「ハドソン川の奇跡」


「ハドソン川の奇跡」


2009年、NYで起きた奇跡の旅客機生還劇と
その舞台裏の知られざる実際の出来事を
巨匠C・イーストウッド監督が
T・ハンクスを主演に迎え
息詰まるタッチで綴った感動作


「ハドソン川の奇跡」


2009年1月15日。
乗客乗員155人を乗せて
NYの空港から飛び立ったばかりの旅客機が、
不測の緊急事態で操縦不能に陥るという
絶体絶命のピンチが発生。
ベテラン機長のサリーは、瞬時の判断により、
眼下を流れるハドソン川へ機体を不時着させることを決意。
機体の緊急着水にみごと成功して
全員無事生還を果たす奇跡を実現させ、
彼は英雄とたたえられるが、その後、
彼の判断が本当に正しかったのか、疑問視する声が上がり…。



原題/Sully
制作年/2016
制作国/アメリカ
内容時間/96分

監督/クリント・イーストウッド
製作/フランク・マーシャル
製作/アリン・スチュワート
製作/クリント・イーストウッドほか
脚本/トッド・コマーニキ
撮影/トム・スターン
音楽/クリスチャン・ジェイコブ
音楽/ティアニー・サットン・バンド

(CAST)
チェスリー・“サリー”・サレンバーガー/トム・ハンクス
ジェフ・スカイルズ/アーロン・エッカート
ローリー・サレンバーガー/ローラ・リニー
エリザベス・デーヴィス/アンナ・ガン
ベン・エドワーズ/ジェームズ・シェリダン


(※2017年に観た映画です)

NYで実際に起きた航空機事故を映画化
当時のTV放送で事故の状況を見て
その時の機長の的確な判断に
全世界が絶賛していたことも知っていたので
今更映画で観るのもね!?と
上映当時は劇場に足を運ばなかった・・・
でも劇場に行かなかったことを後悔してしまうほど
本当に素晴らしい映画でした!
クリント・イーストウッド監督、凄いです!
冒頭からラストまで惹き込まれました

でもまさか英雄だったはずのサリーが
国家運輸安全委員会の公聴会で厳しい追及を受けた
そんな後日談があったとは・・・
そこに着目したイーストウッド監督の鋭い視点と
機長役のトム・ハンクスの素晴らしい演技で
最後まで存分に楽しめた映画でした


[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com