ギラヴァンツ北九州一覧

得点差ほどの差はなかった!|磐田 2-0 北九州

本日は明治安田生命J2リーグ第6節。
ジュビロ磐田がホーム磐田にギラヴァンツ北九州を迎え撃つ一戦。

磐田vs.北九州|2020 J2 第6節 @ヤマハスタジアム

磐田vs.北九州|2020 J2 第6節 @ヤマハスタジアム


この両チームの対戦、何度も書いてますけど、複雑なんだよなー。

選手起用の差?選手層の差??

ホーム、ジュビロ磐田のスターティングイレブンを見てみますと...

ジュビロ磐田スタメン
GK 1 八田直樹
DF 5 櫻内渚
DF 13 宮崎智彦
DF 15 伊藤洋輝
DF 33 藤田義明
MF 7 上原力也
MF 8 大森晃太郎
MF 10 山田大記
MF 34 針谷岳晃
FW 19 三木直土
FW 20 ルリーニャ

思い切って変えてきましたね!
ツートップが三木とルリーニャとは、ビックリ!

前節のスタメンと比べると、小川大、松本、山本、藤川、ルキアン、小川航が外れて、宮崎、大森、針谷、山田、三木、ルリーニャが入った、ってことは半分以上代わってる!!
ま、このくらいの思い切りが今、必要なのかもしれません。

対する、アウェイ、ギラヴァンツ北九州は...

ギラヴァンツ北九州スタメン
GK 31 永井堅梧
DF 3 福森健太
DF 6 岡村和哉
DF 16 村松航太
DF 32 永田拓也
MF 10 髙橋大悟
MF 17 加藤弘堅
MF 25 國分伸太郎
MF 39 椿直起
FW 11 池元友樹
FW 28 鈴木国友

こちらは前節と同じスタメン。
何せ北九州は3試合連続で無失点、良い流れを変えたくないですものね。

前半は五分五分...うーんっと、どちらかというと北九州ペースかな。
ジュビロはなんかボールと人の動きが噛み合ってない感じ。大森と針谷が駆け回って前に出そうとするんだけど、どこに出したらよいのやら?ツートップも、どこで受けたら良いのやら?で、決定機らしい決定機はなかったのではないかと。

北九州は、高橋大悟がなんとも頼もしいですね、10番の貫禄。
福森もタイミングを見て上がっていたし、攻守にわたる活躍。

ただどちらのチームも決めきれませんでしたね、なんか良い試合ではあるものの、モヤモヤする展開。
結局、前半は両チーム無得点で終了。

後半、どちらも選手交代なく開始、ちょっと意外でした。何かしら、しかけてくると思ったので。
動きにくかったのかなー。

先に動いたのはホームのジュビロ。
後半8分に三木に代えて中野誠也、櫻内に代えて小川大貴を投入。

直後の後半10分、小川大のクロスがペナルティエリア内の永田の手に当たり、ジュビロのPK。
キッカーは誰??と思ったらルリーニャ。で、ボールの手前で小刻みにステップして、右足でゴール左隅にシュート...これをギラヴァンツの永井が横っ飛びセーブ!
お見事でしたよ堅梧、完全に読んでいました。

ちょっと嫌な流れになりかけたジュビロでしたけど、後半16分、大森が敵陣中央からスルーパスを供給。
受けた中野がペナルティエリア内に進入して、最後は足の先でチョコンと流し込むようなシュート。これがゴールネットを揺らしてジュビロが先制。

うーん、流れが変わりかけていたときだっただけに、ギラヴァンツとしては痛かったですね。

後半20分に北九州がツートップを2枚とも交代。
池元に代えて新垣、鈴木に代えてディサロ。これね、もっと早く仕掛けて欲しかったですね。

斧澤の良いシュートもありましたが、ジュビロGK八田の好セーブもあり、なかなかジュビロゴールを割ることができません。

1点リードしながらも流れをつかみきれないジュビロ。
後半32分にルリーニャに代えてルキアン、大森に代えて松本昌也。そして後半40分に針谷に代えて山本康祐と、5枚の交代枠を使い切る展開。

直後のジュビロのコーナーキック。
右CKを蹴るのは入ったばかりのコースケ。クロスは一旦、はね返されるも、そのボールは再びコースケへ。
そこからクロスを送ると、ペナルティエリア中央で反応したルキアンがヘディングシュートを決めて追加点。

そしてそのままジュビロが逃げ切って...
ジュビロ磐田 20 ギラヴァンツ北九州(Goal:中野, ルキアン)

うーんとですね、点差ほどに内容に差はなかったですよ。
多分、北九州に先制点が入っていたら、逆のスコアになっていたと思います。

結果論と言われればそれまでなのですが、交代した選手が活躍したジュビロ、交代したものの流れを持って来れなかったギラヴァンツ、この差かな...と感じてしまいました。

ジュビロサポーターとしてもギラヴァンツサポーターとしても、なんかモヤモヤ感が残る試合でした。
これから密なスケジュールで戦いが続きます。スタメンも選手交代も、目先の一試合という意味合いと、長期的な選手起用と、両方の視点が必要になってきますね。


明日はホーム、でもアウェイの気持ちも持ちつつ...|磐田 vs. 北九州

カレコレ、干支が一回りくらい昔の話ですが...

転勤の地で出会ったチームにビックリ!

2007年、転勤で北九州に赴任した私。ひょんなことから、この北九州にもJリーグを目指すチームがあることを知りました。
本拠地は本城陸上競技場、あらま、八幡西区の我が家からチャリ圏内じゃないの♪

それこそが「ニューウェーブ北九州」、今のギラヴァンツ北九州
当時は九州リーグのチームでした。

本城に観戦に行ってみたら、監督が与那城ジョージさん。選手には藤吉信次さんなどいて、一発でハマりましたですよ。
地元、JCOM北九州の応援番組のボランティアもやらせていただきました。

そのときに
「ひょっとしたら、あと何年かしたら、この北九州のチームがジュビロ磐田と観戦する、なんてことになるかも知れないんだなぁ。」
↑なんて思っていたんですよね。

幸か不幸か、意外とすぐに、それってやってきましたですよ(笑)
ニューウェーブ北九州はJFL、そしてJへとステップアップ、チーム名称もギラヴァンツ北九州に変更。

片やジュビロ磐田は低迷して、2014年シーズンはJ2で戦うことに
このとき既に川崎に引っ越していた私ですが、行きましたよ、雨の本城。

そうそう、池元のヘディングゴールなんて、珍しいのを見れたんだった。

タオルマフラー(ジュビロ磐田&ギラヴァンツ北九州)

タオルマフラー(ジュビロ磐田&ギラヴァンツ北九州)

思い入れのある両チームが対戦するって、嬉しくもあり、どちらが勝っても負けても複雑でもあり...です。

ホームサポーターしか入れませんが...

明日は、J2第6節、ジュビロ磐田vs.ギラヴァンツ北九州。
思い入れのある両チームの対戦です。

新型コロナウィルス感染症対策、超厳戒態勢時ということで、ホーム側サポーター、つまりジュビロ磐田のサポーターしか入場することができません。
ジュビロ磐田サポーターであり、かつギラヴァンツ北九州サポーターの私、もちろん入場できる訳でして、チケット購入しました。遠征します!

アウェイサポーターは入場できませんし、アウェイチームのユニフォームやグッズを持っての応援は禁止だそうです。
選手入場の時にギラの赤いタオルマフラーを掲げちゃおうかな、なんて考えも思い浮かんだのですが、ちょっとこれはJリーグの今のレギュレーションに反しそうなので止めておきます。

ジュビロ磐田 vs. ギラヴァンツ北九州のチケット

ジュビロ磐田 vs. ギラヴァンツ北九州のチケット

「アウェイゴール裏席」は設けられませんが、本来ならばその位置となる、ホームゴール裏席と反対側の”K指定席”を確保しました。
北九州サポーターの皆様の気持ち、選手に届けるべく、スタジアムで応援してきます。




J2再開、ジュビロは明日!

いやぁ、長かったですねー。プロ野球に引き続いて、Jリーグが再開!

サッカーのある週末が戻ってきた

新型コロナで緊急事態宣言が発令されて、開幕戦を1試合消化してJリーグが中断。
ようやく本日、6月27日にJ2リーグが再開、J3リーグが開幕しました。J1リーグも来週、7月4日に再開します。

やっとこさ、Jリーグのある、サッカーのある週末が戻ってきました。
ジュビロ磐田と一緒に、私が応援しているギラヴァンツ北九州は...

Vファーレン長崎 21 ギラヴァンツ北九州
あらら、これで開幕戦と合わせて二連敗...

でも今年は降格がないことが決まっているので、もう思い切って当たって砕けりゃ良いんじゃないでしょうか。

新サイト、誕生!

今までも細々とギラヴァンツ北九州応援サイトを運営していましたが、ここ数年は開店休業状態でした。
結構ね、時間と精神力が必要なんですよ、サイトのメンテナンスって。

今までは自分でホームページのHTMLを書いていたんですけど、最近のスマホ対応とかするには時間と精神力と体力の限界って感じ。
ということで、ギラヴァンツ応援サイトも関ジュビ同様、WordPress化してみました。


↑こちらをクリックしてくださいね。

今までのKitakyushu Bagusのデザインを踏襲してみました。
少しずつですがページを追加したり、デザインも修正していきます。

さて、ジュビロは明日、再開だ!

