裏庭のつるバラの剪定と誘引

12月19日(木)


DSC_6628.jpg


 窓ガラスの向こう側に伸びたつるバラのシュートがシルエットのように映っている。綺麗だったのでそれを借景に映してみた。つるバラは良く伸びるポールズヒマラヤンムスクだ。この後で剪定しのでもうない。


 裏山の南側にあるスロープを上がると低いアーチがある。両側にはツクシイバラを誘引していた。だがどちらもテッポウムシの被害に遭い駄目になった。そこで新しく植え付けていたのを剪定して誘引した。


DSC_6653.jpg



 低いアーチを進むと安曇野のアーチがある。これの片方もテッポウムシにやられてしまった。片方にはオールドローズのイスパハンを植え付けた。


DSC_6654.jpg



 さらに進むとロサムンディのアーチがある。ここの剪定と誘引も終えた。


DSC_6656.jpg



 ロサムンディのアーチの通路の反対にはツクシイバラがある。剪定と誘引を終えてすっきりした。


DSC_6657.jpg



 真ん中の階段を上がった所にはアーチを3基組み合わせた三角アーチがある。ここの3株あったバラたちを今回は新しくやり替えた。ラベンダーラッシー、ソフィードバビエール、ランブリングレクターの3株だ。ラベンダーラッシーは今年接いだ。ソフィードバビエールは春に姫野バラ園で新苗を買って畑で育てた。白のランブリングレクターは蒜山にあるハーブ園・ハービルにあった。欲しくなってネットで購入したつるバラだ。


DSC_6658.jpg



 裏庭のドームは小さく見えるが2.5mの高さがある。ここには3株のバラを植えている。ツクシイバラ、フランソワジュランベル、キャプテンジョンイングラムがそうだ。先ずは太くて大きいツクシイバラを剪定して誘引をする。次は細いシュートが長く伸びているフランソワジュランベルを剪定、誘引をする。これはシュートが良く伸びる。最後にキャプテンジョンイングラムの剪定と誘引を終えた。


 ここの株元にはアナベルも植えている。


DSC_6662.jpg


DSC_6663.jpg


 裏庭は切った剪定枝をそのままにやりっぱなしにしている。全てが終わってから掃除をするつもりだ。それらが終わったら馬ふん堆肥を株元に撒く。後1日ほど頑張れば剪定と誘引が終わるかもしれない。やっと出口が見えてきたようだ。明日も頑張ろう。


ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると感謝です。

よろしくお願いいたします

 

ナチュラルガーデンランキング

 



[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com