プレーオフ一覧

少しずつ見えてきた、2021年のJリーグ

2020年のJリーグも、最終コーナーを回り、残り僅か。
だからってワケでもないですが、ちょっと気が早いと思われるかも知れませんが、来シーズン、2021年のJリーグのニュースを集めてみました。

以下、あくまで新型コロナウィルス感染症の状況やその他、世間の状況によって今後も変化する可能性がありますこと、ご承知おきください。

開幕は2月26日

まずは、こちらのニュースから。

2021年のJリーグは2月最終週に開幕! J1昇格プレーオフの開催は引き続き議論へ

開幕は2月の最終週、J1・J2リーグともに2月26日から28日に第1節の全試合を行う方針だそうです。
J3は3月13日(日)の開幕を予定しているとのこと。

2月26日は金曜日、そう、フライデーナイトJリーグが復活しま~す!
平日にしかお休みが取れない方もいますし、平日だからこそ、仕事帰りに観に行こうという方もいらっしゃるでしょうし、良い試みかと思います。

昇格は2チーム、降格は4チーム

今シーズン、2020年シーズンは、J3からJ2、J2からJ1への昇格は2チームでプレーオフはなし。さらに降格もなし、というレギュレーションでした。
つまり、来期は、例年よりもJ1もJ2も2チーム多いリーグとなります。

ここで気になるのは来期の昇格・降格のチーム数と、そのルールですが...
2021シーズン終了後の昇格・降格ルールについて【Jリーグ】

●昇格・降格クラブ数
・J2からJ1、J3からJ2への昇格:2クラブ
・J1からJ2、J2からJ3への降格:4クラブ
●昇格2クラブの決定方法
・J2からJ1への昇格はリーグ戦上位2クラブの自動昇格とする
・J3からJ2への昇格はリーグ戦上位2クラブの自動昇格とする
※対象クラブがJリーグクラブライセンスがない場合、3位以下の繰り上がり昇格はしない

↑とのことです。
来期もプレーオフはなし、つまり2位以内に入らないと昇格はできない、ということです。

ベンチ入りは最初13名

今シーズンのジュビロ、新型コロナウィルスの感染者が発生した関係で、最大7人まで登録できる控えメンバーを6人しか登録しないという試合がありました。
緊急事態の場合、致し方ないケースもありますよね。

Jリーグ来季はベンチ入り最少13人 代替日設定できない場合「みなし開催」で『0-3不戦敗』扱いに
2021年シーズンは”トップチーム登録の13人がベンチ入りできれば試合を開催する”そうです。

13人の人数が揃わなかった場合、代替日を選定し、代替日を選定できない場合は、13人未満だったチームを0-3で不戦敗とする「みなし開催」を導入するんだそう。
今シーズンよりも一歩踏み込んだ、対コロナを意識した内容になっていると感じます。

恐らくですが、まだ2月の時点では、日本で新型コロナのワクチン接種が始まったとしても、受けられているのはごく一部でしょうから、現在の状況から格段に良くなっているとは思えません。
そう考えると、Jリーグの想定は、かなり現実的なものと言えるでしょう。

来シーズンもDAZNは、ぜんぶやる!

このコロナ禍にあって、大変ありがたい話なのですが、
2021年Jリーグパートナー契約決定【Jリーグ】
来シーズンのJリーグパートナー契約を締結することが発表されました。

この状況でも引き続き、スポンサーシップを続けてくださる企業様には、ただただ感謝です。
Jリーグタイトルパートナーは「明治安田生命保険相互会社」。来期もジュビロ磐田は「明治安田生命J2リーグ」に所属することになります。

Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナーは「DAZN Japan Investment 株式会社」。
来期もDAZNでJ1・J2・J3の全試合が放送される予定です。
ありがたいですよね、助かりますよね、来期もテレビ観戦、させていただきます!

と書いたところで、あくまで新型コロナを取り巻く状況次第。
早く収束してくれることを祈るばかり。

DAZN

The post 少しずつ見えてきた、2021年のJリーグ first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.


スポンサーリンク
掲載予定