SHION一覧

「きのう何食べた?」

「きのう何食べた?」西島秀俊と内野聖陽が主演した人気ドラマ「きのう何食べた?」を映画化した話題作。同棲を続けてきた恋人同士の男性2人、シロさんとケンジ。2人の気になるその後を描く。雇われ弁護士の筧史朗(シロさん)とその恋人で美容師の矢吹賢二(ケンジ)にとって、2人でとる夕食の時間が日々の大切なひとときとなっている。ある日、史朗の提案で、賢二の誕生日プレゼントとして京都旅行に行くことに。賢二は京都を

「小さなバイキング ビッケ」

「小さなバイキング ビッケ」スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンによる名作児童文学「小さなバイキング」シリーズをオリジナルストーリーで描いたCGアニメーション。バイキング・フラーケ族の族長ハルバルの息子ビッケは、力持ちだが頭の回転が鈍い父とは正反対で、小柄で力はないが知恵では誰にも負けない。ある日、母イルバが魔法の剣の力で黄金に姿を変えられてしまう。ハルバルは剣の秘密を解くため、案内役のレイフや船員

「1秒先の彼」

「1秒先の彼」台湾映画「1秒先の彼女」の日本版リメイクに山下敦弘監督×脚本・宮藤官九郎のコンビが挑戦。周囲とはワンテンポずれた男女を岡田将生&清原果耶が好演した会心の娯楽作。京都市内の郵便局で働くハジメ。独身のイケメンだが、何をするにもワンテンポ早く、他人とはズレてしまうせいで、なかなか恋人とは長続きしない。そんな彼に路上ミュージシャンの桜子という新たな恋人ができ、次の日曜日に彼女と一緒に花火大会に

「生きる」

「生きる」名匠・黒澤明監督が1952年に発表し、その代表作の1本となった人間ドラマの名作。真面目に生きてきた中年男性は、自分が胃がんにかかったと知る。後に英国でリメイク。市役所の市民課長である渡邊勘治は、30年間も無欠勤を続けてきた真面目な人物。しかしある日、胃に痛みを感じて欠勤し、病院で診察を受けてみたところ、医師の態度から自分が胃がんにかかっていると確信する。すでに妻を失い、息子の光男が自立して

「生きる」

「生きる」名匠・黒澤明監督が1952年に発表し、その代表作の1本となった人間ドラマの名作。真面目に生きてきた中年男性は、自分が胃がんにかかったと知る。後に英国でリメイク。市役所の市民課長である渡邊勘治は、30年間も無欠勤を続けてきた真面目な人物。しかしある日、胃に痛みを感じて欠勤し、病院で診察を受けてみたところ、医師の態度から自分が胃がんにかかっていると確信する。すでに妻を失い、息子の光男が自立して

「生きる」

「生きる」名匠・黒澤明監督が1952年に発表し、その代表作の1本となった人間ドラマの名作。真面目に生きてきた中年男性は、自分が胃がんにかかったと知る。後に英国でリメイク。市役所の市民課長である渡邊勘治は、30年間も無欠勤を続けてきた真面目な人物。しかしある日、胃に痛みを感じて欠勤し、病院で診察を受けてみたところ、医師の態度から自分が胃がんにかかっていると確信する。すでに妻を失い、息子の光男が自立して

「1秒先の彼女」

「1秒先の彼女」「熱帯魚」「ラブゴーゴー」で“台湾ニューシネマの異端児”として注目を集めたチェン・ユーシュンが監督・脚本を手がけ、2020年・第57回金馬奨で作品賞を含む5部門に輝いたファンタジックなラブストーリー。後に日本で「1秒先の彼」としてリメイク。郵便局で働くアラサー女子のシャオチー。何をするにもワンテンポ速く、他人とはズレてしまうせいで、彼女は恋も仕事も冴えない日々を送っていた。そんなある日、彼女

「スパイ・ゾルゲ」

「スパイ・ゾルゲ」巨匠・篠田正浩監督の引退作。太平洋戦争間近の1930年代、日本とドイツの最高機密をソ連に渡したスパイ・ゾルゲと、彼の協力者だった新聞記者・尾崎秀実の実像に迫る。世の中が戦争へと動きつつあった1930年代。上海支社に赴任した朝日新聞記者・尾崎は、ナチス党員のジャーナリスト、ゾルゲと出会う。だが、ゾルゲの本当の姿は、ソ連の諜報員だった。やがてゾルゲはドイツの特派記者として来日し、ドイツ大

HAPPY NEW YEAR!

新年明けましておめでとうございます昨年は当ブログをご訪問頂きありがとうございましたその上、拍手&コメントまで頂き心より感謝しておりますありがとうございますm(_ _)m『映画の世界~私のひとり言」では私が観た映画の紹介&感想を綴っていますが昨年は何かと忙しくブログをUPできす気がつくと観た映画が20本ほどUPできず放置状態に・・・2023年中にUPしたかったので12月に連日UPすることでどうにか年越しせずにすみました^^;毎

「金の国 水の国」

「金の国 水の国」2017年「このマンガがすごい!」で第1位を獲得した岩本ナオの同名コミックをアニメーション映画化。豊かだが水が乏しい“金の国”と、貧しいが水と自然が豊かな“水の国”。両国は100年以上も断絶していた。あるとき、金の国のおっとりした王女サーラと、水の国に暮らす貧しい建築士ナランバヤルは、敵国同士の身でありながら、国の思惑に巻き込まれて“偽りの夫婦”を演じることに。心優しいサーラを思いやるナランバ

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 2 3 4 43