Basic Attention Token一覧

ついに!次世代ブラウザBraveとbitFlyerの連携開始!

待望のニュースが飛び込んで参りました。

BraveでBasic Attention Tokenが稼げる

次世代高速ブラウザとして、徐々にその地位を確立しつつある、Brave
私もメインのブラウザとして使用しています。

・不要な広告は表示しない
・表示が早くて快適
・ポイントが稼げる
・投げ銭(寄付)ができる

こんなメリットがありますので、かなりお勧め。

しかしながら、今までは少々厄介な問題がありました。
3つ目のポツ、ポイントが稼げると言ってもBATポイントという、Brave独自のしかも日本だけのポイントシステムでした。
4つ目の投げ銭に関しても、この独自のBATポイントを”クリエイター”と呼ばれる、サイト管理者にプレゼントすることができるものでした。

つまり、あまり使い勝手のよろしくない、使い道がそれほど多くないポイントを稼いでやりとりするしかなかった、というのが今までの状況だった訳です。

それが、ついに!
BraveクリエイターへのbitFlyer連携サービスの発表
ブラウザのBraveと、暗号資産(仮想通貨)取引所のbitFlyerが提携して、新システムを構築してくれたんです。

先日、日本のBrave RewardsがBasic Attention Tokens (BAT) を使用した新しいシステムに移行することを発表しました。この移行に伴い、PayPalはクリエイターの出金方法として利用できなくなります。その代わりに、bitFlyerと連携し、クリエイターはBasic Attention Tokens (BAT)を受け取ることができるようになります。

これにより、BATポイントではなくて、仮想通貨のBATそのものを稼げるし、投げ銭(寄付)するなど授受できるようになります。

既存ユーザーはBATポイントを使い切りましょう

まず、既存ユーザーでBATポイントが残っている方について。
新規ユーザーの方や、BATポイントの残高がゼロという方は、この項目は飛ばして、次の「bitFlyerのアカウントを作成しよう」をお読みください。

Braveのブログによりますと、

日本のクリエイターの方でBAP残高が残っている方は、2021年4月30日までにPayPalアカウントを接続していただき、2021年5月8日に支払いを受けてください。BAPはBATとの交換ができず、この期間に支払われなかったBAP残高はクリエイター向け管理画面では表示されなくなります。確実に5月8日にBAP残高の支払いを受けるためには、PayPalアカウントの連携を行う必要があります。

とのことですので、BATポイントを投げ銭して使い切るか、次回、5月8日にBAP残高の支払いを受けるようにしてください。
それまでは、今の状態を維持しておきましょう。
そうそう、5月8日と書いてありますが、支払いは数日から一週間程度、遅くなることもありますので、PayPalにBraveから振り込まれたことを確認してから、bitFlyerとの連携をしてくださいね。

bitFlyerのアカウントを作成しよう

BATを受け取るためには、bitFlyerの口座を持っている必要があります。
既にbitFlyerの口座をお持ちの方は、この項目を飛ばして「BraveとbitFlyerを連携しましょう」をお読みください。

bitFlyerの口座は、誰でも無料で作成できます。
ただ、銀行からの入金や、逆に銀行への出金、また仮想通貨の購入などをするためには、運転免許証などの本人確認書類が必要です。
(言ってみれば、銀行の口座を作成するのと同じものだとお考えください。)

仮想通貨って怖いもの、そんなイメージを持たれている方も少なくないかも知れませんが、ビットコインやイーサリアム、BATなどは世界中に仮想通貨ホルダーがいますし、多くの取引所がやりとりしており、比較的安全・安心と言えますので、ご心配なく。

bitFlyerは専用のアプリがあるので、それを入れておくと非常に便利です。
スマホで仮想通貨の売買や送金などが可能になります。
BAT以外の、今話題のビットコインなどもやりとりすることが可能となります。

bitFlyer アプリ(iOS/Android共通)
↑こちらからアプリをダウンロードして、アカウントを作成しておきましょう。
このURLからアプリをダウンロードすると、今なら1,000 円分のビットコインがプレゼントされますよ!

