音楽ニュース一覧

歴代エディ・ヴァン・ヘイレン表紙号をフィーチャー YOUNG GUITAR表紙ヒストリー動画公開

114357.jpg



エドワード・ヴァン・ヘイレン追悼総力特集の『YOUNG GUITAR12月号』。
重版を記念して、歴代ヤング・ギターのエディ表紙号(全27冊)をフィーチャーした動画「追悼エディ・ヴァン・ヘイレン:YOUNG GUITAR表紙ヒストリー」がYouTubeで公開されています。







以下インフォメーションより

表紙巻頭150ページを超える大特集、エドワード・ヴァン・ヘイレンを追悼したYOUNGGUITAR12月号が品切れ続出。
緊急重版を記念してエディ表紙号の動画をUP!

ロック・ギターに革命を起こし続けた、不世出の天才ギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンが10月に急逝した後、ヤング・ギター12月号にて新規の取材記事を中心に構成された追悼特集を組んだところ、発売直後から品切れ店が続出。
入手困難な状況が続いたことを受け、月刊誌としては異例の緊急再版を決定した。

その12月号ではTOTOのスティーヴ・ルカサーやB’zの松本孝弘など生前のエディと交友のあったギタリストたちの独占インタビューを始め、詳細なバイオグラフィやディスコグラフィ、愛用してきた伝説のギター紹介、エディの発言録、代表ナンバーのギター・スコアなど、合計150ページを超える大特集が組まれ、天才ギタリストの軌跡をじっくりと辿ることができる。

エディが、初めてヤング・ギターの表紙を飾ったのは、2枚目のアルバム『伝説の爆撃機』をリリースした時期に重なる1979年1月号。
同号の表紙にはラリー・カールトン、ラリー・コリエルなどの名前があることから、当時フュージョンがブームだったことが窺い知れる。その後、約40年もの間に27回も表紙を飾った事実からも、エディが時代を超越したスーパー・ギタリストだったことが分かるだろう。そして、今回の重版を記念して、歴代ヤング・ギターのエディ表紙号、全27冊の紹介動画がYOUTUBE MUSIC LIFE CHANNELでアップされた。そのバックには、ヤング・ギター12月号で直伝奏法講座を担当した、寝屋川のヴァン・ヘイレンことSATSUMA3024によるエディへのオリジナル・トリビュート・ナンバー「LEGEND OF BOMBER」が使用されている。

■『YOUNG GUITAR 2020年12月号』
2020年11月26日重版出来
AB判/ 224頁 定価1,200円



エディ・ヴァン・ヘイレン トリビュート・ナンバー「FIRE FUSE」by SATSUMA3042

◎ミュージック・ライフ・チャンネル




文章は、amassより全文を引用していますm(__)m

27回も表紙に登場していたなんて知らなかったです(>_<)
ギター演奏をしている方にとっては、『YOUNG GUITAR』は必読でしょうね!(^^)!
私もニール・ショーンの特集記事号は購入しましたけど・・・

ジャンルの違う『rockin'on』や、『BURRN!』は定期購読していました
学生時代は、『ROCK SHOW』の愛読者でした(*^^*)
今は、インターネットでチェックしています(^^)

journey cd 1

いまだ忘れない“パナマ”の衝撃! エディ・ヴァン・ヘイレンの底知れぬ資質と才能に痺れまくった記憶





高校生だった頃、友達の部屋で初めてヴァン・ヘイレンを聴かせてもらった時のその友達の推し文句は「とにかくこいつら頭おかしいんだよ」というものだった。

その時、聴いたのが1978年のファースト『炎の導火線』で、エディ・ヴァン・ヘイレンのギターが炸裂するインストゥルメンタル曲の“暗闇の爆撃”から、ザ・キンクスのカバーで、デイヴィッド・リー・ロスの死ぬ一歩手前のような切羽詰まった(ただし特段声を張り上げているわけではない)ボーカルがたたみかけてくる“ユー・リアリー・ガット・ミー”への流れは、ただただすごすぎるとしか感嘆のしようがなかった。

そして、ドラム、ベース、ボーカル、ギターとすべてにおいてそのあまりにもエキセントリックなパフォーマンスに、友達の言う通り、確かに頭がおかしなバンドとしか思えなかったし、これがハードロックの最終形なのかと思ったりもした。

その後、ヴァン・ヘイレンはハードロックの定番バンドとなったし、間違いなくエディは天下を制した、ロック界最強のギタリストのひとりともなった。しかし、エディはその驚異的なテクニックで世間の評価を一身に集めたとはいえ、それをひけらかすことはあまりしないギタリストだったようにぼくは記憶している。

もちろん、テクを披露している時のエディはどこまでも得意気だったし、それを喜んで自負している様子はみてとれた。しかし、エディはむしろ、ソングライターやアレンジャー、あるいはすべての要素を含んだミュージシャンとして評価された時にこそほくそ笑むようなアーティストだったように思うし、そこが80年代以降、登場した多くのギターの名手らとは一線を画すところだったとも思う。

それを最もよく体現していたのが、1984年の『1984』からの“ジャンプ”と“パナマ”だった。

いまだ忘れない“パナマ”の衝撃! エディ・ヴァン・ヘイレンの底知れぬ資質と才能に痺れまくった記憶

『1984』はそもそもエディにとっても、ヴァン・ヘイレンにとっても革命的となった作品で、それはエディがかねてから主張していたキーボードやシンセを本格的に導入するアルバムとなったからだ。

以前からエディの方からはそういう要望もあったのだが、デイヴやプロデューサーのテッド・テンプルマンから、ハードロック的ではないという異議に阻まれていた。しかし、『1984』の制作に臨む前にエディは自身のスタジオの設立に乗り出し、そのスタジオ建築の過程で新作のデモを制作。ここに多数のキーボード音源も含まれていて、これを聴いたテッド・テンプルマンもこの方向性を認めざるを得なくなり、デイヴらの説得に回ることになった。



その最たるものがアルバムより先んじてシングルとしてリリースされた“ジャンプ”だったが、これはリフが基本的にすべてキーボードであることがあまりにも衝撃的だった。さらにギター・ソロではエディのテクニックが存分に披露されるが、終盤はバロック的なエディのキーボード・ソロとなる展開で、ハードロックのあるべきサウンドがとてつもなくポップなものへと刷新される瞬間となった。その後のポップ・メタルへの道を敷いたという意味でもすさまじい影響をもたらした曲となったのは言うまでもない。

バンドにとって初のシングル・チャート1位となったこの“ジャンプ”を引っ提げて、アルバム『1984』はどういう内容になるのか。そうした意味でさらに衝撃的で、痺れまくったのが“パナマ”だったのだ。



アルバムは“ジャンプ”の翌月の1984年1月にリリースされ、まずはエディのソロ・キーボードによるインストゥルメンタル“1984”で幕を開け、続いてその音の世界観を引き継いだまま“ジャンプ”へと突入する。

そしてそれに続いた“パナマ”はおそらく誰しもが待ち焦がれていたエディのハードなギター・リフががっつり鳴り始める正真正銘のハードロックで、しかもこのイントロのリフのリズム感がまた絶妙なものでエディの真骨頂そのものだった。

さらにコーラスのギター・リフをひとくさり披露するとヴァースへ。デイヴが強烈なボーカルを繰り出す背後で、エディの弾くギターのアレンジがまた超絶的にしびれる。コードをギャーンと弾きっぱなしにしたかと思うと、ピッキングを共鳴させていくという究極のアレンジなのだ。

この繰り返しの後に間奏に入って、当然まずはエディの速弾きが披露されるが、あくまでも自分のスタイルの基本を押さえたもので、エディの特徴をさらっと紹介するようなもの。その後、とてつもない嵐のようなソロが続くのかと思いきや、なんとエディはひたすらロング・トーンのフレーズをただ繰り返していくのだ。

しかも、このフレーズがまたどこまでもブルージーでありながら、エディならではのモダンさと聴きやすいポップさも伴った、病み憑きになるフレーズなのだ。このリフレインとデイヴのボーカルで一気にテンションを高めると、演奏はまたコーラスへと突入し、そのまま怒濤の勢いでこの曲は終わってしまう。

ハードロック、ギター・ロックとしてこれはバンドのレパートリーのなかでも最高峰ともいえる曲でありながら、エディの超人的なテクニックを聴けることがなかったのがあまりにも衝撃的だった。

しかし、たまらずに繰り返し聴いていくと、だんだんとこの曲の構造とギターのアレンジそのものが超人的なものだったことが浮かび上がってくるようにわかってきて、エディの資質と才能に空恐ろしさを感じたものだった。

その後、シングル・リリースされビデオが公開された時も、映像はひたすらステージでのバカ騒ぎを映像として繋げたものだったにもかかわらず、このエディのソロのくだりでは鳥肌が立つような思いになったのをよく憶えている。

10月6日のエディの訃報に触れた時、この時の衝撃がただひたすらに思い出されてならなかった。(高見展)


rockin'on 2020.10. 23より引用していますm(__)m

史上最も人気のある100のロックバンド、トップ10

【The 100 most popular rock bands of all time】

24/7 Wall St.は、さまざまな指標を使用して、これまでで最も人気のある100のロックバンドを特定しました。
これらのアーティストの選択は、記録的な売上、ビルボードのパフォーマンス、ウィキペディアのページビュー、オンラインストリーミングプラットフォームSpotifyでの人気などの指標に基づいています。

(チャールズストックデール、 24時間年中無休のウォールストリート)

1. The Beatles

結成: 1960年にイギリスのリバプール
全米でのアルバム販売: 1億7,800万枚
最も人気のあるアルバム: ビートルズ
年次ウィキペディアのページビュー: 9,168,431

「Strawberry Fields Forever」



2. Led Zeppelin

結成: 1968年にイギリスのバーミンガム
全米アルバムの売上高: 1億1150万枚
最も人気のあるアルバム: レッドツェッペリンIV
年次ウィキペディアページビュー: 5,353,031

「Whole Lotta Love」



3. Queen

結成: 1970年にイギリスのロンドン
全期間米国のアルバムの売上高: 3450万枚
最も人気のあるアルバム: グレイテストヒッツ
年次ウィキペディアのページビュー: 5,218,108

「I Want To Break Free」



4. Pink Floyd

結成: 1965年にイギリスのロンドン
全米でのアルバム販売 : 7,500万枚
最も人気のあるアルバム: The Wall
Annual Wikipediaページビュー: 6,394,669

「Learning To Fly」



5. The Rolling Stones

結成: 1962年にイギリスのロンドン
全米でのアルバム販売: 6,650万枚
最も人気のあるアルバム: Hot Rocks
Annual Wikipediaページビュー: 4,891,805

「Paint It Black」



6. AC/DC

結成: 1973年オーストラリア、シドニー
全期間米国のアルバム販売: 7,200万枚
最も人気のあるアルバム: バック・イン・ブラック
ウィキペディアのページビュー: 6,534,987

「Thunderstruck」



7. Eagles

結成: 1971年カリフォルニア州ロサンゼルス
全期間米国のアルバム販売: 1億100万枚
最も人気のあるアルバム: イーグルス/イーグルスグレイテストヒッツ1971-1975年次
ウィキペディアページビュー: 4,208,898

「I Can't Tell You Why」




8. Metallica

結成: 1981年カリフォルニア州ロサンゼルス
全期間米国のアルバム販売数 : 6,300万枚
最も人気のあるアルバム: メタリカ
年次ウィキペディアページビュー: 6,464,590

「Enter Sandman」



9. Guns N' Roses

結成: 1985年カリフォルニア州ロサンゼルス
全期間米国のアルバム販売数: 4,450万枚
最も人気のあるアルバム: アペタイトフォーデストラクション
アニュアルウィキペディアページビュー: 5,004,935

「Patience」




10. Aerosmith

結成: 1969年マサチューセッツ州ボストン
全期間の米国アルバムの売上高: 6,650万枚
最も人気のあるアルバム: エアロスミスのグレイテストヒッツ
年次ウィキペディアページビュー: 2,386,579

「Walk This Way」




詳細な調査結果と方法論
ロックミュージックは、アーティストが主に協力して音楽をバンドとしてリリースしたり、かなり一貫したメンバーシップでアンサンブルしたりするという点でユニークです。
Prince、David Bowie、Elvis Presleyなど、ソロアーティストとしてよく知られている素晴らしいロックパフォーマーはたくさんいますが、24時間年中無休のWall St.はこの記事のバンドだけを見ました。

ロックバンドがすべて同じように人気を博しているわけではありません。 オーストラリアのバンドAC / DCや前世紀の他の多くのバンドのように、多くのアルバムをツアー、作成、販売したものもあります。
アメリカレコード協会によると、AC / DCは米国だけで合計7200万枚のレコードを販売しています。
他の、一般的に今世紀初めに結成されたOneRepublicのような最近のロックバンドは、人気を得るためにインターネットを使用しています。
そのバンドは200万レコードしか販売していませんが、オンラインで非常に人気があり、ウィキペディアの年間ページビューは150万回を超え、Spotifyのフォロワーは420万人を超えています。

一般的に、新しいアーティストはインターネットでの存在感が大幅に向上しています。
Spotifyのフォロワーが最も多い3つのバンドは、Coldplay、Maroon 5、Linkin Parkで、これらはすべて1990年代後半に結成されました。
あるいは、RIAAによって測定された、最も多くのアルバムが販売されたパフォーマーは、ビートルズ、レッドツェッペリン、イーグルスであり、これらはすべて60年代と70年代に開始されました。

リストのアーティストの順序は、単に音楽的な能力だけでなく、人気のあるロックバンドであることに他にもあることを示しています。 ファッションと態度は常にロックの成功に影響を与えてきました。
イメージの重要性は1981年のMTVの登場によってのみ高まりました。したがって、SteelyDanやGratefulDeadなど、技術レベルで高度なスキルを持つバンドは、場合によっては、Blink-182などのよりポップ志向のグループ。

史上最も人気のあるロックバンドを決定するために、24/7 Wall St.は、アルバムの売り上げ、シングルの人気、バンドのWikipediaページの人気、Spotifyでの人気、ユーザーの投票に基づいてインデックスを生成しました。
インデックスの各コンポーネントには等しい重みが与えられました。

バンドの認定された米国のアルバムの総売上高は、アメリカレコード協会からのものでした。
RIAAは、アメリカ市場でリリースされたアルバムの販売を50万枚のしきい値で追跡します。
バンドのシングルのパフォーマンスは、Billboard Hot100チャートで時間を過ごしたシングルにバンドポイントを与えることによって決定されました。
シングルは、リストに載っていた週数と各週のランクに基づいてポイントを獲得しました。
ウィキペディアのページビューは過去2年間で計算されました。
Spotifyでの人気は、Spotifyの人気指数に基づいています。
ユーザー投票は、史上最高のロックバンドをランク​​付けしたRanker.comのリストからのものでした。

バンドの最も人気のあるアルバムは、米国のアルバム販売のRIAAデータに基づいています。
バンドに同じ数のコピーを販売する複数のアルバムがある場合は、最新のリリースが選択されました。
各バンドが結成された年に関するデータは、バンドのWebサイトやRollingStoneなどの他のメディアソースから取得されます。

"The 100 most popular rock bands of all time"は、ウォール・ストリート・ジャーナルが2018年10月1日に出版、ネットのオフィシャルサイトにて掲載した記事です。

画像については、私の好みで選曲してみました
どのバンドも素晴らしいですよね(*^^*)
私達にとってとても身近なバンドでしたね

ご視聴ありがとうございましたm(__)m

史上最も人気のある100のロックバンド11~20位

「史上最も人気のある100のロックバンド」11~20位をご紹介します(^_^)

バンドの代表作の映像を添えています(*^^*)

11. Fleetwood Mac

結成: 1967年にイギリスのロンドン
全米でのアルバムの売り上げ: 4,950万枚
最も人気のあるアルバム: Rumours
年次ウィキペディアのページビュー: 4,565,270

「Dreams」



12. Linkin Park

結成: 1996年カリフォルニア州アグーラヒルズ
全期間米国のアルバム販売 : 2,700万枚
最も人気のあるアルバム: Hybrid Theory
Annual Wikipediaページビュー: 8,429,414

「Points of Authority Demo」



13. Red Hot Chili Peppers

結成: 1983年カリフォルニア州ロサンゼルス
全期間米国のアルバム販売数: 2,500万枚
最も人気のあるアルバム: Blood Suger Sex Magik
年次ウィキペディアページビュー: 6,443,759

「Californication」



14. Maroon 5

結成: 2001年カリフォルニア州ロサンゼルス
全期間米国のアルバム販売: 1,000万枚
最も人気のあるアルバム: Songs About Jane
Annual Wikipediaページビュー: 2,714,145

「Girls Like You 」ft. Cardi B



15. Bon Jovi

結成: 1983年ニュージャージー州セアビル
全期間米国のアルバム販売数: 3,450万枚
最も人気のあるアルバム: Slippery When Wet
Annual Wikipediaページビュー: 2,994,792

「Livin' On A Prayer」



16. U2

結成: 1976年にアイルランド共和国ダブリン
全米アルバムの売上高: 5,200万枚
最も人気のあるアルバム: ヨシュアツリー
年次ウィキペディアページビュー: 3,241,893

「One」




17. Van Halen

結成: 1974年カリフォルニア州パサデナ
全米アルバム販売数 : 5,650万枚
最も人気のあるアルバム: 1984(MCMLXXXIV)
ウィキペディアの年間ページビュー数: 2,110,739

「Why Can't This Be Love」



18. Journey

結成: 1973年カリフォルニア州サンフランシスコ
全期間米国のアルバム販売数: 4,800万枚
最も人気のあるアルバム: グレイテストヒッツ
年次ウィキペディアのページビュー数: 3,349,832

「Don't Stop Believin'」



19. Creedence Clearwater Revival

結成: 1967年カリフォルニア州エルセリート
全米アルバム販売数 : 2,800万枚
最も人気のあるアルバム: クロニクル:20グレイテストヒッツ
年間ウィキペディアページビュー: 2,412,076

「Have You Ever Seen The Rain 」



20. Santana

結成: 1967年カリフォルニア州サンフランシスコ
全期間の米国アルバムの売上: 4,350万枚
最も人気のあるアルバム: Supernatural
Annual Wikipediaページビュー: 1,290,189

「Maria Maria」



Creedence Clearwater Revivalの「Have You Ever Seen The Rain」は今聴いても素敵な曲ですね

Santanaも大好きです(*^^*)

皆さんのお好きなバンドは登場しましたか?

明日は、1~10位をご紹介しますね(^_^)

ご視聴ありがとうございましたm(__)m

史上最も人気のある100のロックバンド100~21位

🔹ロックミュージックは、1950年代に音楽シーンに参入したときに巨大な文化的勢力となり、それ以来、ファッション、人間の行動、   文化的規範に影響を与えました。

🔹Coldplay、Maroon 5、Linkin Parkは、このリストのすべてのバンドの中で最も多くのSpotifyフォロワーを持っています。

🔹アメリカレコード協会(RIAA)の測定によると、ビートルズ、レッドツェッペリン、イーグルスが最も多くのアルバムを販売しました。

21. Chicago
22. Nirvana
23. The Who
24. The Beach Boys
25. Coldplay
26. The Doors
27. Lynyrd Skynyrd
28. Green Day
29. Pearl Jam
30. Foreigner
31. Black Sabbath
32. Nickelback
33. Def Leppard
34. Foo Fighters
35. Heart
36. Fall Out Boy
37. The Police
38. Tom Petty and the Heartbreakers
39. ABBA
40. OneRepublic
41. Genesis
42. REM
43. Kiss
44. Rush
45. ZZ Top
46. Gorillaz
47. Electric Light Orchestra
48. Panic!at the Disco
49. Blink-182
50. Dire Straits


日本で馴染み深いバンドのみ抜粋しています
52. Marilyn Manson
53. Radiohead
54. Boston
55. The Doobie Brothers
57. The Killers
60. Iron Maiden
61. Oasis
63. Deep Purple
64. Toto
65. The Cars
66. REO Speedwagon
67. Alice Cooper
72. Arctic Monkeys
73. Mumford & Sons
74. Steve Miller Band
77. Korn
78. The Kinks
80. The Offspring
82. Styx
83. Slipknot
86. Scorpions
87. Huey Lewis & the News
89. Evanescence
90. Steely Dan
100. No Doubt



🔹The 100 most popular rock bands of all timeとは

ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」(ウォール・ストリート・ジャーナルの しじょうもっともにんきのある100のロックバンド、The 100 most popular rock bands of all time)は、ウォール・ストリート・ジャーナルが2018年10月1日に出版、ネットのオフィシャルサイトにて掲載された記事である。
(weblioより全文を引用しています)


27位のLynyrd Skynyrd をご紹介します(^_^)
私も大好きな曲、「Sweet Home Alabama」
1977年のライブから



ご視聴ありがとうございましたm(__)m

サミー・ヘイガー、生前のエディ・ヴァン・ヘイレンと和解していたことを明かす

o0586060013417558796.jpg



元ヴァン・ヘイレンのシンガーであるサミー・ヘイガーはエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなる前に友人関係を復活させたことを明かしている。

サミー・ヘイガーとエディ・ヴァン・ヘイレンは2004年の再結成ツアーを終えた後は直接話すことがない問題の多い関係となっていたが、今年再び関係を持つようになったという。

『ハワード・スターン・ショウ』に寄せた手紙の中でサミー・ヘイガーはここ数ヶ月、密かにショート・メールをやりとりするようになったものの、再結成の噂が流れるのを危惧してコミュニケーションをとったことは秘密にしていたと述べている。

「エディ・ヴァン・ヘイレンと僕はショート・メールをやりとりしていたんだ。今年、コミュニケーションをとり始めてからは褒め合いだったね。2人とも誰にも話さないことで同意したんだ。そういう噂のおかげで再結成が煽られたりするからね。2人とも実現しないことは分かっていたんだ。それと、彼の健康状態について誰にも知られたくなかったんだ」

「1ヶ月前に返事が来なくなったんだ。よくないと分かったよ。先週もう一度連絡してみたんだ。その返事が来なくて、時間の問題だと分かったよ。でも、あまりに早すぎたよね」

サミー・ヘイガーはデイヴィッド・リー・ロスに代わって1985年にヴァン・ヘイレンに加入している。デイヴィッド・リー・ロスはエディ・ヴァン・ヘイレンとの口論を経てソロ・キャリアに乗り出している。

彼は1996年までバンドに在籍していた後、2003年に再結成のために再加入していた。

エディ・ヴァン・ヘイレンの妻であるジェイニー・リシャウスキーも追悼の意を表している。

彼女は次のように述べている。「夫で愛する私の人よ、私の心と魂は無数のかけらに砕け散った。こんなにも多くの涙が出て、途轍もない悲しみを感じることができるなんて知らなかったわ」

音楽界からはオジー・オズボーン、メタリカ、ミューズ、パール・ジャムのマイク・マクレディ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、キッスのジーン・シモンズ、AC/DCのアンガス・ヤング、レニー・クラヴィッツらが追悼の意を表している。

エディ・ヴァン・ヘイレンは2000年に舌ガンと診断されて以降、闘病生活を送っていた。彼は病気を舌の同じスポットでくわえていた金属製のギター・ピックのせいだと考えていた。


以上、NME JAPAN より引用しています




バンドの特集を企画したかったんですが、音楽好きの皆さんが既に特集記事にしていますので私は違う機会にしたいと思います(>_<)

最後に、代表曲をお届けしますね

「You Really Got Me」





Van Halen (Sammy Hagar) 「Can't stop loving you」



Writers
Sammy Hagar, Alex Van Halen, Eddie Van Halen, Michael Anthony


ご視聴ありがとうございましたm(__)m


ホール&オーツの「You Make My Dreams」が全世界でストリーミング再生10億回を突破

ホール&オーツ(Hall and Oates / Daryl Hall & John Oates)の「You Make My Dreams」が全世界でストリーミング再生10億回を突破。「You Make My Dreams」は1980年アルバム『Voices』収録曲。これを記念してジョン・オーツ(John Oates)は全英チャートを集計するOfficial Charts Companyのインタビューを受けています。

「この曲が老若男女を問わずこれほどまでに強く共鳴し続けていることに驚きましたか?」と尋ねられたオーツは「イエスであり、ノーでもある。最初にリリースされた時はヒットしたけど、今日のようなインパクトには至らなかった。時の試練に耐えてきた心地よい歌詞と組み合わされたキラー・グルーヴだね」と答え、また「この曲はテレビ番組、映画、CMのサウンドトラックで使われ続けているが、あなたのお気に入りは何ですか?」の質問には「僕のお気に入りは映画『(500)日のサマー』での使用だね。ヴィジュアルダンスの振り付けは歌の雰囲気にぴったり合っていた」と述べています



amassより引用しています

ジミー・ペイジとリッチー・ブラックモア、エディ・ヴァン・ヘイレンへの追悼コメント発表

ジミー・ペイジ(Jimmy Page)とリッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)は、亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)に敬意を表して、それぞれのSNSページにて追悼コメントを発表しています。

ジミー・ペイジ:

エディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなったと聞いてとても悲しい。

彼は本物だった。彼はギターのまばゆいばかりのテクニックの先駆者であり、そのセンスと情熱は常に彼を模倣者の上に立たせていたように感じた。

Met(メトロポリタン美術館)の展覧会<Play It Loud: Instruments of Rock & Roll>で彼がフィーチャーされているのを見ることができて良かったです

R. I. P. エディ

・・・・・・・・・・・・

リッチー・ブラックモア:

エディ・ヴァン・ヘイレンは、全世代のギタリストが手本にしたギター演奏のテクニックを確立した素晴らしいギタリストだった。彼は私が音楽業界で出会った中で最も素晴らしいミュージシャンの一人でした。とても恥ずかしがり屋で、ギタリストとしての彼の能力についてはまったくうぬぼれていませんでした。フランク・ザッパは彼がギターを再発明したと言っていた。私もそう思う。彼がいなくなるのは寂しいが、彼の輝かしい功績は常に記憶されるだろう。究極のギターヒーロー。



amassより引用しています

伝説ギタリスト エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去(2020年10月7日)


o0586060013417558796.jpg





アメリカのハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさんが亡くなりました。
65歳でした。

 ギターの名手として知られるエディ・ヴァン・ヘイレンさんは、1955年にオランダで生まれ、家族とともにカリフォルニア州に移住しました。兄らと組んだハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」を率い、ボーカルのデイヴッド・リー・ロスを迎えて1980年台に「ジャンプ」などのヒット曲を生み出しました。また、マイケル・ジャクソンの大ヒット曲「今夜はビート・イット」のギターソロでも知られています。息子がツイッターで長年のがんとの闘病の末、死去したと発表しました。65歳でした。



【AFP=時事】(更新)ハードロック界を代表する米バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)を率いたギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)さんが6日、がんとの闘病の末、死去した。65歳。息子のウルフ(Wolf Van Halen)さんが発表した。


ここからは、YAHOO! JAPAN ニュースより引用

 ウルフさんはツイッター(Twitter)への投稿で父エディさんの訃報を発表。
「最高の父親だった。オンステージ、オフステージで一緒に過ごした全ての時間が贈り物だった」と追悼し、「この死から完全に立ち直れるとは思えない。本当に大好きだよ、パパ」とつづった。

 オランダで生まれ、米カリフォルニア州で育ったヴァン・ヘイレンさんは1970年代、兄アレックス(Alex Van Halen)さんと共にヴァン・ヘイレンを結成。瞬く間に人気を集めた。代表曲には「悪魔のハイウェイ(Runnin' with the Devil)」、ギターソロ曲の「暗闇の爆撃(Eruption)」などがある。【翻訳編集】 AFPBB News


とても驚きました
こんなこと・・・
突然過ぎて・・・

闘病中だったんですね(>_<)
知らなかったです

長い間にわたるミュージシャンとしての活動に感謝ですよね

R. I. P. EDDIE

フランク・ザッパの81年ハロウィン公演を収めたボックスセット、14曲

フランク・ザッパ(Frank Zappa)が1981年10月31日&11月1日に行ったハロウィン・コンサートの模様を収めたCD6枚組ボックスセット『Halloween 81』。そのハイライト版『Halloween 81 Highlights』(14曲)がストリーミング配信開始。YouTubeほかで聴けます。




ボックスセットは海外で10月2日発売。リリース元はZappa Records/UMe。

ザッパのハロウィン・コンサートを収めたボックスセットは『Halloween 77』『Halloween 73』に続く第3弾。

『Halloween 81』は、ザッパがこの2日間に行った3つの公演のフルセット計7時間以上を収めた作品で、78曲の未発表ライヴ音源を収録。

またハロウィン・コンサート・ボックスセット恒例となっているレトロなハロウィン・マスク&コスチュームは今回、ドラキュラ伯爵風の“フランクラ伯爵(Count Frankula)”のマスクとマントが付属されます。

同日には、『Halloween 81』のハイライト版1CD『Halloween 81 Highlights』も発売されます。

amassより引用しています