春を想うのは楽しいことだ

12月12日(木)


DSC_6611.jpg



 前庭の柏葉アジサイとモミジがまだ良い色を保っている。モミジも散り始めているのでそろそろ見納めになるだろう。今日は風が強かったので冷たく感じられる。結局は1日中強い風が吹いていた。今日は外に廻り、溝に脚立を立てての作業になった。ここには20mほどに伸びたつるバラのウッティガルトフォールがある。枝は5,6段に平行に伸ばしている。


 先ずは前年の誘引の紐を切る。そして全ての葉っぱ取る。シュートの先から根元へとしごくと芽を傷つけることなく葉っぱだけが取れて行く。1枚1枚葉っぱを取ると時間が掛かり、作業ははかどらない。とげは全てが下向きになっているので皆さんがそうする。


 そして新しく誘引をして行くが、ウッティガルトフォールはとげが鋭いので気をつけねば手が傷だらけになってしまう。だが気を付けていても結果は同じで傷だらけになった。痒い、痛痒いのだ。


DSC_6602.jpg


 ここにはナイアガラフォールもある。ナイアガラフォールは横に伸ばさずにフェンスから垂れ下がって枝を伸ばしている。これもとげが鋭いので傷付きやすい。


DSC_6601.jpg



 フェンスの外が終わり剪定枝を片付けたら中の作業が待っている。この2.5mほどの高さのドームにもウッティガルトフォールを誘引している。これらは全てが1株から伸びている。非常に強いバラだ。そして花付きが良くたくさんの花を咲かせてくれる。我が家のような完全無農薬栽培では有難いばらだ。


DSC_6609.jpg



 終わったら正午を過ぎていた。休憩も取らずに作業に没頭していたので体はすっかり冷え切っていた。片付けは明日にして終了となった。つるバラの誘引の楽しさは来春の開花を想い描くことが出来ることだろう。さて来年はご褒美にどんな景色を見せてくれるんだろう。


DSC_5256.jpgDSC_5249.jpgDSC_5269.jpg



 風呂で冷え切った体を温めたらオーガニーと遊ぼうかな。だがオーガニーは知らん顔をしている。ノワールが来てからちょっと気になるようだ。2階と1階なのでほとんど顔を合わせることはないのだがやはり気になるんだろう。気を付けているので今のところは喧嘩も無い。もう少しして慣れたら一緒に過ごさせようと思っている。


 オーガニーはここに置いていた鉢植えを2つ駄目にした。それらは植え替えて今は簡易ビニールハウスの中にある。最近は鉢の真ん中に入っていることが多い。自分も花になりたいのかな?


DSC_6615.jpg


ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると感謝です。

よろしくお願いいたします

 

ナチュラルガーデンランキング

 



[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com