さてさて、我らがジュビロ磐田は一日遅れの明日、J2再開となります。

再開初戦はアウェイ・サンガスタジアムで京都サンガ戦。本当は新しいスタジアムなので遠征したかったんですけどね...今節と次節はリモート(無観客)、残念!

再開に向けての一週間のドキュメンタリーがYouTubeにアップされていました。
気合十分、明日は勝利を祈って、自宅からDAZN観戦します。


気分転換に読んで良かった本

緊急事態宣言は延長されて5月31日まで...
なんとかGWまでと頑張ってきたので、結構、キツイですね、この展開。

本棚の奥の本を久しぶりに読んでみた

さてさて、暇つぶしシリーズも第4弾。今度は書籍。

余談となりますが、先日、鹿島田駅前の本屋さんに行ったら、入口で行列。入場制限&列はソーシャルディスタンスを取っていました。
余談その2。こんなときだから本でも読もうかと近くのブックオフに行こうと思ったら、臨時休業でした...

さてさて、そんな状態なので、自宅にある本でしばらく読んでないのを読み返してみよう♪と思い立ちまして、本棚を探ってみたら、「あー!こんなの買ってたねー!!」が沢山。

名波浩の本

まず目に留まったのが、これらの本。

名波に関する本

名波に関する本

名波浩前監督関連の書籍。
古い本ばかりなので、もう売られていないのもありますが、ご容赦ください。一応、Amazonへリンク貼っておきます。

名波浩―泥まみれのナンバー10
名波がサッカーを始めた幼少時から、全国に名を轟かせた学生時代、ジュビロ磐田での活躍、そして日本代表、さらには海外挑戦が決まるまで。その足跡を名波自身、家族、チームメイトの証言とともに描くノンフィクション。

藤枝の中学から清水の高校に進学することになり...とか、藤枝出身の私としては大いに共感するものがありました。

 


名波浩 夢の中まで左足

『週刊サッカーマガジン』誌上で、スポーツライターの増島みどりさんが掲載していた連載を単行本にしたもの。
増島さんが巧く、名波らしさを引き出してくれているなー、と感じる一冊。
タイトルも良いよね。「夢の中まで左足で蹴ってたんだよね」の名波の一言から増島さんがひらめいたそうです。

 


NANAMI 終わりなき旅
最強と言われた当時のジュビロ磐田、ベネチアでの苦闘、アジアカップMVP受賞...などなど、名波らしい日本語で振り返っています。

こんなのも、いかが?

以下、脈略のない三件となりますが、ご容赦ください。
こちらはジュビロ磐田のサポーターじゃなくても楽しめる三冊。

オトン、サッカー場へ行こう!
定年して家にこもりがちで、時間を持て余しているオトン。で、息子こと吉崎エイジーニョさんはサッカー観戦に連れ出してみることに。
と言っても華やかなJリーグではなくて、オレたちの街の小さなクラブ...そのクラブこそ、「ニューウェーブ北九州」。そう、今のギラヴァンツ北九州なのです。

サッカーを通じて少しずつ変化していくオトン、そしてオトンと息子の距離感がなんとも言えません。
北九州のことを知らなくても楽しめますよー。

 


生協の白石さん

私の母校(学部)が注目された、数少ない機会を生んだ一冊。
大学生協の「ひとことカード」の質問に対する、白石さんのウィットの効いた返答が、いいね!

すっごく丁寧に読んでいて、丁寧に返事をしていて、それでいてユーモアがあるの。
例えば...

稲本のキラ当たりました♪
⇒ おめでとうございます!羨ましい限りです。
私もJリーグ発足当初、チップスをしばしば買ったものですが、何回買ってもエスパルスの堀池しか出せず、結構好きなはずの堀池が見え丸みたいに思えてきたものです。
その後に出たエドゥーのカードは後光が差していました。
これこそがJリーグチップス及び日本代表チップスの魅力の真骨頂ですね。大事に保管してください。

なんか思わず、ウフフ♪って笑顔が出てきます。
コロナでステイホーム、なんか気持ちが滅入っているときに読んで、和ませてくれる一冊でした。

この本ね、今見直してビックリしたのですが「帯」でコメントを書いているのが当時ダイエーにいらした林文子さんなの。
今の横浜市長さんね、「最強の営業マンは生協にいた!」と評されていました。

 


「流れ」を変える方法

以前、とある企業に勤めていたときにやった研修の先生が書かれた一冊です。
考え方一つで上機嫌♪ 今日も朝から頑張るぞ!と思わせてくれる一冊です。コーチングに興味のある方は、是非、お読みください。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー
↑こちらのサイトもご覧いただけると嬉しいです。

暇つぶしの記事を4つアップして、ふと気づきました。
こうしてサイトを更新していることが、究極の暇つぶしになっているのかも!?

さーてコロナの終息まで、もうひと踏ん張り、頑張るゾ!
皆さんのお勧めの一冊も、是非、教えてください。


スポンサーリンク
掲載予定