2019年08月一覧


気持ちは見えるんだけど...噛み合わない...|磐田 0-2 C大阪

ヤマハスタジアム(磐田)で観戦された皆様、遠くから気を送っていた皆様、お疲れ様でした。

この一週間の一番のニュースと言えば、何といってもコレ。
フェルナンド・フベロ監督就任について
新監督はスペイン国籍の方。でもパラグアイのチームで監督経験を積まれた方の様ですね。

名波浩→鈴木秀人→小林稔→フェルナンド・フベロと、1年間で監督が4人も務めるってのは、チーム最多。
何せ最下位、何せ4試合、勝利なし...何が何でも勝ち点3が欲しいところ。1点でも多く、ゴールを奪っておきたいところ。

危機感は感じる。気持ちは伝わる。でも...

GKはカミンスキー、DFはセンターバックにファビオと大南拓磨、サイドに小川大貴と秋山陽介、ガンバ大阪戦と同じですね。
田口泰士とムサエフがボランチ。ムサエフはかなり久しぶり(調べてみたら第3節以来)の先発。
攻撃的なポジションには松本昌也と山田大記。そして前はアダイウトンと中山仁斗。

やや押し込まれながらも、まぁ、一進一退の立ち上がり。
前半17分にセレッソ大阪のフリーキック。蹴るのは丸橋祐介。これが見事な精度でゴール右へ。さすがのカミンも届かず...セレッソが先制。

このまま前半が終わるのかな、なんて思いかけた前半終了間際の45分にセレッソのカウンター。
右サイドに向けてスルーパスが出ると、水沼が抜け出して、ペナルティエリア右に進入。ここからが水沼宏太、巧かった。切り返してジュビロのDF陣やカミンのタイミングをズラして、ゴール正面ほぼ中央からのシュートはゴールの中へ...セレッソが追加点。

後半から中山仁斗に替えて大久保嘉人を投入。松本昌也に替えて荒木大吾と、より攻撃的に。
気持ちは伝わりました。実際、かなり相手陣地に攻め込んでいましたし、シュートも打っていました。シュート数だけ見たら、ジュビロが12本でセレッソが9本と、上回っていたくらいですから。

でもなんですかね、精度が悪いというか、噛み合っていないというか...パスを出す方と受ける方の気持ちが通じ合ってないんですよね...
結局...

ジュビロ磐田 02 セレッソ大阪
うーん、勝ち点を1つも、ゴール数も1つも積み上げることができなかったのは、痛いです。

しかも順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点 得失差
15 ベガルタ仙台 28 8 4 12 27 35 -8
17 サガン鳥栖 24 7 3 14 21 40 -19
17 松本山雅 23 5 8 11 15 29 -14
18 ジュビロ磐田 18 4 6 14 18 34 -16

降格圏外の15位のベガルタ仙台とは勝ち点差は10、プレーオフとなる16位のサガン鳥栖とも勝ち点差は6.
そして今節終了時の残り試合数は10...。計算上はかなり厳しいです。

それでも応援し続けますよ!
目指せ、残留!!!


岐阜県U15リーグ

8月24日(土)

1部リーグ @各務原市フェニックス
vsオリベ 〇2-0
得点者:坂本海晴、柏木康介

2部リーグ @塩河
vs星和中 〇9-2
得点者:小木曽祥規5、石尾海七飛、角田彪眞2、細川大牙



0824natsuki.jpg

0824shoya.jpg

FM

8月21日(水) @KYBスタジアム
vs加茂高校 1-1 5-2 6-0 2-0
得点者:内木璃斗2、柏木康介3、西部智貴、井戸大翔、石尾海七飛、小木曽祥規4、植田聖太、山本虎太郎



0821kotaro.jpg

0821natsuki.jpg

0821daigo.jpg

最低限の結果は残せた|G大阪 1-1 磐田

今日の明治安田生命J1リーグ、アウェイ大阪に乗り込む大事な一戦。
せっかくの関西の試合だからパナソニックスタジアム吹田に乗り込みたかったのですが、いかんせん日曜日のナイター。
おまけに月曜日はお休みが取れる状況じゃなかったので...今回は泣く泣く遠征を断念。

で、6月末に名波が監督を退任して鈴木秀人監督就任、と思った矢先の一か月ちょっとで...

鈴木 秀人監督 退任のお知らせ
体調不良で秀人が退任だそうな。

そりゃ、このチーム状況で監督なんぞ引き受けたら、体調も悪くなりますよね...
しばらくの間、小林稔コーチが暫定的に監督業務をするとのこと。

小林暫定監督で戦うこととなった水曜日の天皇杯3回戦はヴァンラーレ八戸に6-0で快勝。
↑こういうところで調子に乗りたいところですね。

開始15分で退場者...

さてさて、J1リーグのガンバ大阪戦
注目は最終ラインに入った新加入のファビオ。ジュビロでのデビュー戦であると同時に早速古巣との対戦にもなるワケで。

入りのテンポは悪くなかったジュビロですが、ルキアンが開始12分でイエローカード。そしてその3分後にもドリブルでペナルティエリアに入って行った際にカバーに入ったDFを後ろから倒し、さらにボールを客席の方向を目掛けて蹴ってしまって、2枚目のイエローカードで退場。

うーん...コレ、痛かった...何せ開始15分ですからね、ここから残りの75分を一人少ない10人で戦うんですからね...「

そこから前半終了まではとにかく耐える展開。数的優位のガンバ大阪がボールを回して攻撃。それをなんとか防ぐ展開。
パトリックのヘディングシュートをカミンスキーがギリギリで弾き出した、なんてのもありました。

なんとかスコアレスで折り返そうかなと思った前半44分、ガンバの高江からショートパスで右サイドに展開。受けた小野瀬が右サイドの敵陣中央からペナルティエリア手前の右にドリブルで切れ込んで、左足でファーサイドにクロス。これをペナルティエリア内にいたガンバの選手は誰も触れなかったのですが、ボールはそのままゴールの中へ...うーん、カミンスキーとファビオの連携が巧くできていませんでしたね...なんとも悔やまれる失点。

で、0-1で前半終了。

耐えて、耐えて、最後の最後に!

両チームともに交代なしで迎えた後半。
やっぱり人数の多いガンバが攻めてそれに耐えるジュビロって展開。

ここでどこで攻撃モードを仕掛けるか、悩ましいところですよね。
リードされているから攻撃に入らなきゃいけないけど、前がかりになりすぎるとカウンターくらって失点してしまうし...

山本康裕に替えてアダイウトン松本昌也に替えて荒木大吾山田大記に替えて中山仁斗3枚の交代枠を使い切るジュビロ。
でもなかなか決定機には至らず、後半アディショナルタイムに突入。

あぁ、このまま勝ち点を積み上げられずに終わってしまうのかな...と思いかけた後半45+5分。
敵陣浅い位置の田口からのロングボールをペナルティエリア右のファビオがヘディングで中央へ。このボールを大南が頭で合わせるも、ゴール前の選手に当たり、ボールがこぼれ...これに中山仁斗が反応すると、DFに倒されて...PK獲得!

蹴るのは倒された中山仁斗。

落ち着いてゴール左に決めて同点!
その直後に試合終了のホイッスル。

ガンバ大阪 11 ジュビロ磐田(Goal:中山=PK)

そりゃね、勝ちたかったですよ、勝ち点3を積み上げたかったですよ。
でもアウェイで開始15分で一人少なくなった展開で、攻め込まれながらも同点に追いつけたってのは、最低限の結果は残せたって言って良いんじゃないでしょうか。

最後の最後まで諦めない姿勢が、最後の最後で実りました。
リーグ戦も最後の最後まであ切れ目ずに戦い続けましょう!

個々から始まる、磐田の反撃。
目指せ、残留!!




