ROLEX ロレックス一覧

ロレックスの新作!新色?サイズアップのサブマリーナを徹底チェック!

 

こんにちは、ターコイズです。

先日、やっと今年のロレックス新作が、発表されましたね!

新作モデルのサブマリーナ!サイズアップされた気になるモデルをチェック!

 

ロレックス新作モデル!2020年の新作スポーツモデルの変更点は⁈

気になる新作モデルの中でもロレックスの場合メインはやはりスポーツモデルでしょう。今回の新作スポーツモデルはサブマリーナ!

40ミリからのサイズアップで41ミリモデルがサブマリーナの基本的サイズに変わっています。

たった1ミリといっても腕時計の1ミリの違いは大きく感じますので、この変更には賛否両論あるのではないでしょうか

それと内部キャリバー3230系への変更でパワーリザーブが約70時間に延びた事で使いやすくなると感じます。

それではチェックしてみましょう。

2020新作!サブマリーナ 41ミリ オイスタースチール

サブマリーナ デイト

旧 116610LN 126610LN

旧 価格 ¥943,800円 ⇒ 新 価格 ¥965,800円

126610LN

引用元:content.rolex.com

サブマリーナ ノンデイト

旧 114060 ⇒ 124060

旧 価格 ¥832,700円 ⇒ 新 価格 ¥854,700円

124060

引用元:content.rolex.com

写真だけではあまり違いが分からないのですが、座布団ケースと呼ばれていた以前のモデルに比べ少しスッキリしているように見えます。実物で違いを確認したいところですね。

引用元:content.rolex.com

ケースサイズが大きくなった分厚みも増してると思われます。旧モデルに比べてサファイアガラスの飛び出しが大きくなってますね。

 

このモデルチェンジでロレックスのダイバーズ系のモデルは

サブマリーナ系が41ミリ

シードゥエラー系が43ミリ

ディープシー系が44ミリ

今回のモデルチェンジで、ロレックスのダイバーズ系モデルは40ミリからの脱却をしました。他のブランドのダイバーズ系も時代と共に大きくなっている中でロレックスも遂に変わりました。

 

今回のサブマリーナの変更での一番の話題はやはりグリーンサブマリーナですね。

以前のモデルが、文字盤までグリーンに変わったグリーンサブがまたブラックの文字盤に戻りベゼルのみグリーンのベゼルになった事でしょう。

 

サブマリーナ デイト  グリーン

旧 116610LV  ⇒  126610LV

旧 価格 ¥ 987,800円 ⇒ 新 価格 ¥ 1,009,800円

126610LV

引用元:content.rolex.com

新作はベゼルだけグリーンのサブマリーナに戻りましたが、落ち着いた雰囲気で前モデルが少し目立ち過ぎると感じていた人にとっては良かった変更ではないでしょうか。

ただ、前作の文字盤までグリーンだったモデルに比べ、実質ベゼルの色だけの違いで価格差が、(笑)

今回の新作ので旧グリーンサブが高騰していますが、どこまで行くのか

 

今回のモデルチェンジはサイズの変更も大きいですが、キャリバー3230系の変更点も大きいです。パワーリザーブが約70時間になる事で、週末など着けなくても余裕をもって止まらないので安心ですね。

引用元:content.rolex.com

ステンレスモデルのモデルナンバーも12から始まるナンバーに変わっていて、価格がそれぞれ22,000円アップしていています。

グリーンサブは遂に100万円を超えた価格となりブランド腕時計のダイバーズウォッチとしては、高額なモデルになってきてますね。

 

2020年新作!サブマリーナ コンビモデル

サブマリーナ デイト オイスタースチール&イエローゴールド

旧 116613LB ⇒ 新126613LB

旧 価格  ¥1,487,000円  ⇒  新 価格 ¥ 1,509,200円

126613LB

引用元:content.rolex.com

旧 116613LN ⇒ 新126613LN

旧 価格  ¥1,487,200円  ⇒  新 価格 ¥ 1,509,200円

 

126613LN

引用元:content.rolex.com

このコンビモデルも41ミリモデルになり価格も以前のモデルより22,000円上がりました。

 

2020年新作!サブマリーナ ホワイトゴールドモデル

旧 116619LB ⇒ 新126619LB

旧 価格  ¥4,062,300円  ⇒  新 価格 ¥ 4,195,400円

 

126619LB

引用元:content.rolex.com

このモデルはホワイトゴールドのモデルで前作では、文字盤もブルーでしたがグリーンサブ同様にブラック文字盤となりました。

文字盤がブラックになった事で落ち着いた印象のモデルとなり人気モデルとなりそうです。

ホワイトゴールドモデルのサイズアップなので、価格は133,100円の値上りとなったようです。

 

2020年新作!サブマリーナ イエローゴールドモデル

旧 116618LB ⇒ 新126618LB

旧 価格  ¥3,774,100円  ⇒  新 価格 ¥ 3,906,100円

126618LB

引用元:content.rolex.com

旧 116618LN ⇒ 新126618LN

旧 価格  ¥3,774,100円  ⇒  新 価格 ¥ 3,906,100円

126618LN

引用元:content.rolex.com

イエローゴールドのサブマリーナも41ミリにサイズアップし132,000円価格が上がっています。

ゴールドのモデルは大きくなった分、価格もあがってますね。もちろん重さも重くなってると思いますが、存在感もアップしてるでしょうね。

まとめ

2020年の新作サブマリーナは、サイズアップにより41ミリとなりました。そして、3230系キャリバーへの変更によるパワーリザーブが約70時間になった事で実用性としてもアップしたのではないでしょうか。

今回の新作の中で気になるモデルは、やはりグリーンのサブマリーナでしょう。ベゼルがグリーンにブラックの文字盤となり落ち着いた雰囲気で人気が出るのは必至でしょうね。

 

新作のサブマリーナを実際に手に取り見たいところですが、なかなかお目にかかれないのだと思います。

いつの時代もロレックスのサブマリーナは人気です。

ロレックスのダイバーズについてはコチラの記事で⇒ロレックス】ダイバーズウォッチは今から狙う?夏に間に合わせたい】

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました☺

 

 

The post ロレックスの新作!新色?サイズアップのサブマリーナを徹底チェック! first appeared on 腕時計バカ!おすすめ人気ブランドの紹介から楽しみ方まで.


ロレックスの狙い目モデルはコレ⁈高騰する中で安くお得に選びたい!


高騰する人気のロレックスの中で今もお得な価格で買える狙い目のモデルを選んでみました。

ロレックスの中でも比較的安い狙い目モデルは?

新品と同様に中古でもプレミア価格でめちゃくちゃ高騰しているロレックスの中でモデルによっては新品よりも安く買える中古のモデルもあります。

まだそれ程高騰していないけど今後はどうなるのかは分からないのもロレックスですね!そんな意外と安く買える今、買っておきたいロレックスを探ってみたいと思います。

生産終了のロレックス スポーツ系の狙い目モデル

ミルガウス

Ref.116400

  

引用元:the-ticken.com

ミルガウスのホワイト文字盤とブラック文字盤のタイプはもうすでに生産終了モデルとなっています。

今ある現行のグリーンサファイヤガラスとは違い風防のサファイヤガラスがクリアなタイプでスッキリとした印象です。

生産終了したモデルは高騰するモデルも多いのですが、年式によって当時の新品価格と変わらない程度で買えるようです。

 

ミルガウスの特徴はインナーケースを備えた耐磁性能を強化しているプロフェッショナルモデルで2007年からの2015年頃までの生産でシリアルナンバーがM番辺りからランダムまでの品番です。(但しランダム品番は価格が高い可能性もあり)

 

この二つのミルガウスはインデックスなど夜光もルミノバからクロマライトに変更された時期であるため年式などにより夜光の違いもあります。

ロレックスには他にも年式によるのか微妙に文字盤の文字の大きさやフォントの違いがある事も知られていますが、このミルガウスにもあるようで拘って探して見るのもおもしろいと思います。

夜光の違いなどはコチラの記事も参考になります⇒腕時計の夜光ルミノバ! クロマライトって何が違うの?

 

現行スポーツ系ロレックス 狙い目のモデル

エアキング

Ref.116900

引用元:the-ticken.com

現行モデルの中で正規店での制限対象外のモデルですがまだそれほど店頭に並んでないモデルです。

エアキングは昔のモデルに比べサイズやデザインが全く変わりスポーツ系モデルとして生まれ変わりました。

このエアキングもミルガウスと同様のインナーケースを備えていて耐磁性能が強化されたモデルで価格も比較的安いモデルですのでお得なモデルと言えますね!

 

ヨットマスターⅡ

Ref.116680

引用元:the-ticken.com

スポーツ系モデルの中でも44ミリとサイズは大きい目なので着ける方を選ぶモデルだと感じてましたが意外と腕に乗せるとしっくりくるモデルです。

ヨットレースのために開発された装備の10分間のカウントダウンタイマー機能などを備えた特殊なプロフェッショナルなモデルであり中古では新品価格よりも安く買えるようでお買い得と感じるモデルです。

ブルーのセラミックベゼルを採用しホワイト文字盤に赤い秒針も映えるので艶やかな印象もあり高級感のあるプロフェッショナルモデルも素敵だど思います。

現行モデルは時針がベンツ針となり視認性は上がりましたが、ブルースチールの時針を採用していた旧モデルを拘って選ぶのもいいと思います。

 

ロレックスのコンビのスポーツモデルは狙い目

中古でコンビモデルはステンレススティールよりも比較的安い価格のモデルが多いです。

最近のGMTマスターⅡ(Ref.126711CHNR)のようにプレミア価格で高騰しているモデルも中にはありますが中古であればお得と感じるモデルが多いのもコンビモデル特徴です。

 

ロレックスのスポーツモデルでもコンビのモデルは正規新品の購入制限の(購入制限の記事はコチラ⇒転売防止‼購入制限でスポーツロレックスが買える日が来るのか⁈)対象には入ってないのでスポーツモデルといえどもコンビモデルは買えるタイミングは多いと思います。

ヨットマスター

Ref.116621

 

デイトナ

Ref.116503

 

引用元:the-ticken.com

コンビのモデルはグッと大人の雰囲気が増しステンレスモデルには無い豪華さも魅力ですよね!

人気があるモデルが欲しいという気持ちは誰も持っていると思います。定価よりプレミア価格で売られていたら得した気分で嬉しいものですね。ただその陰で意外とお得に買えるモデルもあります。

 

今はあまり人気がなくても後から人気が出てあの時買っとけばと思えるモデルが多いのもロレックスです。

安く狙い目のモデルと言っても他のブランドからすると高い中古価格ですが、あまりにも高騰し過ぎると買えないし使い辛くもなるので少し安く買って楽しめる狙い目のモデルを探してみるのもいいと思います。

 

まとめ

 

ロレックスの中でもそれほど価格が高騰していないモデルを狙えば安く買えるモデルもあります。

ステンレのスポーツモデルでもエアキングやヨットマスターⅡなどは中古でもそれ程高騰してないので買いやすいモデルと言えます。

ロレックスでもコンビモデルならステンレスモデルより今後は正規店でも買える可能性が増えて来ると思いますし中古なら安く買えたりしますね。

 

腕時計は自己満足で楽しめばいいですが人気のスポーツモデルばかりがロレックスではありません。自分流の使い方で自分のファッションに合わせた腕時計をお得に楽しんで欲しいと思います。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読まれています⇒ロレックス規制対象外の人気モデルはどれ?スポーツ系&ドレス系ウォッチ

 


ロレックス規制対象外の人気モデルはどれ?スポーツ系&ドレス系ウォッチ


ロレックスの正規販売店により今年から購入制限が設けられた事でステンレススチールのスポーツロレックスが欲しい人は買いたいモデルがより絞られたのではないでしょうか?

そんな規制対象から外れていても人気あるモデルは正規店でお目にかかる事もないし人気のステンレススポーツモデル同様に今も簡単に買える事はないモデルですね。

規制対象外の人気モデル!

ロレックス正規販売店で今年から購入制限を設けられたモデル以外にも人気のモデルは多くあります。

ロレックスの購入制限の対象モデルについてはコチラの記事をご覧ください⇒転売防止‼購入制限でスポーツロレックスが買える日が来るのか⁈

 

ステンレスでスポーツ系のプロフェッショナルウォッチの中で対象外のモデルはミルガウスエアキングヨットマスター、ヨットマスターⅡなどですが購入制限されたモデル同様に正規店ではあまり見かけないようです。

引用元:the-ticken.com

しかし最近正規店はエアキングヨットマスターⅡは店舗によっては並んでありましたので少しずつ入荷が増えているのかも知れないです。

規制対象外でスポーツ系の中でも特に人気のモデル

GMTマスターⅡコンビ

Ref.126711CHNR

カフェオレの愛称で人気のGMTマスターⅡのエバーローズゴールドとステンレスのコンビモデルです。

コンビモデルではヨットマスターのチョコダイアルやブルー文字盤サブマリーナの青サブなども人気ですよね!

引用元:the-ticken.com

プラチナデイトナ

Ref.116506A

プラチナデイトナはディスコンの噂があったり無かったりしますが実際はどうなのでしょうか?

引用元:the-ticken.com

デイトナイエローゴールド グリーン文字盤

Ref.116508

ホワイトゴールドモデルのブルー文字盤のRef.116509もありますがこのイエローゴールドのグリーンデイトナの方が人気が高いようです。こういったモデルは大人しいモデルより派手でインパクトあるモデルの方が人気が高いようですね。

 

引用元:the-ticken.com

ロレックス唯一クラシックウォッチの中でもダントツに人気のあるモデル

スカイドゥエラー ブルー文字盤

Ref.326934

スカイドゥエラーのステンレススチールとホワイトゴールドのフルーテッドベゼルのモデルです。

このステンレスモデルにはブラック、ホワイト、ブルーの3種類の文字盤がありこのブルー文字盤が特に人気でプレミア価格も高いようです。

引用元:the-ticken.com

ロレックススカイドゥエラー他のモデル

スカイドゥエラーが登場したのが2012年で2つの時間帯と年次カレンダーを搭載したコンプリケーションウォッチ(複雑時計)として金無垢モデルで発売となりました。ローマ数字のモデルは高級感があり好きでしたが今はなくなってしまいました。

Ref.326939

引用元:the-ticken.com

当時のモデルはアラビア数字とローマ数字の文字盤を持ち金無垢モデルでしたので価格帯も300万円後半~400万円後半という価格帯モデルでしたので欲しいけど高く買えないという感じのモデルでした。その後2017年にステンレスモデルとコンビモデルなどが加わり価格帯が抑えられたモデルが登場した事で一気に人気となりました。

 

スカイドゥエラーの機能など

ホームタイムとローカルタイムを知る事の出来る機能と月と日付の表示も備えていてサロスシステムと呼ばれる年次カレンダーを搭載しています。なので2つの時間帯と年に一度の修正だけで良いカレンダー機能を持つ実用的な腕時計なのです。

 

一般的なコンプリケーションウォッチ(複雑時計)は完全に実用性という事でなく防水性や操作性などを重視していないモデルが多い中でロレックスが持つ実用的要素の防水性はもちろんの事、視認性であったり堅牢性、操作性など使いやすい自動巻きのモデルは日常で使いやすいように開発されている事が今までにない素晴らしいモデルだと感じます。

 

この機能を持つスカイドゥエラーのステンレスモデルはドレス系モデルでありロレックスの購入制限対象外にも拘らずプレミア価格で高い人気を誇るのも頷けるモデルでといえますね。

 

まとめ

正規販売店により今年から購入制限が設けられた事でステンレススチールのスポーツロレックスが欲しい人は買いたいモデルがより絞られたのではないでしょうか?

ロレックス正規販売店で今年から購入制限を設けられたモデル以外にも人気のモデルは多くあります。スポーツ系ではミルガウス、エアキング、ヨットマスター、ヨットマスターⅡなどですが購入制限されたモデル同様に正規店ではあまり見かけないようです。

ロレックス唯一クラシックウォッチの中でもダントツに人気のあるモデルにステンレスモデルのスカイドゥエラーがありブルー文字盤が特に人気でプレミア価格も高いようです。

 

スカイドゥエラーの機能性も素晴らしくドレス系モデルでありロレックスの購入制限対象外にも拘らずプレミア価格で高い人気を誇るのも頷けるモデルでといえますね。

 

人気のスポーツモデル、ドレス系モデル共に今は人ロレックスを買う事はやはり難しい状態だと思いますが、いずれは買いやすい時期も来ると思いますので、今は販売制限という条件が付く事で本当に欲しい機能や自分の腕に合う腕時計を探すいい機会だと思ってじっくり探して欲しいと思います。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます⇒2020年ロレックスの値上がり!ドレス系の気になる新価格は⁈


2020年ロレックスのプライスリスト!ドレス系&スポーツモデル

2020年の1月1日よりロレックスのプライスリストが変更され新しい価格となっています。

全てのモデルが値上げ変更されたのではないようですが、気になるドレス系と人気のスポーツモデルのPRICE LISTを見ていきましょう。

気になる ロレックス クラシックウォッチ

ロレックスのドレス系定番モデルと言えばデイトジャストですがデイトジャストにはブレスレットベゼルがそれぞれ2タイプあり組み合わせ違いで価格も変わります。

ロレックス デイトジャスト41

Ref.126300

ベゼル    スムースベゼル

ブレスレット  3連オイスターブレスレット

ブレスレットがRef.72610 となります。

価格 ¥809,600円 税込

2020/1月現在の価格

引用元:https://the-ticken.com

バーインデックスやローマンなど文字盤の色も豊富でデイトジャストの中でも41ミリモデルは現在のスタンダードモデルと言えます。

 

 

Ref.126300

ベゼル    スムースベゼル

ブレスレット 3連オイスターブレスレット

Ref.62610

本体は同じスムースベゼルなので同リファレンスとなりますが、ブレスレットがジュビリーブレスレットタイプとなり22,000円高くなります。

価格 

¥831,600円 税込

2020/1月現在の価格

引用元:https://the-ticken.com

オイスターブレスレットよりもしっとりしなやかなジュビリーブレスレットは着け心地がとても良くクラスプもイージーリンクとなり以前からのモデルより使いやすいと思います。

 

Ref.126334

ベゼル        フルーテッドベゼル

ブレスレット 3連 オイスターブレスレット  

価格 

 

引用元:https://the-ticken.com

ベゼルがホワイトゴールドで出来ていて光の当たる角度によりとても綺麗に輝きます。ロレックスのドレス系はやはりフルーテッドベゼルが似合います。

 

 

 

 


ドレスモデルをロレックスから選ぶ!メンズとレディースの価格帯は⁈


高級腕時計ブランドの中でもロレックスほど世の中に知れ渡り知名度あるブランドは少ないですね。そんな人気ロレックスのクラシックウォッチと呼ばれるドレス系モデルの中から自分に合ったお気に入りの腕時計を見つけて欲しいです。

 

ロレックスのドレスモデル!どれを選ぶ⁈

 

ロレックスの腕時計の中には大きく二つのモデルに分けられています。

一つはスポーツロレックスと呼ばれるプロフェッショナルウォッチでとても人気があり最近、正規店でお目にかかる事も少ないモデルです。

もう一つのモデルはクラシック ウォッチでシンプルな3針の腕時計から複雑な年次カレンダー搭載モデル、宝石を散りばめられ宝飾された金無垢腕時計までロレックスの中のドレスウォッチコレクションです。

 

このクラシックウォッチの中のでもデイトジャストやスカイドゥエラーなどの人気色モデルも正規店でなかなか手に入れる事が出来ないみたいですね。

 

腕時計選びは人気があるから選ぶのもいいですが買ったけど大き過ぎたり重かったりで腕に合わず使いにくい腕時計では意味がないのでしっかりと見極めるのも大切です。

 

スポーツモデルに比べビジネスや冠婚葬祭など幅広く使えるモデルも多くドレス系ウォッチの中からサイズや価格帯も含め自分に合ったお気に入りのモデルを見つけて欲しいです。

 

ドレスモデル メンズ  レディース

ロレックスのクラシックウォッチのコレクション各モデル

デイデイト メンズ

ロレックスの最高峰モデルで素材はゴールドかプラチナを使いダイヤなどの宝石を散りばめた華やかなモデルもあります。機能的には曜日と日付表示機能を搭載しているモデルでサイズは36ミリと40ミリとなります。

 

究極の逸品でありプレジデントの腕時計であるデイデイトの価格帯は300万円以上から‼

デイデイトにはプレジデントブレスのみとなりゴールドやプラチナ素材なのでずっしりと重い腕時計ですがこの重みが究極モデルの証!いつかはこんな腕時計が似合う紳士になりたいですね。

 

引用元:www.rolex.com

プラチナのデイデイト

クラシックウォッチの中でも違いを感じるプラチナ素材!ゴールドモデルよりも更に重いので腕に着けた時の存在感はすごく感じると思います。

 

 

引用元:www.rolex.com

宝飾のないシンプルなホワイトゴールドモデルやプラチナのデイデイトならあまり派手にならず使いやすいかもしれないです。中でもこのプラチナモデル専用のアイスブルー文字盤辺りのモデルがカッコいいのですが価格は660万円超えです。

 

 

 

デイトジャスト メンズ

ロレックスクラシックウォッチの中で一番の認知度もありシンプルで実用的な日付表示付きのモデルで一般的な方がロレックスと言えばこのモデルを想像すると思います。

ロレゾールと呼ばれるコンビやジュビリーブレスレットが似合うのもこのデイトジャストが一番ですね。

 

サイズは36ミリと41ミリで価格帯は70万円台からとなり大人の腕時計という雰囲気です。

コンビのモデルやフルーテッドベゼルにはゴールド素材を使っていますがよりシンプルなスムースベゼルにはオールステンレスモデルもあります。

 

引用元:www.rolex.com

デイトジャスト  スムースベゼル

スムースベゼルと3連ブレスレットはどんなシーンにも使えます。

ブラック文字盤は定番色でしょう。

2019の新作モデルの36ミリモデルです。

引用元:www.rolex.com

 

 

チェリーニ メンズ

ロレックスの中で革のストラップ仕様のみのドレス系ウォッチであるチェリーニは伝統的なタイムピースでありエレガントな雰囲気が素敵なモデルです。

ルネッサンス期のイタリアの芸術家 ベンベルト・チェリーニ の名から着想を得ているそうです。

 

サイズは39ミリでピンクゴールドとホワイトゴールドモデルの素材でシンプルな3針からムーンフェイズ搭載のモデルまであり価格は160万円台からとなります。

 

引用元:www.rolex.com

 

ロレックスのムーンフェイズはこのチェリーニムーンフェイズ!

 

引用元:www.rolex.com

レディー デイトジャスト

レディースモデルのデイトジャストでサイズが28ミリから31,34ミリくらいまでのモデルでステンレススチールとゴールド、ステンレスのコンビのモデル、プラチナの宝飾系のモデルまであります。

 

価格は60万円台からありますがゴールドモデルや宝飾系は軽く300万円を超えるモデルまであります。

引用元:images.rolex.com

レディースモデルはコンビのモデルが魅力的で素敵。

 

デイトジャストでもプラチナモデルはレディースモデルのみで宝飾されたモデルです。

引用元:www.rolex.com

 

 

 

パールマスター メンズ レディース

貴金属と貴石により究極の美しさを追求した最高峰の宝飾モデルです。

サイズは34ミリと39ミリのモデルで宝石を豪華に使ったモデルが多いです。価格は300万円台の後半から。ブレスレットも特別な専用のになってます。特別豪華に煌めくモデルと言えますね。

引用元:images.rolex.com

腕時計というよりもう宝石ですね!

引用元:www.rolex.com

 

 

オイスターパーペチュアル メンズ レディース

ロレックスの中で比較的安く買いやすい入門モデルといったところでしょう。レディースモデルの28ミリ、31ミリ、34ミです。リメンズモデルは36ミリと39ミリのラインナップとなります。オールステンレススチール素材で価格は男女共50万円台からとなります。

 

引用元:www.rolex.com

 

始めてのロレックスの方にもおすすめ出来るとてもシンプルで使いやすいモデル。

引用元:www.rolex.com

 

スカイドゥエラー メンズ

2つのタイムゾーン表示と年次カレンダー搭載モデルのこのモデルはステンレススチールモデルとステンレスとゴールドコンビ、イエローゴールドとエバーローズゴールドの素材のモデルです。ストラップはブレスレット以外に革のストラップ仕様もあります。

 

スカイドゥエラーはステンレスモデルがとても人気でロレックスのクラシックウォッチでの中でも珍しく中古や並行品でプレミア価格となっています。特にブルー文字盤が人気のようです。42ミリのサイズで価格はステンレスモデルの150万円台から

引用元:images.rolex.com

 

 

引用元:www.rolex.com

ゴールドモデルと革のストラップでぐっと大人の雰囲気が出ますね。

 

クラシックモデルはこの7つのモデルでモデル別に文字盤の種類であったりサイズ、形状、ストラップなど、それぞれ素材が違ていて分かれています。

クラシックモデルの中でもフルーテッドベゼル搭載のモデルはキラキラする輝きで一目でロレックスだと分かるモデルだと思います。

 

 

まとめ

 

高級腕時計ブランドの中でもロレックスほど世の中に知れ渡り知名度あるブランドは少ないです。

 

ロレックスのモデルには大きく分けてスポーツモデルのプロフェッショナルウォッチとドレス系のクラシックウォッチがあり人気のスポーツモデルもいいですがドレス系のモデルにはビジネスにも使いやすいモデル多いので選んでみるのもいいと思います。

 

ロレックスのドレス系モデルラインナップは

デイデイト

デイトジャスト

チェリーニ

レディーデイトジャスト

パールマスター

オイスターパーペチュアル

スカイドゥエラー

 

ロレックスのクラシックウォッチもそれぞれ特徴があり素敵なモデルばかりで最近ではステンレスモデルのデイトジャストやスカイドゥエラーなど

クラシックモデルでも人気が出ていますのでクラシックウォッチと呼ばれるドレス系モデルの中から自分に合ったお気に入りの腕時計を見つけて欲しいです。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。デイトジャストはどれ選ぶ⁈ロレックスの人気おすすめモデル!

