体を動かせば不安は忘れる

4月3日(金)


DSC_7398.jpg



 今までは庭に関心がなかった隣家が突然色んな花を植えだした。どういう心境の変化かは知る由もない。だが庭がきれいになることは良いことだ。秋に植えていた球根の中にチューリップの球根もあった。我が家ももう10年くらいはチューリップの球根は買ったことが無かった。私もつい衝動買いをして裏庭の入り口階段下に植え付けていた。それらが次々と咲き出してきた。


 昨日は畑の通路の草刈をした。今年は暖冬の影響であろうか雑草が大きく伸びている。庭の草取りをしたのを畑の一角にある堆肥置き場に運ばなくてはならない。今は黄色の辛子菜等が背丈ほどになっている。1輪車で運ぶのに邪魔になるので草刈をした。更に畑の真ん中に昨年設置した水道のメーターがある。2か月に1度の検針をするのにも邪魔になるのでそこの通路もきれいにいした。


 とうとう私の住んでいる福山市でもコロナ感染者が出た。最近はコロナ感染であまり外に出なくなった。だが家の中でテレビを見てコロナ感染記事に一喜一憂してもしょうがない。なるようにしかならない。庭や畑で体を動かしていると嫌なことは考えなくて済む。たくさんの花たちに囲まれた中での作業はそれだけで癒される。



 裏の休息所に棚を設置した。長さは1.6mある。イスを置けばテーブル代わりにもなる。


DSC_7426.jpg


DSC_7427.jpg


 蝶番を取り付けて収納できるようにした。受け金具の間隔は75㎝をとっている。冬になったらここに幅70㎝の2個の簡易ビニールハウスを置かなくてはならないからだ。冬越しに難点がある植物をここに置かなくてはならない。


DSC_7428.jpg



 1月の末にはすぐ近くの柱にテーブルを取り付けた。ここにも鉢を置いたり、イスを置いて座って庭を眺めることが出来る。もう少し暖かくなったらここでビールでもと思っている。美味しいだろうなあ。


DSC_6966a.jpg



 バラたちも芽を伸ばしてきている。これからはニームオイルの希釈液による消毒、有機100%液肥プラスや菌の黒汁の希釈液の散布等うぃしなければならない。バラクキバチやバラゾウムシとの戦いで忙しくなるだろう。今年は暖冬だったので毛虫の異常発生も予想される。無農薬栽培は農薬を使用しないということだけではない。花を咲かせる為の色んな作業をやらねばならない。病気や害虫等から守らなくてはならない。


 みんな頑張れ!


DSC_7421.jpg


ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると感謝です。

よろしくお願いいたします

 

ナチュラルガーデンランキング

 



[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com

「海獣の子供」


「海獣の子供」


五十嵐大介さんによる同名漫画をSTUDIO4℃がアニメ映画化

STUDIO4℃は、「鉄コン筋クリート」などハイエッジな映像表現で
世界的に注目を浴びる制作会社です





自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花。
母親と距離を置いていた彼女は、
夏休みの初日に部活でチームメートと問題を起こしてしまい、
家にも学校にも居場所を失うことに。
そんな琉花は、父の働く水族館へふと足を向け、
ジュゴンに育てられたという兄弟、空と海に出会う。
純真無垢な弟の海と、何もかも見透かしたような怖さを秘めた兄の空。
琉花は彼らに導かれるように、見たことのなかった不思議な世界に触れていく…。



制作年/2019
内容時間/112分

原作/五十嵐大介
監督/渡辺歩
音楽/久石譲
キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一
アニメーション制作/STUDIO4℃
主題歌/米津玄師「海の幽霊」

(声の出演)
安海琉花/芦田愛菜
海/石橋陽彩
空/浦上晟周
アングラード/森崎ウィン
安海正明/稲垣吾郎
安海加奈子/蒼井優
先生/渡辺徹
ジム・キューザック/田中泯
デデ/富司純子


五十嵐大介さんの原作は未読です

映像が本当に美しい!
あまりの美しさに内容そっちのけで!?映像に見入ってしまった
「海獣の子供」は映画館で観るべきでしたね^^;
上映当時、映画館が遠かったので断念した・・・今更ながら後悔(>_<)

ただ物語の世界観が難解すぎて!?私の頭では理解出来ず・・・
スピリチュアルなメッセージを台詞を用いずに
圧倒的な映像表現のみで伝えたかったのかな!?

エンディングロールで流れた米津玄師さんの「海の幽霊」聴き惚れました♪
とてもステキな曲なので何度もリピートして聴いてしまった^^;


[PR] スポンサーリンク
お名前.com

シェアする

フォローする

[PR] スポンサーリンク
お名前.com