アルバムを聴いてみよう♪一覧

ウィーザーの新アルバムはポップか、それともハードか?

今日は、アメリカ合衆国出身のオルタナティヴ・ロックバンド、ウィーザーをご紹介します

1992年から活動している彼等はパワー・ポップブームの火付け役であり、全米チャート上位の常連バンドです
2019年8月にはサマーソニック20周年記念に出演し、豊洲PITにて単独ライブも行われました

彼等の新アルバム『Van Weezer』がストリーミング配信を開始しました

YouTube、ほかでも聴けます







Van Weezer

1. The End of the Game

2. All The Good Ones

3. Hero

4. I Need Some of That

5. Beginning of the End

6. Blue Dream

7. 1 More Hit

8. Sheila Can Do It

9. She Needs Me

10. Precious Metal Girl

10曲, 30分
リリース日:May 7, 2021

メンバー全員がHR/HMに大きな影響を受けて育っているそうです。
フロントマンのリヴァース・クモオはキッスの大ファンで、ギターのブライアン・ベルはブラック・サバス、ベースのスコット・シュライナーはスレイヤーとメタリカを、そしてドラムのパトリック・ウィルソンはヴァン・ヘイレンとラッシュをこよなく愛する。


現ラインナップ
リヴァース・クオモ(Rivers Cuomo、1970年6月13日 - )/ ヴォーカル、ギター (1992– )
ブライアン・ベル (Brian Bell、1968年12月9日 - ) / ギター、ヴォーカル (1994– )
スコット・シュライナー(Scott Shriner、1965年7月11日 - )/ ベース、ヴォーカル (2001– )
パトリック・ウィルソン(Patrick Wilson、1969年2月1日 - )/ ドラムス、ギター (1992– )


ご視聴ありがとうございました
Wikipedia引用あり

ティーンエイジ・ファンクラブの新アルバム『Endless Arcade』全曲公開

ティーンエイジ・ファンクラブ(Teenage Fanclub)の新アルバム『Endless Arcade』が、ストリーミング配信を開始しました
YouTubeほかで聴けます



■『Endless Arcade』

01. Home
02. Endless Arcade
03. Warm Embrace
04. Everything is Falling Apart
05. The Sun won’t shine on me
06. Come With Me
07. In Our Dreams
08. I’m more inclined
09. Back in the Day
10. The Future
11. Living with You
12. Silent Song


アルバムは当初は3月5日発売予定でしたが4月30日に延期されています
リリース元はPeMa/Merge

スタジオ・アルバムのリリースは2016年の『Here』以来。2018年に創設メンバーのジェラード・ラヴ(Gerard Love)が脱退してから初めてリリースされるスタジオ・アルバムです

新アルバムには2019年にシングル・リリースした「Everything Is Falling Apart」を含む全12曲を収録

アルバム・タイトルについて、ソングライターのレイモンド・マッギンリーは声明で
「僕は“エンドレス・アーケード”を、謎に包まれた、永遠に続く想像上の街として考えています」
「アルバム・タイトルを選ぶことになったとき、この曲集のために何かを持っているように思えた」
と話しています


The Rollers  『Elevator』

bc899490.jpg


『エレベーター』はベイ・シティ・ローラーズによる1979年のロックアルバムです
私は大好きで、この作品に物凄いハマりました(*^^*)

とても良くできた作品です
確かにそれまでのB.C.R.のイメージとは真逆な感じですが、なんてカッコイイんだろうと思っていました
彼等は、新たに美しい大輪の花を咲かせた感じでした


長年のリードシンガーであるレスリー・マッコーンをダンカン・フォールに置き換えて、名前を単にザ・ローラーズに短縮し、前作よりもロッキングでパワーポップなサウンドを追求しました

アリスタからリリースされたアルバムは、非常に高い評価を得ましたが、商業的にはあまり受け入れられていませんでした
アルバム自体もシングルリリースもチャートにヒットしませんでした(アルバムは2008年にCDで再発行されたそうです)

今回は、アルバムから(音源があるものだけですが)ご紹介いたします

『ELEVATOR』
Side One
1. Stoned Houses #1
(faulkner, Wood, Faure)



2. Elevator
(Faulkner, Faure, Wood)
画質が悪く、音もこもっています(;_;)



3. Playing in a Rock and Roll Band
(Faure, Tom Seufurt)



4. Hello & Welcome Home
(Faulkner, Faure)



5. I Was Eleven
(Faure)


6. Stoned Houses #2"
(Faulkner)


Side Two
1. Turn on the Radio
(Faulkner, Faure, Wood, Alan Longmuir)



2. Instant Relay
(Faulkner)

3. Tomorrow's Just a Day Away
(Faulkner, Wood)


4. Who'll Be My Keeper
(Faure)

5. Back on the Road Again
(Faulkner, Faure, Wood, Alan Longmuir)



6. Washington's Birthday
(Wood, Faulkner, Faure)

録音 1979年
プロデューサー ピーター・カー

■ Personnel (Group members)
Eric Faulkner
Guitar, acoustic guitar, vocals, lead vocal on "Playing in a Rock & Roll Band"

Duncan Faure
Lead vocals, piano, moog, guitars

Alan Longmuir
Guitar, bass, vocals, string machine

Derek Longmuir
Drums, percussion

Stuart "Woody" Wood
Bass, piano, moog, string machine, clavinet, vocals, lead vocal on "Tomorrow's Just A Day Away"


Other personnel
Peter Ker – producer
Rod Thear – engineer
Gary Gray – mixing engineer
John Naslen – mixing engineer


Duncan Faure "Elevator" & "Turn On The Radio" + interview U.S. TV 1979



聴きごたえのあるイケてるアルバムです
今聴いてもイイ感じです
このアルバムが何故かヒットしていないのが不思議です

音楽性が優れていても必ずしも評価されないこともあるんですよね・・・
これも現実なんですよね
きっといつか高評価される時がくるでしょう
ありがとう、ローラーズ♥♥♥


ピーター・フランプトン インストカヴァー集『Frampton Forgets the Words』全曲公開

オシャレなインストはいかが?
1曲目のイントロから素敵だなぁ(*^^*)
週末だから夜中まで聴いて楽しめそう(^∇^)ノ

ピーター・フランプトン(Peter Frampton)の新作は、自身のお気に入り曲のインストゥルメンタル・カヴァーを収めたアルバム『Frampton Forgets the Words』。
ストリーミング配信開始。
YouTubeほかで聴けます。




アルバムはピーター・フランプトン・バンド名義。
海外で4月23日発売。
リリース元はUMe。

このアルバムは、2007年にグラミー賞を受賞したインストルメンタル・アルバム『Fingerprints』の続編。

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)「Loving the Alien」
ジョージ・ハリスン(George Harrison)「Isn't It a Pity」
ロキシー・ミュージック(Roxy Music)「Avalon」
スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly and The Family Stone)「If You Want Me to Stay」
レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)「Are You Gonna Go My Way」
など計10曲のカヴァーを収録。

フランプトンはプレスリリースで

「このアルバムは僕のお気に入りの10曲を集めたものです。僕のギターは声でもあるし、みんなが知っていて大好きなヴォーカル・ラインを演奏するのをいつも楽しんできました。これらのトラックは、僕の素晴らしいバンドと、この素晴らしいオリジナル・クリエイターに敬意を表したものです。とても楽しい曲だし、皆さんにも楽しんでもらえるといいなと思っています」

とコメントしています。

アルバムはフランプトンとチャック・エインレイによる共同プロデュース。

以下は以前に公開された映像

ジョージ・ハリスン(George Harrison)のカヴァーである「Isn't It a Pity」のミュージックビデオ




デヴィッド・ボウイ(David Bowie)のカヴァーである「Loving the Alien」のミュージックビデオ




ロキシー・ミュージック(Roxy Music)のカヴァーである「Avalon」のミュージックビデオ





レディオヘッド(Radiohead)のカヴァーである「Reckoner」のミュージックビデオ



■『Frampton Forgets the Words』

1. "If You Want Me To Stay" (Sly & the Family Stone)
2. "Reckoner" (Radiohead)
3. "Dreamland" (Michael Colombier feat. Jaco Pastorius)
4. "One More Heartache" (Marvin Gaye)
5. "Avalon" (Roxy Music)
6. "Isn’t It a Pity" (George Harrison)
7. "I Don't Know Why" (Stevie Wonder)
8. "Are You Gonna Go My Way" (Lenny Kravitz)
9. "Loving the Alien" (David Bowie)
10. "Maybe" (Alison Krauss)

amassより引用しています
ご視聴ありがとうございました(^_^)

フー・ファイターズ 「Chasing Birds」

フー・ファイターズ(Foo Fighters)が、「Chasing Birds」のミュージックビデオを公開しました
この曲は最新アルバム『Medicine At Midnight』に収録されています




アルバムはYouTubeほかで聴けます





Medicine At Midnight
フー・ファイターズ

1
Making A Fire

2
Shame Shame

3
Cloudspotter

4
Waiting On A War

5
Medicine At Midnight

6
No Son Of Mine

7
Holding Poison

8
Chasing Birds

9
Love Dies Young

9曲, 36分
リリース日:February 5, 2021

ご視聴ありがとうございました(^_^)


チープ・トリックの新アルバム『In Another World』全曲公開

現在のチープ・トリックってどんな感じなのか興味ありませんか(^_^)

チープ・トリック(Cheap Trick)の新アルバム『In Another World』がストリーミング配信開始。
YouTubeほかで聴けます。

アルバムは4月9日発売。
リリース元はBMG。
スタジオ・アルバムのリリースは2017年の『We’re All Alright!』『Christmas Christmas』以来です。

