宇多田ヒカル一覧

宇多田ヒカル 『HIKARU UTADA Live TOP FAN PICKS』

unnamed.jpg

宇多田ヒカルさんの過去のライブ映像から、ファンが選んだ人気曲をまとめたYouTube特別番組です

宇多田ヒカルさんのスタッフインスタグラムのストーリーズ・アンケートによって、ファンに選ばれたライブ映像・全11曲と最新曲「Time」のミュージックビデオで構成

最新2018年開催の「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」から1999年に開催された初ライブ「LUV LIVE」までの映像です




曲名
『あなた』
『Too Proud』

『Goodbye Happiness』
『Stay Gold』

『This is Love』
『Kremlin Dusk』

『traveling』
『Deep River』

『タイム・リミット』
『In My Room』

『Automatic』

新曲 『Time』MV


★ 宇多田ヒカル
(うただひかる Hikaru Utada)

シンガー・ソングライター

1983年1月19日生まれ

1998年12月9日にリリースされたデビューシングル「Automatic/time will tell」はダブルミリオンセールスを記録、15歳にして一躍トップアーティストの仲間入りをしました

そのわずか数か月後にリリースされたファーストアルバムが、「First Love」です

2007年にはシングル「Flavor Of Life」がダウンロード世界記録を樹立しました

2010年に「人間活動」を宣言し、活動休止
2016年4月に配信シングル「花束を君に」「真夏の通り雨」のリリースによってアーティスト活動を本格的に再開しています
2016年9月に発表した6枚目のオリジナルアルバム「Fantôme」をリリース

2019年1月18日KINGDOM HEARTS Ⅲのテーマソングが収録されたシングル「Face My Fears」が、自身初の全米Billboard Top100入りを記録

2020年初となる新曲「Time」を配信のみでリリース
5月29日には「サントリー天然水」CMソング「誰にも言わない」を同じく配信のみでリリースしています


ご視聴ありがとうございました(*^^*)

宇多田ヒカル 『First Love』

unnamed.jpg



『First Love』(ファースト・ラヴ)は、日本の女性シンガーソングライター、宇多田ヒカルさんの1stアルバムです

リリースは、1999年3月10日

宇多田ヒカルさんのこのアルバムは、今まで私も聴いていなかったので取り上げてみました(^^)/



全曲作詞・作曲:宇多田ヒカル

『First Love』 収録曲


01. Automatic




02. Movin' On Without You




03. In My Room




04. First Love




05. 甘いワナ 〜Paint It, Black




06. Time Will tell




07. Never Let Go




08. B&C




09. Another Chance




10. Interlude




11. Give Me A Reason




12. Automatic







ここからは、2016年7月のOKMusic の記事より引用します


彼女のビブラートをかけた歌唱法に、聴く人にヒーリング効果を与えると言われる“1/fゆらぎ”があるという話もある。

それゆえにリスナーの心を掴んだのだと。
まぁ、そういうことがあるのかもしれないが、彼女の歌のすごさはバックトラックでのコーラスワークを聴けば十分な気がする。

M3「In My Room」、M5「甘いワナ 〜Paint It, Black」、M7「Never Let Go」──ウイスパー、ハイトーン、フリーキーなシャウトと、いずれもタイプこそ異なるが、いや、タイプが異なるゆえにヴォーカリストとしての非凡さを如何なく確認できる。

個人的に注目したのはM12「Automatic -Johnny Vicious Remix-(Bonus Track)」 だ。

14年に発売された『First Love-16th Anniversary Edition-』では本編に収録されずボーナスディスクに収められた、まさしくボーナスであるのだが、リミックスであるがゆえに、オリジナルよりもバックコーラスが強調されているような作りになっている。
ビートも効いているせいか、元曲ではフワフワとしていた音像もシャープになり(若干エフェクトがかかっているかも?)、歌も迫力が増しているような印象もあって、聴いていて非常に心地良い。

驚くべきは、このコーラスは全て宇多田本人がやっている上に、そのアレンジも本人が手掛けているということだ。発売時、御年16歳。レコーディング時には15歳であったのだろう。







Utada Hikaru – Darenimo iwanai

今日ご紹介するアーティストは、宇多田ヒカルさんです

先ずは、2019年の『 Face My Fears』から、およそ1年4カ月ぶりの新曲「Time」です


『Time』Official Audio(Short Version)



アルバム: Time
リリース: 2020年
ジャンル: J-POP



2曲めは、5月29日リリース(配信限定)のこの曲

「Darenimo iwanai (I won't tell anybody)」



そして、大ヒット曲

宇多田ヒカルでは、やっぱりこの曲が一番好き~(*^^*)
「Automatic」


1998年12月9日発売
宇多田ヒカルのデビューシングル
第41回日本レコード大賞「優秀作品賞」受賞
第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞
2000 年「JASRAC賞」金賞受賞

Writers 宇多田ヒカル


ご視聴ありがとうございました