Van Halen と言えば・・・この曲!(^^)!

私にとってのヴァン・ヘイレンは、この2曲が最強です(^_^)
私がヴァン・ヘイレンを初めて聴いた曲「You Really Got Me」、そして当時の大人気曲だった「Pretty Woman」

ヴァン・ヘイレンは1978年1月、シングル「You Really Got Me」(キンクスのカヴァー曲)でデビューしています
多くのバンドがカバーしていますが、ヴァン・ヘイレンのカバーが一番好きです



1982年リリース「Pretty Woman」
ロイ・オービソンが1964年に発表したシングル曲「Oh, Pretty Woman」のカバーです
この曲のカバーも多く存在しますが、ヴァン・ヘイレンがカッコイイですね




♪ キンクスとロイ・オービソンを聴いてみましょう(^^)/


こちらが、The Kinks 「You Really Got Me (Official Audio)」です


「ユー・リアリー・ガット・ミー」(You Really Got Me)は、ロックバンド、キンクスの楽曲。
レイ・デイヴィス作。
1964年の8月にシングルが発売され、全英ナンバー1に輝いた。この曲のヒットでバンドはブレイクを果たし、アメリカのチャート7位を記録し、ブリティッシュ・インヴェイジョンの代表的バンドのひとつとしての地位を確立した。その後、この曲はデビュー・アルバム『キンクス』に収録された。

「ユー・リアリー・ガット・ミー」はパワーコードによって成立しているヒット曲の嚆矢であり、後のロックンロール(特にヘヴィメタル)のミュージシャン達に非常に大きな影響を与えた。アメリカの音楽学者Robert Walserは、この曲を「ヘヴィメタルを発明した作品」だといい、オールミュージックのDenise Sullivanも「『ユー・リアリー・ガット・ミー』は、ハードロックとヘヴィメタルにとって理想の曲であり続ける」と記している。

『ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」と「オールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100」に於いて、それぞれ80位と4位にランクインしている。



Official audio for "You Really Got Me" by The Kinks.
Lyrics:
Girl, you really got me goin'
You got me so I don't know what I'm doin'
Yeah, you really got me now
You got me so I can't sleep at night

Yeah, you really got me now
You got me so I don't know what I'm doin', now
Oh yeah, you really got me now
You got me so I can't sleep at night

You Really Got Me
You Really Got Me
You Really Got Me

See, don't ever set me free
I always wanna be by your side
Girl, you really got me now
You got me so I can't sleep at night

Yeah, you really got me now
You got me so I don't know what I'm doin', now
Oh yeah, you really got me now
You got me so I can't sleep at night

You Really Got Me
You Really Got Me
You Really Got Me
Oh no...

[Solo]

See, don't ever set me free
I always wanna be by your side
Girl, you really got me now
You got me so I can't sleep at night

Yeah, you really got me now
You got me so I don't know what I'm doin', now
Oh yeah, you really got me now
You got me so I can't sleep at night

You Really Got Me
You Really Got Me
You Really Got Me


こちらが、Roy Orbison 「Oh, Pretty Woman 」です



「オー・プリティ・ウーマン」(Oh, Pretty Woman)は、ロイ・オービソンが1964年に発表したシングル。
後にヴァン・ヘイレン等にもカヴァーされ、また、映画『プリティ・ウーマン』の主題歌にも起用された。
2004年には、「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」で222位にランク・インしており、後の改訂では224位となった。

BMI調べによる「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは26位にランクインされた。
2012年12月28日にBBC Fourが放送した『ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド』 (The Richest Songs in the World) で、音楽著作権で史上最も稼いだ曲の第9位に選出されている。

こちらも歌詞が公開されています(^_^)
Lyrics:
Pretty woman, walkin' down the street
Pretty woman the kind I like to meet
Pretty woman I don't believe you, you're not the truth
No one could look as good as you, mercy
Pretty woman won't you pardon me
Pretty woman I couldn't help but see
Pretty woman that you look lovely as can be
Are you lonely just like me
Pretty woman stop awhile
Pretty woman talk awhile
Pretty woman give your smile to me
Pretty woman yeah, yeah, yeah
Pretty woman look my way
Pretty woman say you'll stay with me
'Cause I need you, I'll treat you right
Come with me baby, be mine tonight
Pretty woman don't walk on by
Pretty woman don't make me cry
Pretty woman don't walk away, hey, OK
If that's the way it must be, OK
I guess I'll go on home, it's late
There'll be tomorrow night, but wait
What do I see?
Is she walkin' back to me?
Yeah, she's walkin' back to me
Oh, oh, pretty woman.


素敵な笑顔のギターヒーロー
R.I.P. Eddie(Edward "Eddie" Van Halen)、沢山の思い出をありがとう



Wikipediaより一部分を引用していますm(__)m
ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Novelbright 「あなたを求めただけなのに」MV

2013年に竹中さんを中心に結成されました
山田さんと沖さんが曲の原型を考え、竹中さんがメロディーと歌詞をのせるという作曲スタイルを取っています
バンド名は“新たな輝き”という意味を持ち、「新しい光になれたらいいな」という想いが込められているそうです
今までは正式な楽曲が少なく、リリースできていなかった様です(>_<)
このバンドの魅力は、やはりヴォーカルの竹中雄大さんにあると思います

音楽性について色々と批判されているようですが、私は応援しています
プロの道は厳しいですね
これからの活動に注目しています!(^^)!

受賞歴としては・・・
2019年 タワレコメンアワード2019 トップ20アーティスト
2020年 第62回日本レコード大賞 新人賞・・・おめでとうございます!(^^)!

そんなNovelbright(ノーベルブライト)は、日本の5人組ロックバンドです(^_^)

出身地 大阪府
活動期間 2013年~現在

メンバー
竹中雄大(ボーカル)
山田海斗(ギター)
沖聡次郎(ギター)
圭吾(ベース)
ねぎ(ドラムス)

旧メンバー 勇太郎(ベース)

待望の新曲がこちらです



Novelbright
「あなたを求めただけなのに」MVを11/30プレミア公開



ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする