pull an all-nighter

「意味」徹夜する。

※今日の英語,口語でよく使います.

all-nighterは「徹夜の仕事」や「徹夜の勉強」の意味で,可算名詞ですす.

「英語例文」
I pulled an all-nighter to prepare for the big presentation.「重要なプレゼンテーションの準備のために徹夜したんだ。」

… make eminent sense

「意味」...は非常に理にかなっている。...は極めて分かりやすい。...は大いにうなずける。

※...make senseで,「理にかなっている」,「うなずける」という意味ですが,それを強調するためにeminentを使う場合があります.

eminentは「著名な」や「卓越した」という意味で使う場合が多いですが,ここでは非常に明確で、論理的で、説得力のあることを強調する意味合いです.

make perfect senseやmake complete senseも同様の意味で使います.これらに比べると,make eminent senseはややフォーマルで堅い表現です.

「英語例文」
Her explanation makes eminent sense, so everyone understood it clearly.「彼女の説明は非常に理にかなっていて、皆が明確に理解した。」

alter ego

「意味」もう一人の自分。分身。信頼できる友人。

※今日の英語,人が持つ別の人格や側面のことで、特に通常の自分とは異なる性格や行動を示すものを意味します.また,自分自身と同じくらい信頼できる親しい友人を意味することもあります.

egoの発音は[íːgou]です.

「英語例文」
In the virtual world, my alter ego is a powerful wizard.「仮想世界では、私の分身は強力な魔法使いです。」

Just for curiosity’s sake.; Just out of curiosity.

「意味」ただの好奇心からです。ちょっと気になっただけです。

※今日の英語,何かを調べたり、質問したりする動機が特に深い意味や実際的な必要性ではなく、単に興味や好奇心からきている場合に使います.

Just out of curiosity.はカジュアルで,Just for curiosity's sake.はちょっと堅苦しい感じがあります.

「英語例文」
Just for curiosity's sake, why did you choose that option?「ちょっと気になったのですが、なぜその選択をしたのですか?」

face down …

「意味」(勇敢に)...に立ち向かう。...を打ち負かす。...に反対する。

※今日の英語,face-downは形容詞では「うつ伏せの」,副詞では「うつ伏せに」という意味で使いますが,句動詞face downでは「困難や反対、恐怖などに勇敢に立ち向かう」という意味で使います.

「英語例文」
We faced down opposition to our plans and moved forward with the project.「私たちは計画に対する反対に立ち向かい、プロジェクトを前進させました。」


stay on top of …

「意味」...を掌握している。...を把握している。(状況を把握して)...をうまくやっている。

※今日の英語,物事の進行状況や動向について常に注意を払い、状態を維持・管理することを意味します.

ビジネスシーンだけでなく日常会話でもよく使われる表現です.

「英語例文」
She always stays on top of the latest trends in fashion.「彼女は常に最新のファッショントレンドを把握している。」

have to do with …

「意味」...と関係がある。...に関与している。...に関するものです。

※今日の英語,以下のようにhaveの後にnothingやless,moreを入れて使うことがよくあります.lessやmoreを入れる場合はthan ~が付く場合があります.

have nothing to do with ...「...とは全く関係がない」

have less to do with ... (than ~)「(~と関係があっても)...とはあまり関係がない」

have more to do with ... (than ~)「(~より)むしろ...とより関係がある」

「英語例文」
My question has to do with the recent changes in the company policy.「私の質問は、会社の方針の最近の変更に関するものです。」

by leaps and bounds

「意味」急速に。飛躍的に。

※今日の英語.成長や進展などを強調する場合によく使います.

leapは「ジャンプ」や「急激な増加」, boundは「バウンド」や「跳躍」の意味です.

in leaps and boundsも同様の意味で使いますが,by leaps and boundsの方が一般的でよく使います.

「英語例文」
Your English has improved by leaps and bounds.「あなたの英語力,飛躍的に向上したね。」

How did things work out (for ….)?

「意味」物事は(...にとって)うまくいきましたか?(...にとって)うまくいきましたか?

※今日の英語,けっこう使います.

work outは「ジムなどでトレーニングする」といった意味もありますが、ここでは「うまくいく」という意味です.

「英語例文」
How did things work out for you after you moved to the new city?「あなたが新しい街に引っ越した後、あなたにとってうまくいきましたか?」

excuse oneself

「意味」座を外す。退席する。弁解する。

※今日の英語、ある場所や状況から離れる意味で使うことが多いですが,弁解する意味でも使います.

「英語例文」
I need to excuse myself to use the restroom.「トイレに行きたいので席を外させていただきます。」

※上記の例文はとても丁寧で堅苦しい感じの言い方です.よりカジュアルに言いたい時は以下のようにexcuse myselfよりexcuse meを使います.
Excuse me, I need to use the restroom.