 


不動の人気エクスプローラー⁈ロレックスの定番モデルはどれを選ぶ?


いつの時代もロレックスの中で人気モデルであり定番モデル!入門機と呼ばれたりするエクスプローラーⅠはシンプルな3針ステンレスのスポーツモデルです。

 

時代と共に進化して内部の機械もそうですが外装も新型、旧型ではサイズとブレスレットなども違い新品や中古など価格帯も含めたそれぞれのモデルの良さを知って購入の参考に欲しいです。

 

ROLEX EXPLORER

 

ロレックスのプロフェッショナルモデルの中でステンレスモデルしかなく文字盤のみ他の素材や種類もない永く受け継がれている真のスポーツモデルはエクスプローラーだけで日付もなくシンプルなシンメトリーなダイアルが視認性も良く使いやすいです。

 

2010年から登場した現行タイプはサイズの変更新ムーブメントの搭載でケース径39ミリ!ムーブメントは耐久性や耐衝撃性をより高めたCal.3132が搭載されました。

 

しかし、2010年の登場から2016年にマイナーチェンジが行われ同じリファレンス品番でも少し変更された現行モデルとして登場しています。

 

現行モデル Ref.214270 39ミリ

 

腕時計に興味ある人ならロレックスのエクスプローラーだと分かるいつまでも変わらないデザインが人気なのだと思います。

 

引用元:the-ticken.com

 

エクスプローラーⅠが進化して行く中で大きな変化はサイズ変更でエクスプローラーⅠといえば36ミリが長い間変わらないサイズでしたが時代の流れかRef.214270から39ミリへ変更されたました。

 

文字盤インデックスの夜光もルミノバからクロマライトに変更された時期でもあり暗闇での印象は大きく変わりましたね。

夜光の違いについてはこちらの記事も参考にして下さい 腕時計の夜光ルミノバ! クロマライトって何が違うの?

 

 

ブレスレットも変わりました。旧36ミリのモデルと比べてカッチリとしたとても良い造りになっています。

 

引用元:the-ticken.com

セイフティーキャッチ付きオイスターロックとイージーリンクを備えていて不意に外れる事もなく5ミリのエクステンションリンクで腕の状態により調整する事が出来ます。

ブレスレットについてはこちらの記事も参考にして下さい。ロレックスの人気はブレスレットとクラスプにもあった。

 

前 Ref.214270  39ミリ

 

引用元:the-ticken.com

パッと見は気付かないで程度ですが違いがあります。

 

一つは針の違いでインデックスの途中までしか届いてない分針が現行モデルになりインデックスを超える所まで伸びています。

 

二つ目は3,6,9のインデックス数字の夜光に違いがあり現行モデルになり夜光が入っています。

 

ロレックスの針やインデックスはメッキで腐食を防ぐのではなくでホワイトゴールド素材を使用し3,6,9の鏡面仕上げで美しいです。

針の長さの違いはありますがどちらか悩ましい選択となりますね。もちろん正規の新品となると現行モデル一択です。

 

この二つのモデルはパッと見は変わらない様に見えますが細かい変更で進化していますので違いを知って選んで欲しいです。

 

前Ref.214270が出た頃は針が短いとか言われてましたがモデルチェンジして無くなってみるとブラックアウトのような3,6,9も意外といいかと、、(笑)

 

旧モデル Ref.114270 36ミリ

 

Ref.214270が登場し39ミリにサイズが変わる前のエクスプローラーといえば36ミリでした。今でもエクスプローラⅠは36ミリが好きな方も多いと思います。

その39ミリに変わる前のモデルがRef.114270です。

 

引用元:the-ticken.com

文字盤は写真ですとデザインが現行モデルとほとんど変わらないのでわかりにくいですがブレスレットやクラスプ部は違いが分かると思います。夜光はルミノバなので暗い場所ではグリーン色に見えます。

 

このモデルから偽造防止のため風防のサファイヤガラス6時位置の内側に王冠マークの透かしが入り始めましたのと2007年頃からダイアル外周にルーレット刻印と呼ばれている王冠マークやrolex文字とシリアルナンバーも刻まれ始めたようです。

 

 

引用元:the-ticken.com

36ミリのモデルは現行モデルに比べてサイズが小さい分軽いです。クラスプ部の造りも薄い板状で出来ていてブレスレットを含め全体が軽く感じ36ミリサイズは手首の曲げ伸ばしにも邪魔しない小振りですので着け心地はとてもいいと思いますね。

 

Ref.114270の前のモデルにRef.14270があります。

旧モデル Ref.14270 36ミリ

 

引用元:the-ticken.com

このモデルも見た感じは同じようにみえますが時計ケースとブレスレットを繋ぐ部分(フラッシュフィット)が違うのと年代によりクラスプの所もシングルバックルとなっています。

 

夜光もルミノバトリチウムがあり年代を感じるモデルでもありますね。

 

36ミリのモデルの内部キャリバーも改良されていてRef.14270のCal.3000からRef.114270のCal.3130に変わった事で精度や耐久性も向上しています。

 

36ミリのモデルにも年代などにより微妙に変わっているモデルが混在しているのでその辺りも好みで選んで欲しいです。

 

エクスプローラⅠの36ミリを探すならこの辺りが防水性能もまだ安心です。中古で36ミリのモデルは価格的にも現行モデルよりは安いモデルもありますので今あるうちに選ぶのもいいと思います。

 

まとめ

 

エクスプローラーⅠはスポーツモデルの入門機と呼ばれたりしますが飽きのこないシンプルな永く使えるモデルです。

現行モデル39ミリのRef.214270は針の長さインデックス数字の夜光の違う前モデルもありブレスレットやクラスプも丈夫な造りとなっています。

 

旧モデルは36ミリで軽く使いやすいモデルです。旧モデルには夜光がトリチウム、ルミノバがありフラッシュフィットやクラスプの違い、風防の偽造防止の王冠マークやルーレット刻印など様々な変更が行われていて混在しています。

 

時代と共に進化して来たエクスプローラⅠですが貴方はどのモデルを選びますか?

