ノエル・ギャラガー “We’re On Our Way Now”




『The Sun』紙が、「We’re On Our Way Now」というニュー・シングルを発表すると伝えていた楽曲です。ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのデビュー10周年を記念し、この夏リリースするベスト盤に収録される新曲の1つだという。

同紙によると、「We’re On Our Way Now」は、現地時間の木曜日(29日)、英国BBCラジオ2のモーニング・ショウ『The Zoe Ball Breakfast Show』でプレミアされるそうだ。ノエルはこの日、Absolute Radioの番組にも出演する予定でした。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの新曲は、2020年3月にリリースされたEP『Blue Moon Rising』以来となる。

5月には、ノエルがこの10年を振り返ったり、影響を受けたミュージシャンについて語る特別番組の放送も予定されているという(英国)。


ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Rosetta Stone 『Caught In The Act』

FullSizeRrosetta.jpg


このアルバム、目の前で演奏している様な錯覚を起こさせます
そんな素晴らしい作品です
この迫力、凄くないですか!?

どうやって演奏したんだろう
どうやって録音したんだろう

どの曲も完璧で
アルバム全体もまとまりがあるんです

さらに意外と演奏が巧いです
カッコイイ!!

このアルバムが大好きで、今でも大切にしています


『CAUGHT IN THE ACT』 ROSETTA STONE

構想一年間、待望のセカンド・アルバム
前作よりもロック色が強くなった、79年リリース
プロデュースは後にイアン・ミッチェル・バンドの作品も手掛けることとなるアラン・ブレイクリーでした
イアン・ミッチェルがギター専任になり、サウンドでも前作ほどキーボード演奏がありません






収録曲

01 Door to the party
02 There ain't nothin' but a house party
03 Na Na Na
04 Who you are
05 No better than the rest
06 Try it on
07 Gonna grab it
08 Hey little girl
09 Now's the time
10 Play the game

BONUS POINT
11 Sheila
12 I don't like it

ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ロゼッタ・ストーンの2nd、これこそメロディアス・ロック!! 『Caught In The Act』はどうやって生まれた?

FullSizeRrosetta.jpg


このアルバム、目の前で演奏している様な錯覚を起こさせます
そんな素晴らしい作品です
この迫力、凄くないですか!?

どうやって演奏したんだろう
どうやって録音したんだろう

どの曲も完璧で
アルバム全体もまとまりがあるんです

さらに意外と演奏が巧いです
カッコイイ!!

このアルバムが大好きで、今でも大切にしています


『CAUGHT IN THE ACT』 ROSETTA STONE

構想一年間、待望のセカンド・アルバム
前作よりもロック色が強くなった、79年リリース
プロデュースは後にイアン・ミッチェル・バンドの作品も手掛けることとなるアラン・ブレイクリーでした
イアン・ミッチェルがギター専任になり、サウンドでも前作ほどキーボード演奏がありません






収録曲

01 Door to the party
02 There ain't nothin' but a house party
03 Na Na Na
04 Who you are
05 No better than the rest
06 Try it on
07 Gonna grab it
08 Hey little girl
09 Now's the time
10 Play the game

BONUS POINT
11 Sheila
12 I don't like it

ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

イアンが遺した傑作、1stアルバム『Rock Pictures』

FullSizeRrosettastone.jpg

スコットランド出身のポップ・ロック・バンド、ベイ・シティ・ローラーズのギタリストだったイアン・ミッチェル(Ian Mitchell)が2020年9月1日、咽頭ガンのため62歳で亡くなりました。 当時、ベイ・シティ・ローラーズがフェイスブックで訃報を伝えました。

R.I.P. IAN
今日は、彼が遺したロゼッタ・ストーンでのアルバム作品からご紹介いたします

ROSETTA STONE
『ROCK PICTURES』/ 『青春の出発』



収録曲
01 (If Paradise Is) Half As Nice 二人のパラダイス
02 Penny ペニー
03 At The Disco ディスコで踊ろう
04 Sunshine Of Your Love サンシャイン・ラヴ
05 Rock And Roll (I'm Comin' Home) 恋のロックン・ロール
06 Judy Judy Judy ジュディ・ジュディ・ジュディ
07 Drive On ドライヴ・オン
08 Angelina アンジェリーナ
09 Steel Willie スティール・ウィリィ
10 Free As A Bird 鳥になりたい
11 You Really Got Me ユー・リアリィ・ゴット・ミー

~BONUS TRACKS~
12 Hiding From Love ハイディング・フロム・ラヴ
13 Remember リメンバー
14 Debut Message To The Funs デビュー・メッセージ

m31922278596_1.jpg




■ ロゼッタ・ストーン (Wikipedia)
北アイルランドの ダウンパトリック出身の北アイルランドのポップ・ロック ・バンドで、ベイ・シティ・ローラーズの元ギタリストであるイアン・ミッチェルが含まれていました。グループは1984年に解散する前に2枚のアルバムと1枚のEPをリリースしました。

ロゼッタ・ストーンの起源は1973年に始まり、幼なじみのミッチェル、テリー・マッキー、ダミアン・マッキー、コリン・マッキー(サッカー選手のコリン・マッキーではない)がヤング・シティ・スターズと呼ばれるバンドを結成しました。彼らは地元のクラブやダンスホールで演奏し、サウンド・エンジニアのブライアン・ヘロンとベイ・シティ・ローラーズのコンサートを開くことがよくありました。

1976年の初め、ミッチェルはヤング・シティ・スターズを離れてベイ・シティ・ローラーズに加わりました。ミッチェルは、ローラーズのマネージャーであるタム・ペイトンによって管理されているグループが名前をロゼッタ・ストーンに変更したため、その年の後半に戻っています。
1977年、Rosetta StoneはPrivate Stock Recordsと契約しました。彼らはマーク・ボランのテレビ番組でマークが彼らのシングル、クリームの「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」のカバーを演奏するのに出演しました。
彼らの名を冠したデビュー・アルバム(一部の地域では『ロック・ピクチャーズ』として知られています)は1978年5月に米国でリリースされました。セカンド・アルバム、1979年の『Caught in the Act』とリリースが続きました。

その後、1979年にミッチェルはロゼッタ・ストーンを脱退しましたが、バンドは彼抜きで1984年まで活動を続けました。一方ミッチェルは、しばらくの間、イアン・ミッチェル・バンド (Ian Mitchell Band) 名義で活動しています。

1980年代には、ベイ・シティ・ローラーズの元メンバーであるスチュアート・"ウッディ"・ウッドと共演もしました。

メンバー
イアン・ミッチェル
コリン・マッキー
テリー・マッキー
デミアン・マッキー
アンディ・レジア

活動拠点 イギリス・イングランド
別表記 Young City Stars


■ discovermusic 9.3.2020の記事によると
1970年代のスコティッシュ・ポップを代表するポップ・ロック・バンド、ベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollers)の元メンバー、イアン・ミッチェル(Ian Mitchell)が62歳で逝去した。現時点で、死因はまだ公表されていない。

「Saturday Night」「Shang-a-Lang」「Bye Bye Baby」などのヒット曲で知られ、全世界で3億枚近いレコードを売り上げたベイ・シティ・ローラーズは、バンドの公式Facebook上で、イアン・ミッチェルの死について次のような声明を発表している。

「イアン・ミッチェルの訃報を受け、深い悲しみに暮れています。彼の妻ウェンディ、ご家族やご友人の皆様のために祈りを捧げます。安らかにお眠りください、イアン」

また、バンドのギタリストであるスチュアート“ウッディ”ウッドもこう追悼している。
「イアン・ミッチェルの訃報を聞いて非常に悲しいです。ウェンディとイアンのご家族、ご友人の皆様に愛と哀悼の誠を捧げます。君のことは忘れません。イアンとはベイ・シティ・ローラーズだけでなく、80年代にはパッセンジャーズでも一緒に演奏した時の思い出がたくさんあります。イアン、君がいなくなってしまうのは本当に寂しいです」


北アイルランド出身のイアン・ミッチェルは、1976年、17歳の時にベーシストのアラン・ロングミュアーの後任としてバンドに加入し、エディンバラで結成されたベイ・シティ・ローラーズ初の非スコットランド人メンバーとなった。

イアン・ミッチェルを迎えたベイ・シティ・ローラーズは、1976年にアルバム『Dedication』を発表し、今作に収録のダスティ・スプリングフィールド「I Only Want To Be With You」のカヴァーが全米チャート12位を記録している。程なくしてバンドを脱退したイアン・ミッチェルに代わってパット・マクグリンが新たに加入し、彼は2018年に亡くなったアラン・ロングミュアーが1978年にバンドに復帰するまで後任を務めた。

その後、イアン・ミッチェルはロゼッタ・ストーンというバンドを結成したが、1979年に脱退。同グループは1984年に解散するまで彼なしで活動を続けた。また、1979年5月にはイアン・ミッチェル・バンドを結成。その後もソロ活動を続け、ベイ・シティ・ローラーズとロゼッタ・ストーンの再結成ライヴにも参加している。

ベイ・シティ・ローラーズの現在のラインナップは、リード・ヴォーカルとギターのイアン・トムソン、ベースのマーカス・コードック、ドラムのジェイミー・マグローリー、ギターのスチュアート・ウッドである。
Written By Tim Peacock


すっごい優れたアルバムなので、今でも大好きです
この音がイイです
この演奏もイイ!!
ロゼッタ・ストーン、良いバンドでした
イアン、ありがとう


ご視聴ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする