fcvolharding一覧

FM

7月7日(日) @塩河
vsジョカトーレ関 2-0 1-0 1-0
得点者:井戸大翔、小木曽祥規、山元敦琥、石尾海七飛



0707kyosuke.jpg

0707kotaro.jpg

パロマカップ2019第34回日本クラブユース選手権東海大会 全国大会出場決定戦

7月6日(土) @名古屋市テラスポ鶴舞

vs藤枝東FC(静岡県) ×2-2PK(5-6)
得点者:山藤大夢、坂本海晴

目標だった全国大会出場はなりませんでした。
4試合闘って13期生の良さも悪さも観ることができました。
冬の高円宮杯で更なる成長を見せよということだと思いましょう。

3回戦では2年生(14期生)の保護者の方がバスを借りて応援に来てくれたり、今日の試合では4期生、6期生、7期生、8期生、9期生の保護者の方々が観に来てくれました。(気づかなかったOB親さんいたらすみません)
FCVはこうありたいという姿に保護者の方を通じて成ってきていると嬉しく思いました。

そして最後の写真の選手たち、この姿がチームスポーツをやっている大切さだとFCVとしては考えています。
1期生のOB2人が13期生と一緒になって応援する姿を見て有難さしか感じなかった。
でも君たちは次の大会ではベンチ入りそして試合出場することを目指してまだ頑張るぞ!

また試合後のKYBスタジアムでのキッズイベント、エンジョイリーグ、テクニッククリニック、GKクリニックでも多くの方から、『惜しかったね。』、『ずっとツイッターでチェックしてハラハラしてたよ。』、『どうだった?』という関心の声をいただきました。

こういうことが可児市に、中濃地区にFCVがある存在価値やサッカー文化の醸造に繋がっていくと思えました。

悔しいですが、13期生の大会はまだあるし、FCVの歴史もまだまだ紡いでいきます。

キッズイベント、テクニッククリニック、GKクリニックで観ているこどもたちがいつかFCVの金色のユニフォームで全国大会へ行くかも。

まだまだ考えて頑張っていきます!
Volharding(粘り良く)



0706natsuki.jpg

0706rito.jpg

0706reserve.jpg

FM

6月30日(日) @広見

vsフォレスタ関 1-1 0-0 2-0
得点者:石尾海七飛、棚橋奎斗、山元敦琥



0630taito.jpg

0630koya.jpg

13海七飛:ゴールシーン、あれを1タッチでアウトで入れれるキックはさすが。守備の内絞りでどこのスペースから守っているのかが大切。2トップではもう少し前向きを使って背後を狙いたい。キープ力は上がってるのでいい。

14昂也:次を観ながら受けていた。相手が対応できないタイミングで入れたい。相手が絞ってから見ていた味方に預けるときつい。中盤ダイヤモンドでは意味を解りながら上手くやれていた。

17大翔:システム毎に求められているものが変化することを次回は頭に入れてプレーしたい。外して受けてはがして受けてを繰り返したい。

18聖太:もうちょっとサイドのポジションのとりかたを高低考えるとより賢く次のプレーが楽になるかな。守備で逆サイドにボールがある時に右CBとどこにいるのか考えて話して動きたい。

19尋音:足元に来たボールは絶対にミスるな、それくらいの高い技術はあるのだから。捨てていい状態で高い位置で受けて決定的なパスを通したい。

20祥規:気持ちが入っているのはいいこと!間ではがしを要求OK!上手かった。

26海晴:カットインからの左のシュートは前話した感じにしんと。逆サイドにボールがある守備時はCBの隣から出れるように。

33健人:上のシュート、膝から落ちるな。しっかりと最後まで観て対応せんと。ビルドアップは逆サイド、CF観て、逆足コントロールから選びたい。

35杏介:考えて伝えるOK。そしてそこに動いたかどうかの結果が一番大切。縦パスいいが、バレバレでひっかるなら捨てて受け直そう。

36紘路:すこしだけスペースに戻ってから守備することをできるように。攻撃は前に引っ掛けるな。そして最後まで攻守にプレーする。そこが一番肝心だ。

38虎太郎:中へ入ってワンツーしたい。縦突破から結果を残したい。SB時はしっかりとCBの隣から守備すること。



FM

6月16日(日) @美濃加茂西中学校

vsフォスタ(滋賀県) 1-2 5-0 0-0 3-0 1-0 0-0
得点者:柏木康介、青山幹汰、石田翔也、山元敦琥5、棚橋奎斗、西部智貴



0616yugo.jpg

FM

6月15日(土) @KYB

vsヴェルヴェント京都 0-3 0-1 0-1 0-2 0-1 0-2

35ハラヒロ:次のプレーまで(相手の動きまで)考えた捨てパスの利用◎。
14昂也+49璃斗+19尋音:中盤3枚でのプレーで横を生かすプレー〇。次の縦へ抜け出すムーブまでできるといい。
38虎太郎:ドリ突破は非常にいい!大夢に負けないものがある。しかし逆サイドにボールがある時にきちんと相手CBとSBの間にポジションをとって、どちらにも行けるようにしたい。
24拓真:ターンして前向きになった時のスルーパス、2テンポ速めに。



