・邦画一覧

「キングダム」

「キングダム」原泰久さんの大ヒットコミックを佐藤信介監督が実写映画化!紀元前3世紀、春秋戦国時代の中国を舞台に、戦災孤児の少年と後に始皇帝となる若き王との壮大なドラマを描く。春秋戦国時代の中国。戦災孤児の信と漂は、大将軍に成り上がることを夢見て剣術の鍛練に励んでいた。そんなある日、漂が王宮に召し上げられることになり、信は漂に追いつくことを新たな目標として修業を続ける。だが、ほどなく深い傷を負った漂

「九月の恋と出会うまで」

「九月の恋と出会うまで」松尾由美さんの同名小説を高橋一生&川口春奈ダブル主演で山本透監督が映画化。写真が趣味のOL志織は、アーティストしか入居できない風変わりなマンションに引っ越した。ある夜、彼女はエアコンの穴から聞こえる不思議な声に耳を傾ける。声は1年後の未来にいる隣室の平野だと名乗り、現在の自分を尾行してほしいという。不審に思いながらも尾行を始める志織だが、そのおかげで自宅に強盗殺人犯が入った時

「春の雪」

「春の雪」行定勲監督が三島由紀夫の遺作を映画化。妻夫木聡さんと竹内結子さんを主演に迎え大正時代に展開される切なくも美しい恋愛劇を綴る大正初期。幼なじみとして育った侯爵家の子息・松枝清顕と伯爵家の令嬢・綾倉聡子はいつしか惹かれ合っていたが、互いにそれに気付かずにいた。そんなある日、聡子に宮家の洞院宮治典王から縁談が舞い込む。綾倉家にとっては願ってもないことで、また断わることなど許されない話でもあった

「ラストレター」

「ラストレター」岩井俊二監督が体験した出来事を基にした物語を松たか子さんや福山雅治さん、他豪華キャストで映画化!夫と子供と暮らす岸辺野裕里は、姉の未咲の葬儀で未咲の娘・鮎美と再会する。鮎美は心の整理がついておらず、母が残した手紙を読むことができなかった。裕里は未咲の同窓会で姉の死を伝えようとするが、未咲の同級生たちに未咲本人と勘違いされる。そして裕里は、初恋の相手である小説家の乙坂鏡史郎と連絡先を

「尾崎豊を探して」

「尾崎豊を探して」若くして亡くなった稀代のシンガー・ソングライター、尾崎豊のデビューから20代前半までのライブ映像で構成された音楽ドキュメンタリー。「卒業」「I LOVE YOU」など数多くの名曲を生み出し、26歳の若さでこの世を去ったシンガー・ソングライター、尾崎豊。東京・新宿で行った初ライブをはじめ、大阪球場(大阪スタヂアム)、国立代々木競技場でのライブパフォーマンス、さらにはプライベートの様子など、貴重な映

「ふきげんな過去」

「ふきげんな過去」前田司郎が自身のオリジナル脚本を小泉今日子さん、二階堂ふみさんのW主演で映画化東京・北品川の小さな食堂“蓮月庵”で暮らす果子は毎日が死ぬほど退屈だと思うもののそこから抜け出し、他の場所へも行けない無為な夏を過ごしていた。そこへ18年前に亡くなったはずの伯母・未来子が戻ってくる。彼女は果子が赤ん坊のころに爆弾事件を起こして指名手配を受け、警察に追われる身になっていた。果子はとりあえず死

「しゃぼん玉」

「しゃぼん玉」乃南アサさんの同名小説を林遣都さんと市原悦子さんの共演で映画化東伸児監督の劇場映画初監督作品親の愛情を知らずに育ち、女性や老人ばかりを狙った強盗傷害事件を繰り返していた青年・翔人。ある日、人を刺して逃亡していた彼は、迷い込んだ宮崎の山深い村で、けがをしていた老女スマを助けたことを機に彼女の家に寝泊まりするようになる。さっさと金を盗んで逃げるつもりだった翔人だが、彼をスマの孫だと勘違い

「そらのレストラン」

「そらのレストラン」「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続く“北海道映画”シリーズの第3作。北海道の南にある、せたな町。海が見える牧場で酪農業をする亘理は妻のこと絵やひとり娘と暮らしていた。彼は同じく農業をする仲間に囲まれ、厳しくも美しい大地で楽しい日々を送る。ある日、亘理たちは朝市で有名シェフの朝田と出会う。彼らの作った食材を激賞した朝田とともに、亘理たちはせたな町のおいしいものを届けるための一

「東京オリンピック」「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」

「東京オリンピック」1964年(昭和39年)に開かれた東京オリンピックを記録したドキュメンタリー映画で公開当時、“記録か芸術か”という大論争を呼んだ問題作。総監督は巨匠、市川崑。“オリンピックは人類の持っている夢のあらわれである”。1964年10月10日。聖火ランナーが満場の国立競技場に到着すると、第18回夏季オリンピックが開会する。短距離走、走高跳、砲丸投、棒高跳、走幅跳、体操、水泳、ウエイトリフティング、レ

「来る」

「来る」澤村伊智さんの原作『ぼぎわんが、来る』を中島哲也監督が、岡田准一さん、黒木華さん、松たか子さん、妻夫木聡さんら豪華キャストで映画化キャストが凄いので怖いけど・・・「観る」子煩悩な男性・秀樹は、最近周囲で起きている怪異な出来事の数々に不安を抱き、妻の香奈と幼いひとり娘を守るため、友人の民俗学者・津田に相談し、オカルトライターの野崎に、一連の出来事に関する調査を依頼する。野崎は日本最強の霊媒師・

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 6 7 8 9 10 11 12 13