「人魚の眠る家」


「人魚の眠る家」


東野圭吾さんのベストセラー小説を、
篠原涼子さん主演で堤幸彦監督が映画化。


人魚の眠る家


離婚寸前の薫子と和昌のもとに、
祖母やいとこらとプールに行った娘の瑞穂が
溺れて意識を失い、病院に運ばれたとの連絡が入る。
薫子と和昌は病院に駆け付け、担当医から瑞穂を
臓器移植のドナーにしないかと提案されるが
薫子は拒否し、瑞穂を自宅に連れ帰る。
やがて和昌が働くIT企業に勤める星野の研究が、
瑞穂を生かす手助けになりそうだと考えた和昌と薫子は
星野を呼び、彼に瑞穂を託す。
やがて瑞穂の体に変化が表われるが…。



制作年/2018
内容時間/121分

監督/堤幸彦
脚本/篠崎絵里子
撮影/相馬大輔
音楽/アレクシス・フレンチ
主題歌/絢香「あいことば」


(CAST)
播磨薫子/篠原涼子
播磨和昌/西島秀俊
星野祐也/坂口健太郎
川嶋真緒/川栄李奈
美晴/山口紗弥加
進藤/田中哲司
播磨瑞穂/稲垣来泉
播磨生人/斎藤汰鷹
若葉/荒川梨杏
宗吾/荒木飛羽
播磨多津朗/田中泯
千鶴子/松坂慶子
遠藤雄弥
利重剛


東野圭吾さんの原作小説を読んでいたので
内容は知っていましたが
原作と映画では描かれ方が少々違っていた!?
でも娘を思う母の心は(怖いほど!?)伝わりました

母親・薫子役の篠原涼子さんの演技が凄い!
自分では動けなくなった瑞穂の身体を
星野の研究を使って動かすのですが
薫子は人形のように瑞穂を操っていることに
何の疑問も持たず瑞穂が動くことに喜びを見いだしていく
あまりにも歪んだ薫子の愛情が狂気に見えてきて・・・

父親・和昌役の西島秀俊さんは
良かれと思って勧めた星野の研究に
次第にのめり込んでいく薫子
瑞穂をつれて散歩までする薫子を見て
動揺し不信を抱くようになる・・・
和昌の苦悩の演技も凄い!

西島秀俊さん、篠原涼子さん
夫婦揃っての名演!流石です!


子役の3人もよかったです
特に瑞穂役の稲垣来泉ちゃん
ほとんど動かないその難しい役どころを
見事に演じていました!

瑞穂の弟・生人役の斎藤汰鷹君
瑞穂のいとこ・若葉役の荒川梨杏ちゃんも上手い!
後半の告白のシーンは圧巻でした!

稲垣来泉ちゃんはTVドラマ『TWO WEEKS』
白血病の女の子・はな役(主人公・三浦春馬さんの娘)で出演
はながとても可愛かったので子役の子誰だろう?って思っていたら
本作にも瑞穂役で出演していてホント演技が上手い!
要チェックの子役さんですね(^^)


脳死や臓器移植など
とても重いテーマを扱った物語で
いろいろと考えさせられた映画でしたが
ラストには少しだけですが救いがありホットしました。


[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com