SHION一覧

「手紙は憶えてる」

「手紙は憶えている」1通の手紙を頼りに、かつて自分の家族を皆殺しにしたナチスの仇敵を捜す復讐の旅に出た老主人公。彼を待ち受ける驚愕の運命を名優C・プラマーの主演で描く衝撃の問題作。最愛の妻に先立たれて1週間。最近は認知症が進み、物忘れが激しくなった90歳の老人ゼヴのもとに1通の手紙が届く。それは、かつて彼と同様、アウシュビッツのユダヤ人収容所での地獄を生き延びた旧知の友人マックスからの手紙で、彼らの家

「旅猫リポート」

「旅猫リポート」有川浩さんの同名ベストセラー小説を実三木康一郎監督が実写映画化した心優しき青年とツンデレ猫のロードムービー元野良猫のナナは、交通事故に遭ったところを猫好きの青年・悟に助けられ、それ以来5年間、彼の飼い猫として幸せに暮らしてきた。ある事情からナナを手放すことになった悟は、新しい飼い主を探すため旅に出る。親友や恋人など、これまで出会った大切な人々を訪ねまわりながら、自身の人生を振り返る

「マスカレードホテル」

「マスカレードホテル」東野圭吾さんのベストセラー小説「マスカレード」シリーズその第1作「マスカレード・ホテル」を木村拓哉さん、長澤まさみさん共演で、鈴木雅之監督が映画化都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア

「バスキア、10代最後のとき 」

「バスキア、10代最後のとき」1980年代のニューヨークで活躍しながら27歳で早世した、若き天才アーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。1980年前後の彼を振り返った伝記ドキュメンタリー。 経済が衰退して犯罪が多発していた、1978年のニューヨーク、ロウアーイーストサイド。10歳代後半のバスキアは、友人・知人の家を泊まり歩いて暮らしながら、“セイモ”名義でアーティストとして活動するように。絵や詩を町のあち

NO IMAGE

「ごくせんTHE MOVIE 」

「ごくせんTHE MOVIE 」仲間由紀恵さんが熱血教師ヤンクミを演じた大ヒットTVドラマの劇場版で完結編!第2シリーズの主要キャスト、亀梨和也さんをはじめ、歴代の教え子役キャストが集結赤銅学院・3年D組で担任教師を務める熱血教師・山口久美子、通称《ヤンクミ》。問題児ばかりの生徒たちとなんとか信頼関係を築こうと苦心する彼女の前に、かつて黒銀学院で彼女の生徒だった小田切が教育実習生としてやって来る。教え子が自分

「マチネの終わりに」

「マチネの終わりに」芥川賞作家・平野啓一郎さんの同名ベストセラー小説を西谷弘監督が、福山雅治さん、石田ゆり子さん主演で映画化※以下、ネタバレ有り!パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、洋子には婚約者である新藤の存在があった。そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれ

「ニート・ニート・ニート」

「ニート・ニート・ニート」三羽省吾さんの同名小説を映画化した青春ロードムービーある事情でヤクザに追われる青年レンチは、高校時代の同級生で、コネ入社した会社に辞表を出したばかりのタカシと、今は家に引きこもるもうひとりの同級生キノブーを連れ出し、車で北海道へと向かう。途中、レンチは出会い系サイトで知り合った美女と待ち合わせしたというが、現われたのはどう見ても地味な月子という少女だった。だが一行はなぜか

「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」

「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」捕鯨の歴史を持つ和歌山県太地町に実在するくじらの博物館を舞台にした菊池誠さんのオリジナル脚本を、矢野聖人さん映画初主演で藤原知之監督が映画化和歌山県南部で、クジラの仲間だけを飼育・展示する『太地町立くじらの博物館』。来客減で次々に飼育員が辞めていく中、館長は純粋にクジラを愛する太一を飼育員リーダーに任命する。そんなある日、東京の水族館から飼育員の唯がピ

「ナラタージュ」

「ナラタージュ」島本理生さんの小説を松本潤さん、有村架純さん主演で行定監督が映画化大学2年生の泉のもとに、高校時代の演劇部の顧問だった葉山から、後輩たちのために卒業公演に参加してほしいという連絡が来る。葉山は孤独だった泉に演劇部という居場所を与えてくれた恩人で、彼女は葉山に好意を抱いていた。卒業式の日から誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、演劇部の部室で彼と再会した日から彼へ

「響-HIBIKI-」

「響-HIBIKI-」“マンガ大賞2017”大賞を受賞した柳本光晴さんのコミックを欅坂46の平手友梨奈さんを主演に迎え「センセイ君主」の月川翔監督が実写映画化!文芸誌“木蓮”の編集者ふみは新人賞の応募原稿の中から「お伽の庭」という、作者直筆の原稿を見つける。作者は鮎喰響という15歳の女子高校生で、ふみは作品が圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせ、文学の世界に革命を起こす力を持っていることを見抜く。ある日、ふみは有名作

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 11 12 13 14 15 16 17 18