一覧

Jefferson Airplane – Planes

ジェファーソン・エアプレインの「Planes:プレインズ 」で、アルバムは89年『Jefferson Airplane:ジェファーソン・エアプレイン』ですね。

ジェファーソン・エアプレインですが、60年代のアメリカンロックのサイケデリック・ロックの雄と思いますが、聴いたのは70年代で後追いですが、それでもドアーズと同じくらいインパクト大でした、小生にとっては! 

後もサントラで使われる事たびたび、60年代を描く映画、サブカル登場時の時代背景には合う音楽として。

でも、このバンド、このブログでよく上げてますが、変遷がほんとよく判らん(笑)
皆さまのお気に入りブログ拝見、Wiki、未聴きだった曲・アルバムを音楽配信で聴き、ブログしてから21世紀になってから、ようやく掌握できた。

前も書きましたが、65年ジェファーソン・エアプレイン→解散もどき→74年ジェファーソン・スターシップ→85年スターシップ→再度90年代ポール・カントナーのジェファーソン・スターシップとミッキー・トーマス featスターシップ→92年新生ジェファーソン・スターシップ(だいぶ前来日2012年)

詳しくは上記加筆、再結成ジェファーソン・スターシップ前に80年代後半KBC Band(ポールカントナー・マーティバリン・ジャックキャサディ)があって、ほぼ元祖でのジェファーソン・エアプレインが活動、よくあるパターンのバンド名がアルバム名の89年『Jefferson Airplane:ジェファーソン・エアプレイン』これが最後だったエアプレインのスタジオアルバムだったようです。あ~ややこしい(笑)


 


Jefferson Airplane


 


アルバム1曲目が「Planes:プレインズ 」からで、もっとも思うけど。露払い的となった前バンドのKBC Bandでも演奏されていたようですが、エアプレイン:飛行機にはこだわったていた。

バンドにはグレイス・スリックも参加、ほぼ元祖ですが、音の方が、80年代サウンドと60年代サイケもどきのクリアサウンド、当時はなんだこれ(笑)まあ古い!

このアルバム、そこそこ売れたようですが、当時のアメリカン・ロックの元気POPのような感じですが、やっぱりノスタルジック感はありで、新しい音では無い。

売れ筋も狙いで外注の曲もある、TOTOのメンバーに他力本願(ほんとTOTOって当時メンバーは凄い)

一世代をきずいたバンドでも、時間の流れでは、このように変わっていくのですね。ほぼ元祖でどうにかできてると思ってしまうけど…その点ローリング・ストーンズはホント賢い(ショービジネス的に)

この後も変わっていくバンド、2派にわかれたのも納得。そして、ジェファーソン・エアプレインの変遷を知るには、ポイントになるアルバムですね、今頃(笑)

と云うことでおまけも同アルバムからカウンターカルチャー元素は残ってると、グレイス・スリックの曲で

Jefferson Airplane - Freedom

































にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村

Rory Gallagher-Edged In Blue

ロリー・ギャラガーの「Edged In Blue:エッジド・イン・ブルー」で、アルバムは76年『Calling Card:コーリング・カード』ですね。

ロリー・ギャラガーらしい、ギターの音色、たまりません! ギャラガーらしい、シンプルですね。やっぱ70年代ロックはギターロックとしたい(笑)

このアルバムにはロリー・ギャラガーでは、一番好きな「Moonchild」もありますが、アルバム『Calling Card:コーリング・カード』はアイリッシュメロ雰囲気、これはブリティシュメロとも、微妙に違うカンジで、なんか日本の演歌ぽさもある、聴きやすい。

ブルースロックで語られる事多いギャラガーですが、メロもポイントだと思う。そして、シンプルなハードロック系にも近い。知った時はブリティッシュロックのブルースロック系と。


 


CALLING CARD


 


70年代、第2のクリームとも言われておりましたが、ソロ前のスリーピースバンドのテイストだったからと思います。70年代初期からソロになって、コンスタントにアルバムは、出ておりました。

どの辺アルバムに聴いたのは忘れたましたが、今は、ラフでもテイストが好みだったりしますが、70年代ソロもハードロックよりだったり、アイリッシュ音楽よりだったりで愁いありで、シンプル良いですね。

このアルバムは解散していたディープパープルのロジャー・グローヴァーとギャラガーでのプロディースですね。それでも凝ってないので、ギャラガーの音楽本質が垣間見える。

シンプル、ハードロックとブルースとの交叉、アルバム通しで聴くのがお薦めかな~
久しぶり本気で頭から聴いたら痺れましたので、ご参考に!

と云うことでおまけは同アルバムから

Rory Gallagher - Do You Read Me
































にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村

やっと初詣 The Smiths – Well I Wonder

 年末からお正月は父宅で過ごして帰京。仕事と介護で又父宅、戻り時間ができ、近場の深川不動堂で一人っきりで遅い初詣、空いていた。

普段混雑して入れない参道脇のカフェに入れた、カプチーノ頼むと、これもあって人気になるのですね

お正月は父宅の近所の神社で家族が初詣、父宅で小生と父は混んでいるとの事で待機。
東京に戻り、又家族は生地、鹿島神宮で初詣で親戚と宴会でしたが、小生は父宅戻りで、定番の鹿島神宮は家族に任せました。生地と幼少住んだ水郷は、信仰として鹿島神宮と成田山が盛んで、毎年必ずお参りしてました。あと川崎大師も(何故、川崎大師が入るか判らない、親戚一同皆行っていた)

で、深川不動堂は、成田山新勝寺の東京別院。無宗教と思うけど幼少の頃から、習慣はそのままで、なんか拠り所なる東京のこの地域に、住んだのも深川不動堂の影響はあると思う。
因みに隣、有名な富岡八幡宮とある事件から行ってません。昔は寺と神社を両方参ってましたが。ひとの思いは、何よりも怖いモノです。


スミスの「Well I Wonder:ウェル・アイ・ワンダー 」で、アルバムは85年『Meat Is Murder:ミート・イズ・マーダー』ですね。


 


ミート・イズ・マーダー


 



ザ・スミスは苦手と言うか、声が好み合わない、極、モリッシーの声が好きでないが正確かもで、高音でなく、音声が合わないと思う。
イエスのジョン・アンダーソンやラッシュのゲディー・リーとは同様な高音好みでないとは違うのだが。で、3者に共通は、好みでなく、苦手でも、聴く事がある(笑)

ザ・スミスとモリッシーも聴いた。まあモリッシー2023年来日は知っていたけど、行きたいまでいかなかったけど。

ザ・スミスは、モリッシー&マー で、ジョニー・マーの作曲で聴いたいたかも、愁いありの暗いトーンは当時は新宿二丁目でカフェバーに入り浸り朝まで遊び呆けていた時期と重なり、スミスはカフェでかけていたし、耳にしたし親しんでいる。

健全なカフェでカプチーノ飲みながら、突然と浮かんだザ・スミスの「Well I Wonder」でした。

ニュー・ウェイヴ子の魂百まで ですね!
































にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村



金延 幸子 – 青い魚

金延幸子の「青い魚」で、アルバムは72年『み空』ですね。レコードは70年代はアングラ・レコード・クラブ:URCからでした。

こずかいでは、なかなか買えないレコードで76年高1の時、はっぴいえんど のレコードを借りたのを鮮烈に覚える。五つの赤い風船や遠藤賢司のレコードも欲しかった。

当時、家電・オーディオをやっていたお金持ちの友とその兄の、凄いレコードライブラリーのあったのを見せてもらったけど、大人になって金持ちなったら、URC全部そろえるが夢だった。今は足らない部分はありますが、大まか配信で、聴けるのですね。


 


み空 (特典なし)


 


遅ればせながら、近所のシネコンで一日1回上演のヴィム・ヴェンダース監督の『PERFECT DAYS』を鑑賞

サントラがまあ、ど真ん中と言うか、映画表題から、ルー・リードは、公開前から、想像していたけど、挿入歌がUK、UA、60年代・70年代モノですから、文句はございません(笑)

このブログ13年目になりますが、サントラは1曲目を除き、取り上げてきたミュージシャンや曲で、ほぼ。

上げていなかった1曲だけが、金延幸子の「青い魚」 正に感涙、70年代手に入れるのも大変で、見るしかできなかったURCレコードから。再販等で注目はありましたが、ほんとヴェンダースの選曲なの?? それは凄すぎる、井上尚弥のボディブローごとく、効きました、ノックアウトです。

映画にはカセット、ラジカセも、そして時々使う、渋谷の公衆トイレが舞台…できた時はどこから、入るのと???と悩みましたが(笑) 東京都って金持ち、意味ねええと思いましたが?

これがアカデミックな活動と連動する事を映画撮影前に知って、どうなるの??
知的な方が渋谷区にはいるな…と映画で感心、たぶん、こうゆうのが文化になるのですね。

で、映画はヴィム・ヴェンダース監督の東京ロードムービー、これまでの作品は、好き嫌いあるけど、『PERFECT DAYS』は好きです。

作品の評価は皆さんがお決めください、映画はみてなんぼ(笑)

と云うことでおまけも挿入歌から、これもあっぱれでした

Nina Simone - Feeling Good

































にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村








Bob Marley & The Wailers – Redemption Song

明けましておめでとうございます。

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「Redemption Song:リデンプション ソング」で、アルバムは80年『Uprising:アップライジング』です。


 


Uprising


 


能登半島地震により被害に遭われた皆様にはお見舞いを申し上げます。
皆様のご健康と安全、そして復興を心よりお祈り申し上げます。

羽田空港での日本航空機と海上保安庁機との接触事故火災での被害に遭われた皆様にはお見舞いを申し上げます。


【このブログ、反原発で始まったブログです。時たま、私見があります】

お正月と介護のため、帰省中の父の実家で、家族のスマホ、緊急地震速報がいっせいに鳴り、元旦からひきつり、あたふた。

能登半島で震度7 また?!原発か…と寒気
近くは原発だらけ、震源地近接では停止中の志賀原発。その地域は震度6強だったようで本日2日の解析では。

 自宅戻りの高速、助手席の息子が絶叫「羽田が燃えてる」 家に着き、いの一番でTVオン…
えーーーーこの国の存亡のレベル重大ニュースと思うのだが…民放はお正月特番、改変報道番組は無い、亡国、日本大丈夫なのか?

仕方なく、さらに超亡国なる日本放送協会なるニュースは渋々と観たところ、SNS等で津波や救助要請や原発のデマ情報に注意喚起ニュース。不安を煽ってる記事に注意だと。

それより、たち悪いのは、公共放送のフリして、公然と一歩方向的な既得権益側の報告、又は作為的な、この放送局の思考で調査・解析もせず、垂れ流しをしてるのは?!

東日本大震災の報道に、疑惑・疑念を持った者は、素直に信にならない。

情報リテラシーは絶体必要、インターネットは玉石混淆(ぎょくせきこんこう)は判ってる。
ますます受けて側は、考察が必要な時代。

デマ情報の因は、SNSのXはイーロン・マスクがオーナーになって、広告収益が配分される仕組が変わったと息子から説明を受けた。アクセス数広告料欲しさにデマ拡散繋がると。

そして、事象の結果を知らしめる報道は、編集行為がある、作為が必ずついて回る。

……激動の時代は続く…

自分で考え(国語として成り立つか? けっこうポイント、東日本大震災時のTV報道は慌てていて、証拠・調査等なく、いい加減、当てずっぽうに解説して日本語になっていなかった。これが自分が不信となった原因。ここにポイントがあると思ってる)
調べる、そして信できる方(ネット参照でも)の意見を参考にする。

 太古より、自然大災害と共存してきた国、自然をコントロールをしてないし、できない。

この国は権益側が優位、国民の安全・財産・人権を担保にして。
そしてヒューマンエラーは必ずある。飛行滑走路に同時に、離陸機・着陸機が重なる事だって起きた。

私は震度7が起きる国に原発は必要なしと思ってる。
























にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村




Eric Clapton – Peaches And Die  よいお年をお迎えください

生きてます(笑)
今年最後の記事がクリスマスソングがしめでは、しのびない。

最後も洋楽ですが、オンタイム時、この時期のクラプトンはあんまり聴きませんでしたが、10代はハードロックやプログレ、直ぐにパンクでした。

今は素直に聴ける、エリック・クラプトンの77年『Slowhand:スローハンド』の「Peaches and Diesel:ピーチェズ・アンド・ディーゼル」ですね。


 


Slowhand 35th Anniversary


 


今年もいろいろ、5年ぶり心臓カテーテル検査で、3度目心筋梗塞が早期発見で、5本目ステント入れと化学治療できた「運が良かったですね」と担当医。
でも当事者??? 生かされている感覚。なんか意味があるのだろう、それが間もなく判る…

妻にも感謝。自分の事だけ、興味ある事だけしない、男によくついてくれてます。
かなり注意、指導も入るけど(笑)
介護の父も、介護は自分の方がされているカンジ、これも良なのかもしれない。

今年も、つたないブログを読んでいただける方々に感謝いたします。
そして、拝見するお気に入りブログの音楽系、山系、スポーツ系、映画系、日記系、社会系の多くのブログが励みになっております。感謝します。

よいお年をお迎えください!





























にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村







クリスマスソング

昨日、復活した仕事、21時過ぎに、帰宅。家族のクリスマスパーティーは終わっていた(笑)

なんかピザ屋のクリスマスセットで7,080円 ケーキは有名店のチョコレートノエル5,000円ぐらいだったらしい(まだ食べてない、昨日は一人で食べたピザでお腹いっぱい)息子が用意したらしい。

2年前か、ピザセットが約束した時間に届かず、小生に「そこに名折れ お手打ちだ!」と罵倒され(笑)万全を期したらしいが、父ちゃん、そんなの露知らずでゆっくり帰宅、お土産・プレセントも無しで。

奥方がプレセントくれた、何故?なんかこわい(笑)
まあ、ずっとデスロードのふち歩きだったからかな~一応「あんがとう」は言った(笑)

娘はなんかアリアナ・グランデ配信系ライヴを観ていた。アリアナの事をいろいろ講釈してもらった、日本公演も行ったらしい。で、本気で聴いたら、唄上手かった(笑)
今のシンガーも、このぐらいメロディーラインがしっかりしていたら、聴きやすい。

で、大ヒットのクリスマスソングをプレゼントならぬプレゼン!

Ariana Grande - Santa Tell Me




父ちゃんはロック、こちら側! こっちの方がしっくりくる!
たぶん、上げている方が少ないと思う曲で、カバーですが、ウクライナの方ですね。

AC/DC - Mistress for Christmas (cover by Sershen&Zaritskaya feat. Kim and Shturmak)






























にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村


New Order – All The Way

ニュー・オーダーの「All The Way:オール・ザ・ウェイ」で、アルバムは89年『Technique:テクニーク』です。

世代的には一世代年下、40代・50代の方々には絶大な人気『Technique:テクニーク』ですね。アルバムジャケも好み、センスある。

ジョイ・ディヴィジョンや80年代初頭のニュー・オーダーから、聴き始めた者には、立派なアルバムですねと…思った。全英アルバム1位初だったのですね。これは知らんかった。

覚えていたのは「All The Way:オール・ザ・ウェイ」がキュア―の87年「ジャスト・ライク・ヘヴン」似てると。

ウィキには、その前にキュア―の大好きな曲85年「インビトゥイーン・デイズ」元ネタがニュー・オーダー「エヴリシング・ゴーン・グリーン」への報復との事ですが、これは今回聴き直しましたが、気がつかん(笑)音楽って、コード進行やテンポ、メロディでいかようになるのですね。

昔から盗作疑惑、編曲の無承諾等あるみたいですが、ZEPみたく全く別物に聴こえる場合もあるわけで、リスペクトと参照の境目は、芸と思える。キュア―とニュー・オーダーのレベルは、そんな高尚レベルでないBy小生


 


テクニーク【コレクターズ・エディション】


 


ちびっと小言ぽかったですが、このアルバムの他曲では、ジョン・デンバーの盗作で裁判敗訴で、今はコンポーザー名でジョン・デンバー表記になってるそうです。もうちょっと、上手くやってね(笑)

ですが、アルバムは明るめでもあるけど初期からの愁いもあり、上手くロックぽい、ダンスロックやエレクトロニカのジャンルにはなると思うけど、ロックで聴ける。

UKRockファンとして、80年代後半から距離を感じ、クラブ遊びで覚えたダンスミュージックなテクノPOPの均一感、UKに革新を求める小生には、新しい音・曲風を感じるモノはなかった。

で、アメリカからレッチリや、ニルヴァーナの驚異、パンクでハードロックありなんだ、流れは変わったロックはもうUKで無い、そして嫌いなヒップホップもロックにした強烈な反骨のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン登場。

その過渡期のUKモノが89年『Technique:テクニーク』だったのですね。POPよりなヨーロッパ大陸産ユーロビートがUKモノとも重なり、ダンスミュージックとして楽しめましたが、深み無しに聴こえたのもの……デペッシュ・モードは頑張ってましたが!

と云うことでおまけは同アルバムからニュー・オーダーのダンスミュージックと自覚?!

New Order - Mr. Disco




【このブログ、反原発で始まったブログです。時たま、私見があります】

とりあえず生きてます(笑)大学病院で心臓治療も終わり、ずっと続く経過観察、ずっと…
終わりはいつ?終わりが経過観察の終わり

かかりつけ医院にも連絡が入ってたらしく
看護士から不意に「助かって良かったですね」間髪いれず「終わりで良かった」と答えた本音…

家に帰り、それでも年末の小掃除を自分の部屋だけ
新藤兼人監督の99年映画『生きたい』のトークショーイベント企画をした時にもらった色紙がでてきた。

どうしようもない国のように見せるマスゴミ、なんだかな~と政治だけど。
車関係もオール厳しい惨状、果てはライドシェアだって娘にやればと言ったら即答で「怖い」
確かにアメリカの友人は知らない街ではレンタカー自前が鉄則と…

ある部分、芸能、産業、社会の既得権益が崩れ始めた、それでも穏やかなる平等は訪れないと思っているけど…

監督の想いが…ちびっと希望をありか…と思った!



























にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村





Buffalo Springfield-Questions

バッファロー・スプリングフィールドの「Questions:クエスチョンズ」で、アルバムは68年『Last Time Around:ラスト・タイム・アラウンド』ですね。

バッファロー・スプリングフィールドは、サントラでは知ったのが正確な言い方、60年代米西海岸で「For What It's Worth (Stop, Hey What's That Sound):フォー・ホワット・イッツ・ワース」は60年代後半、カウンターカルチャーでの反戦歌、スローなナンバーに反暴力・現場写実に驚きました。 

95年映画『フォレスト・ガンプ』の挿入歌でアメリカ現代史の60年代の時勢・激変を伝えてくれました。60年代のアメリカ、ベンナム戦争を描く映画でも、よく耳にする曲ですね。


 


ラスト・タイム・アラウンド


 


 ロックに夢中になった70年代、60年代モノで好きになる米国のロックバンドは、ドアーズや
ジェファーソン・エアプレイン、バーズあたり、その反面でカントリーやカントリー色強いフォークロックが聴かず嫌い。ラジオで耳にも入ったと思うけど、夢中にならんし、ましてレコードを買う、聴くなんって、無かった。

80年代後半・劇画『迷走王 ボーダー』から、ニール・ヤングを思い出し興味を持ち始め、聴けるようになってから…クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング:CSNYも聴けるようになって、震えました、素晴らしいと。

小生より上の世代の方は、70年代はZEPとロック人気を二分していたと。スティーヴン・スティルスもお気に入りに、二人の最初のバンドのファロー・スプリングフィールドから、ニール・ヤングとスティーヴン・スティルスの繋がり、仲違いしながら、つかず離れずの長い仲ですが、参加しているアルバムは絶品、ますます聴く事に。

