アウェイ一覧

ついにJ2降格…何故に、こんなエレベーターチームになってしまったんだろ?|G大阪 2-0 磐田

ついに降格が決定…

今日は、まず最初に結果から。

明治安田生命J1リーグ第33節

試合結果|G大阪 2-0 磐田

試合結果|G大阪 2-0 磐田

ガンバ大阪 20 ジュビロ磐田

残り2試合、勝ち点6が絶対条件、負けることは許されなかったジュビロ磐田ですが、敗戦...
ついにJ2降格が決定してしまいました。

せっかくJ1に上がったと思ったら、1年で再びJ2へ。
ここ10年くらい、上がったり下がったりの繰り返し、J1に上がっても定着できていないんですよね。
何故に、こんなエレベーターチームになってしまったのでしょうか???

選手の育成ができていない? 補強ができていない? 両方かな...負のスパイラルから抜けられていません。

今シーズンの戦い方を振り返るともう、涙すら出ませんでした、私。

一応、振り返っておきましょうか

さて、敗戦・降格決定のあとで試合を振り返るのも、なかなか頭と身体が動かないのですが、なんとか気力を振り絞って書いてみます。

今節はアウェイ、パナソニックスタジアム吹田に乗り込んで、ガンバ大阪と対する一戦。
ガンバも残留争いの真っ只中、どちらも残留に向け、なんとしても勝ち点3が欲しい一戦。
スタメンは、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 6 伊藤槙人
DF 25 森岡陸
MF 10 山田大記
MF 14 松本昌也
MF 17 鈴木雄斗
MF 23 山本康裕
MF 50 遠藤保仁
FW 9 杉本健勇
FW 18 ジャーメイン良

前節からのスタメン変更は2人。上原と金子が外れて、遠藤とジャーメインが入る布陣。

前半はいくつか良い攻撃パターンも見られたジュビロ磐田でしたが、結局、0-0で前半終了。

両チーム、ハーフタイムでの選手交代はなく後半開始。
なんとか流れを変えるべく、森岡に代えて大井、山田に代えて大津と、選手交代を仕掛けるジュビロ。

しかし...後半21分のガンバの攻撃。
山本悠がジュビロの空いたスペースを突き、前線でパスを受けると、横パス。パスを受けた食野が細かいタッチで前進すると、ペナルティエリア中央から左足でシュート。低い弾道のシュートは枠の右下に決まって、ガンバ大阪が先制...
うーん、食野のテクニックに翻弄された感じ。

さらに後半28分のガンバの攻撃。
宇佐美の上げたクロスをジュビロがクリアするも、こぼれ球の競り合いを齊藤が制して、前線へ浮き球のセンタリング。これに反応したパトリックがオーバーヘッドでシュートを放つと、弧を描いたボールはGK三浦の手の先をすり抜けて、ゴールの中へ...ガンバ大阪の追加点。

その後の必死の反撃も実らず…
ガンバ大阪 20 ジュビロ磐田

降格が決まってしまいましたけど、あと一試合残っています。
最終節はホームでもありますし、気持ち良く勝利して来季につなげてほしいところです。
勝て勝て勝て勝て、ホームやぞ!

The post ついにJ2降格…何故に、こんなエレベーターチームになってしまったんだろ?|G大阪 2-0 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

絶対に負けられないダービー、負けなかったが、勝てなかった…|清水 1-1 磐田

泣いても笑っても、3試合

明治安田生命J1リーグ、第31節は静岡ダービー。
10月1日に予定されていたのですが、台風15号の影響で本日に延期。

さて、ジュビロ磐田としますと、延期されたこの試合も含めて残すところ3試合。
今の順位が最下位であることを考えると、3試合で3勝、勝ち点9を得られないと、本気で厳しいです。

ただでさえ負けられない・この相手にだけは負けたくない静岡ダービー、そして残留争いも絡んできますので、ホントにホントに負けられない、大事な大事な試合となりました。

スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 6 伊藤槙人
DF 25 森岡陸
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 17 鈴木雄斗
MF 23 山本康裕
MF 40 金子翔太
FW 9 杉本健勇
FW 10 山田大記

メンバーは前節と全く同じ。まぁ、優勝争いしているFマリノスに勝ったメンバーって考えると、変えにくいですよね。

序盤から、エスパルスペースで進む展開。
人もボールも、エスパルスの方が流動的に動いていました。

なんかジュビロはチグハグで、合わない感じ...今シーズンは、こんな展開をよく目にしたように思います...

なかなかジュビロはエスパルス陣内のペナルティエリアに入らせてもらえませんし、シュートも打てません。
そんなこんなの、前半33分の清水エスパルスの右コーナーキック。

蹴るのは山原、右足でアウトスイングのクロスを送ると、ニアサイドで白崎が頭でそらす。そのボールにゴール前で競り合い、最後はチアゴサンタナがこぼれ球に素早く反応する。チアゴサンタナは左足で落ち着いて目の前のゴールに蹴り込み、エスパルスが先制...
うーん...ジュビロは対応しきれていませんでしたね...今シーズンは、こんな展開もよく目にしたように思います...

結局、エスパルスが1点リードして前半終了。

両チームともにハーフタイムでの選手交代はなく、後半開始。
でもやっぱり、流れとしては、エスパルスのペース。

ジュビロは大津、ジャーメイン、遠藤、松原、古川と選手交代で流れを変えるべく、仕掛けていきます。

なかなか悪い流れを打破できず、時間が過ぎて行き、気づけば後半アディショナルタイム。

万事休すかと思われた後半47分のジュビロの攻撃。
松原がペナルティエリア左に進入すると、DFに囲まれてボールを失う。こぼれ球に反応した古川がペナルティエリア左から右足でマイナス方向にラストパス。これを受けたジャーメイン良、巧みなトラップから素早く左足を振り抜くと。ボールはニアサイドを抜けてゴール左に突き刺さり、ジュビロ磐田、同点!

その後、いくつか両チームに決定機があったものの、結局...

試合結果|清水 1-1 磐田

試合結果|清水 1-1 磐田

清水エスパルス 1-1 ジュビロ磐田
(Goal:ジャーメイン良)

うーん...負けなかったのは良かったのですが、なんとしても勝利・勝点3が必要だったことを考えると、かなり痛い引き分けです。
流れとしてはエスパルスでした。そこを引き分けにできたのは素晴らしいです。でもね、そこで終わってしまってはダメな試合だったワケです。

エスパルスとしても、この引き分けは痛恨の究だと思いますし、痛み分けと言ったところでしょうか。

泣いても笑っても、ホントにホントにあと2試合。
全力で戦うのみ、全力で応援するのみ、ですね。

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

The post 絶対に負けられないダービー、負けなかったが、勝てなかった…|清水 1-1 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

首位撃破!古川のゴールで残留に望みを残す貴重な勝利♪|横浜FM 0-1 磐田

もう一つも負けられない

明治安田生命J1リーグは水曜日の今日、第27節の試合。
対戦相手のFマリノスさんのACLの日程の都合などにより、ちょっと遅れて本日の開催。

ここまで最下位で浮上のきっかけもつかめないまま、シーズン終盤まできてしまったジュビロ。
残留するためには、もう一つも負けられません。

とはいえ、何せ相手は優勝のかかっているFマリノス。2位のフロンターレの結果如何によっては優勝が決定する試合ということで、優勝を争うチームが全力でぶつかってくる試合となってしまいました。

スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 6 伊藤槙人
DF 25 森岡陸
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 17 鈴木雄斗
MF 23 山本康裕
MF 40 金子翔太
FW 9 杉本健勇
FW 10 山田大記

前節からのスタメン変更は2人。大井とリカルドグラッサが外れて、森岡と山本義が入る布陣。

途中出場の二人が輝いた!!

試合は、前半からホームのFマリノスペース。
ジュビロ陣内に攻め込む時間帯が多いです...

