表示速度一覧

スマホサイト、データ転送量の4割は広告!

月の半ばになると、スマホのデータ使用量って、気になりますよね。
「ギガが足りない...」なんてなりたくないですものね。

スマホで見ている情報の4割は広告

株式会社角川アスキー総合研究所が、今月頭に、非常に興味深いレポートを出していました。

「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」を実施
主要Webサイトのデータ転送量、平均4割は広告

もう、タイトルそのまんまなのですが、Webをスマートフォンから利用する際のデータ転送量のうち、広告データがどの程度の比率を占めているのかを調査したそうです。

結論から言いますと、スマホで見ているサイトの情報量の4割は広告なんですって。
すごくないですか? 見ている情報の半分弱は広告ってこと。

これらの結果と、データ通信量の単価やWeb、SNS、動画サイト、メールといった項目ごとの利用時間・データ転送量等から類推すると、4人家族全員がスマートフォンを持っている場合、月々のデータ通信料金のうち約2,900円ぶんを広告のデータ転送に費やしていることになります。

↑つまり、4人家族で4つのスマホを持っている家庭ですと、月に3千円くらいを広告をみるために支払っている、なんて計算になるそう。
そう知ってしまうと、なんかモヤモヤしてきますネ

「Brave」は表示催促ブラウザ

この調査、ブラウザーアプリによるWeb表示速度の調査もされています。
具体的には

【測定対象サイト】
・ポータルサイト: 「Yahoo! JAPAN」「goo」「livedoor for スマートフォン」
・天気予報/災害情報: 「日本気象協会 tenki.jp」「ウェザーニュース」
・ショッピング: 「Amazon」「楽天市場」
・ニュース/生活情報: 「日本経済新聞 電子版」「NHK」
・グルメ/レシピ: 「クックパッド」「食べログ」
・その他: 「Wikipedia」「価格.com」

この13の主要コンテンツサイトの、表示時間を比較したそうです。

比較に使ったブラウザは

【測定対象サイト】
・Safari
・Google Chrome
・Firefox
・Brave
・Smooz
・Firefox Focus
・Opera Touch

主要な7つのWebブラウザーアプリ。

標準状態のまま
アクセスし、実測した平均表示速度の合計は、下のような結果に。

ブラウザ 表示時間
Safari 1分34秒18
Google Chrome 1分29秒16
Firefox 1分35秒71
Brave 1分05秒69
Smooz 1分32秒93
Firefox Focus 1分13秒37
Opera Touch 1分19秒55

グラフにしてみました。

主要7ブラウザアプリによる表示時間の比較

主要7ブラウザアプリによる表示時間の比較

縦軸の単位は[秒]です。一目瞭然ですね

私自身、スマホにはGoogle ChromeとBrave、そしてPCにはGoogle Chrome、Edge、Braveを入れていますが、今回の角川アスキーさんの報告には、大いに納得です。

Braveは不要な広告をカットしてくれるので、表示速度が速いんです。
Chromeがジワジワ~っと表示するのに対して、Braveはスッと出てくる感じ。

スマホ版Braveはメインブラウザとして使い始めて、4~5か月くらいでしょうか。

スマホ版Braveで節約できた通信料と時間(推定)|4~5か月くらいの成果です

スマホ版Braveで節約できた通信料と時間(推定)|4~5か月くらいの成果です

なんと、6.14GBのデータ使用料の節約、読み込み時間にすると、累計で4時間も短縮できている、ということになるそうです。

PC版版Braveで節約できたデータ使用量と読み込み時間(推定)

PC版版Braveで節約できたデータ使用量と読み込み時間(推定)

PC版では、7~8か月ほど、メインブラウザとして使っていますが、13.34GBのデータ使用料の節約、時間にすると8.3時間の節約とのこと。

他にも、ポイントを稼げるとか、投げ銭ができるとかいろいろメリットあるのですが、単純に表示速度が速いということで、Braveはオススメ♪
データの使用が少なくなるってことは、データの使用”“も少なくなるってことですものネ

こちらからダウンロードしてみてくださいね。

Braveも詳しい機能については、
巷で噂のブラウザ「Brave」の評判を確かめてみた
↑こちらの記事もお読みいただければと思います。

The post スマホサイト、データ転送量の4割は広告! first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.


次世代高速ブラウザ「Brave」を4ヶ月使い続けてわかったこと

5月頭くらいから、自宅や職場でネットを見る最、次世代高速ブラウザとして鳴り物入りで誕生した次世代高速ブラウザBraveを使い始めました。
結論から初めに言いますと「Braveは、”あり”」です。

不要な広告を消すから表示が速い!

Braveの一番の特徴は、不要な広告を消してくれること。

ChromeでYouTubeを見ると、多くの動画で、画面下部中央に横長の広告が入りますよね。

PC(Windows)版ChromeでYouTubeを視聴

見事なくらい、字幕と被ってしまって、読めません。

これがBraveだと...

PC(Windows)版BraveでYouTubeを視聴

PC(Windows)版BraveでYouTubeを視聴

綺麗に広告が無くなっています。

他にも、このサイトも参加している「ブログ村」のランキングページ。
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
ジュビロ磐田のページを見てみますと、おっと、このサイト「関西ジュビリスト」って上位じゃないですか、嬉しいですね!ありがとうございます。

あ、ごめんなさい、話が逸れました
Chromeで見てみますと...

PC(Windows)版Chromeでブログ村

PC(Windows)版Chromeでブログ村

上部の真ん中、右のサイドバーに大きめの広告、そして下の方にも横長の広告(この広告はスクロールしても動かないタイプのものです)と、なんだか画面の3割くらい、広告で占めているんじゃないかってくらい。

Braveで見てみると...

PC(Windows)版Braveでブログ村

PC(Windows)版Braveでブログ村

広告がないからスッキリ♪ 正直、このレイアウトの方が見やすいです。

広告の画像表示が無い分、表示速度も速いです。

Braveは、他のブラウザの2~6倍の表示速度、と謳っていますが、強ちオーバーではないように感じています。
ChromeとかEdgeだと、ジワジワ~っと表示される感覚なのですが、Braveだとスッと表示されます。

PC(Windows)版Braveで広告ブロック

PC(Windows)版Braveで広告ブロック

Braveにこんな画面があるのですが、本日現在、PC版ブラウザで私、13万6千件の広告やトラッカー(位置情報)をブロックして、約2.9GBのデータ使用料を節約できたとのこと。それによって2時間弱の読み込み時間が節約できたんですって。

スマホ(Android)版Braveで広告ブロック

スマホ(Android)版Braveで広告ブロック

スマホですと
14万5千件の広告とトラッカーをブロック、約3.3GBのデータと2時間の読み込み時間を節約とのこと。

この数値が大きいのか・小さいのか、なんとも判断できませんが、上述のとおり、感覚的に表示が速くなって快適というのは事実です。
スマホのようなモバイル端末ですと、データ使用料を節約できるってのは、大きなメリットになるかと思います。

とにかく広告が鬱陶しい、もっと快適にサクサクとネットサーフィンしたいという方には、Braveはおすすめのブラウザです。

ちなみに、数字の下にあるアイコンは、頻繁に訪問しているサイトを表しています。
私の場合、自分のサイト、検索サイト、あと仕事関連のサイトが多いことがよくわかりますネ。

ポイントサイトとは相性が良くないみたい

皆さん、ポイ活ってされています?
本日、9月1日からマイナポイント事業が開始されましたよね。

私はTポイントに楽天ポイント、dポイントやPontaポイントなどなど、いろんなポイントを貯めているポイントコレクターです。
ネットショッピングやサービス利用でポイントが貯まるポイントサイトも複数、登録しているのですが、どうもBraveはポイントサイトとはあまり相性がよろしくないようです。

例えば、げん玉っていうサイトがあるのですが...

PC(Windows)版Chromeでげん玉.jpg

PC(Windows)版Chromeでげん玉.jpg

Chromeで見ると普通に広告の画像も表示されています。

これをBraveで見ると...

PC(Windows)版Braveでげん玉

PC(Windows)版Braveでげん玉

一部の画像が表示されていません。

また、ポイントタウンというサイトをスマホで見てみましたところ...

スマホ(Android)版Chromeでポイントタウン

スマホ(Android)版Chromeでポイントタウン

Chromeでは、何ら問題ありません。

スマホ(Android)版Braveでポイントタウン

スマホ(Android)版Braveでポイントタウン

Braveでは、やはり多くの画像が表示されていません。

サービス利用や広告URLタップを認識するのに、Value Commerceなどのアフィリエイト機能を利用しているのが原因のようです。

画像が表示されないだけなら、まだ良いのですが、ひょっとしたら広告利用が巧く認識されない可能性もあるかも知れません。
(すみません、詳しい検証はできておりません。何かわかったら、またこちらにアップしますね。)

ポイ活大好きな方、ポイントサイトに多く登録している方は、BraveよりもChromeをメインで使われた方が安心かと思います。

Brave自信が配信する広告もあります

Braveは従来のネット広告をブロックする一方で、Brave自身がユーザーに適していると思われる広告を表示させる機能を持っています。
仕組みを簡単に説明すると...

ユーザー
特に何か意識することはなく、いつもどおりにサイトを閲覧。
広告主
広告のターゲットをまとめておく。
(例えば、”資格を取りたいと思っている人”とか、”スーツを買いたい人”など)
ブラウザとしてのBraveの機能
従来のネット広告をブロックする。
広告データ(広告主が設定したデータ)をダウンロードする。
Braveがローカルでユーザーがどんなサイトを見ているのか、行動を計測する。
ユーザーの行動と、広告データが一致した際に、ブラウザが広告を表示する。

つまり、ユーザーが興味がありそうだと判断した場合にのみ、広告が表示されるという仕組みになっています。
そう言われて、振り返ってみますと...

新しいスニーカーを買いたくて、ネットでスニーカーやウォーキングシューズを探しまくった時期があった。
⇒New Balanceの広告が表示された。
仕事で外部の組織から委員の打診があり、兼業・副業について時間をかけて情報収集した。
⇒ミドルの転職の広告が表示された。
AI(人工知能)やロボットについて、技術動向を調べた。
⇒デアゴスティーニのアイアンマン政策雑誌の広告が表示された。

こんな感じですね。

スニーカーでニューバランスとか、兼業・副業で転職サイトなんて、かなり精度が高いですよね、今思うと。
三つ目の、AI・ロボットでアイアンマンの雑誌...まぁ当たらずとも遠からず、かな

Braveの特徴として、Braveが表示した広告をクリックしてそのページを開くとポイントが稼げるという大きなメリットがあるので、私は広告表示はオンにしています。

どんなものでも広告は鬱陶しいという方は、表示設定をオフにしておけば良いだけの話ですし、広告表示オンの設定でも、表示されてもリアクションしない(もしくは”閉じる”をクリック)でおけば良いので、大きな問題ではないと思います。

ダウンロードはこちらから

ということで、結論。
次世代高速ブラウザ「Brave」は、セカンドブラウザとしておすすめ。
唯一無二のBraveのみ、というのはチョッピリ怖い気がしますが、メインでBraveを使って、レイアウトがおかしいとか不具合があったらChromeで見る、こんな感じが良いかと思います。


↑こちらからダウンロードできます。

皆様も是非、スマホ、タブレット、PCなどにインストールして使ってみてくださいね。

The post 次世代高速ブラウザ「Brave」を4ヶ月使い続けてわかったこと first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.


スポンサーリンク
掲載予定