他にこんな記事も読まれています。ロレックスのシードゥエラーあなたに似合うモデルはどれ?


次に買う腕時計!ロレックスで狙うのはどれ?制限の中で勇断⁈


これからロレックスの腕時計を買いたい!とかロレックスの腕時計は一本持ってるけど普段使っている時計以外でちょっと違う雰囲気や普段の服装などに合わせて使いたい。やっぱステンレスのスポーツモデルが欲しい!

そんなロレックスの次に買いたい腕時計で狙うのはどんなモデルがいいのか今回の制限など踏まえて考えてみたいと思います。

 

今回のスポーツモデルの制限でどう変わる⁈

 

引用元:www.rolex.com

ロレックスの腕時計には大きく分けてクラシックモデルとプロフェッショナルモデルに分かれていて最近話題となった制限が行われるモデルはプロフェッショナルモデルの中のステンレス製スポーツモデルと言われる中での12品目モデルです。

 

今まで正規店にステンレスのスポーツモデルがあれば買いたいと思っていた方にとって今回の制限で本当に自分が欲しいモデルを決めて探す事となったのではないでしょうか?

 

たとえば今まではサブマリーナ系のダイバーズが欲しかったけど、やはりいつかは絶対デイトナが欲しいと思っていたならデイトナへ気持ちが移った人もいると思います。

 

逆に今回の制限で益々デイトナが買えないのでは?と考えるならデイトナ以外で次に欲しいステンレスモデルを買えるチャンスがあれば買って1年くらい様子を見るのもいいかも知れないです。

 

また、それ以外で制限の対象外の欲しいスポーツモデルがあるなら先にそれを買って次を待つとかいろんな考えの買い方があります。

 

同じ正規店で他のモデルを一本買っている事で次にあのスポーツモデルが欲しいとか伝えアピールしていれば少し融通が利く可能性も店舗にによりあるかも知れないです。一見のお客さんより購入された事のあるお客様の方が対応はいいし話もしやすいですよね。

 

とはいえ正規店でスポーツ系を含め人気モデルはで店頭に並ぶ事は少ないでしょうから今は足繁く通う事と入荷情報を少しでも頂く事で何を買うのか決めるのもいいかも知れないです。

 

それとスポーツモデル以外でデイトジャスト41などのクラシックモデルも最近は人気で入荷も少なく店頭にも並ばないそうですが、スポーツモデルに比べたら今後は買いやすくなると思うので、初めてロレックスの腕時計を買うという方にはスタンダードなデイトジャスト系モデルもいいと思いますよ。

 

入荷時期を知る

 

今まで正規店の入荷時期はある程度どの店舗も同じように入荷してる事が多いように感じます。

 

これは私の感じた事ですが、たとえばA正規店でシードゥエラーが入っていた時に近くのB正規店にも入荷していたり、近い店舗の店頭に無くても、最近スポーツモデルがはいってますか?と尋ねたら同じモデルが入荷していて売れていたといった感じです。

 

そしてネットの情報やSNSなどで○○モデル買いましたとか出ていたら全国的に入荷の可能性もあるという事です。正規店により入荷後検品しすぐにショーケースに出す店舗もあれば数日経って出しやすいタイミングで出す店舗もあると思います。

 

それと正規店の店内に他のお客さんがいない時に尋ねてみたら奥から出して来てくれるというパターンも多いと思いますので店内に誰もいない時、このモデルはないですか?と明確に聞く事も大切だと思います。

それこそなんでもいいからステンレスのスポーツが欲しいなんてのはダメだと思いますよ。

 

今後も同じように入荷するのかは不明ですしロレックスの正規店ではハッキリした入荷情報も教えてくれないので、この事を頭の隅にいれておき、誰かが自分の欲しいモデルを買ったとか正規店で見たなどの情報があったなら問い合わせるなり近くに正規店があるなら足を運んでみる事も有効かも知れないです。

 

腕時計の趣味

 

一般的な方からしたら腕時計なんて一本あればいいと思っている方が殆どで、ひとつロレックスの腕時計持ってるんだからもういいじゃん⁈と言われるかと思いますが腕時計趣味の人、コレクターの方々は次々と欲しくなるものなのです(笑)

 

ロレックスの腕時計の場合一部で転売して儲けている方もいると思いますし投資の意味で買ってもう趣味の域を超えてしまっている方も多いと思います。

今回の制限で国内のロレックス市場がこの先どうなるか分かりませんが本当に欲しい人が今後は買いやすくなればと思います。

 

まとめ

 

これからロレックスの腕時計を欲しい人が正規店でステンレスのスポーツモデルである程度のモデルの中で買いたいと思っていた方にとって今回の制限で自分の本当に欲しいモデルを決めて探す事となったと思います。

 

どっちにしろ正規店ではスポーツ系を含め人気モデルは品薄で店頭に並ぶ事は少ないでしょうから今は足繁く通う事と入荷情報を少しでも頂く事でチャンスがあるかも知れないです。

 

今まで正規店の入荷時期はある程度どの店舗も同じように入荷してる事が多いように思いますので近い正規店に通って最近入荷してるモデルがなになのか聞きながら探すのも有効かも知れないです。

 

今回の制限で国内のロレックス市場がこの先どうなるか分かりませんが本当に欲しい人が今後は買いやすくなればと思います。

他にこんな記事も読まれています。転売防止‼購入制限でスポーツロレックスが買える日が来るのか⁈


ロレックスのインプレッション!ディープシーDブルーは最強モデル⁈


ロレックスディープシー Dブルーの購入記からインプレッションを書く予定が思わぬニュースで飛んでしまいましたので気を取り直してディープシー Dブルーのインプレッションとなります^^

 

ロレックス ディープシー Dブルー

 

ディープシーは2008年にRef.116660として3900mまで潜れる防水性能を持つ最強のダイバーズモデルとして登場し2014年に同じリファレンス品番でDブルーが加わりました。

 

当初ディープシーDブルーモデルはジェームズ・キャメロン モデルとして限定生産と思われていましたが2018年に新作Ref.126660として継続し今も販売されています。

 

(ジェームズ・キャメロンといえばターミネーターなどの作品を手掛けた有名な映画監督ですが深海に挑戦する冒険家としてしられていますね)

 

ケースは幅44ミリの厚みが18ミリとロレックスの中でも最強の大きさを誇り重さも220グラムを超えた真のプロフェッショナルモデルと言えるモデルです。

 

ステンレス スポーツモデルの中でもケースや風防、裏蓋など他のモデルと比べると明らかに違う形状であると感じます。

ロレックスはどのモデルも似ているようでそれぞれ少し違う外装の形状で全てのモデルが同じではありませんがディープシーは特に違いを感じるモデルです。

外観

 

真横からみるとケース全体が他のスポーツモデルと比べ厚いのとベゼル自体の形状も厚みがありケースサイド9時位置に丸い形状のヘリウム・エスケープ・バルブも備えています。

 

 

サファイヤガラス風防もベゼルの傾斜から繋がったドーム形状になっていますね。ブレスレットの表面はサテン仕上げですがサイド面はポリッシュの仕上げです。

 


裏蓋にチタン素材を使っているのもディープシーだけの特徴です。裏蓋にはシードゥエラーディープシーなど刻印があります。ロレックスのモデルで裏蓋に刻印を持つモデルはシードゥエラー系のモデルとミルガウスで特殊な高性能モデルだけですね。

 

そして水深3900mの防水性能を可能にしたリングロックシステムで風防に3tもの水圧に耐えれる複雑な構造を持っています。

 

ブレスレットクラスプ部分にグライドロックを備え最大20ミリまで2ミリ刻みで動かせダイビングスーツに対応できるようにフリップロックエクステンションにより更に26ミリまで延長可能です。

 

ダイビングスーツなどで使わないとあまり大きく動かす事はないですが簡単に微調整が出来るので便利な機能だと思います。

 

 

サブマリーナなどと比べ違いを感じるのはサイズですが特に厚さの違いを感じると思います。この写真の下の方がディープシーでサブマリーナとの厚みの差がよくわかると思います。

 

 

ディープシーは好きだけどこの厚みと重さで躊躇したり諦める方も多いと思います。厚みの不便さでは袖に引っ掛かりやすくシャツによってはすんなりと袖に納まらない事もあるかも知れないですね。

 

重さは金無垢のブレスレットモデルと比べても変わらない重さなので重いです。いつも40ミリのステンレスモデルを使っている方にとっては重く感じると思います。

 

ただ、最初は重く感じていても日中着けていると腕に吸い付く感じで重さもさほど感じなくなり厚みも慣れてくれば気にならないと思いますよ。

 

Ref.116660とRef.126660の違い

 

外観ではパッと見はそんなに変わらないですがよ~く見ると違います。

ケースサイズは同じ44ミリ厚さも18ミリと同じようですが、ブレスレットの幅が1ミリ程度広くなっていたりラグの形状が少しシャープになってます。ただし、ちょっと見た感じでは殆ど変わっていないように見えます。

 

Dブルーは文字盤の違いもありグラデーションの黒、青の境がRef.116660の方が上にあり黒い部分が多くあるようです。

細かい所でいえば分針が長くなったとかDブルーはディープシーの文字の色が少し違うとか書体が違うなどいろいろあるようですね。

 

ムーブメントの違い

 

Ref.116660のキャリバー3135からRef.126660はキャリバー3235となり大きく違うのはパワーリザーブが約48時間から約70時間になった事。そしてキャリバー3235は日付変更の時に時間帯を気にする事なくいつでも変更出来るようになっているので便利にななりました。

 

まとめ

 

ディープシーは2008年に登場し2014年にDブルーが加わりました。その後2018年にモデルチェンジして今も継続されて販売しています。

 

一般的なスポーツロレックスの形状とは違うケースでリングロックシステムなどの複雑な構造を持ち3900mという最強の防水性能を誇っています。ブレスレットのクラスプ部もダイバースーツの上からでも着けられるよう大きくサイズ調整が出来ますし微調整も出来るので便利です。

 

初期のRef.116660とモデルチェンジされたRef.126660は見た目はそんなに変わっていませんが内部ムーブメントが変わった事でパワーリザーブが70時間と延びています。そして、日付の変更出来る時間帯はなくなりいつでも日付合わせが出来るのはいいですね。

 

ディープシーは確かにデカいし重いので敬遠れる方も多いと思います。腕の太さにもよるのかも知れませんが慣れてくれば意外と着けていても気にならない感じですしロレックスの技術を集約した真のプロフェッショナルモデルを感じられる素敵なモデルですので一度触れて見て良さを感じて下さい。

 

他にこんな記事も見られています。防水の時計!ダイバーズは嫌⁈どれくらいの性能なら安心なの?

 

 

 

 


転売防止‼購入制限でスポーツロレックスが買える日が来るのか⁈


ロレックスのプロフェッショナルモデルの中でも特に人気なステンレススポーツモデルの販売の規制で今後は買いやすくなるのだろうか?

 

購入制限の内容

 

ロレックス正規店で人気モデルのステンレス スポーツルを購入した場合は同一品番を同じ人は5年間買えないという制限で他のスポーツモデルを購入する場合も1年間は購入不可となるようでこれは免税店などは入らない日本の正規販売店の制限であり日本ロレックスは関与してはいないようです。

 

例えばデイトナの場合、黒を購入したら次に白を買うには5年間買えないとなります。他のモデルを買う場合でも1年間は買えないという事です。

正規店でデイトナのホワイトを購入した場合 色違いでも同じ品番は5年間は購入制限で購入出来ない

引用元:https://the-ticken.com/

販売制限対象の12品目は⁈

 

・コスモグラフデイトナ Ref.116500LN

・サブマリーナデイト  Ref.116610LN Ref.116610LV

・サブマリーナ     Ref.114060

・シードゥエラー    Ref.126600

・ディープシー     Ref.126660

・GMTマスターⅡ   Ref.116710LN Ref.116710BLNR Ref.126710BLNR Ref.126710BLRO

・エクスプローラー   Ref.214270

・エクスプローラⅡ   Ref.216570

 

この12モデルらしいですがGMTマスターⅡのRef.116710LNとRef.116710BLNRは生産終了モデルなので入るのか?

