・邦画一覧

「サマーフィルムにのって」

「サマーフィルムにのって」元乃木坂46の伊藤万理華さん主演時代劇オタクの女子高生のヒロインを爽やかな魅力満点に好演!恋と友情、さらには時代劇やSFなど、多彩な要素をちりばめた珠玉の青春映画。時代劇オタクの女子高生ハダシは、同じ映画部に所属してはいるが、キラキラ恋愛映画ばかりに熱中するほかの連中には一向になじめずにいた。そんなある日、時代劇を見に行った映画館で彼女はひとりのイケメン男子を発見。その名

「映画 太陽の子」

「映画 太陽の子」2020年8月15日にNHK総合テレビで“国際共同制作 特集ドラマ”として放送された日米合作ドラマを、異なる視点と結末を加えて再編集した劇場版。1945年の夏。京都帝国大学・物理学研究室で働く若き科学者の修と同僚の研究員たちは、軍の密命を受けて原子爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々が続く中、建物疎開で家を失った幼なじみの世津が修の家の離れに居候する。時を同じくして、軍人となった修の弟

「ファーストラヴ」

「ファーストラヴ」人気作家・島本の第159回直木賞受賞作を「人魚の眠る家」の堤幸彦監督が映画化。芳根京子演じる大学生の環菜と北川演じる公認心理師の由紀が拘置所で接見するのが前半のメインで、北川と芳根の息詰まる心理演技がじりじりとさせる。それと並行して描かれるのが由紀の過去で、環菜と由紀が次第にシンクロしていく展開が見もの。そして、後半は環菜の裁判がメインとなり、明かされる事件の意外な真相にも驚かされ

「老後の資金がありません!」

「老後の資金がありません!」垣谷美雨さんの同名ベストセラー小説を天海祐希さんら豪華キャスト共演で前田哲監督が映画化!主婦の篤子は、家計は妻に任せきりの夫・章の給料と、自分がパートで稼いだお金をやり繰りし、フリーターの娘・まゆみと大学4年生の息子・勇人を育て上げてきた。ある日、入院していた義父が亡くなり、章の妹・志津子から喪主の役割を押し付けられ、葬儀代400万円近くを支払う。さらに、まゆみが結婚相手を

「ホノカアボーイ」

「ホノカアボーイ」作家・吉田玲雄の同名原作を映画化したハートウォーミング・ストーリーハワイ島に実在する町ホノカアを舞台に、町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、そこに暮らす人々の人間模様がつづられる。米国で映画の勉強をしていた日本人青年レオは、雑念から逃れるようにハワイ島北部の小さな村ホノカアへとやって来た。村唯一の映画館で映写技師助手として働きだした彼は、あるとき日系の老婦人ビーさん

「ホノカアボーイ」

「ホノカアボーイ」作家・吉田玲雄の同名原作を映画化したハートウォーミング・ストーリーハワイ島に実在する町ホノカアを舞台に、町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、そこに暮らす人々の人間模様がつづられる。米国で映画の勉強をしていた日本人青年レオは、雑念から逃れるようにハワイ島北部の小さな村ホノカアへとやって来た。村唯一の映画館で映写技師助手として働きだした彼は、あるとき日系の老婦人ビーさん

「劇場版 ルパンの娘」

「劇場版 ルパンの娘」横関大さんのベストセラー小説を原作にした人気ドラマの劇場版。「翔んで埼玉」の武内英樹監督が、ドラマ版の演出に続いて監督を務める。深田恭子さんがチャーミングに演じる“Lの一族”の娘・三雲華と警察一家の息子の恋を描いたシーズン1、名探偵一家の娘がLの一族の正体を暴こうとしたシーズン2のその後を描く。シーズン2最終話で名前のみ登場した三雲玲がついに姿を現わす上、名作映画のパロディ、アクショ

「死者の学園祭」

「死者の学園祭」赤川次郎さんの小説を原作に、若手時代の深田恭子さんが映画初主演を果たした学園ミステリー。ミッション系の私立手塚学園に通う高校生の真知子。彼女が所属する演劇部では、80年ほど前から学園に伝わる、ある悲恋物語を題材にした舞台を学園祭で上演しようとしていたが、台本を書いた部員の由子が突然自殺してしまう。上演は中止かと思われたが、親友だった由子の遺作を形にしたいと願う真知子が学園長に掛け合い

「天使」

「天使」桜沢エリカさんの原作コミック「天使」「天使の巣」を深田恭子さん、永作博美さん、永瀬正敏さんらの共演で本作が初の劇場用映画となった宮坂まゆみ監督が映画化。東京のとある町。見える人にしか姿が見えない、優しい天使が現われる。天使は、コンビニで働きながら恋人と出会えずに悩む青年カトウを見守るように。カトウは猫を捜す女性・美帆と知り合い、彼女と猫を捜す。一方、シングルファーザーの吉川は仕事で忙しい毎

「マスカレード・ナイト」

「マスカレード・ナイト」東野圭吾さんのベストセラーを映画化した「マスカレード」シリーズ「マスカレード・ホテル」に続くミステリーサスペンス第2弾。ある日、警察に匿名の密告状が送られてくる。それは、数日前に都内のマンションで起きた不可解な殺人事件の犯人が12月31日にホテル・コルテシア東京で開かれる年越しカウントダウンパーティー“マスカレード・ナイト”に現われるというものだった。大みそか当日、ホテルに設置さ

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 2 3 4 20