時間帯と年次カレンダー機構を搭載したモデルとして登場しました。

 

当初は金無垢モデルのラインナップでしたが、2017年に待望のステンレスモデルの登場でさらに人気が出たモデルです。

 

文字盤カラーは、人気の高いブルー、ブラック、ホワイトの三種類。(コンビ系や金無垢モデルでは違う文字盤のカラーも)

 

スカイドゥエラー(Ref.326934)スペック

スカイドゥエラーのステンレスモデル

  • ケースサイズは42ミリ
  • ホワイトゴールドのフルーッテドベゼル(双方回転リングコマンド)
  • ブレスレットは3連オイスター(ジュビリーブレスレット仕様もある)
  • イージーリンク搭載クラスプラス(約5ミリの微調整可能)
  • サファイアガラス風防サイクロップレンズ付き
  • 防水性能 100m
  • パワーリザーブ約72時間
  • キャリバー9001搭載の両方向自動巻き
  • 精度 日差−2〜+2秒(ケーシング後)

サロス 年次カレンダー

一年を通して正確な日付表示(3月1日のみ調整)

  • ダイヤルのオフセンターに配置された24時間表示
  • 24時間表示によりホームタイムの午前、午後を判断
  • ダイヤルインデックス外の12の小窓の赤の印が月を表示

価格

3連オイスターブレスレット 

¥ 1,564,200円(税込)

 

ジュビリーブレスレット  

¥ 1,586,200円(税込)

引用元:2021‐2022 ROLEX.COM カタログより

ジュビリーブレスレットのタイプはまだ見た事もないですが、着け心地は気になるところです。

ただ、オイスターブレスの方がスポーティーというかカジュアルに使えるのでいいと感じます。

 

こんな貴方におすめ⁈ スカイドゥエラーレビュー&インプレッション!

外観は42ミリなのでロレックスの中ではちょっと大き目の現行エクスプローラーⅡと同じサイズとなります。

現行のサブマリーナやデイトジャスト41ミリよりも1ミリ大きいだけのサイズですが、腕に着けた感じでは大きく迫力を感じます。

 

ケースの厚みも形状がスポーツモデルと違いぷっくりしてるので、実際には1ミリ厚いシードゥエラーよりも存在感は大きいですね。

 

文字盤の中に24時間表示、月、日にちなどをスッキリシンプルにまとめられているのは流石にロレックスといったところ、キラキラと輝くフルーテッドベゼルも幅広く魅了する腕時計だと感じます。

 

あわせて読みたい

 

文字盤自体(風防)の径が大きいと腕時計は大きく感じケースサイズは同じでも文字盤の径が小さいと腕時計の大きさは小さく感じます。

実際の径は、同じでもサイズ感はわからないのが腕時計だといつも感じますね。

 

スカイドゥエラーが似合う男性は?比較的腕の太い方におすすめ!

腕のサイズで言うなら17.5cm以上の方でしょうか

ブレスレットの調整もフル駒で使えるか1駒を取っても長めの調整で使えるくらいの方がベストでしょう。

 

スカイドゥエラー(Ref.326934)の魅力!

引用元:the-ticken.com

このモデルの魅力は、アニュアルカレンダー機構を搭載しながらもスッキリしたデザインに仕上げられ、ロレックスの持つ堅牢性を兼ね備えたモデルだと感じます。高級感も半端ないです(笑)

 

防水性もしっかり備え、実用的に毎日使える腕時計としてロレックスは評価されていますが、複雑な機構をシンプルな見た目でデザインされているのも人気の秘密でしょう。

引用元:the-ticken.com

それに、ステンレスのケースを採用しているモデルですので、金無垢モデルほど高額ではなく複雑機構を備えたモデルですが、コスパもいいですよね。

 

文字盤の色によって印象も変わりますが、ビジネスでもプライベートでも活躍する腕時計ですね。販売数も少なく人とかぶる事などないし

スポーツモデルばかりでなくこういったモデルも魅力的です。

 

スカイドゥエラーのホワイト文字盤

ちなみに、ホワイト文字盤を使っていますが、白系好きにはたまらない文字盤でもあります。

見る角度によってホワイト、パール、シルバー、アイボリーと変化、24時間表示のインダイアルもホワイトやグレーっぽい見た目も素敵です。

文字盤への反射でクロマライト夜光を楽しめるのもいいですし、光の角度によって影の見え方で楽しめるのは断然ホワイトですね。朝日と夕日のような斜めからの光は癒されます(笑)

 

スカイドゥエラーの短所?