ヨットマスターとヨットマスターⅡ、エアキングやミルガウスなどは入らなようですがこの辺りは購入時に確認した方がよさそうです。

デイトジャストやコンビのモデル、金無垢モデルも対象外です。

 

最近、ロレックス正規店で同じ人がステンレスモデルスポーツモデルを半年経たないと買えないとかも言われたりしてましたがそれを

正規店で情報共有して取り決めた感じですね。

 

今後の正規店での販売

 

ちょっと気になるのは海外からの購入者であったり家族が買うとかでトラブルにならないようにして欲しいですね(笑)

それと5年ってなるとモデルチェンジして品番が変わってる可能性もあるのでその辺りもどうなんでしょう?

 

この購入制限をする事で一度買った方が違うモデルを直ぐに探していく事も減るでしょうから少しは今まで買えなかった方にチャンスがやって来るかも知れませんね。

今後、正規店の状況がどう変わるか、並行店や中古品の価格変化があるのかも気になるところです。

 

まとめ

ロレックス正規店でステンレススポーツモデルの販売に制限が行われます。

モデルは12品目と言われていてデイトジャストなどのクラシックモデルは含まれないしスポーツモデルでもコンビや金無垢モデルも対象外です。

この購入制限で今まで買えなかった方に少しでも買いやすくなって欲しいと思います。

こんな記事も読まれています。高級ブランド腕時計の中でなぜロレックスは人気が高いのか⁉

 


126660ディープシー購入記!これから正規店の規制が凄い事に⁈


先月の事、4年以上前に予約をしていたロレックスのRef.126660ディープシーDブルーの順番が来たという連絡が正規店から入り念願叶って購入する事が出来ましたので予約から購入の経緯と、これからの正規店でステンレススポーツモデルの購入規制が凄い事になった事を知って購入を考えて欲しいです。

 

ロレックスの予約⁈

今のロレックス正規店の状況では考えられない事と思いますが当時はこのディープシーDブルーの予約を受けてもらえてました。

その頃出たばかりのディープシーDブルーはRef.116660でしたが地元百貨店の正規店ではすぐに売れる事なくショーケースに数日並んでいたと聞いてます。

 

私も百貨店の正規店で見た時にグラデーションのブルーがめちゃくちゃ綺麗で良かったのですが当時、黒のディープシーをすでに持ってたので躊躇してました。店員さんもこのモデルが新作発売日からすぐに入荷してたのでまた直ぐに入って来ますよって感じでした。が!それが甘かった(笑)

 

後日、やはり気になり行ってみると無い!そりゃそうだ(笑)

百貨店では予約は受けてくれないので他の正規店へ行って予約を聞いてみるとDブルーは入って来るので予約できますよって事でお願いしました。

 

振り返るとその頃の正規店(百貨店ではない正規店)ではロレックスのステンレススポーツモデルでもSSデイトナ以外ならなんとか予約が出来るそんな感じでした。

 

正規店でロレックスのショーケースにはステンレスのサブマリーナ、GMTマスターⅡなどたまに見かける事もありましたしエクスプローラー2やミルガウスなどはいつも並んでいましたね。

デイトナもコンビのモデル、金無垢などはいつも安定してあった感じですので予約したら買わなければならないという緊張感のある予約でした(笑)

 

しかし、買うとなったら早く欲しいもので気になりますが正規店からは全く音沙汰なし。その後、他の正規店とかへ行って聞いてみるとDブルーは全く入ってこないって言ってるじゃないですか(汗)デイトナより入らないとか⁈うそ~(涙)

 

ロレックスってこういった事が起こるので欲しい時、出会ったら買いなんですよね!それから数ヶ月経っても状況は変わらず。。。

それから数年経ちリファレンスも変わり最近のロレックス正規店の状態でもう完全に諦めていましたね。

 

そんなもう忘れていた時に正規店の担当者からの電話があったのです!たまにイベント情報など連絡をくれるのでそんな連絡だろうと思ってたら、なんかテンションの高い声⁈やっと順番が回って来ました!んっ?えっ!うそ!って感じで嬉しい驚きででした(笑)

 

 

連絡をもらった週末に正規店へ!

 

そこの正規店さんが最近ロレックスを含むブランドウォッチやジュエリーの店舗を新しくオープンしてそのオープン時にはステンレスのスポーツモデルがあるのかと期待もしていた人も多いと思います。

 

しかしステンレスのスポーツモデルや人気モデルは全て無いという事を事前に告知していて行く事もないなと思ってったのですが、こんなタイミングで行く事になるとは思っていませんでした。

 

そんな初めての新しい店舗に緊張しながら入って予約の事を伝えるとこちらへと案内された個室へ!

 

 

最初に時計本体を見せて頂きどうされますか?といった感じでしたがもう買うしかないので(笑)買いますと伝えました。

今はステンレスのスポーツモデルの場合ローンなどは出来ないとの事でしたが無事購入する事が出来ました(汗)

もし幸運にも正規店でSSスポーツモデルに出合ったらキャッシュで支払うかカードしかないので準備して正規店を巡らないといけませんね!

 

ただし今後ステンレス スポーツモデルの販売が‼

 

これからはステンレスのスポーツモデルを購入したら1年間はSSスポーツモデルは買えない!のと同じリファレンスナンバーのモデルは5年間!買えなくなるようです。それに顔写真付き証明書の提出で登録時に確認しそのデータは管理され他の正規店でも買えないとか(汗)

 

これはもう転売防止の為のロレックスが行った策で、今までなかなかスポーツモデルが買えなかった人には朗報じゃないですかね!ただし狙いを定めないと焦って買った後に本命に出会うとかはキツイですよ(笑)

 

SSのスポーツモデルでも全てではないみたいですが多くの方が欲しい人気モデルはダメでしょうね!

デイトジャストなどのドレスウォッチは大丈夫のようです。

 

まとめ

 

4年以上前の予約で忘れかけてた126660ディープシーDブルーの突然の入荷からの購入エピソードでした。

 

最新の情報では11月1日にロレックスの発表でSSの人気スポーツモデルの購入者は5年間は同じリファレンスナンバーモデルを買えません。違うモデルでも1年間は購入する事も出来ないとの事です。それと購入時に顔写真付きの証明書の提示も必要だそうです。

 

11月1日からすぐ始まっている訳ではないとの事で11月中には開始されるそうです。

 

今回Dブルーのインプレッションなども含め書く予定でしたがまたの機会で書いてみたいと思います。

こんな記事も読まれています。ロレックスのシードゥエラーあなたに似合うモデルはどれ?