未分類一覧

雨が降る前にこれだけは

5月15日(金) コロナ感染は収まりかけているようでちょっとひと安心といったところだ。だが6月一杯までは家と庭と畑に籠る今までの生活を続けようと思っている。コロナに感染したら、我が家のような高齢の一家は3人全員の死が待っている。用心に越したことは無いだろう。 裏庭のガゼボの前ではオルレアとジャーマンカモミールが満開になってきている。全てがこぼれ種で生えてきた物で手が掛からなくて助かる。 我が家のバラの

やっと帰ってきた

やっと帰ってきた

5月10日(日) コロナの見えぬ恐怖に怯えて、ほとんど我が家の敷地からは出ない日々が続いている。ゴミ出し、川向こうにある倉庫とそれに隣接している畑に行くのは仕方がない。食料はほとんどが以前から生協を頼んでいる。緊急時の買い物は我が町にある24時間営業のスーパーに人出の少ない早朝に行くくらいだ。94歳の年寄りを抱えているので籠るのは仕方がないだろう。 それでもやることはある。朝は猫たちに餌をやり、6時前から

今年もあいつらがやって来た

5月1日(金)満開のコデマリ 花の季節の5月を迎えたがコロナ感染のニュースは相変わらずだ。広島県では既に160人近くの感染者数になっている。だが私の住んでいる福山市の田舎町ではあまりそんな感じはしない。連休に入り近くの道の駅は多くの車が駐車している。県外者の車も見られるので帰省か観光か。 我が家の前の道路では散歩をする人たちが結構多い。中にはマスク無しの家族連れもいる。みんなあまり気にしていないん

シロってイメージは良いけれど・・・・

4月20日(月) 明るいニュースのない陰鬱になる日が続いている。私は庭や畑での作業があるからまだましだ。妻や義母はもう長い間ほとんど家の中から出ていない。精神的にも大変だと思う。黒猫のノワールも今は部屋飼いになったので外には出ていない。時々台所に入り込むのでリビングとの間に仕切りを付けた。彼だけは相変わらずのマイペースだ。まだ1歳にもならないのに何時の間にか体重は5㎏になっていた。今では3匹の中で

猫に庇を貸したら母屋を盗られた

4月17日(金) 最近は良く雨が降る。先日の雨で庭に大量の雨が流れ込んできた。また降るということなので裏山に登り溝の掃除をした。枯れ木や落ち葉が溝を埋め尽くしている個所が何か所もあった。イノシシに出会わないように願いながら掃除を終えた。これでしばらくは安心だろう。 5年前からいる三毛猫のオーガニーは1階のリビングで寝起きをしている。今年の1月20日から、避妊手術を終えた三毛猫のルネは2階の私の部屋で

こんな時でも植物は日常だ・・・・

4月14日(火) 広島県でも毎日コロナ感染者は増え続けている。14日現在で広島県で90人、私の住んでいる福山市で15人の感染者が出た。まだまだ増え続けるだろうなあと思うだけで暗い気持ちになる。北部の三次市ではデイサービス利用者関係で集団感染があり、30名近くの感染者が出た。我が家では94歳の義母がいる。集団感染を心配して、ずっと前からデイサービスを利用するのを中止している。その点、妻の仕事は増えて

草取に追われています

4月4日(土) ここ数日は庭の雑草取りに追われている。最高気温が20℃くらいという予報通りで、作業をしていると汗ばんでくる。だが雑草は待ってくれない。草を取る目の前では遊んで欲しいノワールがウロチョロと邪魔をする。猫の手も借りたいほどなんだから邪魔だけはしないでくれ。 椿は早いのは年末から、クリスマスローズも年明けから咲いているのもあった。クリスマスローズも椿も盛りを過ぎたと思うのだが種類によって

体を動かせば不安は忘れる

4月3日(金) 今までは庭に関心がなかった隣家が突然色んな花を植えだした。どういう心境の変化かは知る由もない。だが庭がきれいになることは良いことだ。秋に植えていた球根の中にチューリップの球根もあった。我が家ももう10年くらいはチューリップの球根は買ったことが無かった。私もつい衝動買いをして裏庭の入り口階段下に植え付けていた。それらが次々と咲き出してきた。 昨日は畑の通路の草刈をした。今年は暖冬の影

何か落ち着かない、不安な日が続く

3月31日(火) 昨年の2月に桜の木を半分の高さに剪定してもらった。だから昨年は桜は2輪ほど咲いただけであった。それからたくさんの枝を出していたので今年は咲くかなと期待していた。咲いたのだが直ぐに葉っぱも出て来ている。数年はこのような咲き方をするのかもと思われる。 コロナ感染騒動で今まで経験したことのない、何か落ち着かなくて不安な日々が過ぎている。たまには買出しに行くのだが、ほとんどは家の中かガーデン

接ぎ木バラの植え付け

3月19日(木) 朝はやはり寒いよりは暖かい方が良い。昨日、1月24日に接いだバラを、保管していた室内のリビングから出して植え替えた。10本接いで成功したのは6本だった。2株づつ、5種類のバラを接いだのだが5種類全てが残ったので良かった。今までの赤玉小粒のみの土から赤玉小粒、赤玉中粒、バーク堆肥を混ぜた土に植え付けた。たっぷりと水やりをした後で薄めた液肥を散布した。 夕方には休息所の屋根の下で衣装ケースに入れ

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 2 3 4 5 6 13