そんな状況の中で、アクシデント発生。前半37分に山田大記が交代...何があったのかよくわかりませんが、大事に至らなければ良いのですが。
この交代で、今まで以上に攻撃のリズムが悪くなってしまったジュビロ。

なんとか・かんとか、耐えて堪えて0-0で前半終了。

ハーフタイムで選手交代のカードを切ってきたのは、アウェイのジュビロ磐田。上原に代えて遠藤を投入。試合を落ち着かせようというところでしょうか。

しかしながら、前半同様、ペーストしてはホームのFマリノス。
ジュビロ陣内に攻め込まれる時間帯が長かったですが、よく耐えていました。GK&DF陣、集中力切らさず踏ん張っていましたよ。

耐えに耐え、凌ぎに凌いだ後半39分のジュビロ磐田のカウンター。
古川が自陣から長い距離をドリブルで持ち上がると、左を並走する松原にパス松原はペナルティエリア左から折り返すと、再び古川クンが受ける。ペナルティエリア中央で一旦、ためをつくって、振り向きざまに右足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たってゴール右に吸い込まれる。ジュビロ磐田が先制

いや~、古川クン、頑張りましたよ。長い距離走りました。そこに合わせて上がっていた松原もお見事です。
そしてその二人から生まれたシュート・ゴールでした。

で、なんとかFマリノスの終盤の攻撃も耐え凌いで...

試合結果|横浜FM 0-1 磐田

試合結果|横浜FM 0-1 磐田

横浜Fマリノス 01 ジュビロ磐田
(Goal:古川陽介)

この勝利は大きいです!
決して内容は良くはないです。流れとしては、ほぼほぼFマリノスでしたし。
なんとか前半、無失点で耐えた、これが大きいですね。

さて、残すところは3試合。同じく残留争いを展開しているガンバ大阪や清水エスパルスとの対決もあります。この直接対決で勝つと、最後の最後で笑顔になれるかも...僅かな望みに期待しています。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

The post 首位撃破!古川のゴールで残留に望みを残す貴重な勝利♪|横浜FM 0-1 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

4失点&ノーゴール、レッドカードも貰って、正に泣きっ面に蜂...|札幌 4-0 磐田

勝ち点3が遠いね...

明治安田生命J1リーグは今節で第29節。
全34節と考えると、今日の試合を入れて残すところ僅か。もうホントに後がない状況!
今年のJ1リーグ、下位は混とんとしていますが、少しずつ残留争いから抜け出しつつあるチームも出てきて、Xデーの足音が聞こえてきました...

今節はアウェイ、札幌ドームに乗り込んで、コンサドーレ札幌と対する一戦。
スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 3 大井健太郎
DF 6 伊藤槙人
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 17 鈴木雄斗
MF 23 山本康裕
MF 50 遠藤保仁
FW 9 杉本健勇
FW 40 金子翔太

前節からのスタメン変更は2人。ジャーメインと大森が外れて、山本康と金子が入る布陣。

完敗です、前半で決した感じ...

試合は序盤から、いきなり動きます。

前半10分にジュビロ陣内、ペナルティエリアのやや後ろ、右からのフリーキック。
蹴るのは福森で、左足で直接ゴールを狙うと、カーブの掛かったシュートはゴール右上の隅に吸い込まれて、札幌が先制...
いやぁ、悔しいけど、綺麗なフリーキックでした。

さらに残半21分の札幌の攻撃。
田中駿が右サイドの敵陣中央からペナルティエリア手前の中央へパスを送ると、興梠がペナルティエリア右へパス。抜け出した金子がペナルティエリア中央へマイナスのパスを出すと、走り込んだガブリエルシャビエルで、右足で合わせるとゴールの中へ...札幌の追加点。
見事に崩されてしまいました...

さらに前半33分に札幌の田中駿のシュートがゴールに突き刺さり3点目...というシーンがあったのですが、VARでハンドの判定となり、取り消し。
なんとも言えない、どちらにも見える感じで、非常に微妙なシーンでした。

結局、前半は札幌が2点リードで終了。

ハーフタイムで2枚の交代カードを切る、ジュビロ磐田。
山本康に代えて大津、山本義に代えてリカルドグラッサを投入。
もうこうなったら積極的にいくしかないですものね。

しかしここで、厳しい状況になることに...
後半20分、リカルドグラッサがLフェルナンデスに対して足裏を見せる形でスライディングタックルをしてしまい、レッドカードで退場...

