フー・ファイターズ 最新シングル「Shame Shame」

フー・ファイターズ(Foo Fighters)は、最新シングル「Shame Shame」のミュージックビデオを日本時間11月10日(火)深夜24時にYouTubeで公開すると発表していました。

この曲は新アルバム『Medicine At Midnight』に収録されています。

新曲「Shame Shame」



アルバムは2021年2月5日発売。リリース元はRoswell Records/RCA Records。

スタジオ・アルバムのリリースは2017年の『Concrete and Gold』以来の通算10作目です。

新アルバムはグレッグ・カースティンとフー・ファイターズがプロデュースしています。


『Medicine At Midnight』

1. Making A Fire
2. Shame Shame
3. Cloudspotter
4. Waiting On A War
5. Medicine At Midnight
6. No Son Of Mine
7. Holding Poison
8. Chasing Birds
9. Love Dies Young

こちらは、フー・ファイターズ(Foo Fighters)が米TV番組『Saturday Night Live』に登場した時のパフォーマンス映像です!(^^)!

私も大好きで、ハマった楽曲、「Times Like These」を演奏しています。






ご視聴ありがとうございましたm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Dead By Sunrise 『Out Of Ashes』

dead-by-sunrise.jpg

ヴォーカリスト好きな方にオススメの一枚です
綺麗な声で思い切り歌っています

アコースティックが特に良いですね~



01. Fire
02. Crawl Back In
03. Too Late
04. Inside Of Me
05. Let Down
06. Give Me Your Name
07. My Suffering
08. Condemned
09. Into You
10. End Of The World
11. Walking In Circles
12. In The Darkness
13. Morning After


【Dead By Sunrise (デッド・バイ・サンライズ)】
以下、okmusicより引用している文章です

アメリカのみならず世界中でメガ・ヒットを記録し続けるモンスター・ロック・バンド、リンキン・パークのフロントマンを務めるチェスター・ベニントン(vo)によるソロ・プロジェクト、デッド・バイ・サンライズ。

メンバーは・・・
チェスター・ベニントン(vo)
ライアン・シャック(g)
アミア・デラク(g)
ブランドン・べルスキー(b)
エライアス・アンダ(dr)
アンソニー・ヴァルシク(Key)

09年9月に1stアルバム『アウト・オブ・アッシュズ』を日本先行リリース。
本作に収録されている「ファイアー」は、小栗旬主演の映画『TAJOMARU』の挿入歌に起用されている。
激しいシャウトが炸裂する「クロール・バック・イン」などのロック・ナンバー、心を揺さぶる「レット・ダウン」などのバラード・ソングなど、チェスターの繊細でエモーショルな歌声が堪能できるロック・ファン必聴の作品が誕生した。

本作は、リンキン・パークがWプラチナを獲得した07年5月発表のアルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』のレコーディング開始前の休暇中に制作がスタート。
「何曲か凄くいい曲ができたと思ったんだけど、スタイル的にリンキン・パークのものだと思えなかったんだ。それらの曲は俺がバンドのために書くどの曲よりも暗くてムーディーだったんだ。だからリンキン・パークに手渡してリンキン・パーク的な曲に変貌させるのではなく、自分で自分の曲として手掛けることにきめたんだ。」とチェスターは語ってる。




Members Wikipedia引用
Chester Bennington – lead vocals (2005–2012; died 2017)
Amir Derakh – lead guitar (2005–2017)
Ryan Shuck – rhythm guitar, backing vocals (2005–2017)
Elias Andra – drums, percussion (2009–2011)
Brandon Belsky – bass (2009–2012)
Anthony "Fu" Valcic – keyboards, synthesizers (2009–2012)
Frank Zummo – drums, percussion (2012)

Origin Los Angeles, California, U.S.

Years active
2005–2012
2017

Labels Warner Bros.


ご視聴ありがとうございましたm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする