SHAKATAK

41AQAA064ZL.jpg

SHAKATAKの2ndアルバムからの大ファンです(*^^*)
「NIGHT BIRDS」のアルバム全曲がお気に入りです
ポップでオシャレで全てが好き!!

躍動感がある音というか、ピアノの音色も、ベースが強めの演奏も気に入っています
特に「TAKIN' OFF」が好きです(*^^*)





3rd「INVITATIONS」もカセットテープに録音してよく聴いていました(^_^)
ベストアルバムも沢山リリースされていて、あっちこっちのお店で探し出して4枚ほど購入しました


211.jpg




Album list:

Drivin' Hard 0:00​
Invitations 4:15​
Night Birds 10:29​
Out Of This World 16:43​
Down On The Street 22:10​
Day By Day 25:32​
Into The Blue 29:15​
Golden Wings 32:55​
Manic & Cool 36:25​
Da Makani 40:28​
Niteflite 45:32​
Turn The Music Up 49:36​
Fiesta 53:31​
Bitter Sweet 58:19​
Utopia 1:03:15​
Street Level 1:07:22​
Under The Sun 1:11:56​
Full Circle 1:16:43​
Let The Piano Play 1:21:14​
View From The City 1:25:00​
Magic 1:28:57​
Under Your Spell 1:33:04​
Blue Savannah 1:37:31​
Beautiful Day 1:41:29​
Emotionally Blue 1:46:41​
Afterglow 1:50:54​
Across The World 1:55:32​
On The Corner 1:59:42​
Times And Places 2:03:15​
In The Blue Zone 2:07:44​

■ シャカタク (Shakatak) は、イギリス出身のフュージョンバンドです

アメリカのジャズを起源とするフュージョンとは異なり、アドリブ偏重ではなくメロディと編曲を重視した親しみやすいサウンドが特徴で、1980年代においてレベル42と人気を分かち合いました(ブリティッシュ・ジャズ・ファンク)

1982年、ビル・シャープのピアノと女性コーラス(ジル・セイワードとジャッキー・ロウ)と キース・ウィンターのジャージーで洗練されたカッティング奏法を前面にフィーチャーしたシングル「Night Birds」で世界的にブレイク、2ndアルバム『Night Birds』、3rdアルバム『Invitations』が大ヒットしています

活動期間 1980年 ~

現メンバー
ビル・シャープ(Bill Sharpe)
ピアノ、キーボード

ジル・セイワード(Jill Saward)
ヴォーカル、パーカッション、フルート

ロジャー・オデル(Roger Odell)
ドラムス

ジョージ・アンダーソン(George Anderson Jr.)
ベース


■ ジャズ・ファンク(Jazz-funk)とは・・・
ポピュラー音楽、およびジャズのジャンルの一種
定義と範囲は曖昧です

ジャズにファンク、ソウル、R&Bなどの要素が混合され、即興演奏(ジャム)が含まれることもあります



今日はSHAKATAKが聴きたくなったので記事にしてみました(^_^)

昨日amazonで注文していたICカードリーダライタが届いた(置き配)ので、今日から暫く、所得税の確定申告e-Taxに取り組みます
初めてのインターネット申告に挑戦です
どうなることやら・・・(^.^)


Wikipedia引用あり
ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする