the best of the best

「意味」 とびきり最高。

※今日の英語,日本の辞書には載ってなかったりしますが,とてもよく使います.

best(最高,最善)を強調する意味で使います.

「英会話例文」
Our team is the best of the best and has a track record of success. 「私たちのチームはとびきり最高で,成功を収めた実績がある。」

※track recordには陸上競技の成績以外に,過去に記録として残っている実績や業績の意味もあります.

(It’s a)Good move.

「意味」(それは)賢明な行いですね。(それは)賢明な策です。(チェスなどで)良い手ですね。

※今日の英語,よく使う英語表現です.

「英語例文」
Good move. It'll make your life easier.「賢明な行いですね。それはあなたの人生をより楽にするでしょう。」


the pot calling the kettle black

「意味」自分のことを棚に上げて他人を批判する人。自分のことを棚に上げて他人を批判すること。目くそ鼻くそを笑うようなこと。

※今日の英語,なかなか面白い英語表現.「やかん(kettle)を黒と呼ぶポット」が文字通りの意味ですが,ポットもやかんもストーブの上ではすすをかぶって真っ黒なことから,上記の意味になります.

以下のように,likeを付けて使うこともよくあります.

~ is like the pot calling the kettle black.「~は目くそ鼻くそを笑うようなことだ」

また,call the kettle black「自分のことを棚に上げて他人を批判する」もよく使います.

「英語例文」
Your comment on him is the pot calling the kettle black.「彼についてのあなたのコメントは、目くそ鼻くそを笑うようなことだ。」

We are of like mind.

「意味」私たちは同じ意見です。私たちは同じ考えをもっています。

※今日の英語,ちょっと堅苦しい言い方です。使用頻度は高くはありません。

このlikeは「似ている」という形容詞で、mindは「意見」や「考え」の意味なので、be of like mindは「似た考えや意見をもっている」という意味になります。

同様な言い方として、以下のものも使います。
be of one mind「一つの考えや意見をもっている」→「同じ考えや意見をもっている」
be of the same mind「同じ考えや意見をもっている」

「英会話例文」
We are of like mind and have common interests.「私たちは同じ考えをもっていて,共通の関心をもっています。」

That’s exactly how I feel.

「意味」私もまさにそう感じます。全く同感です。

※今日の英語,howの部分にwhatを使ったThat's exactly what I feel.も使いますが、howの場合が多いです。

「英語例文」
A: You look as if the weight of the world were on you.「A:まるで世界の重みがあなたにかかっているように見えるね。」
B: That's exactly how I feel.「B:まさにそんな感じだよ。」

If I understand correctly, …

「意味」私の理解が正しければ....。

※今日の英語,けっこう使う英語表現です.

understandをrememberにかえた

If I remember correctly, ...「私の記憶が正しければ....。」

もよく使います.

「英会話例文」
If I understand correctly, it's impossible to launch a new website.「私が理解が正しければ、新しいウェブサイトを立ち上げることは不可能です。」


Misery loves company.

「意味」同病相憐れむ。不幸は仲間を好む。

※今日の英語,miseryは悲惨な(あるいは不幸な)状態,companyは仲間のことなので,Misery loves company.は「不幸は仲間を愛する」ような意味です.

Misery makes strange bedfellows.「不幸になると見知らぬ者とも友達になる」という言い方もありますが、こちらは使用頻度は低いです。

「英会話例文」
They say misery loves company, but in my case, I want to be alone. 「同病相憐れむって言うけど,私の場合は一人でいたいのよ。」

You’re not too far off the mark.

「意味」(あなたの言動は)そんなに的外れではないですよ。

※今日の英語,not too far off the markは,「的(mark)には当たっていないけれど,そんなに遠くには外れていない」といった意味で,日本語の「当らずとも遠からず」という言葉が当てはまります.

主語はheなど他の人を表す名詞にかえたり,人以外の物事にかえて使うことができます.

「英語例文」
You're not too far off the mark. You're very astute.「そんなに的外れではないですよ。とても鋭いです。」

※astuteは「状況判断などが鋭敏な」といった意味です.

In case you haven’t heard, ….

「意味」念のためにお伝えしますが、...。お聞きになっていないかもしれませんので、お伝えしますが、...。

※今日の英語,これから話すことを相手がまだ聞いていないかもしれないので,念のために伝えておきたいときに使います。

丁寧な言い方で,よく使います。

「英語例文」
In case you haven't heard, we launched a new brand this week.「お聞きになっていないかもしれませんので、お伝えしますが、今週,私たちは新しいブランドを立ち上げました。」

否定文, much less ~.

「意味」...ではないし,ましてや~ではない。

※今日の英語,使用頻度はそこそこくらいです.

「英会話例文」
This isn't an evolution, much less a revolution.「これは進化ではないし、ましてや革命でもない。」

※evolutionは「進化」,revolutionは「革命」です.