BraveとbitFlyerを連携しましょう

bitFlyerのアカウントを作成したら、いよいよBraveとの連携です。

まずは、Braveクリエイターのページを開きましょう

Brave Rewards | Creator
↑こちらをクリックしてくださいね。

自信のHPやブログ、Twitterなどを既に登録されている方は「ログイン」、まだの方は「登録」をクリックしてください。

ここでは登録が終えているものとして、話を進めますね。

Breve Reward にログイン|次世代高速ブラウザ「Brave」

Breve Reward にログイン|次世代高速ブラウザ「Brave」

このような画面が表示されていることと思います。

ここで既存ユーザーの方はご注意を。
今までのように、メールアドレスを入力して「ログイン」をクリックして、メールが送信される場合とそうでない場合があります。
後者の場合、「Something went wrong.」なんてメッセージが表示されてしまいます。

私自身、その後者だったのですが...どうやら、BraveとbitFlyerと連携すときには、ログインではなくて、下の「新規登録」をクリックする必要があるようです。

その後の画面でメールアドレスをテキストボックスに入力し、「新規登録」のボタンをクリックすると、そのアドレスにメールが届きます。
メールにその後の作業URLへのリンクが表示されていますので、そこをクリックしてください。

すると...

Brave RewardとbitFlyerの連携|次世代高速ブラウザ「Brave」

Brave RewardとbitFlyerの連携|次世代高速ブラウザ「Brave」

このようにbitFlyerとの連携の許可について、表示されますので、ここで許可してください。
bitFlyerのメールアドレスやパスワードの入力画面が現れたら、登録されているメールアドレスをパスワードを入力してくださいね。

ハイ、これで連携完了♪
試しに、Brave Creatorにログインしてみてください。
↑このときは、新規登録ではなくて「ログイン」で大丈夫です。

連携後の Brave Creators(ログイン後)|次世代高速ブラウザ「Brave」

連携後の Brave Creators(ログイン後)|次世代高速ブラウザ「Brave」

このように、「ウォレット・サービス」に「bitFlyerウォレット」が表示されていれば問題ありません。
また、無事に連携が完了していれば、bitFlyerに登録されているメールアドレスに

〇〇 〇〇 様

いつも bitFlyer をご利用いただきありがとうございます。
お客様の bitFlyer アカウントと Brave Rewards との連携のお手続きを受け付けました。
本メールは Brave Rewards との連携完了を通知するものではありません。詳細は Brave Rewards でご確認ください。
上記の操作にお心当たりのない場合は、お客様以外の第三者が操作した可能性があります。 以下のリンクをクリックして口座を一時停止(凍結)することをおすすめします。 凍結を解除するためには、お電話によるご本人確認が必要です。

アカウント凍結用 URL: https://bitflyer.jp/ex/AccountFrozenNoLogin?token=abc0123456789***

※ 本メールは送信専用です。返信はお受けしておりませんのでご了承ください。
※ 本メールにお心当たりのない場合や、ご意見・ご質問等がございましたら下部のお問い合わせ先よりお知らせください。
————————————————–
株式会社 bitFlyer
〒107-6233 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
暗号資産交換業者(登録番号 関東財務局長 第 00003 号)
お問い合わせ URL : https://bitflyer.com/ja-jp/faq
————————————————–

↑このようなメールが届いている筈です。

後はどのような形でBATが振り込まれるのか、ここはそのときになってみないとわかりません。
続報は、こちらのサイトにアップしますので、時々、覗いていただけたら嬉しいです。

あ、そう言えばこのサイトって仮想通貨のサイトではなくて、ジュビロ磐田応援サイトなのですが(笑)

The post ついに!次世代ブラウザBraveとbitFlyerの連携開始! first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

「投げ銭」がJリーグを救う!?そんな時代が来たのかな??

神奈川県民の私、在宅勤務も6週間を数えました。昨日、久しぶりに職場の様子見に行きましたけど、そりゃーもー人のいないこと...
駅と職場を往復するバス、往路は4人、袋なんて2人でしたよ、乗客。

さてさて新型コロナの影響でJリーグも中断、再会はいつになることやら...???
なんとも寂しい状況が続いています。

投げ銭がチームを、リーグを救う!?

Jリーグの関して、なんとも気になるニュースを発見。
Jリーグ救う「投げ銭」国内プロリーグ初導入へ…試合見ながらネットで寄付

Jリーグがネット上で寄付を募る「投げ銭システム」を導入する方針を固め、パートナー企業の選定に入ったことが18日、関係者の話で分かった。
(中略)
「投げ銭」とはインターネットのサイト上に作られたボタンをクリックすることで、寄付できるシステム。映像で試合を見ながら選手たちの好プレーや得点時などに、クレジットカード決済やポイントなどで支払うことができる。

YouTubeでもありますよね、アーティストに共感した方がボタンクリックで数百円とか数千円とか寄付できるシステム。

まぁ確かに再開時期が未定だし、再開したとしてもしばらくは無観客でしょうし、入場料収入、そして入場したお客さんがスタジアムで購買する収入が減るのですから、チームにとってもリーグにとっても痛手であることと思います。

鹿島はスマホアプリ上でトークライブを開催して、1人500円で実施したそうです。
↑ただ、支援者数や支援額を非公表とのことですが...気になります。

投げ銭」、良いシステムですが、最低金額次第かな...もちろん、チームやリーグを応援したいという気持ちはありますけど、お金を払う価値があると判断するかどうかは、また別の問題。
例えば最低金額が100円で、掛けることの何口とかいう形の寄付金システムだったら、考えなくはないかな。

投げ銭できるブラウザがある!

ところでこの「投げ銭」みたいにサイト運営者に寄付できるブラウザがあるって知ってました?
↑なーんて知ったかぶって書いている私も、つい最近、知ったのですが。

Braveっていうブラウザです。
寄付の話をする前に、このブラウザの紹介をしておきますと、とにかく早いです。

ChromeやFireFoxと比較しても、圧倒的に速い!!
実際に私、入れてみましたけど、確かに快適です。

あと、広告をブロックしてくれる機能があります。YouTubeとか画面の下に広告出るじゃないですか、アレ、出なくなります。
ただ、広告じゃないものもご認識して消してしまうなどの多少の不具合も報告されているみたい。

関ジュビをBraveで閲覧

関ジュビをBraveで閲覧

試しに関ジュビのトップページを表示させると、こんな感じ。 右のサイドバーの、じゃらんやYAHOO!トラベルなどのバナーが消えてる!
ま、アレは”広告”ですからねー。でも、楽天トラベルのは広告扱いじゃないんですね?!?

そうそう、投げ銭の話ね。
画面上部の△をクリックすると、こんな画面が出てくるの。

BATを寄付

BATを寄付

BAT(Basic Attention Token)っていう仮想通貨で寄付ができるようです。

仮想通貨って、あれですよね?ビットコインとかイーサリアムとか...
↑何せ私、この程度の知識なので、わかったようなわからないような、なのですが。

私なりにネットで調べてみましたが、BraveとBATは紐づいて開発されているようです。
でも、仮想通貨としてのBATはBraveじゃなくても使える、こう考えるとBatって結構、便利♪

あと、数あるアルトコインと呼ばれる仮想通貨の中でも、比較的将来性が高そうです。
というのも、サトシナカモトのような誰だかわからない人が開発者という訳ではなく、JavaScriptの生みの親であり、大手ウェブブラウザMozilla, Firefoxの共同創業者であるBrendan Eich(ブレンダン・アイク)による開発とのこと、安心感があります。

ということで、興味のある方は...

Brave(ブラウザ)
↑こちらからBraveをダウンロードしてみてください。

ポイントサイトのポイントインカム


スポンサーリンク
管理人おすすめ