Steve Perry一覧

Steve Perry Songs


001 (13)







ミリアム・サントス監督によるネオ・ノワール風のクリップは、ペリーが黒く輝く70年代のシボレー・シェベルに乗りハリウッドの通りを走る姿を捉えている。これはこの楽曲をカナダ人のプロデューサー/ソングライターのブライアン・ウエストと共作しようとインスパイアされたときの情景と重なっているとのことです

ペリーは「ウィアー・スティル・ヒア」の背後にある物語を語る。「ブライアンと私は曲を書き始めたばかりで、スタジオ内外で曲を書いていたんだ。休憩をとって夕食を取るとき、僕はちょうどこの辺の場所に行ったんだ。すごく久しぶりのハリウッドで、サンセット通りやハリウッド通りとヴァイン通りの交差点などを歩き回った。そんな時16歳や17歳の若者たちが走り回っているのを見たんだ。そして、これらの子供たちを通して私は親密さとなつかしさを感じたのさ。僕たちはまだここで同じことをしているのだなと」。

楽しそうに話しているペリーの姿を再び観れたことに満足し、この幸せに感謝している私です


ペリーの懐かしい曲が見つかりました
素敵ですよね、やっぱりペリーの歌は素晴らしい







I Stand Alone
ミュージカル映画: 魔法の剣 キャメロット
リリース: 2007年




Steve Perry - Melody
アルバム: Against The Wall
リリース: 1988年



Journey - It's Just The Rain
リリース: 1996年10月22日
プロデューサー: ケヴィン・シャーリー


ペリーは、ヴォーカリストであり、ソングライターでもあります
そんなペリーの作品をこれからもご紹介していきたいと思っています
A
After the Fall (song)
Any Way You Want It
B
Be Good to Yourself
D
Don't Fight It (song)
Don't Stop Believin'
E
Escape (Journey song)
F
Faithfully (song)
Feeling That Way
Foolish Heart (song)
G
Girl Can't Help It (song)
L
Lady Luck (Journey song)
Lights (Journey song)
Lovin', Touchin', Squeezin'

M
Missing You (Steve Perry song)
My Fist Your Face
O
Oh Sherrie
Only the Young (Journey song)
Open Arms (Journey song)
P
The Party's Over (Hopelessly in Love)
S
Send Her My Love
Separate Ways (Worlds Apart)
Still They Ride
Stone in Love
Suzanne (Journey song)
U
Under My Skin (Aerosmith song)
W
Walks Like a Lady
When You Love a Woman
Who's Crying Now
Y
You Better Wait

これらの作品は、「スティーブペリーによって書かれた歌」です
また取り上げてご紹介していきます(^_^)

ご視聴ありがとうございました(^_^)

Steve Perry


001 (13)







ミリアム・サントス監督によるネオ・ノワール風のクリップは、ペリーが黒く輝く70年代のシボレー・シェベルに乗りハリウッドの通りを走る姿を捉えている。これはこの楽曲をカナダ人のプロデューサー/ソングライターのブライアン・ウエストと共作しようとインスパイアされたときの情景と重なっているとのことです

ペリーは「ウィアー・スティル・ヒア」の背後にある物語を語る。「ブライアンと私は曲を書き始めたばかりで、スタジオ内外で曲を書いていたんだ。休憩をとって夕食を取るとき、僕はちょうどこの辺の場所に行ったんだ。すごく久しぶりのハリウッドで、サンセット通りやハリウッド通りとヴァイン通りの交差点などを歩き回った。そんな時16歳や17歳の若者たちが走り回っているのを見たんだ。そして、これらの子供たちを通して私は親密さとなつかしさを感じたのさ。僕たちはまだここで同じことをしているのだなと」。

楽しそうに話しているペリーの姿を再び観れたことに満足し、この幸せに感謝している私です


ペリーの懐かしい曲が見つかりました
素敵ですよね、やっぱりペリーの歌は素晴らしい



I Stand Alone - Steve Perry



Steve Perry - Melody



Journey - It's Just The Rain











スティーヴ・ペリーの声に魅了されて…



先ずは、音源をお聴きください
スティーヴ・ペリーのハイトーン・ヴォイスとニール・ショーンのギター、演奏と楽曲の素晴らしさをお聴きください\(^o^)/


1981年「Who's Crying Now」のこの声に魅了されて38年間ずっとファンです
ジャーニーの元ヴォーカリストSTEVE PERRY
ジャーニー在籍期間:1977-86,1996-98

歴代のリード・ヴォーカルの中でも、ひときわ存在感の際立つヴォーカリストだと思います
その安定した音程と極めて幅広い声域は、スタジアムでのライヴにピッタリでした
ペリーは作詞、作曲のほとんどに参加し、ジャーニーをヒット連発の黄金時代へと導いていったのです

しかし、ジャーニー脱退後、母親の死と自らの病気による体調不良のため、長い間表立った活動はほとんどしていませんでした

1949年1月22日生まれ(69歳 ) 
音楽活動:1961年-現在
担当楽器: ヴォーカル、ギター、ベース、ピアノ、ドラムス

ペリーのその印象に残る歌声と歌詞のメッセージを伝える熱唱には、多くの関係者や批評家が「百万人に一人の声」
「黄金の声」「ザ・ヴォイス」などと称賛を惜しまなかったようです


その元JOURNEYのヴォーカリスト/ソングライター Steve Perryが2018年10月5日に全世界同時リリースした約24年ぶりのニュー・アルバム『Traces』が、全米アルバム・チャートでソロとして自己最高位となる初登場6位、自身初の全米TOP10入りを記録したのです

FullSizeRperry.jpg


ペリー、おめでとう(^_^)
そして、復帰してくれてありがとう




復帰したペリーの言葉

ここまで活動休止が長くなるとは思っていませんでした。でも辞めてみると、素晴らしいこともありました。故郷に戻り、友達と過ごして、自分が生まれ育ったフレズノの郊外の田舎道をバイクで走ったりして。休止することで得るものもあったのです。
でも、こうも言わなければいけません、活動を休止することで私は何を失ったのか。それを考えると酷いものです。毎晩ファンの皆さんからの賛美と拍手を受けることは、まるで夢の中で生きているようで、そこから離れることがまるでデトックスのようでした。私は小さな町の出身で、音楽で生きていくことが夢でした。しかし、ジャーニーのように成功を掴み、夢が実現したとしても、それを続けていくことは私には困難だったのです



“音楽に対して完全に素直な気持ちが持てていなかったら、戻ってこなかっただろう”
“今はとにかく、自分にとって本当に大切な音楽を作って、それが他の人にとっても本当に大切な意味を持てばいいなと思っている”



スティーヴ・ペリーの声
2014年の生歌です 
感激ですね(^_^)

2014年05月25日
場所はミネソタ州セントポール市のフィッツジェラルド・シアター
イールズ(Eels)のコンサート(2度目のアンコール時)でのサプライズ・ゲストとして登場

ジャーニーの曲「オープン・アームズ」(Open Arms)
「ラヴィン、タッチン、スクウィージン」(Lovin', Touchin', Squeezin')

ご視聴ありがとうございました