1年近くのご無沙汰ですが、そろそろ動き出さないと・・・・・

 お久しぶりです。ブログを休んでから1年近くが過ぎました。 庭もすっかり緑で覆われてきて、春本番になりつつあります。啓蟄はとっくの前に過ぎてしまいましたが、我がガーデニング虫もそろそろ動き始めています。 何時ものように年が明け、ロウバイの花が咲き、それらが何時の間にか緑の葉に変わってきました。ロウバイの花を目当てに来ていたメジロ、シジュウカラも来なくなりました。シジュウカラは相手を見つけて巣箱を出

1年近くのご無沙汰ですが、そろそろ動き出さないと・・・・・

 お久しぶりです。ブログを休んでから1年近くが過ぎました。 庭もすっかり緑で覆われてきて、春本番になりつつあります。啓蟄はとっくの前に過ぎてしまいましたが、我がガーデニング虫もそろそろ動き始めています。 何時ものように年が明け、ロウバイの花が咲き、それらが何時の間にか緑の葉に変わってきました。ロウバイの花を目当てに来ていたメジロ、シジュウカラも来なくなりました。シジュウカラは相手を見つけて巣箱を出

1年近くのご無沙汰ですが、そろそろ動き出さないと・・・・・

 お久しぶりです。ブログを休んでから1年近くが過ぎました。 庭もすっかり緑で覆われてきて、春本番になりつつあります。啓蟄はとっくの前に過ぎてしまいましたが、我がガーデニング虫もそろそろ動き始めています。 何時ものように年が明け、ロウバイの花が咲き、それらが何時の間にか緑の葉に変わってきました。ロウバイの花を目当てに来ていたメジロ、シジュウカラも来なくなりました。シジュウカラは相手を見つけて巣箱を出

1年近くのご無沙汰ですが、そろそろ動き出さないと・・・・・

 お久しぶりです。ブログを休んでから1年近くが過ぎました。 庭もすっかり緑で覆われてきて、春本番になりつつあります。啓蟄はとっくの前に過ぎてしまいましたが、我がガーデニング虫もそろそろ動き始めています。 何時ものように年が明け、ロウバイの花が咲き、それらが何時の間にか緑の葉に変わってきました。ロウバイの花を目当てに来ていたメジロ、シジュウカラも来なくなりました。シジュウカラは相手を見つけて巣箱を出

1年近くのご無沙汰ですが、そろそろ動き出さないと・・・・・

 お久しぶりです。ブログを休んでから1年近くが過ぎました。 庭もすっかり緑で覆われてきて、春本番になりつつあります。啓蟄はとっくの前に過ぎてしまいましたが、我がガーデニング虫もそろそろ動き始めています。 何時ものように年が明け、ロウバイの花が咲き、それらが何時の間にか緑の葉に変わってきました。ロウバイの花を目当てに来ていたメジロ、シジュウカラも来なくなりました。シジュウカラは相手を見つけて巣箱を出

1年近くのご無沙汰ですが、そろそろ動き出さないと・・・・・

 お久しぶりです。ブログを休んでから1年近くが過ぎました。 庭もすっかり緑で覆われてきて、春本番になりつつあります。啓蟄はとっくの前に過ぎてしまいましたが、我がガーデニング虫もそろそろ動き始めています。 何時ものように年が明け、ロウバイの花が咲き、それらが何時の間にか緑の葉に変わってきました。ロウバイの花を目当てに来ていたメジロ、シジュウカラも来なくなりました。シジュウカラは相手を見つけて巣箱を出

「わたしの幸せな結婚」

「わたしの幸せな結婚」目黒蓮の主演と今田美桜の共演で、顎木あくみの同名ベストセラー小説を、「アンナチュラル」「コーヒーが冷めないうちに」などを手掛けた塚原あゆ子監督が実写映画化。架空の日本を舞台に、心を閉ざしたエリート軍人と家族に虐げられた少女の政略結婚から始まる恋を描く。文明開化もめざましい近代の日本。特殊な能力“異能”を受け継ぐ家系の者たちが、国を治める帝とともに代々、“災い”から人々を守り続けて

「猫と、とうさん」

「猫と、とうさん」ネコと人間の特別な絆を描いたドキュメンタリー。コロナ禍中の2020年を主な舞台に、愛猫を心の支えにして試練を乗り越えたキャットダッド=猫の飼い主たちの姿を追う。俳優として飛躍したいネイサンは、成り行きで一緒に暮らすことになったネコとの生活をSNSにアップするうち、ネコインフルエンサーとして知られていく。また、ベイエリアでエンジニアとして働くジェフやニューヨークの路上生活者デヴィッド

「白鍵と黒鍵の間に」

「白鍵と黒鍵の間に」ジャズピアニストの南博が自身の若き修業時代を振り返った回想録を、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の冨永昌敬監督が大胆に翻案して映画化。ジャズへの熱い想いを胸に秘めながらキャバレーやクラブでのピアノ伴奏に励む、南本人がモデルの主人公を、あえて<南>と<博>の2人に振り分けて設定。池松がそのトリッキーな一人二役に挑むほか、仲里依紗、森田剛らが共演。さらには歌手のCrystal Kay、サック

「白鍵と黒鍵の間に」

「白鍵と黒鍵の間に」ジャズピアニストの南博が自身の若き修業時代を振り返った回想録を、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の冨永昌敬監督が大胆に翻案して映画化。ジャズへの熱い想いを胸に秘めながらキャバレーやクラブでのピアノ伴奏に励む、南本人がモデルの主人公を、あえて<南>と<博>の2人に振り分けて設定。池松がそのトリッキーな一人二役に挑むほか、仲里依紗、森田剛らが共演。さらには歌手のCrystal Kay、サック

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 3 4 5 6 7 8 9 76