・邦画一覧

「天外者(てんがらもん)」

「天外者(てんがらもん)」『日本の未来を切り開いた“五代友厚"の物語がついに誕生』激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男がいた―五代友厚(ともあつ) 武士の魂と商人の才を持つこの男、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた。西の五代友厚、東の渋沢栄一とも評される功績を挙げながらも、長らく歴史に埋もれていた。近年、多くの人の研究により、その真価が再認

「十二人の死にたい子どもたち」

「十二人の死にたい子どもたち」直木賞候補にもなった冲方丁による初の現代小説を、「人魚の眠る家」の堤幸彦監督が映画化。タイトルからも察しがつく通り、法廷ドラマの名作「十二人の怒れる男」をベースに、萩尾望都のSF漫画「11人いる!」をミックスさせたような物語が描かれる。廃病院で集団安楽死を図る未成年たちが地下の部屋で起こった不思議な出来事の真相に迫るミステリーから、自分たちのアイデンティティーを見つけてい

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」多数のプレーヤーがネットを通じて同時に参加するオンラインRPGの人気作「ファイナルファンタジーXIV」を題材にした実録感動ドラマ。ハンドルネーム“マイディー”が同ゲームを通じて父親に親孝行する過程を綴ったブログをもとに映画化、坂口と吉田が息子と父役を演じた。ゲームの中で、息子であることを隠して父と“フレンド登録”し合い、親子だからこそ言えない本音を聞こうとす

「罪の声」

「罪の声」1984~85年に起きた、複数の食品会社を標的とし、全国を震撼させた凶悪事件これらをモデルに執筆された塩田武士さんの同名小説を小栗旬さん、星野源さんら豪華キャスト共演で映画化※ネタバレ注意!原作未読&映画を観ていない方はスルーして下さい新聞記者の阿久津は、ほぼ35年前に起きて既に時効を迎えた事件を取材することに。それは複数の食品会社を標的とし、誘拐・毒物混入などの手口を組み合わせた脅迫事件だった

「ミッドナイトスワン」

「ミッドナイトスワン」内田英治監督が(企画、監督、脚本、原作)手掛けたヒューマンドラマ養育費を当てにして育児放棄された少女を預かることになったトランスジェンダーの主人公が、次第に少女と心を通わせていく物語トランスジャンダーの凪沙役を草なぎ剛さんが演じ第44回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞最優秀作品賞も受賞した話題の日本映画※ネタバレありです!まだ映画をご覧になっていない方はご注意下さい!

「星の子」

「星の子」両親が新興宗教を信じる中学3年生の少女の運命は…。今村夏子さんの同名ベストセラー小説を芦田愛菜さん、永瀬正敏さん、原田知世さん、岡田将生さんら豪華キャストで、大森立嗣監督が映画化。十数年前、未熟児として生まれた次女ちひろを心配した両親は、ある新興宗教にはまっていった。そして現在、中学3年生になったちひろの両親は、今も新興宗教にぞっこんだ。そんなちひろは、自分が通う中学校のハンサムな数学教師

「弱虫ペダル」

「弱虫ペダル」TVアニメや舞台版も大人気となった渡辺航のベストセラー漫画をKing & Princeの永瀬廉主演で実写映画化千葉・総北高校に入学したオタク少年・小野田坂道は、入部希望だったアニメ研究部が休部中と知って失望する。そんな中、彼は同級生の今泉から自転車勝負を挑まれる。中学ロードレース界の強豪選手だった今泉は、学校裏の“激坂”をママチャリで楽々上る坂道に驚かされたのだ。この勝負を機に誰かと走る

「嘘八百 京町ロワイヤル」

「嘘八百 京町ロワイヤル」中井貴一と佐々木蔵之介がW主演したコメディの続編。冴えない古美術商とくすぶり続ける陶芸家。2人の次の標的は悪徳古美術商と大御所鑑定家で、コンゲームの幕が上がる。腕利きの陶芸家・野田と組んで贋物仕事で大勝負をした古美術商の小池。彼は堺を離れ、京都で人気占い師となった娘に軒を借りて、小さいながらも古美術店を営んでいた。ある日、彼のもとに父の形見を騙し取られたという京美人・志野

「泣き虫しょったんの奇跡」

「泣き虫しょったんの奇跡」将棋界の絶対的ルールを変え、35歳でサラリーマンからプロ棋士になった瀬川晶司六段の奇跡の実話を映画化した感動作。小学生時代から将棋に打ち込んできた“しょったん”こと瀬川晶司は、中学3年でプロへの登竜門である奨励会へ入会した。だが奨励会には、26歳の誕生日を含むリーグ戦終了までに四段になれなければ退会となり、プロにはなれないという厳しい規定があった。順調に昇段していた晶司だが、

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」長澤まさみさん、東出昌大さん、小日向文世さんが共演の人気TVドラマ「コンフィデンスマン」の映画版古沢良太さんがオリジナル脚本を担当した「プリンセス編」は第1作「~ロマンス編」に続く第2作となる世界有数の大富豪一家の当主レイモンド・フウが亡くなる。その遺産をめぐり火花を散らす3姉弟の前で、フウの執事トニーが発表した遺産の相続人は、誰もその存在を知らない隠し子ミシェルだ

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 2 3 4 16