・洋画一覧

「ジュラシックパークⅢ」

「ジュラシックパークⅢ」「ジュラシック・パーク」「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」に続いて作られた大ヒットシリーズ第3作12歳の少年エリックはコスタリカ沖で不慮の事故に見舞われ、恐竜たちをよみがえらせた小さな島に漂着。息子を救出すべく、ポールと妻アマンダは飛行機をチャーター。かつて島で苦い目に遭わされた古生物学博士グラントは、島を上空から見物するだけという条件で彼らのガイド役を引き受け、一行

「夏の嵐」

「夏の嵐」イタリアの名匠L・ヴィスコンティ監督の豪華絢爛たるメロドラマの傑作1866年、オーストリア支配下のヴェネチアの劇場でオペラ「イル・トロヴァトーレ」の公演が開かれるが、オーストリアの支配に反発するイタリア人たちが興奮に駆られて騒ぎだして大混乱に。そこに居合わせたイタリア統一を目指す地下組織のリーダー、ロベルトはオーストリアの青年将校フランツと激しく対立。ロベルトのいとこにあたる伯爵夫人リヴィア

「若者のすべて」

「若者のすべて」ルキーノ・ヴィスコンティ監督が贈る不朽の名作1960年に発表した監督第7作ミラノに住む長男を頼りに、南部から移住してきたパロンディ家。次男のシモーネはボクサーとして成功への糸口を見つけるが、娼婦ナディアに溺れ落ちぶれていく。ある時、三男のロッコも偶然にナディアと知り合い、ロッコとナディアは惹かれあっていくが、2人の関係に嫉妬したシモーネによって悲劇が引き起こされる。原題/Rocco e i suoi f

「小さな恋のメロディ」

「小さな恋のメロディ」少年少女の淡い恋心を描いたラブ・ストーリーの傑作ビー・ジーズのテーマ曲「メロディ・フェア」とともに日本で大ヒット!英国のパブリックスクールに通う11歳の少年ダニエルは、親友トムと一緒に、教室でバレエを練習する女子生徒たちをこっそりのぞき見していた。ダニエルはそこで、女生徒のひとり、メロディの姿に心を奪われる。彼女になかなか想いを伝えられないでいたダニエルだが、そんな彼の気持ちに

「ハドソン川の奇跡」

「ハドソン川の奇跡」2009年、NYで起きた奇跡の旅客機生還劇とその舞台裏の知られざる実際の出来事を巨匠C・イーストウッド監督がT・ハンクスを主演に迎え息詰まるタッチで綴った感動作2009年1月15日。乗客乗員155人を乗せてNYの空港から飛び立ったばかりの旅客機が、不測の緊急事態で操縦不能に陥るという絶体絶命のピンチが発生。ベテラン機長のサリーは、瞬時の判断により、眼下を流れるハドソン川へ機体を不時着させる

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ハリー・ポッター」シリーズの番外編!?魔法界を舞台にした新シリーズ第1作。世界を旅する魔法動物学者が巻き起こす奇想天外な騒動と冒険を綴る。魔法の腕は超一級だがおっちょこちょい、そして魔法動物をこよなく愛するニュート・スキャマンダー。魔法動物学者の彼は世界を旅しながら魔法動物を研究し、不思議なトランクの中に保護していた。そんなある日、旅の途中訪れたニュ

「手紙は憶えてる」

「手紙は憶えている」1通の手紙を頼りに、かつて自分の家族を皆殺しにしたナチスの仇敵を捜す復讐の旅に出た老主人公。彼を待ち受ける驚愕の運命を名優C・プラマーの主演で描く衝撃の問題作。最愛の妻に先立たれて1週間。最近は認知症が進み、物忘れが激しくなった90歳の老人ゼヴのもとに1通の手紙が届く。それは、かつて彼と同様、アウシュビッツのユダヤ人収容所での地獄を生き延びた旧知の友人マックスからの手紙で、彼らの家

「バスキア、10代最後のとき 」

「バスキア、10代最後のとき」1980年代のニューヨークで活躍しながら27歳で早世した、若き天才アーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。1980年前後の彼を振り返った伝記ドキュメンタリー。 経済が衰退して犯罪が多発していた、1978年のニューヨーク、ロウアーイーストサイド。10歳代後半のバスキアは、友人・知人の家を泊まり歩いて暮らしながら、“セイモ”名義でアーティストとして活動するように。絵や詩を町のあち

「グレイテスト・ショーマン」

「グレイテスト・ショーマン 」19世紀に実在した興行師P・T・バーナムが成功をつかむまでを描いた昨年大ヒットしたハリウッドのミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」の挿入歌の数々を手掛けた名コンビB・パセックとJ・ポールが挿入歌の作詞作曲を担当19世紀、ニューヨーク。貧しい生まれのバーナムは上流家庭の令嬢チャリティを妻に迎えたが失業し、大衆向けの博物館を開業。しかし客は集まらず、バーナムはユニークな人々を博

「わたしは、ダニエル・ブレイク」

映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」社会派の名匠K・ローチ監督が社会的弱者の側に寄り添い弱者の怒りと心の叫びを代弁した映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」第69回カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた傑作!イングランド北東部の町で暮らすダニエル・ブレイク。彼は腕のいい大工だが、心臓に病が見つかり、医者から仕事をするのを止められてしまう。しかし、国から失業手当を受けるためには一定期間の就活が義務付け

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 2