プロ野球一覧

ようやくの球春到来!?プロ野球、開幕!

ステイホームでが委縮自粛。プロスポーツもすべて中断で、悶々ですよね。

祝! プロ野球、開幕!!

Jリーグよりも一週間ほど早く、本日、プロ野球が開幕しました。
ようやくの球春到来ですね...って、春、終わっちゃって、梅雨の時期になってしまいましたが。
もちろん、コロナ前とは大違い。何せ無観客ですから。

外野席がガラガラの大阪ドーム|2020プロ野球開幕!

外野席がガラガラの大阪ドーム|2020プロ野球開幕!

大阪ドームの外野席、当然、ガラガラです。

横浜スタジアム|2020プロ野球開幕!

横浜スタジアム|2020プロ野球開幕!

横浜スタジアムの内野席はファンの方の写真。
↑コレ、プロ野球でもJリーグでも、やっているところ、多いですね。

あと、ハイタッチやハグは禁止。

エア・ハイタッチ|2020プロ野球開幕!

エア・ハイタッチ|2020プロ野球開幕!

ホームランを打っても、エアハイタッチ!?
なんか思わず、触れてしまいそうですけど、我慢するのが「新しい生活様式」。
(っていうか、ピッチャーの西がホームランってのはビックリした!)

運用のルールも今年はちょっとイレギュラー。

試合数
通常: 143試合 ⇒ 2020年度: 120試合
クライマックスシリーズ
・セリーグは開催しない
・パ・リーグは1位と2位の3戦先勝
(1位球団に1勝のアドバンテージ)
延長戦
12回 ⇒ 10回
出場選手登録
29名 ⇒ 31名
ベンチ入り
25名 ⇒ 26名
外国人枠
4名 ⇒ 5名
(ベンチ入りは4名まで)

試合数を減らしたとは言え、既に6月。ここからシーズンを消化しようとすると試合日程が過密になるので、登録選手を増やしてベンチ入りも増やして、短期集中決戦対策ってところでしょうか。

試合の組み立ても変わってくるでしょうね。
例えば、10回までしかないことが分かっているのですから、8回くらいで同点とか1点差とかいうときに守備側では続投するか継投するか、攻撃側も代打を出す・出さない...より一層の駆け引きが必要となりますね。
今日の試合だけじゃなくて、明日・明後日、そしてその後まで含めて、選手交代・戦略を練る必要が出てきそうです。

兎にも角にも、プロスポーツの試合が開催されたというこの事実、大きいです。
なんかね、社会として一歩前進したなって感じた...って、言い過ぎ?でも私には、大きなインパクトがありました。

いよいよ来週末からJリーグ再開!

待ちに待ったJリーグの再開も、一週間ごと迫って参りました。
J2・J3は6月27日(土)から、J1は翌週の7月4日(土)から再開。

もちろんリモート(無観客)ですけど、それでも良いじゃない。サッカーのある週末が戻るんだから、それで良いじゃないの。
Jリーグも今年は少々のレギュレーション変更。

大会方式について
2020シーズンのJ1、J2、J3全てのカテゴリーにおいて、「昇格あり」・「降格なし」の特例ルールを適用
対戦ルール
感染予防の観点から近隣クラブとの対戦を優先的に実施する
選手交代枠
・選手交代枠を5名に拡大する
・交代回数はハーフタイムを除き3回までとする

もちろん、不透明な部分もありますよね、Jリーグもプロ野球も。

このままコロナが終息するかどうかわかりませんしね、第二波、第三波が来るかも知れません。
でもね、そのときはそのときでしょ。今、Jリーグがある週末が近づいているんだから、それを幸せって感じて良いんじゃないかな。

私自身も、今月いっぱいくらい、ステイホームとなりそうなので、もうひと踏ん張りかな。
よし、頑張ろう!

楽天トラベル


無観客でもやってほしい、でも...

昨日、Jリーグ(公益社団法人日本プロサッカーリーグ)とプロ野球(NPB:一般社団法人日本野球機構)が設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第6回会議が開かれました。

Jリーグの公式ホームページを見てみますと...
無観客試合もこの段階に来れば想定しなければいけない。第6回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート無観客試合もこの段階に来れば想定しなければいけない。第6回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート

タイトルのとおりなのですが、

Jリーグ村井 満チェアマンは、「この段階に来れば想定しなければいけない」と、無観客試合の開催を視野に入れていることを明かした。

↑とのこと。

少しずつ収束に向かい出した、台湾のプロ野球では無観客で開催されたようですね。

全国に緊急事態宣言が出されるなか、プロ野球、Jリーグの開幕・再開は現段階では現実的ではない。したがって今回の会議では開催時期についての議論はされず、家族も含めた選手・関係者の健康管理の徹底について、改めて話し合われたという。

↑と書かれているように、プロ野球やJリーグが再開される見通しは「ない」と言って良いでしょう。

とは言え、どのように再開するのか、その議論はしておく必要がありますね。
「密閉」「密集」「密接」の三蜜を避けるためには、満員のスタジアムでの応援は止める必要があります。

一時期、席を一つ置きにすわる、ハイタッチなどしない...等々を考慮して、50%未満の収容にしてお客さんを入れる、なんて話も出ていましたけど、今となっては、それも難しいですね。

本音を言うと無観客でもやってほしい。それがDAZNなどを通じて観ることができるのであれば、それだけでも価値があるから。
でも、選手やスタッフの安全は?と考えると、ちょっと怖いです。

山形の食品工場で更衣室でクラスターが発生したかも!?なんてニュースもありました。
更衣室が感染の連鎖生む? クラスターが発生した米沢の工場更衣室が感染の連鎖生む? クラスターが発生した米沢の工場
↑こちらのニュース。

コレってJリーグやプロ野球でも起こり得る話じゃないかと思うんです。
疑い出したらきりがないんですけど、とにかく今は安全第一・人命第一で動くべきなんじゃないですかね。

J1リーグは既に全チームが休止中、J2で唯一練習を継続中のジュビロ磐田でしたが、明日の25日から休止となります。
トップチーム活動休止のお知らせトップチーム活動休止のお知らせ
このコロナ禍、早く収束するのを祈るばかりです。

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】


スポンサーリンク
掲載予定