・洋画一覧

「エデンの東」

「エデンの東」旧約聖書のカインとアベルの物語を下敷きにしたジョン・スタインベックの同名小説を「欲望という名の電車」「波止場」の名匠エリア・カザン監督が映画化1917年、カリフォルニア。農場を営むアダムにはアーロンとキャルという2人の息子がいるが温厚な兄アーロンがアダムにかわいがられる一方問題児であるキャルはいつも孤独を感じ、父親や兄との間でけんかが絶えない。ある夜、激昂したキャルは、アダムが隠し続けて

「名探偵ピカチュウ」

「名探偵ピカチュウ」世界中で人気の“ピカチュウ”をハリウッドで初の実写映画化主人公の青年役は「ジュラシック・ワールド/炎の王国」で注目の若手J・スミス刑事の父ハリーが事故で亡くなったと知らされ、青年ティムはある事情から遠ざけていた父への複雑な想いを胸に、人間とポケモンが共存するライムシティにやって来た。父の部屋を訪れた彼は、そこで自分にしか聞こえない人間の言葉を話す名探偵ピカチュウに出会う。父の相棒

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」「ジュラシック・パーク」に始まった、大ヒットシリーズの第5作。前作「ジュラシック・ワールド」でも舞台になった島で火山が噴火前作から3年後を描く。ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルで崩壊した「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島の火山に、噴火の予兆が見られた。恐竜たちを見殺しにするのか、彼らを救うべきか。テーマパークの運営責任者

「家族のレシピ」

「家族のレシピ」日本とシンガポールの外交関係樹立50周年(2016年)を記念し、食と家族の絆をテーマに描かれた、シンガポール、日本、フランス合作の映画 群馬県高崎市でラーメン店を営む和男とその息子・真人だがある日、和男は急死してしまう。真人は和男の遺品から、シンガポール人であり、自分が幼いころに病死した母親メイリアンの日記や写真を見つけ、自分も10歳になるまで暮らしたシンガポールに住む、叔父ウィーを訪ねる

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 ハリウッド大作「GODZILLA ゴジラ(2014)」の続編怪獣ゴジラと怪獣ムートーが戦い、勝ったゴジラが海に消えてから5年後。世界の世論は“怪獣は人類にとって敵”という意見に傾き、怪獣の存在を隠し続けた研究機関“モナーク”は非難の矛先に。そんな中、中国にある“モナーク”の施設は元軍人ジョナが率いる環境テロリスト一味に襲われ、休眠状態の怪獣と交信できる装置“オルカ”が

「アガサ・クリスティー ねじれた家」

「アガサ・クリスティー ねじれた家」ミステリーの女王アガサ・クリスティ彼女が自らのお気に入り作品の一つに挙げる埋もれた逸品1949年に発表した「ねじれた家」を映画化一代で巨万の富を築いた世界的大富豪のレオニデスが急死。孫娘のソフィアは、かつての恋人である私立探偵チャールズのもとを訪れると、祖父は遺産を付け狙う一族の誰かに殺されたに違いないと訴え、彼にその調査を依頼する。レオニデスの豪邸には、彼の前妻の

「ベニスに死す」

「ベニスに死す」ルキノ・ヴィスコンティが、作曲家グスタフ・マーラーをモデルに描かれたトーマス・マンの同名小説を基に映画化美少年への思いを募らせた老作曲家の苦悩を格調高く描いた文芸ドラマ。水の都ヴェニスを保養で訪れたドイツの高名な老作曲家アッシェンバッハは、母親とともにホテルに滞在するポーランド人の美少年タジオに出会い、思わず心を奪われる。それ以来、彼はタジオに恋焦がれながら、彼の後を付け回すように

「アリー スター誕生」

「アリー スター誕生」ブラッドリー・クーパー初監督&レディー・ガガ初主演で過去3度映画化されている『スター誕生』を現代にリメイクし世界中で大ヒットした感動の音楽ドラマ第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ、主題歌賞を受賞ある晩、ツアーの合間に、とある場末のバーを訪れた人気歌手のジャクソンは、そこでウエートレスとして働きながらプロの歌手になることを夢見るアリーと出会う。彼女の歌声と才

「運び屋」

「運び屋」「The New York Times Magazine」に掲載された実話をベースにしたクリント・イーストウッド監督・主演のヒューマンドラマ90歳のアール・ストーンは、家族を二の次にして仕事一筋に生きてきたが、商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。そのとき彼は、車で荷物を運ぶだけの仕事を持ち掛けられる。それを引き受け、何の疑いも抱かずに積み荷を受け取って運搬するアールだったが、荷物の中身は麻薬だった。

「家へ帰ろう」

「家へ帰ろう」第2次世界大戦中、自分を救ってくれた命の恩人に再会すべく、88歳のユダヤ人の老人がアルゼンチンからポーランドまで苦難の旅に出るさまを描いた感動のロードムービー。第二の故国アルゼンチンで、大勢の子どもたちや孫に囲まれながらも、今一つ冴えない表情を浮かべる88歳のユダヤ人の老仕立屋アブラハム。老人ホームに明日入居する予定となっていた彼は、しかし家族に黙って家出を決行。実は彼は第2次世界大戦

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 2 3