★LINKIN PARK一覧

Linkin Park & Eminem – Soldiers (2021)

maxresdefault (4)

リンキン・パークとエミネムのmash upを2作品をご紹介します
カッコイイですよね
私はリンキン・パークもエミネムも好きなので、こうしてリンキン・パークの音楽が新しい形で聴けることは嬉しいです


Linkin Park & Eminem - Soldiers (2021)

Songs remixed:
"A Line In The Sand"
"Darker Than Blood"
"Soldier"
"Cry To Yourself"
"With You"
"Hands Held High"
"Mockingbird"





Linkin Park feat. Eminem - Soldiers (zwieR.Z. Remix)





Linkin Park / Slipknot / Eminem - Pulse of a Soldier [OFFICIAL MUSIC VIDEO] [FULL-HD] [MASHUP]


XYClanKILLER2
チャンネル登録者数 24万人
My nineteenth Mashup! I did my best as always! I hope you enjoy! (/^-^)/

Instrumental: Linkin Park - One Step Closer
Acapella: Eminem - Soldier
Acapella: Linkin Park - Victimized / One Step Closer
Acapella: Slipknot - Pulse of the Maggots

weblioより引用します・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
マッシュアップ(英: Mashup)とは
2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方は伴奏トラックを取り出して、それらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした音楽の手法である。
マッシュアップ(Mashup)とは、ウェブ上に公開されている情報を加工、編集することで新たなサービスとすること。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

写真は、無料写真をお借りしました
ご視聴ありがとうございました

マイク・シノダ–「100万パーセントのマイナス」リンキン・パーク

リンキン・パークの今後の活動についてマイクが10月に語った内容です
以下、loudwire.comより引用します

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

マイク・シノダ–「100万パーセントのマイナス」リンキン・パークはホログラムツアーを検討する
チャドチャイルダーズ
公開日:2021年10月28日
クリストファー・ポルク、ゲッティイメージズ

リンキン・パークの最新のショーの4周年を過ぎました。
バンドは、2017年10月27日にロサンゼルスのハリウッドボウルで故ボーカリストのチェスターベニントンに敬意を表して、ミュージカル仲間のオールスターラインナップを招待しました。.Tuna on ToastポッドキャストでのStrykerとのチャット中に、Mike Shinodaは、現在のバンドとのツアーのアイデアについて話し、すぐには起こらないことを明らかにしました。

共同ボーカリストとホストは、ホログラムツアーを行うというABBAの最近の決定について話し合っていました。そのとき、篠田は、リンキンパークがホログラムランを行うという概念を打ち破りました。「負の百万パーセント」と篠田氏は述べ、「リンキンパークのホログラムのことをするという考えは嫌いだ。それはひどいです。"


篠田は、ABBAがバンドのメンバーが年をとって、コンサート参加者に彼らの素数に近い体験を提供したいと考える理由を理解していると説明していますが、それは必ずしもリンキンパークが彼らのキャリアのどこにあるかには適していません。

「私にとって、私は、物理的にはまだツアーをすることができたようなものです。その部分は良いです。うまくいけば、それはすぐには変わらないでしょう。しかし、今は(バンドの復帰の)時ではない」と篠田は説明した。「私たちはそれに焦点を合わせていません。数学がうまくいきません。そして、私はそれを経済的な数学によって意味するのではなく、感情的で創造的な数学のように意味します。」

フルバンドがツアーに復帰することについて、篠田は次のように述べています。いつものように。私たちのバンドにとって、私たちが行うことは何でも、それはそうしなければならないようなものです、それは特定のバーをクリアしなければなりません。ですから、何もありません。何も基準をクリアしていません。」

リンキン・パークは、ベニントンが自殺した2017年にワンモアライトアルバムをサポートしていました。彼の死後、バンドは2017年10月27日にステージで再会し、ブッシュのギャヴィンロスデイル、アラニスモリセッテ、ブリングミーザホライゾンのオリサイクス、マシンガンケリー、コーンのジョナサンデイ​​ビス、ブリンクのメンバーをフィーチャーした感動的なオールスターコンサートを開催しました。 -182、ノー・ダウト、システム・オブ・ダウン、サム41、アヴェンジド・セブンフォールドなど。

そのショー以来バンドは休止状態にありますが、篠田は彼のソロ音楽をサポートするためにリリースとツアーを続けています。そして、ベニントンの死以来、彼らは新しいアルバムをツアーしたり、作業したりしていませんが、バンドは、ハイブリッド・セオリーアルバムの20周年に向けて、さまざまなプロモーションを行い、2020年に世間の注目を集めました。

下記のApple経由のTunaonToastポッドキャストでのStrykerとのMikeShinodaのチャットの詳細を聞いてください。Spotifyユーザーも利用できます。

Loudwireより引用を終わります

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


インタビューは省略します


Linkin Park(リンキン・パーク)の徹底解説

linkin park2

3907517.jpg


このLINKIN PARKの記事は、詳しく纏まっていましたので、renote.jpより引用します
(引用は文章のみです)

【Linkin Park(リンキン・パーク)の徹底解説まとめ】
2021.05.17

Linkin Parkとは、アメリカのロックバンドである。
従来のロックサウンドにヒップホップ、インダストリアルなど様々な要素を融合させた、革新的なサウンド作りのメジャーデビューアルバム「ハイブリッド・セオリー」が大きな反響を呼んだ。
3枚目のアルバム「ミニッツ・トゥ・ミッドナイト」で音楽性の路線変更があり賛否両論を巻き起こす。
リードヴォーカリストのチェスター・ベニントンが2017年に、自殺によりこの世を去った。


♥Linkin Parkの概要
Linkin Park(リンキン・パーク)は2000年代から活躍するロックバンドである。
2000年に1stフルアルバム『ハイブリッド・セオリー』をリリースしてメジャーしてデビュー。
ラウドロッにヒップホップ、ハードコア、インダストリアル、エレクトロニックなど様々な音楽要素を融合させた、ヘビィでハードなサウンドをバックに激しいシャウトやラップ、スクラッチなどが乱れ舞う、ニュー・メタルやミクスチャー・ロックの先駆けになった。
2002年、第44回グラミー賞で3つの部門にノミネートされ、『ハイブリッド・セオリー』からの2ndシングル「クローリング」でベスト・ハード・ ロック・パフォーマンス部門を受賞した。

2007年に3rdアルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』をリリースし音楽性で大きな路線変更があり、賛否両論が起こる。
アルバムからのファースト・シングル「ワット・アイヴ・ダン」が、スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮の映画『トランスフォーマー』の主題歌に使用された。


2017年、7thアルバム『ワン・モア・ライト』を同年5月にリリースした。
チャートでは全米1位を獲得したものの、アルバムの方向性をこれまでのバンドの作品と比較しても大きくポップ路線へと変更したことにより、賛否両論が巻き起こった。

全世界累計アルバムセールスは5,500万枚以上を記録している。
リードヴォーカリストのチェスター・ベニントンが2017年に、自殺によりこの世を去った。


♥Linkin Parkのメンバー
チェスター・ベニントン(Chester Charles Bennington)

驚異的な激しいシャウトと、メロディアスなバラードでの伸びやかな歌声でヴォーカルを担当。
ソロプロジェクトのデッド・バイ・サンライズとしても活動し、ストーン・テンプル・パイロッツのヴォーカルも務めた。
入れ墨の愛好者で、体中に入れ墨とピアスがある。
元々病弱で様々な病や怪我に悩まされる。
クリス・コーネルとは親しい友人で、彼の葬儀ではレナード・コーエンのハレルヤを歌った。
2017年7月20日、ロサンゼルスの自宅で死亡しているのが発見された。



マイク・シノダ(Mike Shinoda)

ヴォーーカル、ラップ、ギター、キーボードを担当。
日系米国人の父とロシア系米国人の母とのハーフ。ソロとしても作品を発表している。
アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン卒で母校の奨学金制度を設立。
日系アメリカ人の組織やエイズ基金、インドネシア津波基金などにも積極的に寄付している。



ブラッド・デルソン(Bradford Phillip Delson)

アンスラックスとパブリック・エネミーとのジョイントコンサートに感銘を受けギターを始める。
ユダヤ系アメリカ人でUCLA卒。大学ではフェニックスとルームメイトだった。
プロダクションや作曲にも参加し、映画「トランスフォーマー: リベンジ」主題歌の「ニュー・ディヴァイド」では、作曲に加わっている。



フェニックス(Phoenix)

ウィーザー、ビートルズ、デフトーンズ、ザ・ルーツ、ボブ・マーリー、サラ・マクラクランらの影響を受けベースを始める。
Tasty Snaxというパンクバンドに所属していて、大学時代はブラッド・デルソンと同じ部屋で練習していた。
エレクトリックベース、エレクトリックギター、チェロ、バイオリンの演奏に習熟し、コンサートではコントラバスを弾くこともある。
コーラスも担当する。
愛称は「フィーフィー」である。


ジョー・ハーン(Joseph "Joe" Hahn)

韓国系アメリカ人二世で、大学でマイク・シノダと初めて出会いDJを担当する。
2002年に、韓国系アメリカ人初のグラミー賞を受賞。
2010年には、テレビ・ゲームのメダル・オブ・オナーのメイン・テーマソングに自身が手掛けた"The Catalyst"が使用された。
両親共に韓国人で、親戚が韓国にいるそうだが、韓国語は話せない。
映像作家としも、リンキン・パークのほとんどのミュージック・ビデオを監督しており、また映画作品もこれまで2本制作している。
マイクとともに、いくつかのアルバムのアートワークも手掛けている。
日本の玩具、特にガンプラが好きで、「Somewhere I Belong」のミュージック・ビデオの中でガンプラを登場させている。


ロブ・ボードン(Rob Bourdon)

ユダヤ系アメリカ人でエアロスミスのコンサートを観て、ドラムスをプレイし始める。
高校で中学時代からの親友であるブラッド・デルソンとRelative Degreeを結成。
Relative Degreeは間もなくして解散したが、すぐに高校の同級生のマイク・シノダとバンドの前身となるSuper Xeroを結成。

♥Linkin Parkの活動経歴
もともとは、中学、高校からの親友であったヴォーカルのマイク・シノダとギターのブラッド・デルソンが、友人だったドラマーのロブ・ボードンを誘いバンド、スーパー・ゼロを結成する。
その後、ブラッドがアパートをシェアしていたルームメイトのベーシスト、フェニックスと、マイクがパサデナのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインで知り合ったDJのジョー・ハーンが加入した。2人の加入後、バンド名は短縮されゼロとなった。
5人組となった彼らは、さらにヴォーカルにマーク・ウェイクフィールドを加え、初のデモテープを自主制作した。
1998年にはマークが脱退し、彼の後任を探していたメンバーは、9年間ソロや他のバンドで歌っていたヴォーカリスト、チェスター・ベニントンを知り、デモテープを受け取ったチェスターはその音響に感銘し、オーディションを受け加入が即決定し、ハイブリッド・セオリーに改名し活動を続け、なんとかワーナーとの契約締結に漕ぎ着け、Linkin Parkと再改名した。

2000年に衝撃のデビュー作『ハイブリッド・セオリー』でデビューし、2002年の第44回グラミー賞でシングル「クローリング」がベスト・ハード・ ロック・パフォーマンス部門を受賞した。
2003年に2ndアルバム『メテオラ』をリリース。初週に81万枚を売り上げ、アメリカとイギリスで初登場1位を獲得し、現在までに全世界で1000万枚以上の売り上げを記録している。
チャリティ活動にも積極的に参加し、2003年4月8日から行われたツアーに、アメリカの軍人とその家族を特別ゲストとして招待、「国のために自ら犠牲を払っている人たちに対して、お返しをする必要があると思う」と述べ、軍人らを称えた。2004年に東南アジア地域がスマトラ島沖地震による災害に見舞われた際には、赤十字の協力のもとに基金団体「ミュージック・フォー・リリーフ」を設立、バンド自身も10万ドルを寄付し、ファンらにも寄付を呼びかけた。
2005年、チェスター・ベニントンは、アメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナの被害救済のチャリティー企画に参加し、モトリー・クルーのヒット曲「Home Sweet Home」を再レコーディングし、その売上げを被害救済に充てた。

2007年3rdアルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』をリリースし、音楽性の路線変により更賛否両論が起こったが、アメリカ、日本を初め世界31か国で1位を獲得。そのほとんどの国々でプラチナディスク、ゴールドディスクの認定を受けた。シングル「ワット・アイヴ・ダン」が、スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮の映画『トランスフォーマー』の主題歌に使用された。
2007年7月に、世界7大都市で同時開催されたチャリティーコンサート「ライヴ・アース」の東京公演に、ヘッドライナーとして出演した。

2010年9月、前作から約3年ぶりの4thアルバム『ア・サウザンド・サンズ』をリリースした。
2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震及び東日本大震災支援のため、「ミュージック・フォー・リリーフ」制作のチャリティーアルバム『ダウンロード・トゥ・ドネート:ツナミ・リリーフ』に向け、新曲「Issho Ni(いっしょに)」を提供した。

2012年6月には、前作から約2年ぶりの5thアルバム『リヴィング・シングス』をリリース。

2014年に6thアルバム『ザ・ハンティング・パーティー』をリリース。

2017年2月16日、バンド初となる女性シンガーのキアーラをフィーチャリングした楽曲「Heavy」を、7thアルバムからのリードシングルとしてリリース、その7thアルバム『ワン・モア・ライト』を同年5月にリリースした。
チャートでは全米1位を獲得したものの、アルバムの方向性をこれまでのバンドの作品と比較しても大きくポップ路線へと変更したことにより、賛否両論が巻き起こった。

2017年7月20日、リードボーカルのチェスター・ベニントンが、ロサンゼルスの自宅で首吊りによる窒息によりこの世を去る。


♥Linkin Parkのディスコグラフィー

スタジオ・オリジナル・アルバム
★Hybrid Theory
2000年にリリースされた衝撃のデビューアルバム。ラウドロックと様々な要素を融合した革新的ミクスチャーロックを展開。
グラミー賞ベスト・ハード・ロック・パフォーマンス部門を受賞した「Crawling」 他、良曲を多数収録。
ビルボード・アルバムチャートで初登場16位、最高位2位を記録。アメリカで2001年に最も売れたアルバムに認定され、現在までに世界で2000万枚近く売り上げている。

(Music Hall Top Rock)
Hybrid Theory 2000より
1. Papercut
2. One Step Closer
3. With You
4. Points of Authority
5. Crawling
6. Runaway
7. By Myself
8. In the End
9. A Place for My Head
10. Forgotten
11. Cure for the Itch
12. Pushing Me Away


★Meteora
2003年にリリースされた『ハイブリッド・セオリー』のサウンドを継承した内容で、より進化したミクスチャーロックを展開。
キャッチーなシングル曲「Somewhere I Belong」、前作の「Crawling」を彷彿とさせる「Easier To Run」、勢いのあるロック曲「Numb」他バラエティに富んだ楽曲を収録。
初週に81万枚を売り上げ、アメリカとイギリスで初登場1位を獲得した。全世界で1000万枚以上の売り上げを記録している。


(Soldier 500)

00:00 Foreword
00:13 Don't Stay
03:21 Somewhere I Belong
06:55 Lying From You
09:50 Hit The Floor
12:35 Easier To Run
15:57 Faint
18:38 Figure.09
21:52 Breaking The Habit
25:06 From The Inside
28:00 Nobody's Listening
30:59 Session
33:23 Numb



★Minutes to Midnight
2007年5月、オリジナル・アルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』をリリース。
全体的には、チェスター・ベニントンによるロック、メロディックが中心となっており、これまでのアルバムよりもヒップホップ色が薄く、歌詞は政治的メッセージが強い。
アメリカ、日本を初め世界31か国で1位を獲得。そのほとんどの国々でプラチナディスク、ゴールドディスクの認定を受けた。


1. Wake 1:41
2. Given Up 3:12
3. Leave Out All The Rest 3.25
4. Bleed It Out 2:49
5. Shadow Of The Day 4:18
6. What I've Done3.28
7. Hands Held High 3:58
8. No More Sorrow 3:42
9. Valentine's Day 3.17
10. In Between3:17
11. In Pieces 3:39
12. The Little Things Give You Away 6:24


★A Thousand Suns
2010年にリリースされた今作は核戦争をテーマとしたコンセプト・アルバムであり、前作であまり見られなかったマイクのラップボーカル、チェスターのシャウトが一部の曲で復活しているが、今作はPro Toolsをより多く大半の曲で使用しているため、音像はあまりヘビィではない。
アメリカビルボード200や全英アルバムチャートなど、世界15カ国以上で初登場1位を獲得。


1. The Requiem 2:02
2. The Radiance 0:58
3. Burning In The Skies 4:16
4. Empty Spaces 0:19
5. When They Come For Me 4:54
6. Robot Boy 4:30
7. Jornada Del Muerto 1:35
8. Waiting For The End 3:55
9. Blackout 4:40
10. Wretches And Kings 4:11
11. Wisdom, Justice and Love 1:39
12. Iridescent 4:06
13. Fallout 1:24
14. The Catalyst 4:44
15. The Messenger 3:02


★Living Things
2012年リードシングル「Burn It Down」を発表し、前作から約2年ぶりの5thアルバム『リヴィング・シングス』を発売。
音楽的にはヘヴィなギター音が復活しているが前面に出ることはなく、主に電子音が前面に出ている。また、マイクのラップやチェスターのシャウトが多くなっている。


1. Lost In The Echo 3:50
2. In My Remains 3:21
3. Burn It Down 3:54
4. Lies Greed Misery 2:36
5. I'll Be Gone 3:32
6. Castle Of Glass 4:50
7. Victimized 1:47
8. Roads Untraveled 3:50
9. Skin To Bone 2:49
10. Until It Breaks 3:44
11. Tinfoil 1:12
12. Powerless 3:45


★The Hunting Party
2014年、初のセルフ・プロデュースで6作目のアルバムリリース。
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ等のオルタナティヴ・メタル・ミュージシャンを迎え、テクニカルなギタープレイも登場し、全体を通してハードロック、及びヘヴィメタル色が強い。


1. Keys To The Kingdom 3:39
2. All For Nothing 3:34
3. Guilty All The Same 7:06
4. The Summoning 1:01
5. War 2:12
6. Wastelands 3:11
7. Until It's Gone 3:55
8. Rebellion 3:45
9. Mark The Graves 5:06
10. Drawbar 2:47
11. Final Masquerade 5:04
12. A Line In The Sand6:36



★One More Light
2017年、バンド初となる女性シンガーのキアーラをフィーチャリングした楽曲「Heavy」をリードシングルとしてリリースし、前作同様にバンドメンバーによるセルフ・プロデュースアルバム『ワン・モア・ライト』をリリースした。多くのミュージシャンを迎え作詞作曲で共作している。
チャートでは全米1位を獲得した。
ソフトでポップなサウンド路線へと変更し、賛否両論が巻き起こった。


1. Nobody Can Save Me 3:46
2. Good Goodbye 3:55
3. Talking To Myself 3:52
4. Battle Symphony 3:43
5. Invisible 3:34
6. Heavy 2:49
7. Sorry For Now 3:24
8. Halfway Right 3:38
9. One More Light 4:31
10. Sharp Edges 2:59


企画版アルバム
★Live In Texas
2003年リリース、サマー・サニタリウム・ツアーのダラスで行なわれたショーを収録した初ライブ作品。
1st、2ndの曲を収録。

★Collision Course
2004年リリース、MTVの企画「MASH-UPS」においてコラボレーションが実現したラッパー、ジェイ・Zとのコラボレーション作。

★Road To Revolution: Live At Milton Keynes
2002年にドイツのミュンヘンからスタートし、アメリカ・ヒューストンで幕を閉じた、Jay ZやN.E.R.D.といったアーティスト達も参加したツアーのライブ作品。

★Songs From The Underground
2008年リリースされた貴重な未発表音源を収録したミニ・アルバム。

★LP Underground 9: Demos
後にアルバム楽曲となった曲のデモを収録。
"エー・シックス"は後にファン・クラブに向けたCDの第2弾に収録された楽曲のオリジナルのヴァージョン、"アクロス・ザ・ライン"は『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』にむけて行った2007年のセッションからのデモ楽曲。


リミックス・アルバム
★Reanimation
2002年にリリースされた、1stアルバム『ハイブリッド・セオリー』を新たに解釈し直したリミックス・アルバム。
ヘヴィロック、ヒップホップ、ニュー・ウェイヴ、インダストリアル、ユーロ・エレクトロニック、テクノ、トランスなど幅広い要素が取り入れられている。
ロック、エレクトロニック、ヒップホップ界で活躍する20人以上のアーティスト、MC、DJが協力している。

★Recharged
2013年にリリース、エレクトロ・ハウスミュージシャンのスティーヴ・アオキとコラボレーションした楽曲「A Light That Never Comes」も収録された『リヴィング・シングス』の楽曲を中心とした2枚目のリミックス・アルバム。


Linkin Parkの代表曲
★Crawling
『ハイブリッド・セオリー』からの2ndシングルで、神秘的なサウンドから静かに始まり、徐々にハーモニーが重なりヘビィな曲調に展開する、チェスターの情熱的な歌声が冴えるメロディアスで感動的な楽曲。
第44回グラミー賞で3つの部門にノミネートされベスト・ハード・ ロック・パフォーマンス部門を受賞した。

★Numb
切ないメロディアスなパートと情熱的で重厚なパートが入り混じる、静と動の対比が素晴らしい勢いのある楽曲で、チェスターの力強いシャウトが炸裂。
セカンドアルバム『メテオラ』からシングルカットされた楽曲の中で、もっともヒットした。
全米最高11位、イギリス最高14位、オーストラリア最高10位。

★What I've Done
『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』からのファースト・シングルで、映画『トランスフォーマー』の主題歌として使用されているピアノのフレーズが印象的なメロディアスな楽曲。
米ビルボードの総合シングルチャートBillboard Hot 100で最高位7位を、Hot Modern Rock Tracksチャートでは15週連続、Hot Mainstream Rock Tracksチャートでは8週連続で第1位を獲得、ほかオーストリア、ドイツのチャートでも第1位を記録している。

★New Divide
ギターのフレーズが印象的なロック色の強いメロディアスな楽曲で、チェスターの伸びやかな歌声が堪能出来る。
2009年5月18日映画『トランスフォーマー: リベンジ』の主題歌として書き下ろされ、ビルボードシングルチャートで初登場6位を記録した

★The Catalyst
嘆きと祈りを吐露するかのように、切々と歌われるシンセサウンドを前面に押し出したエレクトロニカル要素の強い『ア・サウザンド・サンズ』からのリード・シングル。
ビルボード・ロック・ソングスチャートで史上初の1位デビューを成し遂げる。
オルタナティブ・ソングスチャートでも3週目に1位を獲得した。

★Final Masquerade
ソリッドなドラムのフレーズから幕を開ける「ザ・ハンティング・パーティー」に収録されたメロディアスな楽曲。
重厚なハーモニーをバックに、嘆きのようなチェスターの力強い歌声が素晴らしく感動的な展開の作品。



【Linkin Parkの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話】
2002年第44回グラミー賞
『ハイブリッド・セオリー』からの2ndシングル「クローリング」でベスト・ハード・ ロック・パフォーマンス部門を受賞した式の際、会場入口で写真撮影に応じていた時に受賞がアナウンスされてしまい、受賞決定の瞬間をメンバーたちは聞けなかった。

2012年「ミュージックステーション」
2012年、日本のテレビ番組「ミュージックステーション」に出演し「Burn It Down」を披露した時、バックの音楽がずれてしまうというトラブルが起きた。
その際ギタリストのブラッド・デルソンが病欠したため、代役のギタリストが演奏した。


以上、renote.jpより引用しました


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


私は彼等の活動をこれからも見守り続けます
LINKIN PARKとして復活する時を切望しています


ご視聴ありがとうございました

Linkin Park Best Songs

Linkin-Park-linkin-park-25142852-406-336.jpg


o0594040613987042315.jpg


やっぱり、今でもやっぱり私はLinkin Parkが一番好き!!
楽曲が聞こえてくると実感してしまうのです

チェスターが居なくったって、活動してなくったってLinkin Parkの音楽の世界が最高に好き
なんて美しくて優しいのだろう
チェスターの歌声が他の誰の声よりも優しく響いてくる
彼等の世界にずっといたいといつも思うのです





Alternative Rock Music


Tracklist:
[00:00:00] - 01. Numb - Linkin Park
[00:03:03] - 02. In The End - Linkin Park
[00:06:37] - 03. What I've Done - Linkin Park
[00:09:41] - 04. New Divide - Linkin Park
[00:14:09] - 05. Crawling - Linkin Park
[00:17:27] - 06. Faint - Linkin Park
[00:20:07] - 07. BURN IT DOWN - Linkin Park
[00:23:56] - 08. Breaking The Habit - Linkin Park
[00:26:58] - 09. Somewhere I Belong - Linkin Park
[00:30:20] - 10. Breaking The Habit - Linkin Park
[00:33:30] - 11. One More Light - Linkin Park
[00:37:34] - 12. The Catalyst - Linkin Park
[00:42:12] - 13. Waiting For The End - Linkin Park
[00:45:57] - 14. Papercut - Linkin Park
[00:49:02] - 15. Leave Out All The Rest - Linkin Park
[00:52:20] - 16. LOST IN THE ECHO - Linkin Park
[00:55:42] - 17. Heavy - Linkin Park (feat. Kiiara)
[00:58:24] - 18. Talking To Myself - Linkin Park
[01:02:16] - 19. One Step Closer - Linkin Park
[01:04:54] - 20. From The Inside - Linkin Park





Linkin park 「not alone」 (Help haiti!!)

ハイチ地震から1週間 死者2000人超 支援届かず混乱の地域も

2021年8月22日 6時33分 NHK NEWS WEBより引用します

カリブ海の島国ハイチでマグニチュード7.2の地震から1週間がたち、死者は2000人を超えました。被害の大きかった南西部では支援が十分に行き届かず住民たちが物資を奪い合い混乱が起きている地域もあり、さらなる支援が急がれています。

ハイチ政府によりますと、今月14日に起きたハイチ西部を震源とするマグニチュード7.2の地震でこれまでに2189人が死亡し、1万2268人がけがをしたということです。

また、いまも322人が行方不明となっています。

地震から1週間がたち、特に被害の大きかった南西部では大雨や土砂崩れなどの影響もあって水や食料などの支援物資が十分に届いていない地域もあり、住民の不満が高まっています。

現地からの映像では、支援物資を乗せたトラックに人々が殺到して物資を奪い合う様子が映っています。

現地を視察した国連のモハメッド副事務総長は「国や自治体の指導のもと、地震発生直後の緊急の支援だけでなく、復興段階においても支援を行う」と述べ、国連として長期的な開発に投資するとともに政府のリーダーシップを支える必要があると強調しました。

             ━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

haitigazou28.jpg


(この写真は2010年のハイチ大地震の際に撮影されたものです)
2010年1月12日に大地震に見舞われたハイチのために、ミュージシャンがいろいろな形で支援をしました

リンキン・パークもプロジェクト<Download To Donate For Haiti>を立ち上げ、スラッシュやピーター・ガブリエル、オール・アメリカン・リジェクツ、エンリケ・イグレシアスらの協力のもと、彼らの新曲/未発表曲を収めたアルバムをリリースしました

リンキン・パークは「Not Alone」というトラックを提供しました
当時、デモの状態にあったものをハイチの被害を知った後、歌詞をすべて書き換えた曲です



画像に年齢制限がございます
ご理解の上YouTubeでご覧になってください


lyrics:

NOT ALONE by Linkin Park

I break down / fear is sinking in
The cold comes / racing through my skin
Searching for / a way to get to you
through the storm

you
go / giving up your home
go / leaving all youve known
You are not alone

With arms up / stretched into the sky
With eyes like / echoes in the night
Hiding from / the hell that youve been through
Silent one

you
go / giving up your home
go / leaving all youve known
you
go / giving up your home
go / leaving all youve known
You are not alone

you
go / giving up your home
go / leaving all youve known
you
go / giving up your home
go / you are not unknown
You are not alone
You are not unknown
You are not alone


video by CynthiaKao
通知
年齢制限があります


日本も地震災害大国なので、ハイチでの地震を心配しています
状況はとても悲惨です

お見舞い申し上げます




We Made It (Official Music Video) ft. Linkin Park

hqdefault.jpg




2008年リリース、Busta Rhymesとコラボレーションした「We Made It」
ft. Linkin Park

皆さんはこの曲ご存知でしたか?

なかなかの良い楽曲でMVもカッコイイです

写真は無料写真を使用致しました
ご視聴ありがとうございました