2019年08月一覧

2019インターシティカップ西日本大会

8月10日(土) @大阪府堺市Jグリーン

順位トーナメント
vsIRIS生野(大阪府) 〇3-2
得点者:石田翔也、千賀涼介、内木璃斗

vsサルパFC(兵庫県) ×2-4
得点者:千賀涼介、山本敦琥

フレンドリーマッチ
vsセブン能登(石川県) 0-1
vsIRIS生野 0-2



0810hiro.jpg

0810shoya.jpg

0810kotaro.jpg

2019インターシティカップ西日本大会

8月9日(金) @大阪府堺市Jグリーン

予選リーグ
vsセイザンFC(山口県) 〇4-2
得点者:北原拓真、千賀涼介、山藤大夢2
G組1位通過で決勝トーナメント進出

決勝トーナメント
1回戦
vs高槻ジーグ(大阪府) ×2-3
得点者:千賀涼介、山藤大夢

フレンドリーマッチ
vs千里丘FC(大阪府) 0-1
vs坂井フェニックス丸岡FC(福井県) 2-1
得点者:小木曽祥規、山本虎太郎



0809rito.jpg

0809kento.jpg

0809tomoki.jpg

2019インターシティカップ西日本大会

8月8日(木) @大阪府堺市Jグリーン

予選リーグ
vsヴィッセル伊丹(兵庫県) 〇2-0
得点者:石田翔也、柏木康介

vs鹿児島ユナイテッド(鹿児島県) 〇5-1
得点者:山藤大夢2、千賀涼介、柏木康介、兼松龍玖

フレンドリーマッチ
vsガンバ堺(大阪府) 2-0 1-1 1-0
得点者:山藤大夢2、井戸大翔2

0808natsuki.jpg

0808kanta.jpg

0808taito.jpg




彦根遠征

8月5日(月) @滋賀県立大学→近江高校

vsイルソーレ小野(兵庫県) 1-0 0-1
得点者:坂本海晴

vsFCFuji(静岡県) 0-0 1-0 0-0
得点者:山藤大夢

vs近江高校(滋賀県) 0-3 2-2 0-2
得点者:山藤大夢、角田彪眞

ほとんどの選手が暑い中でもきちんと攻守に動けていた。でも一部は攻撃のみ、守備のみ、数mのみの選手がいるのも事実。
夏で力関係は変化する。夏に頑張った選手が秋に出場する。
バイタルはもっと中央での間からシュート、から3人目の関わり、ペナ角、ゴールエリア角をタイミング合わせてとることを求めたい。



0805yoshiki.jpg

00805kosuke.jpg

開始10分で勝負あり...|仙台 2-1 磐田

行って参りました、仙台。
杜の都、仙台に行けば少しは涼があるのかな、なんて微かな期待をもっていたのですが、暑い!関東と変わらぬ厚さでした。

移籍で補強、生まれ変われるか!?

試合の話をする前に、この一週間でバタバタと移籍関連のニュースが相次ぎましたよね。

ガンバ大阪からの今野泰幸加入に加えて...
ルキアン選手が完全移籍加入
チョンブリFC(タイ)からルキアン(FW)が加入。

秋山 陽介選手が期限付き移籍加入
名古屋グランパスから秋山(DF)がレンタルで加入

エベシリオ選手が完全移籍加入
レッドスター(セルビア)からのエベシリオ(MF)が加入

なんだか移籍の補強の勢いがすごいな、なんて思っていたら...
石田 崚真選手がレノファ山口FCへ期限付き移籍
石田崚真(DF)がレノファ山口FCへレンタル移籍

そして、ショックだったのが...
ロドリゲス選手がFCディナモ・キエフへ完全移籍
ロドリゲス(FW)のFCディナモ・キエフ(ウクライナ)への完全移籍...

チームになじんで戦力となっていたロドの放出、痛いですね...でも、ここまでの尽力には感謝しかありません。
新天地で、より世界トップレベルに近づいての活躍に期待しています。

今野に続いてのFWルキアん、DF秋山、MFエベリシオと各ポジションで補強、生まれ変わろうとしている真っ最中って感じですね。

開始早々2失点が全てでした...

ゴール裏席からの眺め|ユアテックスタジアム

ゴール裏席からの眺め|ユアテックスタジアム

行って参りました、ユアテックスタジアム仙台。

サッカー専用の見やすいスタジアム。磐田、仙台、北九州、鳥栖、コレが個人的にはスタジアム四大聖地

ユアテックスタジアム仙台|2019 明治安田生命J1リーグ 第21節|仙台 vs. 磐田

ユアテックスタジアム仙台|2019 明治安田生命J1リーグ 第21節|仙台 vs. 磐田

アウェイ杜の都に乗り込んだジュビロ、左ウイングバックには秋山陽介、ボランチには今野泰幸、そして最前線にはルキアンと新加入の選手を一気に三人も起用。
まぁ、使うために補強したんですし、実戦で使って慣らしていかないとつかめない感覚ってありますからね、今後のためにも良いことかと思います。

さーて、立ち上がりですが、様子を見る間もないくらいの開始4分に仙台のカウンター。富田晋伍がカットして相手陣内深い位置で道渕諒平がクロス、ここで磐田のDFが被ってしまい、ボールはゴール前にいた仙台の関口訓充のところへ。で、カミンスキーとの1対1を交わされてベガルタが先制...

そこから反撃する間もないくらいの8分、今度は関口が自陣から素早くボールを運んでスルーパス。これを受けた道渕が抜け出し、て2点目...

なんか立て続けに綺麗なゴールを二つも決められて、もうね、完全に試合のプランも何もなくなってしまったって感じ。
その後も慌てる磐田、落ち着いて攻める仙台、そんな印象を強く受けました。

押されっぱなしのジュビロでしたけど、前半32分に相手陣内左サイドでFK。ここで山本康裕のキックに新加入の今野泰幸がヘディングで合わせてゴール! 1点差。
ここから始まる磐田の反撃! と言いたいところでしたけど、そのまま1点のリードを許して前半は折り返し。

攻めるには攻めたけど、精度が低い...

後半に入って上原力也に替えてアダイウトン、山本康裕に替えて森谷賢太郎、秋山陽介に替えて田口泰士と交代枠をすべて使って攻める磐田

後半は気持ちを感じるものではありました。前目にシフトして、クロスも上がっていました。
とは言え、なんだかクロスもシュートも精度がイマヒトツでしたね...枠内シュートは少なかったかも。

試合結果|仙台 2-1 磐田

試合結果|仙台 2-1 磐田


ベガルタ先生 21 ジュビロ磐田(Goal:今野)

開始10分にも満たない時間でで2失点、コレが全てだったと思います。
そこから先は気持ちこそ感じましたけど、プレーのメッセージ性は深くはないように感じましたし...

6月に監督が交代し、夏場に来て移籍と放出で選手が入れ替わり、シーズン途中で若干、無理矢理にチームを生まれ変わらせようとしているワケで、多少の無理がありつつも、やっていくしかないですよね。

今野も秋山もルキアンも、それぞれ個々でみたら大きな期待を持てそうなプレーを見せてくれました。チームになじんで、新チームの輪郭がはっきりしてきたら、活躍してくれることでしょう。
↑問題はこの輪郭が出てくるのがどのくらいのタイミングか、なのですが...

ここから始まる、磐田の反撃。
目指せ、残留!!!




Jリーグを見るにはDAZN!メリットデメリット、おすすめの視聴方法をご紹介! #20200603更新

Jリーグを見るにはDAZN!メリットデメリット、おすすめの視聴方法をご紹介!

日本代表でサッカーに興味を持ったから、Jリーグもテレビで見てみたい!」
「Jリーグに興味を持ち始めたけど、全然TVで放送してない?どこで放送しているの?」

と感じたことはありませんか?

スタジアムでサッカーを見るのもいいですが、家でゆっくりサッカーを見るのもいいですよね。
ただ最近はJリーグの地上波放送がめっきり減ってしまい、その放映権はDAZNに移っています。
そこで今回は下記についてご紹介します。

Jリーグは何で見れる?

結論:Jリーグを見るには、DAZN一択です。

DAZNとは?

DAZNとは、スポーツ中継に特化したインターネット動画配信サービスです。
AmazonプライムやHuluのスポーツ版と思っていただければOKです。

DAZNでは、J1、J2、J3の全試合を生配信しています。
こんなにJリーグの試合を中継しているのはDAZNだけです。

応援しているチームのあるサポーター、Jリーグ自体が好きで色々なチームの試合を見たい人、推しの選手が出場する試合をチェックしたい人、みんなが満足できるサービスです!

地上波、BSでの放送はないの?

無料で見られる地上波やBSでの放送は、現在はほとんどありません。

BSでは毎節1試合程度、地上波のNHKでは数節に1試合程度です。
Jリーグが開幕した25年頃前は地上波でたくさんJリーグが放送されていましたが、近年のNHKでは優勝争いのかかった試合や開幕戦など、余程の注目が集まる試合でないと放送されないようになってしまいました。

私が感じるDAZNのメリット

私はDAZNがJリーグの配信を始めた当初からDAZNを利用しています。
そんな私が感じるDAZNのメリットは下記の通りです。

【手軽】インターネット回線があればどこでも見れる

大きなメリットは手軽さです。
スマホやパソコンがあれば、いつでもどこでも試合を見ることができます
それがどんな時に役立つかというと…

ストリーミング配信なので通信料が気になるところですが、最近のスマホは30GBまで使えるプランが登場しているので、以前に比べてスマホで長時間動画を見ることもハードルが低くなりました。

【興味が広がる】コンテンツが豊富

DAZNでは、J1、J2、J3の全試合が生中継されています。
スポーツはリアルタイムでないと楽しさが半減してしまうので、全試合生中継はとてもありがたいですよね。

また、DAZNには見逃し配信という機能があります。
配信日初日から約30日間は何度でもその試合を見返せるという制度です。

この見逃し配信のおかげで、話題になった試合やゴールをいつでも見返すことができます
テレビであれば、興味のないチームや自分の応援しているチームではないチームの試合はわざわざ録画しないので後から見たいと思っても見れないことが多いですよね。でもDAZNがあれば後から好きなタイミングで簡単に試合を見ることができます。

そのおかげで、これまで興味がなかったチーム、選手に興味を持つことができ、楽しみが増えていきます

また、DAZNにはJリーグ以外にも多数のコンテンツが用意されています。
プレミアリーグ、ラリーガ、セリエAなどの欧州主要リーグや、F1やメジャーリーグ、プロ野球などのサッカー以外のコンテンツも豊富です。

私はこれまで海外サッカーはあまり見ていませんでしたが、DAZNのおかげで試合を見る機会が増え、週末の楽しみが増えました!

【コスパ◎】料金が安い

気になる料金ですが、DAZNは月額1,750円(税抜)ですべての動画が見放題となっています。
そして!ドコモユーザーであれば、何と980円(税抜)で見ることができます!

ドコモユーザー以外ドコモユーザー
月額1,750円(税抜)980円(税抜)

これだけ放送しているコンテンツが多くて、この金額なのはかなりお得でコストパフォーマンスが高いです!

数年前までスカパーがJリーグ全試合生中継をしていましたが、その時は月額3,000円程でした。
その時は、こんなに安くJリーグを見れるとは思っていませんでした。
DAZNに感謝!

私が感じるデメリット

メリットがあれば当然デメリットもあります。

画質があまり良くない

DAZNはストリーミング配信のため、フルハイビジョンのテレビ映像に比べると画質は下がってしまいます。

また、画質はインターネットの通信環境にも大きく影響します
DAZN公式が発表している下記の推進環境以下の場合は、画質が極端に落ちてしまったり、クルクルと画面が固まってしまうこともあります。

画質が安定しないときは、無線より有線の方が速度が安定するため、有線LANを試してみる、また、Wi-Fiの場合は最新型のルーターに変える等の対策が有効です。

録画できない

DAZNは録画することはできません。
また、2019年4月にiOSのみで待望のダウンロード機能が追加されましたが、これはダウンロードした動画を一生保存できるものではなく、視聴期限はストリーミング配信のものと同じだそうです。
このため、Jリーグの場合は大体試合日から1か月間しか視聴することができません。

サッカーはリアルタイムで見るのが一番楽しいので、動画を一生撮っておく必要はない、という人も多いと思いますが、優勝が決まった試合や、好きな選手が海外に移籍する前の最後のJリーグでの試合など記念になる試合は手元に一生残しておきたいものです。
この点に関しては残念ですね。

視聴方法は?

DAZNの具体的な視聴方法は下記の通りです。①スマホやタブレット(専用アプリで)
②パソコン(ブラウザで)
③TV+ネットテレビ機器(amazon fire TV,appleTV等)←おすすめ!
④TV+ゲーム機(PlayStation4等)
⑤スマートテレビ

①スマホやタブレット

スマホの場合は、DAZNの専用アプリで視聴します。
アプリをダウンロードして、ログインすればすぐに試合を見ることができます。

②パソコン

パソコンの場合は、ブラウザで視聴します。
DAZNの公式サイトにアクセスし、ログインすればすぐに試合を見ることができます。

③TV+ネットテレビ機器

スマホやパソコンで手軽に見れるのはいいけど、やはりサッカーは大画面で見たい、という方もいらっしゃいますよね。

そこでおすすめなのが、ネットテレビ機器をテレビに繋いでDAZNを見る方法です。

ここで言うネットテレビ機器は、具体的に下記の2つを指しています。
・Amazon Fire TV Stick
・Apple TV

この中でおすすめなのがAmazon fire TV Stick!
AppleTVが2万円前後するのに対し、Amazon Fire TV Stick は5,000円程。お手軽に導入できますね。

操作は簡単。Wi-Fi環境のもと、Fire TV StickをテレビのHDMI端子に繋ぎ、DAZNのアプリをダウンロードすれば準備完了!
いつでも簡単にテレビの大画面でサッカーの試合を見ることができます。

Amazonプライム会員になっていなくてもDAZNを視聴することは可能です。
Amazonプライム会員になれば、年間4,900円(税込)で映画やドラマが見放題になります。

また、FireTVにはDAZNだけでなく、Hulu、Netflix、AbemaTV、FOD、dTVなどのアプリが入っていますので、これだけで自宅のTVで映画やアニメ、バラエティなどたくさんの動画を見ることができます。

DAZNをテレビの大画面で見たいという方には絶対におすすめです!

④TV+ゲーム機(PlayStation4等)

③のネットテレビ機器を使う方法と同様、ゲーム機でDAZNをテレビで視聴することもできます。
現在対応している機器は下記の機器です。

・Xbox One
・PlayStation3
・PlayStation4
・Playstation4 Pro

こちらの機種を持っている方であれば、③同様、DAZNのアプリをダウンロードすれば簡単にDAZNに接続できるようになります。

⑤スマートテレビ

スマートテレビとは、インターネットにつながっているテレビで、色々なアプリを追加できるテレビです。
スマートフォンのテレビ版と考えていただければと思います。
DAZNに対応しているスマートテレビであれば、追加の機器なく、テレビの大画面でJリーグの試合を見ることができます。

スマートテレビの値段は高いので、DAZNのためにテレビを買い替えるということはしないと思いますが、テレビの買い替えを検討している方であれば、スマートテレビも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ネット上の口コミ

ここではネット上の口コミをまとめてみました。

様々なコンテンツが見られる良さ

配信されるスポーツの幅広さがDAZNのメリットと感じるようです。

色んなジャンルに興味がある人にとっては非常に魅力的なのではないでしょうか

【重要】DAZNは初回1か月は無料!

ここでお得情報です!
DAZNは最初の1か月間は無料で視聴することができます。
試しに1か月間入会してみて、DAZNがある生活がどんなものかを無料で体験することができます。

無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。インターネットからの申し込みなので、しつこい勧誘も一切ありません

この1か月間というのは月をまたいでもかまいません。登録日から1か月間が無料になります。そのため、気が向いたときにいつでも契約することができます。
(※具体的な無料期間終了日はアカウントの作成画面で確認することができます)

なお、その無料期間終了日の翌日が料金発生日=契約日となります。DAZNの有料会員は月単位の考えはなく、契約日から1か月間単位で請求が行われます。

申し込みも簡単!
下記のサイトから必要事項を入力するだけで、ものの1分くらいで登録が完了します。
ぜひお早めにお申し込みください!

まとめ

以上、Jリーグを見るのに必要なDAZNのメリットデメリット、視聴方法、料金についてご紹介しました。

DAZNがあると、Jリーグや海外サッカーが身近になり、趣味の幅が広がります。
まずは1か月無料体験で、その楽しさを体験してみてください!

DAZN

スポンサーリンク
掲載予定