「検察側の罪人」

「検察側の罪人」 雫井脩介さんのベストセラー小説を木村拓哉さんと二宮和也さんを迎え『関ヶ原』の原田眞人監督が映画化都内で殺人事件が発生、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されたばかりの駆け出し検事・沖野が担当することに。最上は複数いる容疑者の中から、過去に時効となってしまった未解決事件の重要参考人だった松倉という男性に狙いを定める。沖野は最上に聴取を命じられ、事務官の沙穂とともに松

劇場版「BLEACH」③④

劇場版第3弾「BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ」尸魂界の中心・瀞霊廷。謎の姉弟の暗躍によって巨大な霊子爆発が発生、瀞霊廷は壊滅の危機に陥り、事態を目撃していたルキアも行方不明となってしまう。一方、現世でその知らせを受けた一護はただちに尸魂界へと向かうが、恋次たち護廷十三隊の死神たちはなぜかルキアの存在を忘れ、ルキアから死神の力を授かった一護に関する記憶も失っていた。隊士たちに追われながらルキアを

劇場版アニメ「BLEACH」①②

劇場版第1弾「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」 一護の暮らす現世の町・空座町。ある時、町に認識不能の霊生物“欠魂”が大量発生する異変が発生、一方尸魂界では空に現世の景色が映し出される。世界崩壊の前兆とされるこれらの事態を前に、現世と尸魂界の秩序を守る護廷十三隊の死神たちは浮き足立つ。そんな中、現世にいる一護やルキアは、欠魂を一掃してみせた死神の少女・茜雫と出会うのだが……。 制作年/2006内容時間/93分監督/阿

ここ数日の暑さはちょっと・・・・・

 ここ数日は35℃を超える暑さが続いている。今年の梅雨は雨が多く涼しかったので余計にそう感じるのかもしれない。雨が降らないので、毎日の作業は水やりがほとんどで体力に余力があったら草取りをしているぐらいだ。それでもどうにか前庭の草取りを終えることが出来た。 シジュウカラのエサのヒマワリの種が落ちて芽を出していた。そのヒマワリが咲き出している。今年になって何回目だろう?この時期はガーデンのあちこちでセ

「BLEACH」

「BLEACH」久保帯人さんの人気漫画「BLEACH」を実写映画化。幼いころに母を亡くし、父と2人の妹と暮らしていた高校生・一護。幽霊が見える以外は普通の少年だったはずの彼だが、ある日“死神”と名乗る少女ルキアが現われたことで運命が大きく動き始める。“虚(ホロウ)”と呼ばれる悪霊が一護の家族を襲った上、助けに入ったルキアも瀕死の重傷を負い、彼女は最後の手段として本来人間に譲ってはいけない死神の力を一護に与えたのだ

「SUNNY 」

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を日本でリメイク1990年代、東京の同じ女子高に通っていた仲良しグループ“サニー”の一員だったが今は高校生の娘を持つ専業主婦になった奈美は、かつて“サニー”のリーダーだった芹香と思いがけずに再会。しかし、芹香は末期がんで余命わずかだった。そんな芹香に頼まれ、奈美は“サニー”の元メンバーたちを私立探偵・中川に捜させる。奈美が1人ずつ再会していく元“サ

自然界はいろいろと・・・・・

 7月25日(木) やっと中国地方の梅雨が明けた。だが今日の暑かったことと言ったら半端ではなかった。今年一番の暑さとなったこの日は休息所の屋根の下の温度計は35℃になっていた。これから毎日がこのような暑い日が続くと思うと何処かへ逃げ出したくなる。 ここ数日、妻が玄関を開けると外が嫌な臭いがするという。肥料をやった訳でもないので原因が分からなかった。梅雨で毎日のように雨が降っていたので草取りもしていなか

NO IMAGE

毎日雨が降るので水やりは助かるが・・・・

 7月23日(火) 梅雨明けはもうすぐとのことだ。今は毎日必ず1度は雨が降っている。水やりはせずに済むので助かるが、湿度が高いのでちょっと何かをするだけで汗が噴き出してくる。かといって梅雨明けの33度、34度の予報を思うと喜んで待つわけにはいかない。 ガーデンは 毎日の雨で濡れているので作業はあまりやる気が起こらない。挿し芽、挿し木、そして1か月ほど経って根が出ているそれらをポットに植え付けて時間を過ごし

雨の合間にドライフラワーを・・・

 今日は雨は降らないようだ。オープンガーデンでガーデンに出してそのままになっていたスチール製のテーブルやイスを片付けた。1組は倉庫に運び、もう1組は休息所の屋根の下に置いた。休息所の長テーブルのイスも倉庫に片付けた。その代わりに青の長椅子を持って入り、テーブルの反対側にはパイプ椅子を置いた。雨上がりで湿度が高いのでこれだけで汗が噴き出してくる。 7月になり真っ白だったアナベルの花も緑色に戻っている。

子を思うカモの愛に見習ったら

 毎日雨が降っているように思える。天候が悪いのであろう。今年のトマトは甘みが足りないような気がする。梅雨が明けてくれたら美味しくなるのではと思うのだが。 我が家と川の間の道路にカモがじっとしている。実は草むらの中にはヒナが隠れている。彼らが安全な場所に移動するまでは親鳥は身を挺して頑張っているのだ。巻きずし1本で、幼子を置いたまま遊びに行って数日も帰らぬ親に見習ってほしいものだ。カモにも劣るとは・

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 25 26 27 28 29 30 31 33