日本代表一覧

2019/06/21 コパ・アメリカ グループステージ ウルグアイ 2-2 日本

コパ・アメリカ グループステージ
2019/6/21(金) 8:00 試合会場: アレーナ ド グレミオ
ウルグアイ 2-2 日本代表


・GK
川島 永嗣
・DF
杉岡 大暉
植田 直通
冨安 健洋
岩田 智輝
・MF
柴崎 岳
板倉 滉
中島 翔哉
三好 康児
・FW
安部 裕葵
岡崎 慎司
・控え
小島 亨介
大迫 敬介
原 輝綺
菅 大輝
立田 悠悟
中山 雄太
渡辺 皓太
伊藤 達哉
松本 泰志
久保 建英
前田 大然
上田 綺世


――――――――岡崎――――
――――安部――――――――
中島――板倉――柴崎――三好
杉岡――冨安――植田――岩田
――――――川島――――――

4-2-3-1とか4-4-2というよりは、4-4-1-1。

ウルグアイのメンバーは省略。
ダブルボランチ型4-4-2で、
ヒメネス、ゴディン、カセレスなどがいるものの
2トップのルイススアレスとエディンソンカバーニにどうしても目が行く。


組織力よりは個人能力でなんとかしようぜ感が攻守にあったウルグアイに
真っ向から日本らしさを出しながら戦って、
内容でも結果でも十分に渡り合えたかな、
というのが全体的な感想です。

ウルグアイの特に前線の2枚、スアレスとカバーニは
やっぱり個人能力がすごく高くて
崩していない非効率的な攻撃が多かったにも関わらず
シュートまで持ち込まれたり
ペナルティエリアに侵入して
無理矢理チャンスを作っていました。

助かったのは、連動性が非常に低かったこと。
前線で孤立していても、一人でボールを収められることは
日本にとって脅威になった一方、
選択肢がかなり限定的でスローダウンするような攻撃だったので
守備アプローチやチャレンジは比較的しやすかったと思います。

一方の日本は、前向きで仕掛けるシーンでの中島や三好は別として
ウルグアイのように個人でキープできるかというと、やっぱり厳しい。
だからこそボールを味方に落とすプレーや
周囲のランニングでのボールマンフォロー、
そして縦横のワンタッチパスを使いながら攻撃を成立させる。


ウルグアイの2トップの守備意識が低くプレスバックにも来ないので
簡単に中盤中央にボールを通すことができ
ポイントを作れたことが大きかったです。

中央から2トップへの縦パスを抑えなければならない都合、サイドが空く。
日本はサイドバックが幅をとる役割で、
ウルグアイのゾーンのサイドとセンターの間、
いわゆるハーフスペースを空けておいて
そこで中島と三好がボールを受けてからの仕掛けが狙いでした。


そして中島と三好は、自ら仕掛けてカットインして自ら決定機を作れる選手
ハーフスペースを使って直接的にシュートチャンスを演出できる日本に対して
押し込んでからサイドバック起点にしてサイド奥を取る形から
最終的にはクロスボールという形が多かったウルグアイなので
そのへんの非効率さは結構気になりました。
もちろんこれは結果論で、
クロスから中の高さを使われて失点を重ねることも考えられたわけですが
川島の好セーブもあってなんとか凌げた日本でした。

ウルグアイと引き分けに終わった日本は
内容も良くて、十分に勝ち切れる試合でしたが
ここで気を緩めずに、この試合のプレー強度をデフォルトにしてもらいたいと思いました。
ウルグアイ並みの個人能力に、組織力が加わるのが世界の強豪チーム。
このウルグアイ相手の結果と内容で、
なんとなく良かった感が強すぎると
この日の引き分けが、求める結果を残せなかったいという事実が、霞んでしまう。
いい意味でこれを成功体験にしないでほうが
この日の引き分けも価値あるものになるはず。
この経験をそうやって生かしていけるような若いメンバーだったとも思っています。


日本代表 MVP 三好康児

2ゴールの活躍。
ボールを持って仕掛けるプレーだけでなく
スペースを使ったり、チャンスに顔を出したりと
オフザボールでも精力的に幅広く動き、決定機に絡み続けた。
初のA代表での出場にも関わらず
三好自身が最も得意とする役割とポジションを与えられ、
そこでしっかり結果を残しアピールできた。

 


日本代表欧州遠征メンバーリストから、最終メンバーを予想してみる

ということで(?)、A代表のメンバーが発表されました。
http://www.jfa.jp/national_team/news/00016421/

日本代表欧州遠征メンバー

GK

川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

DF

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
遠藤航(浦和レッズ)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
宇賀神友弥(浦和レッズ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
森重真人(FC東京)
槙野智章(浦和レッズ)

MF

三竿健斗(鹿島アントラーズ)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
大島僚太(川崎フロンターレ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
森岡亮太(アンデルレヒト/ベルギー)

FW

本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
小林悠(川崎フロンターレ)

以上、日本代表に招集されたメンバー26名。
3月23日にマリ代表、3月27日にウクライナ代表と対戦します。

まぁ、いろいろ思うところはあるんですが、
最終追試みたいなメンバーが気になりますかね。
宇佐美とか森重とか宇賀神とか。

ロシアワールドカップ日本代表候補メンバー序列

今回のリストからはなんとなく最終メンバーの輪郭が見えてくるというか
誰が当確で、誰が当落線上なのか、
そしていないメンバーから、誰がほぼ脱落なのか、
分かってくると思います。

なので、ポジション別に、まとめて見ました。

ちなみに
・上から序列が高い
・赤字は確定
・青字は脱落?
です。

あと、先に言っとくと、特別に目新しかったり斬新な話はありませんのでご容赦ください。笑

GK

川島
中村
東口
西川
林、権田
六反

昨年後半に巻き返していた西川が落選。
さすがに今年の浦和レッズの状況だと厳しいし、コンディション的にもイマイチに見える。

東口もガンバ的には不調だったが、それでも東口が選ばれているので、序列ははっきりと東口が上。
川島、中村、東口の3名で、最終メンバーはほぼ確定と言える。

DF

右サイドバック

酒井宏
遠藤、酒井高
西、室屋、米倉

なんだかんだで酒井宏が代表でもクラブでも低位置を確保できており、確定。

酒井高がなぜ今回メンバー外かよく分からない(ボランチとかやってるから?)が
遠藤との二番手争いは最後まで続きそう。

兼任できそうな長友とかを除くと、実は候補は少なく、
酒井宏+遠藤or酒井高でしょう。

左サイドバック

長友
車屋(、酒井高)
宇賀神、山本
藤春

代表にも継続して選ばれ続けている長友は確定と見ていい。
懸念だった出場機会も、移籍によって担保できている。

左右をこなす酒井高は別枠として、
これまで二番手は複数の選手が試されてきたが
今回の選出からも車屋の序列が結構高そうなことが伺える。

初期メンバーだった藤春は、最近メンバー入りできておらず、正直厳しい。

センターバック

吉田
槙野、昌子
植田、森重
三浦、谷口、丸山

吉田、槙野、昌子は確定。
そして吉田のケガによって、アピールのチャンスが生まれている。

今回のメンバーリストではっきりしたのが、
4番手を、植田と森重で争うこと。
バックアッパーとして継続して選ばれ続ける植田が一歩リード。
初期にスタメンだった森重は
調子が良いとはお世辞にも言えない状態だが
それでも選ぶあたりに期待の大きさが伺える。

森重がダメであっても植田が選ばれるので、
三浦・谷口・丸山は残念ながらほぼ絶望的。

MF

長谷部、山口
井手口、今野、清武
大島、柴崎、三竿、森岡
長澤、小林祐、高萩、倉田、香川

一貫して選ばれ続けている長谷部と山口は確定。
前者はキャプテンとしても重要で、
後者は不調時であっても頑なに選出されている。

続くのは2段目に置いた3選手のはずなのだが、
今野と清武はケガ、井手口は海外移籍後に出場機会を失っている。
これまでの召集暦などから見ても、
彼らはクラブで出場できればほぼ選ばれるだろう。
わりと全治が長い清武だが、多分間に合う。(よね?)

今回、彼らが選ばれない中で召集された大島、柴崎、三竿、森岡は、当落線上にいる。

三竿は長谷部・山口・井手口・今野の枠として. バックアップの力をテストされるが、
大島・柴崎・森岡は恐らく若干事情が異なる。
ボールを動かしてチャンスを作れる
このメンバーリストの中では希有なタイプであり
仮に2段目の3選手が全員選ばれるとしても
この中から最低でも1名は残ると見てよいのでは。

過去に出場機会のあった長澤、小林、高萩、倉田は、
ここで呼ばれないということは. 序列的には劣っていると考えられる。

そしてそれは、香川も同様。
クラブで圧倒的な高パフォーマンスを出すか、
あるいは清武が間に合わず、
かつ大島・柴崎・森岡にも満足できない場合に、
チャンスがあるか。

FW

右ウイング

久保
浅野、本田(、宇佐美、小林、中島)
伊東(、武藤)

呼ばれ続けている久保は確定。

浅野も確定と思いきや、出場機会を失ってしまい、メンバー外に。

久しぶりに本田が呼ばれたが
右も出来るFWが意外と多いので
この2試合でどうやって試されるかは注目。

チームでも好調を維持する伊東は選外。
本田もフィットせず、浅野もチームで出れず、
そして兼任できそうな選手たちもイマイチだったときしか、
チャンスは回ってきそうに無い。

左ウイング

原口
乾、宇佐美、中島
(香川)

ハーフで出場させたりするハリルホジッチの起用方法や
召集暦からしても、原口は間違いなく確定。

続くのは乾のはずだが、なぜか選外。
今回のメンバーの最大の謎と言える。

クラブで結果を出している宇佐美と中島がインパクトを残せれば
ジョーカー枠としてメンバーに残る可能性がある。

トップ

大迫
杉本
小林悠、金崎、川又、武藤、興梠、(、浅野)
岡崎

ここも大迫が確定。

続くのは、あえて選ぶなら杉本だろうか。
試される機会が多く、期待が高そう。

他の選手が僅差で続くが
杉本で大迫の控えに目処が付かない場合に、小林で十分なのかが今回テストされる。
そもそも3段目の選手からは選ばれない可能性すらある。

ここまでの召集暦からすると、岡崎が選ばれる可能性は極めて低い。

ロシアワールドカップ日本代表最終メンバー予想

ここまでをまとめると以下になります。

GK

川島
中村
東口

DF

酒井宏
遠藤or酒井高
長友
車屋or酒井高
吉田
槙野
昌子
植田or森重

MF

長谷部
山口
井手口or三竿
今野
清武
大島or柴崎or森岡

FW

久保
浅野or本田
原口

大迫
杉本
宇佐美or小林or本田or中島or大島or柴崎or森岡

これでちょうど23人です。
まぁ、あんまり代わり映えはしないんですが。
そして予想といいながらorを多用してますが。

でも、整理していくと、こうなります。
希望とか好みとか一切抜きで。

そして、ここに上げた選手たちで計算が付かない場合にしか、
香川や岡崎の出番は無いような気が、整理しながら感じました。

とりあえず、直近の2試合と、それに向けたトレーニングで、
当落線上のメンバーがどれだけアピールできるか。
今回の26人には、最終メンバー入りの可能性が十分ありますので
それらの選手に注目していきたいです。


試合レポート/2018年アルガルべカップ5・6位決定戦 カナダ 2-0 日本

5・6位決定戦
2018年03月07日 14:55 KickOff Parchal
カナダ2-0日本
得点者
20分 JANINE BECKIE
50分 ASHLEY LAWRENCE
公式はこちら

フォーメーション

ーーーー菅澤ーー岩淵ーーーー
ー長谷川ーーーーーーー中島ー
ーーーー阪口ーー隅田ーーーー
鮫島ーー市瀬ーー熊谷ーー有吉
ーーーーーー山下ーーーーーー
アイスランド戦よりはデンマーク戦に近いチョイス。
デンマーク戦、ボランチで試された市瀬はセンターバックに。
岩淵の相方は菅澤。 宇津木は控えからのスタート。

メンバーリスト

GK 18 山下 杏也加
DF 3 鮫島 彩
DF 4 熊谷 紗希 (Cap.)
DF 5 市瀬 菜々
MF 6 有吉 佐織
MF 7 中島 依美
MF 10 阪口 夢穂
MF 14 長谷川 唯
MF 16 隅田 凜
FW 8 岩渕 真奈
FW 15 菅澤 優衣香
控え
GK 1 池田 咲紀子
GK 21 山根 恵里奈
DF 2 宇津木 瑠美
DF 17 高木 ひかり
DF 20 三宅 史織
DF 22 清水 梨紗
DF 23 大矢 歩
MF 12 猶本 光
MF 19 増矢 理花
FW 9 横山 久美
FW 11 田中 美南
FW 13 櫨 まどか
監督
高倉 麻子

差を見せつけられるも、イージーな失点が最大の課題

社蓄につき、前半30分くらいからしか見れなかったので、書くか迷ったんですが。

スコアはすでに0-1でした。
それを確認してから、ボールと人の動きに、試合展開に、目を向ける。

出足の早さ、玉際の強さ、積極性、展開の速さ。
日本は、カナダに、圧倒されていました。

試合中のレポートや、インタビューを見る限り、
意識したのは「いつも通り、日本らしく。」
それは、ボールをテンポ良く動かして複数人が連動して、
的な意味合いに、ざっくり言うとなっていると思うんですが、
これが全く通用しませんでした。

日本のDFラインでのビルドアップに対して
カナダの2トップがチェイスすると、
それだけで成り立たなくなる場面が多かったです。

カナダのダイナミックさに、ビルドアップのスケールで劣るというか。
単純にパススピードが遅かったり
トラップしてからボールリリースまでが遅かったり
組み立てに参加するメンバーの距離感や角度が悪い。

距離を詰めれば玉際で勝るカナダを意識するのであれば。
早くて広いパス回しでそもそもアプローチさせないか、
あるいは詰めたところを逆にとったりしていなすか、
そういったものが求められるシチュエーションでしたが、
DFラインに落ちるボランチが参加してもなお劣勢が続いてしまう。
ボールを受ける選手は、常に、カナダのプレスをモロに受けていました。
危険な位置でのボールロストも多かったです。

そして困ったときの中途半端なミドルレンジパスは、
4-4-2で布陣が噛み合っている以上
イーブンボールに競り勝てるカナダが拾ってしまいます。
ラインも押し上げられないから、カナダDF裏を狙えない(というか届かない)。

結果的に、攻撃の狙いどころとしては
無理やりにでもボールを前に運び、その少ない機会で
前に出て潰そうとしてくるカナダのセンターバックに
フリックや反転ターンを使いながら
裏や、逆を、取れるかになっていましたが、
プランニングされている攻撃ではなく
苦し紛れ感が正直ありました。

カナダはアスリート性が高い2トップをシンプルに生かすことと
4-4-2ゾーンのオリジナルポジションを守ることに関して
よく訓練されているようでした。

が、戦術的に革新的だったり工夫があったかといえばそうではなく
同サイド裏や対角線逆サイドにミドル~ロングキックで展開したり
前が開いていたらボールマンが持ち上がったりという感じでしたが、
それに対する日本は常に後手後手。

とはいえ、持ち上がりに大して一枚二枚で対応するだけでは
体格差を活かして押し切られるし、
スモールフィールドを作ってカバーに人数をかけようとしても、
日本選手には出来ないようなキック距離の長さと
それに追いつけるスプリントが、カナダにはありました。

失礼を承知で言えば、
多少は目を瞑らざるを得ない部分があるかな、
とも、思ったんですが。

だからこそ、集中力を欠き対応を誤った二つの失点は、とても残念でした。
あれは、カナダの力に屈したわけではない、
イージーなシーンだと解釈するべきだと思いますし、
そう捉えていくところからすべて始まると思います。

代表戦をはじめとする国際試合は、
現在地を知れる機会だと言われることがあります。

アイスランドとカナダしか私は見ていないんですが
今回のアルガルベカップで
若いメンバーも結構いるなでしこジャパンとしては
まさに現在地を知ることが出来た戦いになったはずです。

とりあえず、この試合の失点シーンからの意味合い出しは、
一ヶ月後に迫るワールドカップ予選でも、
そして、その先でも、重要かなと思いました。



twitterフォローとかブックマークとか読者登録とかしてくれると喜びます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


試合レポート/アルガルベカップ2018グループリーグ第2節 日本 2-1 アイスランド

JFA公式の結果ページはこちら

日本
ーーーー菅澤ーー岩渕ーーーー
ー横山ーーーーーーーー増矢ー
ーーーー猶本ーー隅田ーーーー
宇津木ー高木ーー熊谷ーー清水
ーーーーーー山下ーーーーーー

土曜の夜、テレビのチャンネルを適当に変えたら、
なでしこジャパンが試合をしていました。
なので、開始何分かは見逃しました。

アルガルベカップの第2戦、アイスランドとの闘い。

第1戦、オランダ相手に2-6と大敗したことは知っていた。
内容や結果に厳しい声が多いことも、知っていた。

久しぶりに見るなでしこジャパン。
長谷川唯がすげー頑張ってる試合を見たのが最後の記憶ですが、
あれはいつだっただろうか。
確かに、一時期ほどの「強さ」は無いなというのが正直な感想でしたが、
それでもボールを回して主導権を握り、チャンスを伺う。

アイスランドは4-3-3の3ライン系の布陣。
中央を閉めていたい度合いが強いようで、横幅は相当コンパクト。
でしたが、縦のコンパクトさが弱く、間延びしていました。

4-4-2ワイドボックス系布陣のなでしこジャパンは、
ボランチポジションを安易に下げないことを
相当意識しているように見えました。
DFラインから、中央で踏ん張るボランチを経由して、
サイドバックのオーバーラップを促してから、パスを渡す。

横には狭かったのですが、縦には多少の余裕がありました。
アイスランドは、ゾーンの間にポジションをとる日本選手に対して
体格差アドバンテージを生かして積極的にチャージして
安易に振り向かせたりはしないものの
ボールがセンターサークル付近に位置するボランチを経由することを、防げない。

そして、アイスランドの4-3-3の「3-3」のところ。
3人でピッチの横幅全てを守るのは、相当に難しい。
一度中央を経由してからサイドバックで起点を作るプレーに、対応できない。

その中で特に輝いたのは、右サイドバックの清水梨沙。
斜めに入れるくさびのショートパスで
攻撃のスイッチを入れる役割を担いました。
15分の先制点も、清水のアウトサイドに逸れる軌道のロビングパスが
DF裏に抜け出す菅原に通っての形でした。

熊谷や宇津木という「経験者組」は
ミスの少なさで群を抜いており
さらにアイスランド相手に球際で負けておらず
MVPクラスの活躍でしたが
清水もそれに劣らないインパクトを残しました。
個人的には初見の選手だったので、とても驚きました。

この日は大雨&暴風で、ピッチコンディションが相当悪かったです。
多少マシだった序盤は、くさびをスルーやフリックを多用して
密集エリアでのフリーを作ってからシュートに持ち込む狙いが見えましたが、
天候荒れが酷くなってからはリードしている展開も影響したでしょうが
狭く守ろうとする4-3-3ゾーンの外側で
サイドバックを起点にしてアイスランドのサイド裏やバイタル脇でチャレンジする、
結果的に最もノーリスクでハイリターンなプレーチョイスが続く。

コーナーキックからアイスランドに同点弾を許しますが
日本は同じくコーナーキックから終了間際に得点。
2-1でゲームを終えました。

正直なところ、アイスランドのレベルは決して高くないように見えました。
球際で競り負けるシーンは多かったのですが、それはある意味仕方がない。
ゲーム展開も、プレーチョイスも、常に先手を取れていました。
内容からすると妥当な結果だと思います。

より早い展開でプレッシャーがかかるような高いレベルの相手に
どれだけできるか(まぁ、それがオランダ戦だったんだと思うんですが)と、
様々なタイプのメンバーを揃えている前線の組み合わせに、注目したいです。



twitterフォローとかブックマークとか読者登録とかしてくれると喜びます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク
掲載予定