剪定枝の焼却と草取り

2月28日(金)


DSC_7236.jpg



 最低気温は低いと聞いていた。薄氷も張っているが外の水道は出ている。ちょっと前とは違い少しは暖かい方向へと向かっているんだろうなあと思う。風は無いので畑に行って剪定枝の焼却をする。梅の木の剪定枝もそろそろ無くなりつつある。後5,6回も燃やせば終わると思う。


 家の裏の大きなクスノキの下にあるクリスマスローズ周辺の草取りをした。ここにはツルニチニチソウがあるので下手をするとクリスマスローズを覆い隠してしまう。


DSC_7240.jpg



 草取り後はすっきりとした。


DSC_7245.jpg



 前庭の南側にあるミモザの花が咲き出してきた。ちょっと前まではまだ開花は先だと思っていた。黄色は春の色だと思う。何かうきうきとした気持ちになる。


DSC_7247.jpg



 ノワールとオーガニーがバトル?オーガニーとルネを追い掛け回すので黒猫のノワールは夜は外の物置で寝ている。これを身から出た錆という。湯たんぽを置いているので大丈夫だろう。


DSC_6808.jpg


 安倍首相の無責任な気まぐれ発言で国民は右往左往している。彼には明恵夫人とお友達、尻尾を振ってくる取り巻きしか守るつもりはないんだろうなあ?


 草取が終わり、昼前に松永に行った。それが目的では無かったが予想通り何処に行ってもマスクは無かった。我が家では妻の実家の片付けをした時に購入したマスクが未だ残っている。だが全然無い人たちは不安だろうなあと思う。


 隣の韓国ではドライブスルーで30分ほどでコロナウイルス感染の検査が出来るという。だがわが国では6,7時間かかるという。その上検査も拒否されると言う。まさか感染者数を抑えるために検査を遅らせているのではないと思うのだが・・・・・・・。どうなる日本!


ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると感謝です。

よろしくお願いいたします

 

ナチュラルガーデンランキング

 


[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com

「キングダム」


「キングダム」


原泰久さんの大ヒットコミックを佐藤信介監督が実写映画化!
紀元前3世紀、春秋戦国時代の中国を舞台に、
戦災孤児の少年と後に始皇帝となる若き王との壮大なドラマを描く。


キングダム


春秋戦国時代の中国。
戦災孤児の信と漂は、大将軍に成り上がることを夢見て剣術の鍛練に励んでいた。
そんなある日、漂が王宮に召し上げられることになり、
信は漂に追いつくことを新たな目標として修業を続ける。
だが、ほどなく深い傷を負った漂が信の前に現われ地図を託して絶命する。
地図の示す場所へ向かった信を待っていたのは、なんと漂に生き写しの青年。
彼は弟の謀反で玉座を追われた秦の若き王・エイ政(えいせい)だった。



制作年/2019
制作国/日本
内容時間/134分

監督/佐藤信介
脚本/黒岩勉
脚本/佐藤信介
脚本/原泰久
撮影/島秀樹
音楽/やまだ豊
主題歌/ONE OK ROCK「Wasted Nights」

(CAST)
信/山崎賢人
エイ政(えいせい):漂/吉沢亮
楊端和/長澤まさみ
河了貂/橋本環奈
成キョウ(せいきょう)/本郷奏多
壁/満島真之介
王騎/大沢たかお
魏興/宇梶剛士
肆氏/加藤雅也
竭氏/石橋蓮司


アニメ版を時々観ていたくらいなのでほとんど内容を知らず・・・
なのであまり先入観を持たずに観たのが良かったかな!?

コアなファンの皆さまがどう思ったのかは知りませんが
私にとってはイメージ通りのキャスティングで最高でした!
特に山崎賢人さん、吉沢亮さん、橋本環奈さん、本郷奏多さん
4人ともアニメから抜け出てきた!?
長澤まさみさんもめちゃカッコいい&大沢たかおさんの怪演も凄すぎる!
他の役者陣も本当に素晴らしくナイスキャスティングでした!

河了貂役の橋本環奈さん可愛い~♡
『銀魂』や『斉木楠雄のΨ難』にも出演しており
アニメの実写化には欠かせない女優さんのひとりですね
『銀魂』には吉沢亮さんや長澤まさみさんも出演
『斉木楠雄のΨ難』では山崎賢人さんと吉沢亮さんも出演
山崎さんをはじめ皆さん「キングダム」では迫力ある戦闘シーンを見事に演じていましたが
他の作品でのコミカルな役も見事に嵌まっていました

「キングダム」の原作マンガは56巻、来月には57巻が発売予定です
かなりの長編マンガなので今回実写映画化されたのはごく一部
1巻~5巻のストーリーをメインに映画化・・・残り50巻以上もある!
『るろうに剣心』のように「キングダム」もシリーズ化して欲しいです!


[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com