セレッソ大阪一覧

気持ちは見えるんだけど...噛み合わない...|磐田 0-2 C大阪

ヤマハスタジアム(磐田)で観戦された皆様、遠くから気を送っていた皆様、お疲れ様でした。

この一週間の一番のニュースと言えば、何といってもコレ。
フェルナンド・フベロ監督就任について
新監督はスペイン国籍の方。でもパラグアイのチームで監督経験を積まれた方の様ですね。

名波浩→鈴木秀人→小林稔→フェルナンド・フベロと、1年間で監督が4人も務めるってのは、チーム最多。
何せ最下位、何せ4試合、勝利なし...何が何でも勝ち点3が欲しいところ。1点でも多く、ゴールを奪っておきたいところ。

危機感は感じる。気持ちは伝わる。でも...

GKはカミンスキー、DFはセンターバックにファビオと大南拓磨、サイドに小川大貴と秋山陽介、ガンバ大阪戦と同じですね。
田口泰士とムサエフがボランチ。ムサエフはかなり久しぶり(調べてみたら第3節以来)の先発。
攻撃的なポジションには松本昌也と山田大記。そして前はアダイウトンと中山仁斗。

やや押し込まれながらも、まぁ、一進一退の立ち上がり。
前半17分にセレッソ大阪のフリーキック。蹴るのは丸橋祐介。これが見事な精度でゴール右へ。さすがのカミンも届かず...セレッソが先制。

このまま前半が終わるのかな、なんて思いかけた前半終了間際の45分にセレッソのカウンター。
右サイドに向けてスルーパスが出ると、水沼が抜け出して、ペナルティエリア右に進入。ここからが水沼宏太、巧かった。切り返してジュビロのDF陣やカミンのタイミングをズラして、ゴール正面ほぼ中央からのシュートはゴールの中へ...セレッソが追加点。

後半から中山仁斗に替えて大久保嘉人を投入。松本昌也に替えて荒木大吾と、より攻撃的に。
気持ちは伝わりました。実際、かなり相手陣地に攻め込んでいましたし、シュートも打っていました。シュート数だけ見たら、ジュビロが12本でセレッソが9本と、上回っていたくらいですから。

でもなんですかね、精度が悪いというか、噛み合っていないというか...パスを出す方と受ける方の気持ちが通じ合ってないんですよね...
結局...

ジュビロ磐田 02 セレッソ大阪
うーん、勝ち点を1つも、ゴール数も1つも積み上げることができなかったのは、痛いです。

しかも順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点 得失差
15 ベガルタ仙台 28 8 4 12 27 35 -8
17 サガン鳥栖 24 7 3 14 21 40 -19
17 松本山雅 23 5 8 11 15 29 -14
18 ジュビロ磐田 18 4 6 14 18 34 -16

降格圏外の15位のベガルタ仙台とは勝ち点差は10、プレーオフとなる16位のサガン鳥栖とも勝ち点差は6.
そして今節終了時の残り試合数は10...。計算上はかなり厳しいです。

それでも応援し続けますよ!
目指せ、残留!!!


攻撃スイッチとスピードの差を思い知らされた|C大阪 2-0 磐田

ふぅ...川崎から大阪に一泊二日の遠征。ま、旅行は楽しいのですが、負け試合の後ってのは、更新するモチベーションを発生させるのに苦労しますネ。

スイッチがあるチームとないチーム

行って参りました、ヤンマースタジアム長居

ゴール裏席からの眺め|ヤンマースタジアム長居

心配された天気予報もなんとか持ちこたえ..と思ったら開門と時を同じくして、怪しい灰色の雲で覆われるスタジアム...一雨来ちゃたけど、まぁ、通り雨で良かったです。

ヤンマースタジアム長居|2019 明治安田生命J1リーグ 第16節|C大阪 vs. 磐田

ヤンマースタジアム長居|2019 明治安田生命J1リーグ 第16節|C大阪 vs. 磐田

対するは、少しずつ調子を上げてきているセレッソ大阪
FW陣を見てみると、ブルーノメンデス、清武弘嗣、水沼宏太と、息の良いのがそろっていて怖い存在です。

アウェイに乗り込んだ磐田。
ロドリゲスと中山仁斗の2トップが先発。おっと、アダイウトンを先発から外してますね。
↑そう言えば最近、なんとなくアダのキレがいつもほどでないような気がします...

下手したら0-3だった前半...

試合開始からセレッソ大阪ペース。なんていうかスピードが違います。
ジュビロのサッカーって、パスを出して受けた側が一旦、止まって考えるんですよね、なんかそこで一度、止まるの。
表現すると直線で一次元的

でもね、セレッソのサッカーって、もちろん止まるときもあるんだけど、ダイレクトでつなぐことが多い訳。
おまけのパスのバリエーションも多いワケ。真ん中、右、左、逆サイドに大きくロビングのパス...こちらはもうね、面を通り過ぎて立体、三次元的
正に次元が違いましたですよ。

そんなこんなの前半12分、セレッソのコーナーキックからマテイヨニッチが高い打点で頭に当てる。ゴール前に入っていた丸橋が左足でゴールに押し込んで先制...と思ったらオフサイドの判定に救われました。

後でDAZNで見直したら確かにオフサイドではありましたけど、なんかジュビロのDFが全然ついて行けてないんですよね。トラップをしかけたんじゃなくて、たままたオフサイドになっただけって感じ。

その流れをそのままに前半20分、左サイドのハーフウェーライン付近から最終ラインの裏にロングパス。
斜めに走りこんだブルーノメンデス、右足でシュートを放つと一度はカミンが弾くも、こぼれ球に素早く詰められてゴールの中へ...セレッソが先制

その後も27分、フリーキックからブルーノメンデスのシュートがゴールネットを揺らして...おっと、これまたオフサイドの判定。

戦術的に取っていたポジションからではなくて、たまたま発生したオフサイドで2点は救われたワケです。
下手したら0-3でしたよ、前半だけでね。

後半も良いところなし...

後半開始から中山仁斗に替えてアダイウトンを投入

でも後半もセレッソペースで始まり、そんなこんなの後半6分、セレッソの左サイドの敵陣深くからロングスロー。ファーサイドに流れたボールに水沼が反応して追加点...

リズムを変えようと選手交代を早めに選手交代で仕掛けたところでこの展開はきつかったですね。
ここから始まる磐田の反撃!...と行きたかったところですが、なんか単調で変化なく、セレッソの良いところばかりが目立っていたように感じました。

あれ?ところでジュビロって、シュート何本???
公式記録を見ると、セレッソ大阪 10本 : ジュビロ磐田 17本ってなってるけど、そんなに打ってたっけ?
あと、ロドリゲスとアダイウトン以外の選手、シュートを打たなすぎ、って感じてしまいます。

結局…

試合結果|C大阪 2-0 磐田

試合結果|C大阪 2-0 磐田


セレッソ大阪 02 ジュビロ磐田

これで12節のベガルタ仙台戦の勝利から、Fマリノス戦 0-4ヴィッセル戦 1-1ガンバ戦 0-0、そしてセレッソ戦が0-24試合勝利なし。しかもこの4試合で1ゴールとは、なんとも悲しいです...

何せこんな展開続きですからね、ジュビロ側ゴール裏からはブーイング。ま、今日の内容と結果からすると、致し方なしです。

毎度おなじみ!?反省会

試合後は西田辺まで歩いて、反省会

反省会|2019 J1 ヤンマースタジアム長居の後

反省会|2019 J1 ヤンマースタジアム長居の後

あぁ、祝勝会が遠いですねぇ...
もうね、他チームの戦績がどうこう言っていられません。とにかく勝たないと!

目指せ、残留!!!

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる


スポンサーリンク
掲載予定