PYG-花・太陽・雨

PYG:ピッグの「花・太陽・雨」で、アルバムが71年『PYG!』ですね。小五でした。

昭和40年代、60年代後半、日本ではGSブームがあり、これはお子ちゃまでも、TVで観れた。好きだったのがスパイダース、タイガース、テンプターズ、モップスは中高生になってから。

スパイダースの堺 正章が母の実家近く海辺で撮影に来た時、群衆なかで後を付け回しても、相手にしてくれた事を覚えてる。

それぐらい人気がありましたが、70年代に入るとブームも終わり、スパイダース、タイガース、テンプターズは解散、その有力メンバーで結成がPYG、沢田研二、萩原健一、大野克夫、井上堯之、岸部一徳、大口広司。


 


PYG!(Original First Album)


 


中学生になるとソロの沢田研二、太陽にほえろ!・傷だらけの天使・前略おふくろ様の萩原健一で、そちらの方が注目と言うより、えれえ人気、残りのメンバーで井上堯之バンド、TVドラマの音楽担当で、これもよく耳にしまいました。

PYG:ピッグは人気なかった、ソロ歌手としての沢田研二と俳優・萩原健一が、被さってる。時期的にその前、出発点なんですが。

日本語ロックは、はっぴえんどの70年『はっぴいえんど』が高校生時から定説でしたが、ほぼPYGも早い、はっぴえんどは売れなかったと後で知ったけど、PYGも2大スターがいても、厳しいかった。

フォークロック的なノリもありますから、欧米ロックでハードロックが人気あった時期では弱い?? CSNYも人気あった思うけど、昔は洋楽が上のようなノリもあった。

と云うことでおまけも同アルバムから

PYG - 戻れない道
































にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










フォローしてね…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする