・邦画一覧

「銀魂2 掟は破るためにこそある 」

「銀魂2 掟は破るためにこそある 」空知英秋さんの人気コミックを福田雄一監督が映画化2017年度の実写映画ナンバーワンヒットとなった話題作の第2弾!なんでも屋の万事屋を営む銀時、新八、神楽は、慢性的な金欠でキャバクラや理髪店でアルバイトを始めるが、なぜか先々でお忍びの将軍・徳川茂茂に出会い、3人は打ち首覚悟で接待するはめに。一方、真選組では局長・近藤の暗殺計画が進行し、副長の土方は何者かにチップを埋め込ま

「光」

映画「光」河瀬直美監督が視力を失いつつあるカメラマンに永瀬正敏さん音声ガイドに従事するヒロインに水崎綾女さんを迎え2人の心の触れ合いを綴ったラブストーリー目が不自由な人のために映像を言葉で伝える、映画の音声ガイドの新たな仕事を始めた尾崎美佐子。けれども、ある時、彼女は、中森雅哉という弱視のカメラマンから、音声の付け方が不親切でなってないという、忌憚のない批判を浴びせられることに。中森は一流のカメラ

「武曲 MUKOKU」

映画「武曲 MUKOKU」藤沢周さんの剣豪小説を綾野剛さんと村上虹郎さんの共演で熊切和嘉監督が映画化。研吾は日本刀を突き付けて剣を教えるような警察官の父親に厳しく育てられた。その結果、彼は剣道界で一目置かれる存在になるが、ある事件から道を見失い、自堕落な生活を送るようになった。そんな中、研吾のもうひとりの師匠である光邑の前に、ラップのリリック作りに夢中な平凡な高校生の融が現われる。台風の洪水で死にかけた

「モヒカン故郷に帰る」

映画「モヒカン故郷に帰る」沖田修一監督が脚本を担当し主演のモヒカン頭のバンドマンを松田龍平さんが演じたハートウォーミング・コメディーモヒカン頭がトレードマークの売れないバンドマン、永吉。恋人の由佳が妊娠し、結婚を決意した彼は、その報告も兼ね、彼女を連れて瀬戸内海に浮かぶ故郷の小島へ7年ぶりに帰省。そこで永吉は、矢沢永吉を信奉し、中学校の吹奏楽部のコーチも務める父親の治、広島カープの大ファンである母

「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」誕生10年を迎えた大ヒットTVドラマ「コードブルー」2008年に初放送、その後もスペシャルドラマと2つの続編シリーズが作られ、いずれも高視聴率を記録した人気TVドラマ地下鉄トンネル崩落事故から3カ月後。10年をともに過ごしてきた藍沢たちフライトドクター、フライトナースの仲間たちにも旅立ちという名の別れの時が迫っていた。そんな中、突然の出動要請が入る。成田空港への

「カメラを止めるな!」

映画「カメラを止めるな!」映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で予算300万円のインディーズ映画ながら国内及び海外の映画賞を数々受賞人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、

「L-エル-」

映画「L-エル-」Acid Black Cherryの同名コンセプトアルバムをベースに、広瀬アリスさん主演で下山天監督が映画化。エルは“色のない街”で生まれ、両親に愛情を注がれて育ってきた。だが両親の突然の事故死によって、彼女の運命は大きく変わる。悲しみに打ちひしがれるエルを得意の絵で元気づけたのは、幼なじみの画家オヴェスだった。そしてエルはある選択を迫られ、突然故郷を旅立つことになり、2人は離れ離れになる。エルは

「サクラダリセット 前篇・後篇」

映画「サクラダリセット 前篇・後篇」 野村周平さんと黒島結菜さんが共演したSF青春ミステリー「サクラダリセット」「サクラダリセット・前篇」超能力者が集う街・咲良田。世界が改変されても、もとの記憶を忘れない“記憶保持”の力を持つ少年・ケイと、世界を最大3日分巻き戻せるが、自分の記憶も戻ってしまう“リセット”能力者の少女・春埼。ともに行動することで過去の改変が可能な2人は、超能力者を統率する公的機関・管理局の

「湯を沸かすほどの熱い愛」

映画「湯を沸かすほどの熱い愛 」宮沢りえさん主演映画今注目の若手女優・杉咲花さんが宮沢りえさんの娘役で出演しています夫の幸野一浩とともに銭湯を営んできた双葉。ところが1年前、一浩が不意にどこかへ蒸発。やむなく双葉は銭湯を休業し、パートの仕事をしながら、中学生の娘・安澄を養育していた。そんなある日、双葉はがんで余命2カ月と宣告され、ショックを受ける。けれども彼女は、けなげに振る舞い、夫を家に連れ戻して

「ワンダフルライフ」

映画「ワンダフルライフ」是枝裕和監督が不思議な設定で描いた監督第2作。月曜日。霧に包まれた古い建物に22人の老若男女が集結し、そこで職員からこう説明される。「あなたがたは昨日亡くなりました。ここにいる7日間のうちにあなたの人生を振り返って、大切な思い出を一つだけ選んでください」と。選ばれた思い出は職員たちの手で撮影され、最終日には上映会が開かれる手はずが整っていた。かくして彼ら22人は職員の望月や川嶋

[PR] スポンサーリンク
dエンジョイパス
dヒッツ