イルソーレカップ2019夏 2日目

8月18日(日) @兵庫県三木市防災公園

vsエスピロッサ彦根(滋賀県) 0-1

vsイルソーレ小野(兵庫県) 1-0
得点者:小木曽祥規

vsCOSPA(兵庫県) 1-2
得点者:内木璃斗

vsFCFuji(静岡県) 0-0 1-2
得点者:小木曽祥規

0818natsuki.jpg

0818kaisei.jpg

0818daigo.jpg

12幹汰:どこでも360°使って運べる、逃げれるように。抜け出しからの難しいボールでもきちんとコントロールできる上手さを求めたい。左足のシュートで秋にはチームのゴールを増やしたい。

13海七飛:右SBや中盤前向きの選手からのボールを足元で受けるタイミング良くなった。右Bから足元へのパスに大分くいついた時には裏に抜け出したい。相手陣のカットインから狭くやるのか、捨てて受け直すのか、左足を鍛えるのか。アーリーもっと行ける!

14昂也:2つのポジションをできるようになって進化している。1タッチで捨てて次のポジショニングで運びやすくする場面も上手くなった。そしてWIDEでもシュートのためにドリブルできているOK。

15翔也:きちんと駆け引きすれば、非常にいい選手。その部分をしっかりと楽しむことがチームの武器になる。守備はポジショニング大切なのを知るいい機会でした。戻れてないなら伝えるのも翔也ならできるはず。

16凜汰郎:休み

17大翔:良かったからまたAチームでの出場。そこで自分中心にプレーできないのが課題だね。ボール中心に、そしてシュート技術は高いので一発仕留めたらまたチャンスは増える!

18聖太:ドリorパスを上手くやれる選手、相手にプレス掛けられてもへっちゃらな選手なのに、今回はシンプルにばれてた。またWIDEの足元のパスを裏への配球もできるようにね。クロスまで行けた時は非常にいいボールを上げれています!

19尋音:ダメダメな初日から2日目以降は間に入る上手いポジショニングから正確な技術でしっかりと前を向くターン、そして正確な長短のパス非常に良かった。守備もしっかりと戻るし、最後行かれそうな時に体を入れる、足を入れることもやれるようになってきた。

20祥規:3人のFWでの競争。各々がそれぞれの特徴で勝負し、絶対に必要なはがしのムーブ、1stタッチ、シュートの狙い、クロスへの入り方を磨いていきたい。オフサイドを以前より気にしていいタイミングで動き出していることOK。前向きなら1フェイントでドリシュー行け。

21康介:裏へのふわっとしたパスは少し距離を出したいし、グラウンダーのスルーパスはタイミングを1~2つ速く出したい。シュートは一度試してみて。

23龍玖:中盤の守備がどこにいるのか人は足りている、vsDFラインになる状況にならないかを絶えず確認してコーチングしたい。ロングパスは対角線にもう少し狙えたかな。

24拓真:DIAMO戦のゴール、あんなのは当たり前にできるキックをもった選手だと評価してる。もっと狙え。ポストして次の動き出し、味方が前向きに運んでいる時に間をとって、求めて、1stタッチでネジ込むを体現したい。クロスへの入り方、動き直しは3人で一番上手い。

25裕瑚:チームの心臓。攻撃でのターン、持ち出し、散らし方もっともっとやらんと。そしてバイタルでは欲張りたい。守備は刈り取ってこそ裕瑚。

26海晴:左サイドの抜け出しから、上手いねじ込みのドリからのゴール、成長です!

27涼介:クロスへの入り方OK、そしてカッコよくスライディングシュートを決めちゃいましょう!ゴールエリアをとるドリも良かった。

28夏輝:カバーの質高くなった。タイミング、コース非常に良くなっている。ドリで持ち出して遠い足からの止まりや横へのプレーなど攻撃も成長している。CKは少し遅れて勢いよく飛び込みたい。

29比呂:今日は攻守に非常にいいプレーだった。相手との1vs1をしっかりと粘り強く止め、そしてドリorパスを上手に味方とボールを運べていた。クロスも良くなっている。

30彪眞:いい時は言うことがなくなるくらい失わない、ビッグチャンスを創るとスゴい。しかし悪い時に消えてしまう。消えずに粘りながらも少しプレーを変えてリズム創るとこができるとよりいい。守備の狩り方、ルーズボールの体の入れ方上手くなっている。

32智貴:厳しいプレスがかかっても上手さと粘り強さを発揮して奪われなくなり、味方に繋げてそして武器である背後への抜け出しへと繋げる場面が増えたOK!左足でのクロスもタイミング、コースよくなっている。そして逆サイドからの攻撃へも詰めていることも成長。

33健人:ハイボール(特にファーサイド)への飛び出し+キャッチングOK。ビルドアップもっと関わってCBを1枚出したいし、1~2タッチで素早くプレーできるようにしたい。

34哉太:シュートストップの上手さは〇。ゴールキック誰にポイントにしてるのか明確に。DFラインの穴を埋める作業と、行かせるor行かせないの作業に安定を。

35紘路:次を観た受け方(もう少しWIDEを観れてるといいけど)、1stタッチからの次のプレーへのイメージ良くなった。また相手陣でのプレーもミスが減り、駆け引きも上手くなった。

36杏介:隣との関係作りはもっと考えてコーチングしないと。サッカーは自分の良さを生かしながら(パスの上手さ)、自分の課題を味方に補ってもらえる(対人の弱さをカバーしてもらえる)スポーツなのだから。

37大夢:休み

38虎太郎:足元での受け方、クロスの質にこの1ヶ月で大きな成長を見せた選手。そして足元と見せて裏を取るムーブから攻めれると(相手を食いつかせてムーブの上手さを)もっともっと良くなる!失ってから相手DFがまだ良くない状況での守備は手で引っ張るな。迫力のあるプレスで充分。

イルソーレカップ2019夏

8月17日(土) @兵庫県三木市防災公園

vs大阪市ジュネッス 1-1
得点者:山元敦琥

vsイルソーレ小野(兵庫県) 2-3
得点者:北原拓真、内木璃斗

vs川西FC(兵庫県) 4-0
得点者:坂本海晴2、山元敦琥、小木曽祥規

vsFCFuji(静岡県) 1-2
得点者:山元敦琥

vsCOSPA(兵庫県) 0-0

0817yugo.jpg

0817ryosuke.jpg

0817hyoma.jpg

0817koya.jpg

0817kento.jpg

0817taito.jpg

0817shoya.jpg

0817tomoki.jpg

0817takuma.jpg

香川遠征

8月16日(金) @香川県高松市りんくうスポーツ公園

vsFC DIAMO(香川県) 1-1 0-0 3-0 2-2 3-0 4-0 1-0 3-2
得点者:坂本海晴3、北原拓真2、井戸大翔、角田彪眞2、柏木康介2、山元敦琥2、小木曽祥規、植田聖太2、石尾海七飛、棚橋奎斗



0816kotaro.jpg

0816kyosuke.jpg

0816riku.jpg

こりゃ、まずい!本気で危ない!!|磐田 2-3 湘南

ヤマハスタジアム(磐田)で観戦された皆様、DAZNでテレビ観戦された皆様、お疲れ様でした。

噛み合わないまま、時が過ぎて行く...

本日の明治安田生命J1リーグ、アウェイで破った湘南ベルマーレをホームに迎え撃つ一戦。
何せリーグ戦の近々の勝利が7月13日の松本山雅戦。おっと、もう一か月前の話じゃないですか、そろそろ勝たなきゃ、本気で危ない。

押し込まれながらも先制

さてさて肝心の試合ですが、湘南ペースの前半。
なんて言うんですかね、ベルマーレの選手はボールを持ってからの動きが早い!!

ボールを奪った途端にスイッチが入るんですよね。で、そこから一気にアクセル全開って感じ。
昔からこのチームってそうでしたけど、走り切りますね、とにかく走って走って、走りまくりますね。

対するジュビロはホームなのに後手後手。
まぁ、なんとか耐え忍ぶプレーの連続でした。いつ先制点を取られてもおかしくない展開。

そんなこんなの前半アディショナルタイムにジュビロのコーナーキック
蹴るのは森谷

ファーサイドの今野がヘディングで叩きつけて、それをゴール前の山田大記が僅かに触ってゴールの中へ!

押し込まれる展開の中での先制点は大きかったです。
で、1点リードで折り返し。

これがベルマーレの強さ?ジュビロの弱さ??

両チームともにハーフタイムでの選手交代は無し。

さーて、どんな感じの入りになるのかな?なんて考える間もない後半1分
ベルマーレの金子が左サイドの敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。山崎がワントラップでペナルティエリア左に入り、そのまま左足を振り抜く。すると、ボールは大井の股を通ってゴールネットを揺らして同点

一瞬の出来事でした。でもね、このシュートを打つ姿勢が素晴らしいですよ。

で、ジュビロですが、未だに攻撃が形になっていない...って言うか、噛み合っていませんね。ルキアンにボール供給できる選手がいません...実践を積み重ねていくしかないのでしょうけれど。

そんなこんなの後半35分、ベルマーレの山根がペナルティエリア右のスペースへ浮き球を出して、抜け出したのは山田直輝。角度のないポジションから右足を振り抜とカミンスキーも反応できず、ゴールに吸い込まれて追加点...いや、このゴールは凄かった! あの位置、あの角度、あのタイミングでシュートを打つとは思いませんでしたから。

で、流れが完全にベルマーレになってしまったその2分後の後半37分に湘南のフリーキック。ペナルティエリア手前右から杉岡のシュートは壁に一旦阻まれるものの、跳ね返りに杉岡自らが反応、ペナルティエリア右から再び左足を振り抜くと、クロスバーをたたいてゴールに吸い込まれて1-3...
ほぼここで勝負あったって感じでしたね。完全に流れがベルマーレに傾いちゃった。

ここから始まる磐田の反撃!...って言いたいところですけど、さすがに時間が遅すぎます。
猛攻を仕掛けてアディショナルタイムの後半47分。秋山が左サイドの敵陣深くから鋭いクロスを送ると...

中央の大井が完璧なタイミングでヘディングシュート!なんとか、かろうじての1点差
でもね、時間が無さ過ぎました。

ジュビロ磐田 23 湘南ベルマーレ (Goal:山田, 大井)
結局、勝ち点を一つも積み上げることができませんでした。

いよいよ本気の赤信号

第22節終了、これで順位表は...

順位 チーム 勝点 得点 失点 得失差
15 ヴィッセル神戸 23 6 5 11 33 39 -6
17 サガン鳥栖 21 6 3 13 17 32 -15
17 松本山雅 19 4 7 11 12 27 -15
18 ジュビロ磐田 17 4 5 13 17 31 -14

最下位なのもマズイですが、仮に次節で勝ち点3を積み上げても勝ち点20で16位にも届かないということ...
おまけに今日の試合で3連敗ですからね、この流れを断ち切らないと!

とにかく内容なんかどうでも良いので勝ち点3が必要です。
ルキアンにゴールが生まれたら、波に乗れるかな、なんてのは楽観的過ぎるでしょうか???

残り12試合、目指せ残留!


2019インターシティカップ西日本大会

8月11日(日) @大阪府堺市Jグリーン

11位12位決定戦
vsHONDA FC(静岡県) ×1-4
得点者:小木曽祥規

フレンドリーマッチ
vsヴィクサーレ沖縄(沖縄県) 1-1 0-3
得点者:石尾海七飛
vsサルパFC(兵庫県) 0-0 0-0

28選手で参加。A戦には23名が出場。層が厚くなっていくことと、もう少しでA戦に出れそうなタレント、A戦で定着できそうなタレント、突き抜けていくタレント、秋まで競争は続く。【いいものはいい、悪いものは悪い】
また、チームとして何を今すべきか、そこをきちんと見極めて、変化と進化を考えていこう。



0811koya.jpg

0811seita.jpg

0811keito.jpg

スポンサーリンク
掲載予定