音楽関連ニュース一覧

ホワイトスネイク『Restless Heart』25周年記念

ホワイトスネイク(Whitesnake)が1997年にリリースしたスタジオ・アルバム『Restless Heart』

発売25周年を記念した25thアニヴァーサリー・エディションが発売決定
スーパー・デラックス・エディションを含む様々なフォーマットで、海外で10月29日に発売されます





米ビルボード誌が発表したランキング 「2020年に最も稼いだミュージシャン TOP40」

米ビルボード誌が「2020年に最も稼いだミュージシャン TOP40」を発表しました
レコード・セールスやストリーミング配信、ツアー収入、印税等を集計した結果で、1位はテイラー・スウィフトで2380万ドル(約26億2480万円)です

■「2020年に最も稼いだミュージシャン TOP40」

1. Taylor Swift: $23.8 million
2. Post Malone: $23.2 million
3. Céline Dion: $17.5 million
4. Eagles: $16.3 million
5. Billie Eilish: $14.7 million
6. Drake: $14.2 million
7. Queen: $13.2 million
8. The Beatles: $12.9 million
9. YoungBoy Never Broke Again: $11.9 million
10. Lil Baby: $11.7 million
11. The Weeknd: $10.4 million
12. Aventura: $10.2 million
13. AC/DC: $10.1 million
14. Eminem: $9.7 million
15. Lil Uzi Vert: $9.5 million
16. Luke Combs: $9.2 million
17. DaBaby: $9.1 million
18. Metallica: $9 million
19. BTS: $8.9 million
20. Pink Floyd: $8.8 million
21. Bad Bunny: $8.4 million
22. Future: $8.2 million
23. Ariana Grande: $7.5 million
24. Roddy Rich: $7.4 million
25. Rod Wave: $7.37
26. George Strait: $6.9 million
27. The Lumineers: $6.8 million
28. Blake Shelton: $6.7 million
29. Fleetwood Mac: $6.6 million
30. Kanye West: $6.3 million
31. Justin Bieber: $6.22 million
32. Tool: $6.17 million
33. Kiss: $6 million
34. The Rolling Stones: $5.96 million

35. Travis Scott: $5.82 million
36. Ed Sheeran: $5.66 million
37. Halsey: $5.55 million
38. Harry Styles: $5.51 million
39. Billy Joel: $5.49 million
40. Aerosmith: $5.35 million


意外なことに、表立って活動していなのに人気の高さが衰えていないミュージシャンがいて嬉しいですね
太字にした彼等です
イーグルス
AC/DC
メタリカ
ピンク・フロイド
フリートウッド・マック
トゥ―ル
キッス
ローリング・ストーンズ
ビリー・ジョエル
エアロスミス


今日は、ビリージョエルの「Piano Man」をご紹介いたします 


ご視聴ありがとうございました








ボン・ジョヴィ、YouTubeでの「It’s My Life」の視聴回数が10億回を突破

ボン・ジョヴィの「It’s My Life」のオフィシャル・ミュージック・ビデオが、YouTubeでの視聴回数が10億回を突破しています!!
根強い人気ですね(^_^)

私もこの曲が大好きです
テンションあがりますよね
2009年6月に投稿されてから12年で、バンド初の10億回越えとなっています

おめでとう!ボン・ジョヴィ!!


「It’s My Life」は、2000年リリースの7枚目のスタジオ・アルバム『Crush』からシングル・カットされ、チャート上では全米で最高33位にしかつけなかったが、ダブル・プラチナを獲得しており、バンドの代表作の1つとなった。

ビデオはウェイン・アイシャムが監督し、ボン・ジョヴィのコンサートに5分以内で駆けつけようと奮闘するティーンエイジャー(ウィル・エステス演)を描いた。アイシャムはこのほか、ボン・ジョヴィの「In These Arms」「Bed Of Roses」「Someday I’ll Be Saturday Night」などのミュージック・ビデオを手掛けている。



ボン・ジョヴィは「You Give Love A Bad Name」(1986年)をはじめ、「Livin’ On A Prayer」(1986年)、「Bad Medicine」(1988年)、「I’ll Be There For You」(1989年)が全米1位に輝いており、YouTubeにおいては、「It’s My Life」に次ぐ人気は「Livin’ On A Prayer」のオフィシャル・ミュージック・ビデオで視聴回数8億回を超えている。続いて「Always」「You Give Love A Bad Name」「Bed Of Roses」がトップ5に入っている。

Ako Suzuki

BARKSより引用しています
ご視聴ありがとうございました

Lari Basilio – Not Alone (feat. Vinnie Colaiuta, Nathan East, Greg Phillinganes)

Lari Basilioってどんな人?ってことで、
「Not Alone (feat. Vinnie Colaiuta, Nathan East, Greg Phillinganes)」をご紹介いたします



女性ギタリストのLari Basilio(ラリ・バシリオ)
生年月日: 1988年
出生地: ブラジル サン・パウロ サンパウロ

「Man In The Mirror」

Lari Basilio - Man In The Mirror feat. Siedah Garrett

Lari Basilio - Guitarra
Siedah Garrett - Voz
Vinnie Colaiuta - Bateria
Nathan East - Baixo
Greg Phillinganes - Teclados/Piano


ご視聴ありがとうございました

スティーヴ・ルカサー連載動画第2回「セッション時代の仕事ぶり&“Rosanna”誕生エピソード」

TOTOのギタリスト、スティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)が読者やファンから寄せられた質問に答える、YOUNG GUITAR誌の連載動画『ルークに質問!』。
第2回「セッション時代の仕事ぶり&“Rosanna”誕生エピソード」が同誌のYouTubeチャンネルにて公開されています。

TOTOをはじめ、数多のセッション参加で名高い世界クラスの大ヴェテラン・ギタリスト:スティーヴ・ルカサー。月刊ギター専門誌ヤング・ギターとの
長年にわたる良好な関係から、今回、本誌公式YouTubeチャンネルの限定企画に特別出演が決定!読者やファンから寄せられた質問にルークがギターを抱えながら答えてくれる、スペシャルな連載動画をお届けしよう!

■『ルークに質問!』Q&A Vol.2 セッション時代の仕事ぶり&「Rosanna」誕生エピソード

第2回は前回の続きから。他の楽器とギターのバランスの取り方やスタジオ・セッション時代の仕事ぶり、TOTO「Rosanna」誕生エピソードなど、昔話に花が咲きます。

00:22 エフェクトの使い方〜最近のプレイヤー事情
05:26 TOTO時代、2人のキーボードとギターのバランスのとり方は?
06:27 ライヴや録音現場での音作り
07:20 ”Mr.ファースト・テイク”と呼ばれることについて
08:30 スタジオ・セッション時代のエピソード
10:07 セッション・ワークの今〜TOTO「Rosanna」誕生秘話



amassより全文を引用しています
ご視聴ありがとうございました







TOTOのスティーヴ・ルカサーがファンからの質問に答える連載動画スタート 

TOTOのギタリスト、スティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)がYOUNG GUITAR誌の映像企画に参加。読者やファンから寄せられた質問にルークがギターを抱えながら答える連載動画『ルークに質問!』が、同誌のYouTubeチャンネルにてスタート。Vol.1は「ピッキング・スタイルとアーミングの秘密」

■『ルークに質問!』Vol.1「ピッキング・スタイルとアーミングの秘密」

TOTOをはじめ、
数多のセッション参加で名高い
世界クラスの大ヴェテラン・ギタリスト:
スティーヴ・ルカサー。

月刊ギター専門誌ヤング・ギターとの
長年にわたる良好な関係から、
今回、本誌公式YouTubeチャンネルの
限定企画に特別出演が決定!

読者やファンから寄せられた質問に
ルークがギターを抱えながら
答えてくれる、スペシャルな
連載動画をお届けしよう!

初回のVol.1は奏法に関するトピックだ。ピックの持ち方やフレージングなど、動画と譜面、解説文を交えてルークのプレイ・スタイルに迫っていこう。

0:21 日々の練習におけるルーティーン
2:18 普段のピックの握り方
3:05 バッキング時のピッキングの方法 (実演:Ex-1)
4:08 リードを弾く時のピッキング (実演:Ex-2)
5:23 速く弾く時とゆっくり弾く時のピッキングの違い
7:18 3連符を多用するフレーズ(実演:Ex-3)
7:55 3連符の2音目でアーミング?
8:50 素晴らしいギター・トーンの秘密




この動画の譜面&奏法解説は以下のURLのページでご覧になれます。
https://youngguitar.jp/artists/ask-luke

amassより引用いたしました
最新情報をお伝えしました

ご視聴ありがとうございました




両腕のないギタリスト、Johnatha Bastos

生まれつき両腕のないブラジルのギタリスト、ジョナタ・バストス(Johnatha Bastos)さんの驚愕のギター演奏をご紹介いたします

両足でエレキギターを弾いてガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)「Sweet Child O' Mine」を完璧にカヴァーしている映像が素晴らしいです




彼はピアニストでもあります
ピアノを演奏する際は、短い両腕と顎を使って演奏します









2020年、英国で最も流れた曲とアーティスト・トップ10

英国の著作権管理団体PPLが、2020年に英国のテレビ、ラジオ、公共の場で最もプレイされた曲とアーティストのランキングを発表した。


曲では、2月から4月にかけて非連続8週間全英チャートの1位に輝いたザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」がトップだった。2位にデュア・リパの「Don’t Start Now」、3位にカイゴの「Higher Love」と続いた。両曲ともチャート上は最高2位だった。買わずとも頻繁に耳にしていたことになる。

アーティスト別では、2017年から連続トップだったエド・シーランを破り、デュア・リパが1位となった。彼女がこのランキングに登場するのは2度目で、2018年、8位につけた。女性アーティストがトップに輝くのは2014年のケイティ・ペリー以来だという。

デュアは「みんな、2020年の1年間、私の音楽を聴き、愛してくれて本当にありがとう。最もプレイされたアーティストになったなんて、ものすごく誇らしい」とコメントしている。

PPLが発表した2020年英国で最もプレイされた曲トップ10は──

1. ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」
2. デュア・リパ「Don’t Start Now」
3. カイゴ&ホイットニー・ヒューストン「Higher Love」
4. トーンズ・アンド・アイ「Dance Monkey」
5. ハリー・スタイルズ「Adore You」
6. ルイス・キャパルディ「Before You Go」
7. デュア・リパ「Physical」
8. マルーン5「Memories」
9. ジャックス・ジョーンズ&エラ・ヘンダーソン「This Is Real」
10. レディー・ガガ&アリアナ・グランデ「Rain On Me」

アーティスト別のトップ10は以下のとおり。

1. デュア・リパ
2. エド・シーラン
3. アリアナ・グランデ
4. サム・スミス
5. カルヴィン・ハリス
6. リトル・ミックス
7. コールドプレイ
8. ジャスティン・ビーバー
9. マルーン5
10. ザ・ウィークエンド

Ako Suzuki
BARKSより引用いたしました


今日は1~3位の楽曲をご紹介いたします
1. ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」
2. デュア・リパ「Don’t Start Now」
3. カイゴ&ホイットニー・ヒューストン「Higher Love」


The Weeknd - Blinding Lights (Official Video)



Dua Lipa - Don't Start Now (Official Music Video)



Kygo & Whitney Houston - Higher Love (Official Video)



ご視聴ありがとうございました

高中正義、デビュー50周年記念の全国ツアー

ギタリストの高中正義は、デビュー50周年を記念した全国ツアーを今秋、全国8ヶ所で開催します。9月19日(日)の広島を皮切りに、神奈川、富山、大阪、愛知、福岡、宮城、札幌で行われます。

以下インフォメーションより

1971年、ドラマーのつのだ☆ひろ、ギタリストの成毛滋が結成したバンド「フライド・エッグ」に参加したのが、高中正義の音楽キャリアのスタート。まだ高校生で、しかもベーシストとしての参加だった。以来、今年でデビュー50周年、ソロデビュー45周年の節目の年。全国8ヶ所で行われるツアーは、50年のキャリアを総括するコンサートになりそう。

また、ロック史上に残る歴史的名盤「虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS(1981)」の発表から、今年で40年。現在、こちらに関しては、アナウンスされてはいないが、何らかの記念イベントも計画中とのこと。

高中正義の50周年記念全国ツアー、各公演のチケットは本日(6/3)より、先行抽選の受付がスタート。詳細は下段のツアー概要、高中正義HP参照。

<デビュー50周年 高中正義 TAKANAKA SUPER LIVE 2021/ツアー概要>
9月19日(日) 広島 JMSアステールプラザ・大ホール/16:15開場・17:00開演
9月23日(木・祝) 神奈川 神奈川県民ホール/15:45開場・16:30開演
9月25日(土) 富山 富山県民会館/16:15開場・17:00開演
10月3日(日) 大阪 大阪城音楽堂/16:15開場・17:00開演
10月16日(土) 愛知 Zepp Nagoya/16:30開場・17:00開演
10月24日(日) 福岡 福岡国際会議場/15:15開場・16:00開演
10月30日(土) 宮城 仙台GIGS/16:30開場・17:00開演
11月5日(金) 札幌 札幌教育文化会館/17:30開場・18:30開演

出演:高中正義(Guitar)
斉藤ノヴ(Percussion)/岡沢章(Bass)/宮崎まさひろ(Drums)/宮崎裕介(Keyboard)/井上薫(Keyboard)
AMAZONS 大滝裕子・吉川智子・斉藤久美(Chorus)

各公演チケット価格(税込/全席指定):9,000円
チケット先行発売(抽選):6月3日(木)18:00〜6月30日(水)23:59
チケット販売サイトURL;
https://eplus.jp/takanaka2021hp/

<高中正義オフィシャルサイト>
https://takanaka.com/

amassより引用しています