新作のプロデュースはバンドの長年のコラボレーターであるジュリアン・レイモンドが担当。

ウェット・ウィリーのフロントマンであるジミー・ホールがハーモニカで参加したシカゴ・ブルース「Final Days」や、セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズがギターで参加したジョン・レノン「Gimme Some Truth」のカヴァーも収録しています。





■『In Another World』

01. Here Comes The Summer
02. Quit Waking Me Up
03. Another World
04. Boys & Girls & Rock N Roll
05. The Party
06. Final Days
07. So It Goes
08. Light Up The Fire
09. Passing Through
10. Here's Looking At You
11. Another World Reprise
12. I'll See You Again
13. Gimme Some Truth

amassより引用しています
ご視聴ありがとうございました

Ringo Starr 『Ringo』

今日は、私も聴いてみたかったので、リンゴ・スターのソロアルバム3枚目と4枚目について調べてみました(^_^)

『リンゴ』(Ringo)は、1973年に発表されたリンゴ・スターのアルバムです

スタンダード・ナンバーのカヴァー集やカントリー・アルバムであった前2作に対し、本作はオリジナル曲で構成されており、リンゴの本格的なソロ第1弾アルバムです

ビートルズ解散後としては初めて、元メンバー4人全員が参加したアルバム(ただし、4人全員が共演した楽曲はない)であり、当時大きな話題となったそうです


■ 収録曲
特記なき楽曲はリンゴ・スター(Richard Starkey)作

Side 1
アイム・ザ・グレーテスト - I'm the Greatest (John Lennon)
ハヴ・ユー・シーン・マイ・ベイビー(ホールド・オン) - Have You Seen My Baby (Randy Newman)
想い出のフォトグラフ - Photograph (Richard Starkey, George Harrison)
サンシャイン・ライフ・フォー・ミー - Sunshine Life For Me (G. Harrison)
ユア・シックスティーン - You're Sixteen (Bob Sherman, Dick Sherman)

Side 2
オー・マイ・マイ - Oh My My (Vini Poncia, R. Starkey)
ステップ・ライトリー - Step Lightly
シックス・オクロック - Six O'Clock (Paul McCartney, Linda McCartney)
デヴィル・ウーマン - Devil Woman (R. Starkey, V. Poncia)
ユー・アンド・ミー - You and Me (G. Harrison, Mal Evans)

1991年再発版のボーナス・トラック
明日への願い - It Don't Come Easy
1970年代ビートルズ物語 - Early 1970
ダウン・アンド・アウト - Down and Out

リリース 1973年11月
録音 1973年3月5日-7月26日


主な参加ミュージシャン
リンゴ・スター - ボーカル、ドラムス、パーカッション
ジョージ・ハリスン - ギター、12弦ギター、バッキング・ボーカル
ジョン・レノン - ピアノ、バッキング・ボーカル(A1)
ポール・マッカートニー - マウス・サックス(A5)、ピアノ、シンセサイザー、バッキング・ボーカル(B3)
リンダ・マッカートニー - バッキング・ボーカル(B3)




こちらは、アルバム収録曲1曲目、「I'm The Greatest」



こちらは、アルバム収録曲の2曲目からボーナストラックまでです


Ringo Starr - Ringo (Full Album)
Have You Seen My Baby
Photograph
Sunshine Life For Me (Sail Away Raymond)
You're Sixteen (You’re Beautiful And You’re Mine)
Oh My My
Step Lightly
Six O'Clock
Devil Woman
You And Me (Babe)
It Don't Come Easy
Early 1970
Down And Out


ご視聴ありがとうございました(^_^)
Wikipedia引用あり

Ringo Starr – Ringo The 4th (Full Album)

Ringo's 1977 album Ringo The 4th





--Tracks--
00:00​ - Drowning In The Sea Of Love
03:38​ - Tango All Night
06:33​ - Wings
10:00​ - Gave It All Up
14:32​ - Out On The Streets
18:59​ - Can She Do It Like She Dances
22:10​ - Sneakin' Sally Through The Alley
26:23​ - It's No Secret
30:02​ - Gypsies In Flight
33:00​ - Simple Love Song

リンゴ・スター(英語: Ringo Starr、KBE、1940年7月7日 - )
イギリスのミュージシャン、俳優
本名・リチャード・スターキー(英語: Sir Richard Starkey)
元ビートルズのメンバーで、メンバー4人の内リンゴだけはクオリーメン時代からのオリジナルメンバーではない
左利きだがドラム・セットは右利きのセッティングである

ビートルズのメンバーの中では、作曲能力の優れたジョン・レノンとポール・マッカートニーの影に隠れ、ジョージ・ハリスンと同様に地味な存在だったが、リンゴのドラムスはビートルズサウンドの要としてメンバーを支え続けました

彼のドラム・プレイは評価され、『レコード・コレクターズ』の「20世紀のベスト・ドラマー100」では2位にランクしている


Wikipediaより引用しています
ご視聴ありがとうございました(^_^)