映画一覧

映画「余命10年」ブルーレイ&DVD化・デジタル配信決定!

あと10年しか生きられないとしたら、あなたはなにをしますか?
そんなこと、考えたことありませんよね。

作者の思いがたっぷり詰まった作品

実際に、「あと10年」の宣告を受けた作者が書き、文庫本になった「余命10年」。
今年の3月に映画化され、かなり話題になりました。

今月頭のニュースですけど、
映画『余命10年』興行収入が2022年公開の邦画実写No.1に!

現在公開中の映画『余命10年』(3月4日公開)が、公開から60日間で累計観客動員数225万人、興行収入28.7億円を突破。興行収入は、2022年公開の邦画実写の中で1位に躍り出た。

今年一番の話題の映画と言って良いでしょう。

私、小説を買って読みましたし、映画も観ました。

映画なんてもう、顔がグシャグシャになるくらい、最初から最後まで、号泣でしたよ。
だって、ダブル主演の小松菜奈さん・坂口健太郎さんの縁起がもうね、ずるすぎるのよ。

ブルーレイ&DVD発売決定!

かなりの観客動員となった映画ですが、ボチボチ上映終了となるところがおおいようです。多くの映画館で今月上旬から中旬で終了という映画館が大半。

あぁ、もう観れなくなってしまうのかぁ、と寂しくなってしまいます。
でも、嬉しいニュースが♪

BD/DVD/デジタル【予告編】『余命10年』7.22ブルーレイ&DVDリリース / 6.24先行デジタル配信スタート(順次配信開始)

ブルーレイとDVDが、7月にリリースされるようです。

 

なんと! 楽天なら、今から予約しておけば、ブルーレイが22%も割引♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【初回仕様】余命10年 DVD プレミアム・エディション(2枚組) [ 小松菜奈 ]
価格:5053円(税込、送料無料) (2022/5/20時点)

楽天で購入

 

 

DVDも同じく22%オフ。

Amazonでも売っていました。
プレミアムエディションってのは、5つも特典があるんだそうですよ。

    • プレミアム・エディションでしか見ることができない、メイキング映像や撮りおろしスペシャル・トークを含む4時間を超える映像特典を収録したボーナスディスク
    • 藤井道人監督によるキャラクターシートを収めた全32ページのビジュアルブック
    • ポストカードセット5枚組(オリジナル封筒入り)
    • オリジナルクリアファイル(B6サイズ)
    • クリアスリーブケース&デジパックの超豪華仕様

あー!こりゃ、特典付きのプレミアム、買ってしまうなー。

配信も決定!

また、6月下旬から、デジタル配信も始まるとのこと。

映画『余命10年』オフィシャルサイト|大ヒット上映中

Amazonのプライムビデオ、ひかりTV、U-NEXT、J:COMオンデマンド、dTVなどなど、視聴できるサービスは多岐にわたる予定のようです。

映画(つまりブルーレイ&DVD)と #小説、若干、ストーリーが違うので、両方で楽しんじゃってくださいね。

The post 映画「余命10年」ブルーレイ&DVD化・デジタル配信決定! first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

映画「余命10年」の聖地巡礼に行ってみた|ロケ地訪問(仙台編)

私儀、仙台に転居しました

甚だプライベートな報告で恐縮ですが、実は転居いたしました。
管理人の私のことをご存じのことでしたら、「またかよ!」って感じでしょうけれど。

なんとなんと、今度は杜の都、仙台です。
今までこの地は、出張や旅行などでしか来たことがなく、親族もおらず、縁も所縁もない土地柄。
ましてや寒いのが苦手な私、大丈夫かしら???
なんて不安もありつつのお引越しでしたが。

ちなみに職場は「片平キャンパス」となります。本日から出勤開始となりました。

あの映画のロケ地は実は仙台

この春に公開されました、映画「余命10年」。もうね、顔がグシャグシャになるくらい泣きましたよ、私。

関東の拠点が川崎にある我が家。川崎にいる間に聖地巡礼(ロケ地訪問)行っておきたいなと思い、桜の綺麗なうちに行ってきました。

映画「余命10年」の聖地巡礼に行ってみた|ロケ地訪問
↑こちらの記事もお読みいただけると、嬉しいです。

さてさて、ググッてみて知った情報なのですが、この余命10年で出てくる病院のロケ地は、なんと仙台にあるんです。

映画「余命10年」仙台ロケの舞台裏 – せんだい・宮城フィルムコミッション
せんだい・宮城フィルムコミッションさんのホームページによりますと、

和人(坂口健太郎)がベランダから飛び降りて運ばれた大学病院の病室、茉莉(小松菜奈)が入院する病室は、JCHO仙台病院内の階違いの個室にセットを設営して撮影。

とのこと。

こりゃ、仙台に来たからには行かねば!と思い、行って参りましたよ、聖地巡礼。

あまり期待せずにご覧ください

えっと、期待させるようなタイトルにしておいて申し訳ないのですが、映画に出てきた病院のシーンを期待されてしまうと、ちょっと期待外れになってしまいます...ハイ。
以下、あまり期待せずにお目通しいただければ幸いです。

JCHO仙台病院は泉中央駅からバスで行きましょう

上述のとおり、映画内で和人が運ばれた病院も、茉莉が入院していた病室も、ロケ地はJCHO仙台病院。
JCHO仙台病院へは、仙台駅もしくは泉中央駅からバスで行くのが良いでしょう。

自家用車の場合は、有料の駐車場(入庫後12時間まで100円、以降30分100円)があります。

仙台駅から行く場合は、バスのみと地下鉄とバスを乗り継ぐルートが考えられますが、泉中央駅からの方がおすすめ。その方が、バスの本数が多いし、バスに乗車する時間が短いので、時間が読みやすいです。
また、バスのみですと690円ですが、地下鉄で泉中央駅まで行ってバスのルートですと680円、僅か10円ではありますが、節約できます。

泉中央駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

泉中央駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

泉中央駅に到着。

泉中央駅のバスターミナル泉中央駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

泉中央駅のバスターミナル泉中央駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

1階がバスプールになっています。こちらの3番乗り場からバスに乗車します。

宮城交通の泉パークタウン線|映画「余命10年」の聖地巡礼

宮城交通の泉パークタウン線|映画「余命10年」の聖地巡礼

宮城交通の泉パークタウン線、泉中央駅-車庫前・泉パークタウン車庫前行に乗ってください。

病院の外観は見れました

JCHO仙台病院・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

JCHO仙台病院・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

25分ほどで「JCHO仙台病院」に到着です。
写真は病院前の道路からですが、バスは病院の正面入口前まで乗り込んでくれますからね。

JCHO仙台病院・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

JCHO仙台病院・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

近づいてみると、こんな感じ。ここに和人や茉莉ちゃんがいたと思うと、また泣けてきちゃいますよ。

JCHO仙台病院・その3|映画「余命10年」の聖地巡礼

JCHO仙台病院・その3|映画「余命10年」の聖地巡礼

病院は高台にあるので、きっと中からは仙台市街が綺麗に見えるのではないでしょうか。

JCHO仙台病院(正面入口)|映画「余命10年」の聖地巡礼

JCHO仙台病院(正面入口)|映画「余命10年」の聖地巡礼

正面入口は、こんな感じ。

JCHO仙台病院(土日はお休み)|映画「余命10年」の聖地巡礼

JCHO仙台病院(土日はお休み)|映画「余命10年」の聖地巡礼

訪問したのは土曜日でしたので、病院はお休み(土日祝日は休診)で、中に入ることができませんでした。
平日に行けば、リハビリで病院に来ていた和が、診察室に向かう茉莉とお母さんを見かけるシーンで使われた、エントランスホールを見ることができる筈です。

ちなみに桜の開花宣言が4月8日に出た仙台ですが、病院の周りには桜は咲いていません。
映画では、病室の窓越しに満開の桜が見えていましたが、あれは高所作業車を使って搬入したそうです。

JCHO仙台病院バス停|映画「余命10年」の聖地巡礼

JCHO仙台病院バス停|映画「余命10年」の聖地巡礼

というワケで外観しか見られませんでしたが、それでも十分、聖地の空気を味わうことはできましたよ。
病院からバスに乗り、泉中央駅に戻りました。

参考リンク

もしこのページをご覧になり、聖地巡礼をしたいという方がいらしたら、可能でしたら平日に行くのをおすすめします。
あ、もちろん、平日は普通に通院されている方がいらっしゃるので、お邪魔にならないようにお願いしますね。

余命10年の聖地巡礼仙台版に行きたい!という方のために、参考としてリンク張り付けておきます。

JCHO仙台病院 (ロケ地の病院の公式サイト)

宮城交通 (病院までのバスの運行会社)

そしてまだ、「余命10年」の映画を観てないという方、小説を読んでいないという方、是非、映画をご覧ください、小説をお読みください。

The post 映画「余命10年」の聖地巡礼に行ってみた|ロケ地訪問(仙台編) first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

映画「余命10年」の聖地巡礼に行ってみた|ロケ地訪問

顔、グシャグシャになりました

久しぶりに嫁ハンと映画を観に行きました。
「余命10年」
実際に原作者の方が、”あと10年”と言われた中で執筆された原作をもとに映画化されたストーリーということで、所謂”余命もの”とは、ちょっと違うリアリティを感じるストーリー。
そして何より、小松菜奈さんと坂口健太郎さんの演技がずるいのよ、もう感情移入しまくりでした。

終わってみたら、顔がクシャクシャのグシャグシャになっちゃいました。

聖地巡礼、ロケ地訪問、行ってみました

余命10年、明らかに「あー、あの場所だぁ!」ってわかる場所もありました。
またちょうど今、桜が満開とういこともあり、ストーリーの重要なシーンと重なる季節。
ということで、行ってみましたよ、聖地巡礼。

えっと、ストーリーのネタバレにはならないよう、意識したつもりではありますが、「〇〇のシーン」という紹介の仕方になるので、できれば映画をご覧になってから、以下の記事、お読みいただけたら幸いです。

桜のシーンは石神井川

映画で重要なシーンとして出てくるのが、桜のシーン。
小松奈菜さん演じる高林茉莉と坂口健太郎さん演じる真鍋和人のデートシーンなど、何回も桜のシーンは出てきます。

桜のシーンは、主に石神井川の桜並木で撮られています。

西武池袋線、練馬高野台駅から歩いて2分程度のところ、石神井川にかかる薬師堂橋近くの桜並木です。

石神井川の桜・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

石神井川の桜・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

ちょうど🌸桜が満開で綺麗でした。

1:35~、この茉莉と和人の後ろ、左側に階段のようなものがあって、右側には白いマンションのようなものが見えます。

石神井川の桜・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

石神井川の桜・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

薬師堂橋から100mほど歩いたところにあります。

小松菜奈「抜け殻状態で燃え尽きた」 『余命10年』プレミアに感無量
↑こちらのページにある桜のシーン、時計が見えています。

石神井川の桜・その3|映画「余命10年」の聖地巡礼

石神井川の桜・その3|映画「余命10年」の聖地巡礼

これも同じく、石神井川沿いの通りにありました。

茉莉が待ち合わせたのは上野駅

茉莉が久しぶりの友人と待ち合わせた場所は、ここ。

動画の冒頭、atreの文字が見えますね。アトレ上野です。

JR上野駅からパンダ橋口(3F)から出て2Fに下がる、もしくは、正面玄関口(1F:動物園の反対側)を出て2Fに上がると昭和通りを跨ぐような大きなデッキがあるのですが、どうやらこの上で待ち合わせたようです。

上野駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

上野駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

atreの文字が白いなど、映画とちょっと違うところもありますが、場所はここで間違いありません。

二人が歩いているのは谷中銀座

茉莉と和人が二人で買い物したり、楽しそうに手をつないで歩いているのは、谷中ぎんざ商店街です。

谷中銀座・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

谷中銀座・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

日暮里駅から歩いて数分のところですが、昔ながらの、昭和の香りがまだ残っている、都心にいることを忘れてしまうくらい、下町情緒溢れる空気の場所でした。

何度も出てくる谷中銀座ではありますが...

この動画のサムネイルに使われている階段も...

谷中銀座・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

谷中銀座・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

谷中銀座にありますよ。
谷中ぎんざ商店街にある、”夕やけだんだん”と呼ばれる階段が何回か出てきます。

二人の手が映っているところも...

谷中銀座・その3|映画「余命10年」の聖地巡礼

谷中銀座・その3|映画「余命10年」の聖地巡礼

谷中銀座です。

谷中銀座・その4|映画「余命10年」の聖地巡礼

谷中銀座・その4|映画「余命10年」の聖地巡礼

「夕焼けだんだん」の階段の手すりも、ポスターなどで見かけますね。

自転車で走っているのは蔵前橋

映画の終盤、和人が茉莉を探して必死に自転車を走らせているシーン。

これは、隅田川にかかっている蔵前橋です。

0:16~、和人は台東区側から墨田区側へと必死に自転車を進めています。

蔵前橋・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

蔵前橋・その1|映画「余命10年」の聖地巡礼

徒歩で行ったので車線に出ての撮影ができなかったのが、少々の後悔。

蔵前橋・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

蔵前橋・その2|映画「余命10年」の聖地巡礼

ちなみに蔵前橋からちょっと左を向いてみると、スカイツリーが見えています。
ちょうど良いタイミングで水上バス(クルージング船かも)が近づいてきてくれました。

和人と茉莉が再び会うのは日暮里駅

必死に探した和人が茉莉を見つけた場所は、日暮里駅です。

7:14~、二人が再開した、この場所は...

JR日暮里駅の南改札口です。

日暮里駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

日暮里駅|映画「余命10年」の聖地巡礼

JR日暮里駅の改札口を出て右側にあるのが、京成の日暮里駅です。

午後半日あれば、なんとか

予め場所を把握しておいて、行き方・乗り継ぎの仕方を頭に入れておけば、本日紹介したロケ地、全部巡って半日くらいです。
私は、自宅⇒練馬高野台の桜⇒谷中ぎんざ⇒日暮里駅⇒上野駅⇒蔵前橋⇒自宅と移動したのですが、13時半に家を出て、帰宅したのが18時でした。

他にも「余命10年 ロケ地」などのキーワードで検索してみると、いくつか出てきますよ。
見なさんも聖地巡礼・ロケ地訪問、いかがでしょうか?

実際に行ってみますと、茉莉や和人の思いを改めて感じることができると思います。

The post 映画「余命10年」の聖地巡礼に行ってみた|ロケ地訪問 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.


スポンサーリンク
管理人おすすめ