0615shoya.jpg

埼玉遠征

6月9日(日) @埼玉県さいたま市レッズランド

vs浦和レッズ 2-0 2-1 1-1
得点者:北原拓真、山藤大夢、内木璃斗、山元敦琥、棚橋奎斗



0609riku.jpg

0609hyouma.jpg

0609taiki.jpg

0609daigo.jpg

12幹汰:相手バイタル付近での上手さと速さは良くなっていて、上手さだけでなく怖さも出てきた。

13海七飛:コントロールミスも減り、自陣では上手く味方とサッカーしている。相手陣でキックの上手さを発揮できる状況を創りたい。

14昂也:途中から入ってまず受ける、ゆるりとするのか、捨ててもう一度か、どちらが自分のリズムを創りやすいかを考えて入りたい。守備はもっと予測+激しくやらんと。

15翔也:縦パスの魅力は絶対武器だが、ばれててなおかつそこで前線の選手が後ろ向きで孤立するならアンカーや横GAPのCBを狙いたい。逆サイドやCFへの横からの配球は高いボールもできるようになってる。

18聖太:守備の準備時にもうちょっと内側ともうちょっと外側のポジショニングを考えたい。局面での駆け引きは非常に良かった。次の選手が非常に有利な状態にできていた。

20祥規:前線からの追い方、ルーズボールへの守備〇。またスペースで受けてスピードに乗る、ターンで前向く、トラップからシュートまでの速さ良かった。あとはサイドで抜け出してからニア上とファーへのシュートをたくさん練習しよう。

21康介:スルーパスは受けてと相手DFの準備状態(ヘソの向きなど)を見てテンポ速い方がいいのにって時が2本ほどあったかな。

23龍玖:攻守に効いてました。しかし2トップへのポストの守備と縦関係になる時の受け渡しはもっとできる!

24拓真:ナイスゴール!ポストもしっかりと収めて味方を前向きにしていた。そしてターンしてからの配球も悪くなかった。

25裕瑚:攻守に非常に効いていました。ふわっとしたWIDEへのパスもあるとよりいいし、SBが同サイドのみしかプレーしてない時に逆サイドへのプレーを促したい。

26海晴:SBでは1vs1に絶対に負けない準備と球際を発揮したい。もっとできる!攻撃のパスの操り方は非常に上手かった。またオーバーラップからの要求も良かった。

27涼介:翔也との連携で相手を固める、そしてキレキレのドリブルでの突破OK。カットインからの左足シュートは新しい発見。

28夏輝:攻守に効いていました。しかしSBのカバーにいつ中から出ていくのかはもっとタイミングを図れるはず。

29比呂:パスorドリで上手く左サイドの攻撃を創っていました。アーリークロスは高さとコースが良くなかったが、観ているタイミング、コースは成長している。守備ではもっとWIDEを操りたいね。

30彪眞:抜群の攻撃を自陣で魅せました。あとは本来の特徴である相手陣での決定的なパスの精度。でもドリで自分で行ってシュートを撃った場面は怖さのある成長した局面でした。

32智貴:抜け出しの上手さと球出しの上手さがしっかりと観えました。もう1テンポ味方と速めにタイミングを合わせると上手くいきそうです。

33健人:守備範囲の広がりは最近感じる良い部分。明らかに失点が減っている。

34哉太:DFラインに出る出ないのコーチングをもう少し出来るといい。

37大夢:SBとのプレスバックはもっと激しく狩り取りたい。しかし攻撃面ではタメてくれる場面と突破する場面と非常に良かった。康介とのコンビネーションもさすがだった。

38虎太郎:思いに応えるパフォーマンスを自陣では上手く魅せれた。そして相手陣では前向きに中盤の選手が持っているなら背後を走ってとるのか、足元に入れさせてからとるのかをもっともっと要求したい。そして相手陣逆サイドのボールへの関わりを中に入りながら足なのか、裏に抜けるのか、アーリークロスを待っているのか、明確にしたい。






crazy boys

0609oya.jpg

0609oya2.jpg

スポンサーリンク
掲載予定