・洋画一覧

「マトリックス レザレクションズ」

「マトリックス レザレクションズ」大ヒットSF映画「マトリックス」シリーズの18年ぶりに作られた第4作で、シリーズの最終編。かつて人工知能と戦ったネオは再覚醒し、愛するトリニティを救おうと挑む。かつて人類の救世主として仮想現実“マトリックス”で人工知能の軍団と戦ったネオは、一見平穏そうな世界でゲームデザイナーのトーマスとして生きている。そんなトーマスはティファニーという女性と出会う一方、モーフィアス

「生きる LIVING」

「生きる LIVING」今は亡き日本の巨匠・黒澤明監督の不朽の名作「生きる(1952)」を、イギリスの名優B・ナイの主演&ノーベル文学賞作家カズオ・イシグロの脚本でリメイクした感動ドラマ。1953年のイギリス、ロンドン。役所の市民課に勤めるお堅い英国紳士のウィリアムズは、机の上に山積みにされた書類の整理に追われる退屈で単調な毎日。ある日、医者から余命半年と宣告されてショックを受けた彼は、いったんは役所仕事を

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1&PART2」

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1&PART2」

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1&PART2」[PART1]J・K・ローリングの世界的ベストセラーを映画化するメガヒット・ファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ、完結へと向かう最終第7章は、長大な原作をできる限り忠実に映像化するため、前後編での製作となった。前編となるこのパート1では、かつてない窮地に立たされるハリーと仲間たちの姿が描かれていく。先の見えない孤独な旅の中で、ついにハリー、ロン、ハーマイオニー

「RENT/レント」

「RENT/レント」1996年の初演以来、トニー賞ほか数々の賞に輝いたブロードウェイの傑作ミュージカルを映画化。さまざまな問題に直面しながら、なお夢を追う若き芸術家たちの姿を描く。ニューヨーク、イーストビレッジ。ロフトの一室に共同で暮らすロジャーとマークは、クリスマス・イヴというのに家賃滞納で電気も暖房も止められていた。かつて人気ロックバンドの一員だったロジャーは、恋人がエイズを苦に自殺して以来ふさぎ

「幸せなひとりぼっち」

「幸せなひとりぼっち」スウェーデンの人気作家F・バックマンが2012年に発表し、累計250万部を超える世界的ベストセラーとなった同名小説を、「青空の背後」のH・ホルム監督が映画化。後に米国で、トム・ハンクス主演「オットーという男」としてリメイク。本国スウェーデンで大ヒットし、第29回ヨーロッパ映画賞でコメディ作品賞に輝いた、珠玉の感動作。~WOWOWより~最愛の妻ソーニャに先立たれた、59歳の孤独な独居老人オーヴ

「オットーという男」

「オットーという男」バックマンの同名小説を映画化し、第89回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされて大ヒットしたスウェ-デン映画「幸せなひとりぼっち」を新たにリメイク。名優トム・ハンクスの共同製作・主演で大ヒットを記録。最愛の妻ソーニャに先立たれて以来、深い孤独と悲しみ、怒りを胸の内に抱えて生きるオットー。いつも不機嫌な彼は、何かと周囲に口やかましく文句を垂れ、すっかり町内一の嫌われ者となってい

「ザリガニの鳴くところ」

「ザリガニの鳴くところ」アメリカの女性動物学者D・オーエンズが初の小説として2018年に発表し、全世界で累計1500万部を超える売り上げを記録。日本でも2021年本屋大賞翻訳小説部門の第1位に輝いた話題のベストセラーを映画化。人気歌手テイラー・スウィフトが本作のサントラのために新たな楽曲を書き下ろしたことでも話題を呼んだ注目作。1969年、米ノースカロライナ州の湿地帯で裕福な家庭に生まれ育った青年チェイスの死体が発

「ダーク・シャドウ」

「ダーク・シャドウ」1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(70)として映画化もされたゴシック・ソープオペラを、ティム・バートンとジョニー・デップが8度目のタッグで新たに映画化。18世紀半ば、バーナバスは名家の御曹司として恋に浮かれた人生を送っていた。ところが、ほんの火遊びのつもりで手を出したメイドは嫉妬深い魔女で、彼はヴァンパイアにされて棺に閉じ込められ、地中に埋められる。時は流れて1972

「ボブという名の猫2 幸せのギフト」

「ボブという名の猫2 幸せのギフト」ロンドンの街角でどん底生活を送っていた孤独な青年が、一匹の野良猫との出会いをきっかけに生きる希望を取り戻すことに。奇跡の実話に基づくJ・ボーエンのベストセラーを映画化して世界中で大ヒットした「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の、5年ぶりとなる待望の続編映画。一匹の野良猫との出会いをきっかけに人生のどん底から抜け出し、一躍ベストセラー作家となったジェームズ。ある晩

「ブラックボックス:音声分析捜査」

「ブラックボックス:音声分析捜査」テロか、事故か? 最新型旅客機墜落事件に隠された深い闇に、“ブラックボックス”と呼ばれるフライトレコーダーの音声記録だけを頼りに迫っていく航空事故調査局音声分析官の運命を描き、本国フランスで大ヒットを記録したサスペンスミステリー。ヨーロピアン航空の最新型旅客機がアルプス山中で墜落、乗員乗客全員死亡の大惨事となった。航空事故調査局の責任者ポロックが回収されたブラックボ

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 2 3 4 8