バッファロー・スプリングフィールドは66年から68年ぐらい3年、でも活動は約2年間程、アルバムが3枚で、最後が『Last Time Around:ラスト・タイム・アラウンド』で、ニール・ヤングやスティーヴン・スティルス作の曲がロックぽくって聴きやすい。このアルバムは休止状態であったバンドを最後加入のジム・メッシーナがまとめのアルバムのようですが、ポコのもきっかけになるアルバムなんですね。

 アメリカンロックのフォークロック、カントリーロックの源泉、小生的にはバーズ後期とフライング・ブリトー・ブラザーズと並び、癒しで聴ける好きなフォークロック、カントリーロックになってます。

と云うことでおまけは同アルバムから

Buffalo Springfield-Kind Woman












音楽(ロック・ポップス)ランキング
音楽(ロック・ポップス)ランキング














にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村


Bob Marely & The Wailers – Time Will Tell

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「Time Will Tell:タイム・ウィル・テル」で、アルバムは78年『Kaya:カヤ』ですが、今回は84年(日本公開)映画『カントリーマン』からのサントラです。

『Kaya:カヤ』とは、別バージョンの短めサントラでダブサウンド強のミスティー感。この映画のサントラはボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ、トゥーツ&ザ・メイタルズ、アスワド、スティール・パルス、デニス・ブラウン等、小生大好きレゲエが詰まってる。

70年代レゲエ、小生が一番夢中になった時期、70年代後半・末あたりですから、たまらん選曲です、ダブサウンドあたりもここらへんから、知った。

映画『カントリーマン』はボブ・マーリーの企画とうたわれ80年製作、マーリーの没は81年でした。コメディチックな活劇・レゲエのスピリッツのボブ・マーリーの反骨。

アイランドレコードの偉大なるがクリス・ブラックウェルが映画製作。この方のおかげで世界にレゲエが広まった。ロック・レゲエのアイランドレコードは、聴きましたね。

ジミー・クリフ主演72年(日本78年)『ハーダー・ゼイ・カム』もクリス・ブラックウェルのレゲエ映画、先鞭でした。


 


「カントリーマン」オリジナル・サウンドトラック


 


「Time Will Tell:タイム・ウィル・テル」は時が語る、真実はやがて明らかになる。いかにも70年代ロックが失いつつある反骨スピリッツが、真に迫ったボブ・マーリーに、レゲエに、ありました。夢中になったニュー・ウェイヴと重なるけど、これも70年代を代表するサウンド。

 ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのアルバム77年『Exodus:エクソダス』が激、78年『カヤ』が柔、対になるカンジとの評もあるけど、この後のライブ盤78年『バビロン・バイ・バス』(小生的には75年『ライヴ!』よりずっと聴いている、今も)を含めて、この3作連は、当時のボブ・マーリーとジャマイカ情勢が映しだす。

政治的心情と、音楽とは関係ねえとがんばっても、時勢がボブ・マーリー健康を含めて巻きこんだ。世界は今も昔も安静は少ないと思う。

ボブ・マーリーは76年ライブ・リハ中銃撃うけ、77年皮膚癌判明 78年キングストン『ワン・ラヴ・ピース・コンサート』でジャマイカの政治的融和の流れ、重要な時期のアルバムは激高と友愛が同時進行だった。70年代レゲエには、現実への反論の理想、ロックスピリッツがあった。

そのレゲエをレゲエ映画『カントリーマン』のサントラにしたクリス・ブラックウェル。60年代からスカ、レゲエに関わり、ジミー・クリフ、ボブ・マーリー、ウェイラーズをパートナにして、世界にPOP・ロックを紹介でした。

と云うことでおまけは同サントラから、アルバムでは73年『バーニン』ですね。ボーカルはバニーウエィラーですね。これも大好きな曲です。

The Wailers - Pass It On































にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
押していただき感謝です。m(_ _ )m










PVアクセスランキング にほんブログ村