短所というか、大き目の腕時計の宿命⁈

ケースと厚み、ブレス幅は広くなってますが、やはりケースの本体側が重く感じます。

 

もっと重いコンビのシードゥエラーですが、ケースとブレスレットの重量バランスはシードゥエラーの方に軍配が上がります。

ミルガウスをお持ちの方ならあの重量感やバランスを少し増幅した感じでしょうか、ディープシーまではいかないです。

 

それとケースの裏蓋の飛び出した形状で腕に当たる部分が広いため汗をかきやすいと感じましたね。

大きく重い腕時計ではどれもあてはまりますので、気になる部分は人それぞれですけど。

 

軽く小さ目の腕時計を使っていても、たまにこんなモデルを着けた時の包まれ感や重量感がたまらないですね(笑)

 

これは、特徴として分かって頂きたいのでどちらかと言えばという感じで捉えてくださいね。すべての感覚は個人差もあるので、、💦

 

腕時計はいつもキレイに保ちたいあなたに 

まとめ

ロレックスのスカイドゥエラー(Ref.326934)の使用感などレビュー!

 

サイズは42ミリでロレックスの中では大き目のサイズで、エクスプローラーⅡと同じですが、文字盤径が大きいので迫力や存在感はあります。

 

複雑な機構を備えたサロス年次カレンダーを搭載していてロレックスのもつ堅牢性を持つ優れた実用時計でしょう。

ステンレスモデルを発売したことで人気も急上昇し金無垢モデルよりもコスパが良く魅力的な腕時計といえます。

 

大きなサイズですから人によってサイズが合わない、重いなど気になるところもありますが、それも大きな魅力で楽しめる腕時計ですね。

なかなか市場に出回っていないモデルですが、触れる機会があればスカイドゥエラーの魅力を体験して欲しいです。

 

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました😄

 

あわせて読んでね!

The post スカイドゥエラー(Ref.326934)レビュー&インプレッション! first appeared on 腕時計バカ!おすすめ人気ブランドの紹介から楽しみ方まで.

オイスターパーペチュアル36レビュー!新作コーラルレッドの魅力

 

こんにちは、ターコイズです。

鮮やかな新色で話題となった2020年の新作オイスターパーペチュアルの魅力に迫る

オイスターパーペチュアル36レビュー!新作コーラルレッドの魅力

ROLEX OYSTER PERPETUAL 36   Ref.126000

2020年の新作として登場したロレックスのオイスターパーペチュアル36、サイズは36ミリでダイアルの色がコーラルレッドの文字盤です。

 

仕様

  • ムーブメント 自動巻き (両方向自動巻)
  • キャリバー Cal.3230 
  • ダイアル コーラルレッド 
  • パワーリザーブ 約70時間
  • ケース素材 ステンレス  
  • サイズ 36ミリ 厚み ミリ    
  • ブレスレット 3連オイスターブレスレット
  • 風防 サファイヤガラス 
  • 防水性能 100m

価格 ¥588,500円 税込

あわせて読みたい

 

昨年の末に、スポーツモデルなど見る事のないロレックス正規店のショーケースの中でパッと!目に留まったコーラルレッドの新作オイスターパーペチュアル

2020年の新作のオイスターパーペチュアル36を見るのは始めてだったのでショーケースから出して見させて頂きました。

ロレックスとは思えないような色で気になってる方も多いと思います。実物を見ると鮮やかな艶のある文字盤でロレックスらしいしっかりとした造りです。

 

ここは読み読み飛ばしてOK!(笑)

自分としては色やサイズ感が少し合わないような気がしたので、ショーケースへ戻してもらおうとしてたら、いつもはロレックスに興味のない奥さんが、食いついた!(笑)

いい色じゃない⁈  えっ? 

ちょっとサイズが小さいからな~と言ってたら

腕を出す奥さん

おっ!それじゃあと乗せてみたらいい感じ!

色とサイズ感はやはり女性にも合いますね、なんて店の方と話してると

コレいいなぁ~、うん。 えっ、、?

 

うん!私がコレ欲しい、、、えっ~‼ マジで!

久しぶりに腕時計が欲しいと言われて私が買うなとは言えません💦  

 

 

ロレックスの色物ペアって事でミルガウスと一緒に使うのも良さそうです。

 

ROLEX オイスターパーペチュアル36 コーラルレッドの魅力!

ロレックスの魅力

何と言っても丈夫で壊れにくい実用的なロレックスは魅力的です。

保証期間は5年、毎日酷使して使ってないなら10年くらいメンテナンスしなくても大丈夫じゃないのと言われるほど丈夫です。

そして、世界的に人気のモデルも多く、特にステンレスのスポーツモデルは資産価値として持ってる方も多いブランドです。

新作オイスターパーペチュアル36 魅力的なコーラルレッド

オレンジとレッドの中間的な色が綺麗で今までのロレックスにはないダイアルのオイスターパーペチュアルのコーラルレッド!

 

艶のあるコーラルレッドに黒い文字とサークルが引き締まって見えホワイトゴールドの立体感あるインデックスの枠とROLEXの王冠は輝いて綺麗す。

コーラルレッドだからか、室内の照明では角度によって王冠がYGに見えたりするのも高級感があって👍

 

鮮やかでパッと目を引く色ですが、36ミリは男女共に使える中間的サイズなのでお洒落に使えるモデルでしょう。

クラスプのマークは削り込まれたシンプルタイプ、もちろんイージーリンクは備えていますので微調整可能で使いやすいです。

腕のサイズが違うので広げた状態でも私の腕に通すのもギリギリ、お互いの腕がそれ程違いがないなら兼用でつかえますが、私はこれだとをフルコマにしないと無理だな(笑)

 

コーラルレッドとクロマライト夜光の相性は良くキレイに感じ、ターコイズブルーっぽくて良い感じです。

サイズ的に36ミリなら男性でも女性でもお洒落に使えるサイズで文字盤色はビジネスでは厳しいですが、プライベートで使うならファッションに合わせて使いたいモデルですね。

まだ、正規店では見かける事も少ないですが、あれば一度腕に乗せてみて下さいね。どんなファッションスタイルで合わせようかワクワクするモデルになるかも知れませんよ。

 

まとめ

2020年の新作として登場したロレックスのオイスターパーペチュアルの中で、サイズは36ミリ、ダイアルの色がコーラルレッドの鮮やかな文字盤です。

日付表示のないシンプルな文字盤ですが艶のあるコーラルレッドはオレンジっぽいレッドで華やかです。

36ミリのサイズは男女共に使えるサイズですのでファッションに合わせた楽しめるモデルですね。

オイスターパーペチュアルの新作は41ミリサイズや新色は他にターコイズブルーやグリーンなどあるのでペアで使ってみるのもいいですね。

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

 

The post オイスターパーペチュアル36レビュー!新作コーラルレッドの魅力 first appeared on 腕時計バカ!おすすめ人気ブランドの紹介から楽しみ方まで.

ロレックスのコンビモデル!シードゥエラーの魅力&レビュー!

 

こんにちは、ターコイズです。

ロレックスのレビューシリーズの第二弾としていきなりですが、シードゥエラーでは一番新しいシードゥエラーのコンビモデルです。

コンビモデルのロレックスはどうなの?って思ってましたが、実際に触れて感じた迫力や使ってみての魅力やレビューをお届けします。

ロレックスのコンビモデル!シードゥエラーの魅力&レビュー!

ROLEX  SEA-DWELLER  Ref.126603

仕様

  • ムーブメント 自動巻き  Cal.3235   
  • パワーリザーブ 約70時間
  • 文字盤 ブラック 半艶
  • 日付表示
  • ブラックセラクロム逆回転防止ベゼル
  • 素材 ステンレス&18金イエローゴールド
  • サイズ 約43ミリ 厚み約15ミリ
  • クラスプ セーフティキャッチ付オイスターロック、 ロレックスグライドロック エクステンション システム
  • 風防  サファイヤガラス サイクロップレンズ付き 
  • 防水性能 1220m

価格 ¥1,754,500円 税込

2019年に登場したシードゥエラーのコンビモデル(ロレゾール)に驚いた方も多いのではないでしょうか

ロレックスの中でもシードゥエラーのモデルだけは、今までステンレス素材のモデルしかリリースされてなかったので、このコンビモデルの登場でロレックスの方向性が少し変わって来たと感じます。

 

このモデルが登場する2年前の2017年にシードゥエラー4000の後継機としてRef.126600、いわゆる赤シードが登場し、ディープシーとシードゥエラーの二つのモデルで現行モデルは決まったと感じていたので追加でのコンビモデルにインパクトはありました。

 

ロレックス シードゥエラー Ref.126603の魅力‼

シードゥエラー初のコンビモデルですが、プロフェッショナルモデルのモデルとしてのサイズ感、重量感、バランスなどの検証です。

文字盤&視認性

文字盤の迫力!サイズアップで大きく見え、文字盤の針、インデックスも勿論ゴールド仕様なので室内だと夜光部分がアイボリー色に見えます。

 

サイクロップレンズがある事で日付の視認性はいいですね!サイクロップレンズ否定派の方も居られますが、私はシードゥエラーでもあったら助かります(笑)無反射コーティング仕様になって5桁の時代より視認性はやはり👍

 

全体的のサイズ感

ロレックスのプロフェッショナルモデルの中でも43ミリは大き目のモデルなので現行のサブマリーナと比べても大きく感じます。

41ミリになった現行サブマリーナは1ミリのサイズアップで、旧モデルと並べないと気付かない程度のサイズ感ですが、シードゥエラーの43ミリケースは大きく感じます。

ブレスレット幅もとフラッシュフィット部で23ミリと広くなっているので迫力があります。

 

腕に乗せ真上から見たサイズ感はそれ程でもないですが、全体的に大柄になった感覚で、サイドから見ると迫力あるサイズ感です。

 

ケースの厚みがディープシーより薄くケースを全体的に見たサイズなどのバランスはいいと感じます。

 

 

近年のスポーツ系腕時計では、43ミリは大き過ぎるサイズではないブランドも多いです。

昔より囁かれていたロレックスのサイズアップが今、次々と現実化されている感じですね。

 

重量感とバランス

重量感ですが、ベゼル、リュウズ、3連オイスターブレスレットの中央コマなどに18Kゴールドを使ったモデルですので重いです。

ディープシーも重いですが、ゴールドを使っているので全体的に重いです。

 

オール金無垢モデルやプラチナモデルなどもそうですが、ブレスレット自体に18Kが入っているので全体的にバランスよく重い感じです。

少しケースだけが重く感じるディープシーやオイスターフレックスモデルの感覚とは違う重さ感ですね。

 

使用感とお気に入りポイント!

迫力あるロレゾール!一度はコンビモデルを試したかったのですが、ドレス系よりは私に似合うスポーツ系でシードゥエラーのコンビモデルは発売されてから気になっていたモデルでした。

選ぶ際にコンビのサブマリーナもあったので二本並べ着け比べてみながら最終的に迫力あるシードゥエラーに決定。

 

今までブライトリングであったりIWC、パネライなど大きなモデルを経験している中で大きいサイズのどっしりとした着け心地も好きなんですよね、重さもそうですがデカいモデルの太目ブレスレットを腕に巻いている心地よさがあります(笑)

 

プラチナやオール金無垢モデルも迫力や重量感はいいですが、かなりの高額だしちょっと人目を気にしちゃうモデル💦

 

コンビモデルは、ケースやブレスレットのサイド部分はステンレス素材なので少し当てたくらいでは気にならないのも👍

 

クラスプのセーフティキャッチ付オイスターロック、 ロレックスグライドロック エクステンション システムは安心感と着け心地を調整出来る良さがあります。

重めのモデルは緩めのブレス調整よりピッチリのサイズ感がいいので微妙に調整出来るクラスプは助かりますね。

ただ、ステンレスモデルにはダイバースーツ用にもう一段伸びるコマがありますが、コンビモデルには無い仕様です。

 

伸ばす調整ではセンターポリッシュのゴールドにステンレス素材だけのコマが見える事で採用してないのだと思います。

 

このモデルはプロスペックモデルとはいえドレス系に寄せたダイバーモデルということでしょうね。

 

もう一つのお気に入りは、ゴールドレターのSEA-DWELLER 文字が良かった(笑) サブにはない色付きモデル名は、見た目の文字バランスがとてもいい。

赤シードよりもカッコいいゴールド‼

 

希少性

ロレックスの正規店ではプロフェッショナルモデル以外のデイトジャストなどでも並べていない状態が続いていますので

直ぐに購入が出来ないかも知れないので今は少し希少性があるのかも知れませんが、コンビモデルはそろそろ出回って来るのではないでしょうか。

 

ロレックスのコンビモデル(ロレゾール)の人気

ロレックスの中でもコンビモデルは、昔からそれ程人気がなくデイトナでさえよく並んでましたから、これからはコンビや金無垢モデルから次第に正規店に並び始めてくるのではないかと思います。

 

今後、コンビモデルの人気が上がるのは考えにくいですが、コンビモデルでも、青サブと呼ばれるブルー文字盤のサブマリーナや、カフェオレと呼ばれるGMTマスターⅡなどは人気のあるモデルなので店頭に並ぶ事は少ないと思います。

 

ロレゾールと呼ばれるロレックスのコンビモデルですが、年齢を重ねた40代以上の方にはとても似合うモデルだと感じます。

オールステンレスモデルもいいですが、ゴールドのコンビモデルも一本あると魅力ある男になれるかも(^^)

 

まとめ

ロレックスのレビューシリーズの第二弾として新しいシードゥエラーのコンビモデルです。

実際に触れて感じた迫力や使ってみての魅力やレビューです。

 

2019年にリリースされたコンビモデルのシードゥエラー!今まではシードゥエラーだけにはゴールド素材を使って来なかったロレックスが遂にコンビモデルを出しました。

気になる仕様としては

シードゥエラーは2017年にサイズアップされているので43ミリのケースになりブレスレット幅も広いので大柄になった印象ですが

 

大きくなったとはいえ、現代のスポーツ系ブランドウォッチとしては標準的なサイズ感とも言えますね。

43ミリのコンビモデルは迫力がありビジネスシーンで使うにはむずかしいかも知れませんが、シードゥエラーはスポーティーであり豪華なドレッシーさを併せ持つ大人の魅力を感じるモデルに仕上がっていますよ。

 

あわせて読みたい

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

 

The post ロレックスのコンビモデル!シードゥエラーの魅力&レビュー! first appeared on 腕時計バカ!おすすめ人気ブランドの紹介から楽しみ方まで.

シードゥエラー【16600】ロレックスのレビュー!過去からの記録!

 

こんにちは、ターコイズです。

過去に購入歴のある腕時計を振り返りながらレビューしていくシリーズとして書いていきたいと思います。

過去から現在までいろんな腕時計が私の中を通り過ぎて忘れかけた腕時計への想いなど記憶を辿るわたしの記録。

これから購入を考えている方へ少しでも参考になればと思います。

ロレックスシードゥエラー 16600!男が惚れる本気のダイバーズ‼

ロレックスシードゥエラー16600は、ロレックスのプロフェッショナルモデルの中でも本気のダイバーズモデルと呼べるモデルです。

シードゥエラーRef.16600は私にとって始めてのロレックスであり今では懐かしモデルです。

ロレックスのダイバーズモデルの中でもサブマリーナより本格的なプロフェッショナルモデルの印象なのでダイバーズモデルとしての人気はサブマリーナの方が上っだったようです。

A番のモデルを2000年に並行店で購入してました。よく見ると16600の0が抜けてたり付属の錨はサブの物でした(笑)

この時、本体とケース、紙のギャランティー、錨、ダイバースーツ用ロング駒板、コーピーの説明書みたいなのが付いてましたが、ドライバーやカレンダーなどは付属していませんでした。

当時買ったお店では、並行品は付属品などがそれぞれ違うと言ってましたね。

ロレックス  シードゥエラー Ref.16600

1991年頃に登場し2008年頃まで製造されていたロレックスの本格ダイバーズモデルです。

サブマリーナの300m防水に比べ1220mもの防水性能を誇り本格ダイバーズモデルとして差別化されていました。

※V番が最終品番となりRef.116660のディープシーへ変わっていきます。

仕様

  • 素材  ステンレススチール
  • ムーブメント cal.3135  
  • パワーリザーブ 48時間
  • ケースサイズ 40ミリ    
  • ストラップ 3連オイスターブレスレット  
  • 風防  サファイヤガラス 
  • 防水性能 1220m

 

ロレックス Ref.16600 シードゥエラー 惚れたぜポイント!

引用元:the-ticken.com

  • 防水性能は超安心‼サブマリーナだって300mあるのですが、シードゥエラーの1220mは異次元です。
  • サブマリーナより性能面では上位機種となる優越感。
  • サイクロップレンズ無しの風防はスッキリしています。
  • ダイバーズスーツにも対応したエクステンションブレスにロック機構を採用してはずれにくい構造。
  • より深く潜る為にヘリウムエスケープバルブを搭載している本格ダイバーズ。
  • 裏蓋の刻印がシードゥエラーの証!(当時の現行モデルの中ではシードゥエラーだけ)
  • ※6桁のモデルと比べたら軽くて使い心地はいい。

 

ロレックス Ref.16600 シードゥエラー イマイチなポイント!

  • サブマリーナと比べて腕に乗せた感じが重いです。
  • サブマリーナより厚みもあるので袖に引っ掛かりやすい。
  • 価格的にサブマリーナよりも高い。
  • サイクロップレンズの方が日付は確認しやすい。
  • ※6桁モデルと比べたらベゼル部やクラスプの構造がチープに感じます。(逆にコレが軽く良い部分でもあります)

 

ロレックス Ref.16600 シードゥエラー購入の注意点

  • 古いモデルではケースの磨き、傷、ブレスレットの緩みなど気になるところ。
  • 中古モデルなので交換された部分などオリジナルに拘るならしっかりと確認。
  • 1998年頃のモデルになってくるとトリチウム夜光のモデルも存在しています。
  • 文字盤や針の交換等で夜光がトリチウ、ルミノバが混在してるモデルもある。
  • 今の状態、精度などもしっかり伝えてくれる良心的な中古ショップなどの業者を選ぶ。

ロレックス Ref.16600 現在の中古価格

2020/12 現在の販売価格をみると100万円前後の価格帯です最終品番だと160万円以上の価格で最近売られていましたが、5桁のスポーツモデルもまだ高騰してますね。

ロレックスのスポーツモデルは年々高騰しているので当時の価格を知ってる方からしたらとても高額に感じます。

年式や程度によって価格帯も違いますから自分が欲しいと思える文字盤の夜光であったりベゼルの表記など拘りがあればしっかり確認して欲しいと思います。

 

まとめ

過去の所有してた腕時計を振り返りながらのレビューシリーズの中での第1弾モデルとしてロレックの116600シードゥエラーです。

ロレックスの中でもプロフェッショナル色の強いダイバーズとして人気モデルです。当時、サブマリーナに比べて、かぶる事が少ないのでシードゥエラー選んでいた方も居たのではないでしょうか。

 

よりプロフェッショナルなダイバーズモデルとして機能、性能を持ち、ちょっと重く厚いケースですが存在感あるモデルですが、最近のモデルに比べれば軽く着け心地もいいです。

高騰してますが、欲しい時が買い時で購入を考えているなら良い個体を探して欲しいと思います。

あわせて読みたい

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

The post シードゥエラー【16600】ロレックスのレビュー!過去からの記録! first appeared on 腕時計バカ!おすすめ人気ブランドの紹介から楽しみ方まで.