未分類一覧

今日も植え付け

11月21日(木) ここ数日の朝はめっきり寒くなっている。我が家の前の川でも年中いるカモたちに交じり新顔が増えてきたようだ。ヒドリガモの姿も見える。ガーデンではローズヒップの色も幾分赤みが増してきたようにも思える。ガーデンを訪れるシジュウカラ、ヤマガラ、メジロたちといった野鳥も増えてきている。餌箱のヒマワリの種も直ぐになくなっている。何時もの冬の到来である。 メジロ用にそろそろミカンでも吊るそうかな。

バラの植え付け再開

11月20日(水) 裏庭のカエデが色づいてきた。我が家の紅葉は例年通りで遅い。モミジやイチョウはまだまだ緑のままだ。柏葉アジサイの葉もようやく色づき始めたというところか。 前庭の奥にボニカを植えていた。これを鉢に植え替えて、畑からアンリマルタンを持って帰り植え付けた。 イチョウの株元にはドドナエア・プルプレアを植え付ける。 前庭の白のツバキ近くの通路沿いにローズマリーを植え付けた。シランを掘り起こして

紅葉を見に行った筈が・・・・

11月19日(火) 昨日の雨で濡れているので今朝のバラたちの植え替えは中止にした。挿し木で育てたポットのサルビア・ファイヤー・センセーションたちを一回り大きなポットに鉢増しをして今日は終了。 思い付きで最後の紅葉でもと岡山方面にドライブに行った。神辺から313号線を井原市、芳井町、川上町と走ったが中国山地ほどの見事な紅葉は見られない。どうしても赤は少なく、茶、黄色と言ったところが主流の紅葉風景だった。成

NO IMAGE

今日もバラの植え替え

11月18日(月) 少しは形が整ってきたのでビオラと葉ボタンで作ったハンギングを入り口に取り付けた。もう少し時間が経てばもっと見栄えが良くなるだろう。 午後からは雨が降るという予報なので急がねばならない。今日もバラの植え替えをした。リビング前にオールドのルイジマールを植えている。昨年の5月に姫野バラ園で購入したバラだ。新苗を注文したのにサービスで大苗を送ってきた。だが畑で育てていた時にテッポウムシが入

バラの植え替え

11月17日(日) オールドローズのコント・ドゥ・シャンボールが咲いている。1季咲きの多いオールドローズの中で、これは繰り返し咲きのバラになる。前庭の玄関までの通路のフェンスの内側の花壇には数種類のバラを植えている。アンリマルタンがテッポウムシにやられてシュートが1本だけになっていた。掘り起こして裏庭の奥に植え付けた。上手くいったらシュートが出るかもしれないと期待しながらだ。 アンリマルタンの後には元気

植え替え、植え付けの時期がやってきた

11月16日(土) 気温が低くなって来たので裏庭にある柚子も色づいてきた。今年は天候の影響かどうか柚子の実が小さい。下の画像は畑にある花柚子だ。柚子よりも小ぶりであるが姿は良く似ている。こちらはあまり香りがしないので使い道がない。ジャムぐらいかな?これは毎年びっくりするくらい多くの実を付ける。 前庭の南側の通路傍に銀杏の木がある。雄なので実はならない。その株元にセダムを植えていた。今年はこれらをすべて

年に1度の嫌なことが終わった

11月13日(水) 今朝は6時55分に家を出た。行先は病院。年に1度の特定検診の受診日になっている。普通なら車で40分ほどで行けるのだが、通勤時間に重なるので検査を受ける病院迄は1時間ほど掛かる。着いたのは7時50分だった。だが既に10人以上の受診者が検査着に着替えて待っていた。もうここで何十年も受診している。 私は胃カメラが大の苦手だ。直ぐに吐き出しそうになって中々上手くいかない。どうしても呑み込めないので、過

オーガニーの良さが分かった

11月8日(金) 朝が寒い筈で今日は立冬だ。裏にある柚子も黄色くなってきている。ダイコンやカブの葉を浅漬けにするが、それらには必ず柚子の皮を入れて漬物にする。 裏庭と畑にサルナシを植えている。畑にはサルナシを同じ場所に2株植えていた。古い方のサルナシは春には可憐な白い花を咲かせ、秋には良く実を付けていた。ところが何でかは分からないがそのサルナシの1本が枯れてしまった。 枯れたサルナシの近くに鉢植えにし

NO IMAGE

ノワールのとんでもない1日

11月5日(火) 我が家の裏庭の外の山側にはイノシシの侵入防止に電柵を設けている。電源は単一乾電池8個で24時間連続で稼働し、2か月毎に取り替えている。5日は取り換え日だったので新しい電池に交換した。これで2か月間は大丈夫だろう。 畑に行って大根の株元に木灰を撒いた。大根は葉っぱだけは窒素分が良く効いているとみえて立派に育っている。だが肝心の株下はまだまだのようだ。続いてイチゴを植えているプランターを整理

NO IMAGE

ドーンと大きな音が・・・・

11月3日(日) 沖縄の首里城の正殿等6棟の全焼があった。火災の恐ろしさをまざまざと見せつけられた。我が家でも昨年の丁度今頃の11月1日に川向こうにある倉庫の1部が焼けた。原因は放火か煙草の投げ捨てらしいということしか分からなかった。そんなささいな火災でも消防車、パトカーが何台も出動し、スマホで火災の様子を写すたくさんの野次馬までもが現れた。その後は後始末に追われ、残骸の処理や天井、壁の修理に要らぬお金を

[PR] スポンサーリンク
お名前.com
1 6 7 8 9 10 11 12 13