インヘイラー 「Cheer Up Baby (Eli Brown Remix)」

U2のボノ(Bono)の息子であるイライジャ・ヒューソン(Elijah Hewson)がフロントマンを務めるバンド、インヘイラー(Inhaler)の新曲を公開しました


「Cheer Up Baby (Eli Brown Remix)」



Wikipediaより引用します

2021年3月17日、バンドは「Cheer Up Baby」というタイトルのシングルをリリースし、次のデビューアルバム「ItWo n't Always Be Like This」が、2021年7月16日にリリースされることを発表しました。
2021年5月13日。バンドはソーシャルメディアで、アルバムのリリースが1週間進められ、2021年7月9日にリリースされると発表しました。

バンドのメンバー
イライジャヒューソン(1999年8月17日生まれ)
リードボーカル、リズムギター、リードギター

ロバートキーティング(2000年4月19日生まれ)
ベースギター、バックボーカル

Josh Jenkinson(1999年10月8日生まれ)
リードギター、リズムギター

ライアン・マクマホン(1999年8月28日生まれ)
ドラム

Louis Lambert(キーボードとシンセサイザー)
ライブパフォーマンスのためにバンドに参加


活動年数
2016年〜現在


ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スティーヴ・ルカサー連載動画第2回「セッション時代の仕事ぶり&“Rosanna”誕生エピソード」

TOTOのギタリスト、スティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)が読者やファンから寄せられた質問に答える、YOUNG GUITAR誌の連載動画『ルークに質問!』。
第2回「セッション時代の仕事ぶり&“Rosanna”誕生エピソード」が同誌のYouTubeチャンネルにて公開されています。

TOTOをはじめ、数多のセッション参加で名高い世界クラスの大ヴェテラン・ギタリスト:スティーヴ・ルカサー。月刊ギター専門誌ヤング・ギターとの
長年にわたる良好な関係から、今回、本誌公式YouTubeチャンネルの限定企画に特別出演が決定!読者やファンから寄せられた質問にルークがギターを抱えながら答えてくれる、スペシャルな連載動画をお届けしよう!

■『ルークに質問!』Q&A Vol.2 セッション時代の仕事ぶり&「Rosanna」誕生エピソード

第2回は前回の続きから。他の楽器とギターのバランスの取り方やスタジオ・セッション時代の仕事ぶり、TOTO「Rosanna」誕生エピソードなど、昔話に花が咲きます。

00:22 エフェクトの使い方〜最近のプレイヤー事情
05:26 TOTO時代、2人のキーボードとギターのバランスのとり方は?
06:27 ライヴや録音現場での音作り
07:20 ”Mr.ファースト・テイク”と呼ばれることについて
08:30 スタジオ・セッション時代のエピソード
10:07 セッション・ワークの今〜TOTO「Rosanna」誕生秘話



amassより全文を引用しています
ご視聴ありがとうございました






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする