Roberta Flack – 愛は面影の中に

ロバータ・フラックの「The First Time Ever I Saw Your Face:愛は面影の中に」で、アルバムは69年1st『First Take』ですね。又表題の英語表記が長くはいらない、日本語表記に。

70年代「愛は面影の中に」と「やさしく歌って: Killing Me Softly with His Song」が邦題の表記だっかな~と己の覚えも邦題だった。それぐらい、メロウでヒットした特に「やさしく歌って」はCMで耳タコでしたね、哀愁のバラード。

ロバータ・フラックのこのヒット2曲はカバーで先行したシンガー達より、売れてしまうのですから、ロバータ・フラックの歌唱が上手かった、素晴らしいかった時代にあった。

アルバムデビュー時期はソウル、ファンクよりはジャズよりからスタートかなと。このアルバムは明らかにジャズ、少しラテンで遊びで大人POPですね。

ベースの効き目がしみわたるのですが、ロン・カーター弾いてる。ギターはバッキー・ピザレリ、コロナで20年没だったのですね。


 


ファースト・テイク


 


「愛は面影の中に」は英国シンガーソングライターの曲を多くにフォーク・シンガーが歌っていて、ピーター・ポール&マリー、マリアンヌ・フェイスフル、バート・ヤンシュもロバータ・フラック前に歌ってる。

シングルで72年ヒットですが、69年アルバム曲がタイムラグあり、71年(日本72年)映画クリント・イーストウッド初監督作品『恐怖のメロディ』で挿入歌・サントラでブレイクで全米1位。

昔は映画音楽・サントラはヒットチューンへ直球でした、中坊の頃、映画音楽もラジカセで必死にエアチェック〈死語〉(笑)

『恐怖のメロディ』は主題曲は「ミスティ」これもジャズ、クリント・イーストウッドは音楽好きで特にジャズが。生でチャーリー・パーカーも聴いていて、後にチャーリー・パーカー描いた89年『バード』の製作・監督をしてましたから、本物。

そのイーストウッドにお目にかかった・耳にかかった曲が正解のロバータ・フラックの「愛は面影の中に」が多くの方々に愛される曲になるは、音楽の力、自然な流れだったかもですね。

このアルバムは丸ごと聴く事をお薦めです、和みます、スローに。

と云うことでおまけは同アルバムからレナード・コーエン作でジュディ・コリンズ も歌っていますがロバータ・フラックで

Roberta Flack -Hey, That's No Way to Say Goodbye


























にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










フォローしてね…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする