スマホ一覧

2021年シーズン、Jリーグをテレビで見るには?|機器・端末編

新型コロナウィルス感染症による11都道府県に緊急事態宣言が発出されて、不要不急の外出は自粛、ステイホームの生活ですね。

今年のJリーグは2月末に開幕

2021年のJリーグは、2月27日に開幕予定です。
が、しかし...新型コロナを取り巻く状況次第で変化があるかも知れません。まだ不確定要素もあると言えるかと思います。

無事に開幕できたとしても、恐らく...いえ、ほぼ間違いなく、昨年同様に
・観客同士の席は間を空けて
・声を出しての応援は禁止
となることでしょう。

良い方向に向かい、新型コロナが収束すれば、Go To トラベルの再開があるかも知れません。
他方で、悪い状況が続くと、もうしばらくの間、都道府県を跨いでの移動に対する自粛要請が継続することでしょう。

今年も、スタジアム観戦よりもテレビ観戦が多くなりそうですね。

Jリーグをテレビで見るならDAZNだぞーん!

2021シーズンも引き続き、DAZNがJ1・J2・J3を全試合生放送してくれます。
Jリーグをテレビ観戦するなら、DAZNとの契約は必須と言って良いでしょう。

DAZNを見るのに必要な環境

DAZNが推奨している環境は、以下のとおりです。

DAZN|ヘルプ|推奨環境について

WEB OS
・Windows8.1、Windows10、MacOSX以上のデバイス
WEBブラウザ
・最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edge
MOBILE (アプリ)
・iOS : 11.0以上のデバイスに対応
・Android : 5.0以上のデバイス
・Amazon Kindle Fire (2014年に発売された第4世代以降)

Windows8.1以降、MacOS X以降とのことですので、恐らく、大半のPCユーザーは推奨環境を満たしているのではないでしょうか。
ブラウザに関してですが、私は(推奨環境には含まれていない)Braveを使っていますが、特に問題無く視聴できています。

自宅にPCがない方、小型のノートPCをお持ちの方ですと、
「リビングにある、大きなテレビで見たい!」
↑なんて思いますよね。
PCのディスプレイやスマホの画面ではなくて、自宅のテレビでDAZN見るためには、下記のいずれかの端末が必要になります。

ゲーム機
・PlayStation 4
・PlayStation 4 Pro
・PlayStation 5
・Xbox One
・Xbox One S
・Xbox One X
・Xbox Series X (L)
・Xbox Series S (R)
テレビ
・Android搭載テレビ(SONYやSHARP等)
・Panasonic製スマートテレビ (2014以降)
・LG製スマートテレビ (2014以降)
・TOSHIBA製スマートテレビ
・ソニー製スマートテレビ(2014以降)
・DIGAブルーレイディスクレコーダー(2016以降)
その他
・Amazon Fire TV(付属ケーブル使用必須)
・Fire TV Stick(付属ケーブル使用必須)
・Google Chromecast
・Apple TV (「Apple TV(第4世代)」および「Apple TV 4K」のみ)
・SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40のみ)
・ひかりTV対応チューナー ST-3400
・Air Stick
・Air Stick 4K
・ドコモテレビターミナル
・J:COM LINK
・ケーブルプラス STB-2

対応端末は年々、増えているように感じます。

とは言え、わざわざ対応したテレビに買い替えるのはもったいないし、できることなら低予算に抑えたいですよね。

おすすめは、Fire TV StickGoogle Chromecastどちらも5千円くらいの価格と、手が届きやすいです。

Fire TV Stickなら、フルHDの動画をすばやくストリーミングできます。

Google Chromecastでしたら、ストリーミング配信に対応しているだけでなく、スマホの画面をミラーリングすることができます。
DAZNに限らず、スマホの画面をテレビに映し出すことができるので、何かと便利です。

Fire TVもChromecastも、どちらもDAZNだけでなく、複数の動画配信サービスに対応しているので、スマホで動画アプリをよく利用している方には重宝するのではないかと思います。

スマホからテレビに接続も可能

また、一人暮らしの方では、自宅でのネット接続はモバイルのみ、なんて方もいらっしゃるかと思います。

自宅のテレビでDAZNを見たいけど、そのためにネット回線の契約するのはもったいないし...そんなときには、こんな方法もあります。
ずばり、スマホとテレビをケーブルでつなぐ!

これなら機器は不要でケーブルのみ♪

Androidの場合

アンドロイドのスマホでは、スマホ側がmicroUSBの場合とUSB Type-C端子の場合で必要な条件が異なります。

microUSB端子の場合
・必要な機能
MHL
・必要な機器
MHL変換アダプター(1,000円程度)
HDMIケーブル(1,000円程度)
USB Type-C端子の場合
・必要な機器
・必要な機能:DisplayPort Alternate Mode
USB Type-C to HDMIケーブル(2,000円程度)

端末自体の機能、アダプター、ケーブルが対応しているかどうか、事前によく確認する必要があるようですので、ご注意ください。

iPhoneの場合

iPhoneでは、LightningーHDMI変換アダプタとHDMIケーブルを用意して、接続すればOKです。

まとめ

2021年シーズンのJリーグを視聴するためには、DAZNと契約しましょう。
自宅の大きなテレビでDAZNを見るためには、対応した機器(テレビなど)か、端末(ひかりTVなどのセットアップBOX、Fire TV、Google Chromecastなど)が必要です。

スマホとテレビを、アダプターとHDMIケーブルで接続することで、スマホ画面をテレビに共有することも可能ですが、端末やケーブルが対応しているか、よく確認する必要があります。

今、ご自身の身の回りの環境(ネット接続環境・固定電話回線の有無、モバイル端末の機種や契約内容)等をよく見直してみて、環境整備・増強してみてくださいね。

DAZN

The post 2021年シーズン、Jリーグをテレビで見るには?|機器・端末編 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

スマホサイト、データ転送量の4割は広告!

月の半ばになると、スマホのデータ使用量って、気になりますよね。
「ギガが足りない...」なんてなりたくないですものね。

スマホで見ている情報の4割は広告

株式会社角川アスキー総合研究所が、今月頭に、非常に興味深いレポートを出していました。

「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」を実施
主要Webサイトのデータ転送量、平均4割は広告

もう、タイトルそのまんまなのですが、Webをスマートフォンから利用する際のデータ転送量のうち、広告データがどの程度の比率を占めているのかを調査したそうです。

結論から言いますと、スマホで見ているサイトの情報量の4割は広告なんですって。
すごくないですか? 見ている情報の半分弱は広告ってこと。

これらの結果と、データ通信量の単価やWeb、SNS、動画サイト、メールといった項目ごとの利用時間・データ転送量等から類推すると、4人家族全員がスマートフォンを持っている場合、月々のデータ通信料金のうち約2,900円ぶんを広告のデータ転送に費やしていることになります。

↑つまり、4人家族で4つのスマホを持っている家庭ですと、月に3千円くらいを広告をみるために支払っている、なんて計算になるそう。
そう知ってしまうと、なんかモヤモヤしてきますネ

「Brave」は表示催促ブラウザ

この調査、ブラウザーアプリによるWeb表示速度の調査もされています。
具体的には

【測定対象サイト】
・ポータルサイト: 「Yahoo! JAPAN」「goo」「livedoor for スマートフォン」
・天気予報/災害情報: 「日本気象協会 tenki.jp」「ウェザーニュース」
・ショッピング: 「Amazon」「楽天市場」
・ニュース/生活情報: 「日本経済新聞 電子版」「NHK」
・グルメ/レシピ: 「クックパッド」「食べログ」
・その他: 「Wikipedia」「価格.com」

この13の主要コンテンツサイトの、表示時間を比較したそうです。

比較に使ったブラウザは

【測定対象サイト】
・Safari
・Google Chrome
・Firefox
・Brave
・Smooz
・Firefox Focus
・Opera Touch

主要な7つのWebブラウザーアプリ。

標準状態のまま
アクセスし、実測した平均表示速度の合計は、下のような結果に。

ブラウザ 表示時間
Safari 1分34秒18
Google Chrome 1分29秒16
Firefox 1分35秒71
Brave 1分05秒69
Smooz 1分32秒93
Firefox Focus 1分13秒37
Opera Touch 1分19秒55

グラフにしてみました。

主要7ブラウザアプリによる表示時間の比較

主要7ブラウザアプリによる表示時間の比較

縦軸の単位は[秒]です。一目瞭然ですね

私自身、スマホにはGoogle ChromeとBrave、そしてPCにはGoogle Chrome、Edge、Braveを入れていますが、今回の角川アスキーさんの報告には、大いに納得です。

Braveは不要な広告をカットしてくれるので、表示速度が速いんです。
Chromeがジワジワ~っと表示するのに対して、Braveはスッと出てくる感じ。

スマホ版Braveはメインブラウザとして使い始めて、4~5か月くらいでしょうか。

スマホ版Braveで節約できた通信料と時間(推定)|4~5か月くらいの成果です

スマホ版Braveで節約できた通信料と時間(推定)|4~5か月くらいの成果です

なんと、6.14GBのデータ使用料の節約、読み込み時間にすると、累計で4時間も短縮できている、ということになるそうです。

PC版版Braveで節約できたデータ使用量と読み込み時間(推定)

PC版版Braveで節約できたデータ使用量と読み込み時間(推定)

PC版では、7~8か月ほど、メインブラウザとして使っていますが、13.34GBのデータ使用料の節約、時間にすると8.3時間の節約とのこと。

他にも、ポイントを稼げるとか、投げ銭ができるとかいろいろメリットあるのですが、単純に表示速度が速いということで、Braveはオススメ♪
データの使用が少なくなるってことは、データの使用”“も少なくなるってことですものネ

こちらからダウンロードしてみてくださいね。

Braveも詳しい機能については、
巷で噂のブラウザ「Brave」の評判を確かめてみた
↑こちらの記事もお読みいただければと思います。

The post スマホサイト、データ転送量の4割は広告! first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.


スポンサーリンク
掲載予定