数的不利になり、さらに厳しくなったジュビロ。
なかなか人もボールも動けません。かなり疲労が見られるプレーが多くみられました。

そんなこんなの、後半45分の札幌の攻撃。
高嶺がペナルティエリア左へパスを送ると、反応したスパチョークは縦にスルーパス。受けた高嶺が角度のないところから左足でボールを蹴ると、これがジュビロのDFに当たってコースが変わり、ボールはゴールの中へ...札幌の3点目。
かなり疲れてましたね、ジュビロの選手。追いついていませんでした。

さらにさらに後半アディショナルタイムの、後半51分。
金子が右サイドの敵陣中央からペナルティエリア右へスルーパスを送ると、小柏が受ける。小柏は少し右へ持ち出すと、右足でシュート。これがネットを揺らして、札幌の4点目。
これも綺麗に崩されてしまいました。まぁ、かなりジュビロの意識が前にいっているところでしたので、ある程度のリスクは仕方がないのですが。

で、結局...

試合結果|名古屋 4-0 磐田

試合結果|名古屋 4-0 磐田


コンサドーレ札幌 4-0 ジュビロ磐田

完敗です。しかしそれにしても、この敗戦は痛いです。
なんかもう、前半で勝負が決していた感すらありました。そのくらい、勢いの差を感じてしまいました。
ここで勝っていたら、上位との差を縮めるだけでなく、札幌を思いっきり残留争いの中に引きずり込むことができたのですが、差が開いてしまいました。

さーて、いよいよ残すところ6試合。なんとかしないと!!!!!!

The post 4失点&ノーゴール、レッドカードも貰って、正に泣きっ面に蜂...|札幌 4-0 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

渋谷新監督の初陣、勝ち点積み上げられず|名古屋 1-0 磐田

渋谷監督の発采配

まぁ忙しい一週間でしたよ、この一週間は。

13日(土)の浦和戦で大敗、翌14日(日)に伊藤前監督を解任、そして17日に渋谷新監督の就任を発表、18日にチームとしての記者会見&公式リリース、そして本日、19日にJ1リーグの名古屋戦。
目まぐるしく動きましたねー。

さてさて、改めまして、明治安田生命J1リーグは今節が第26節。金曜日のナイトゲーム、フライデーナイトJリーグです。
今節はアウェイ、豊田スタジアムに乗り込んで、名古屋グランパスに挑む一戦。

渋谷監督として初采配の公式戦となります。
って言っても、就任数日ですからね、ここで劇的に何かが変わるとは思えませんが。

スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 5 小川大貴
DF 6 伊藤槙人
DF 14 松本昌也
DF 17 鈴木雄斗
MF 7 上原力也
MF 23 山本康裕
MF 50 遠藤保仁
FW 11 大津祐樹
FW 40 金子翔太

前節からのスタメン変更は5人。梶川、吉長、大森、松原、ファビアンゴンザレスが外れて、三浦、山本義、松本、上原、大津が入る布陣。
監督が変わったからなのか、前節の大敗を意識したのか...まぁ両方なのでしょうけれど。

ゴールは遠かった

前半、一進一退の攻防ながらも、決定機は名古屋の方が多いです。

ジュビロはペナルティーエリアの近くまではボールを運ぶのですが、そこから先はボールを運ばせてもらえないし、シュートも打たせてもらえません。磐田の攻撃、なんかまだワンテンポ遅いんですよね。で、名古屋の守備がしっかりできてしまっていて、パスを出せないし、シュートも打てない、そんな感じ。

そんなこんなの、前半19分の名古屋の攻撃
マテウスがペナルティエリア右へスルーパスを出し、走り込んだ森下が中央へ横パスを供給。永井が合わせるも、これはGK三浦が好セーブ。それでも、こぼれ球をマテウスが拾うと、最後はマテウス自身がペナルティエリア手前の中央から左足で強烈なミドルシュート。弧を描いたシュートがゴール左上に突き刺さり、名古屋の先制点...

まぁこれは仕方がないです、マテウスのシュートが素晴らしかった。
あの位置からでもシュートを打つ、その姿勢が大事ですね。
今シーズンのジュビロに欠けているところかな。

結局、前半は名古屋が1点リードで終了。

両チーム、選手交代はなく後半開始。
後半も、やや名古屋優位、そんな空気感。
前半同様、なかなかシュートを打たせてもらえない展開です。

選手交代で少しずつリズムはよくなってきましたが、ゴールネットを揺らすには至らず...

試合結果|名古屋 1-0 磐田

試合結果|名古屋 1-0 磐田

名古屋グランパス 10 ジュビロ磐田

残念ながら、ゴール奪えず、勝ち点を積み上げられずでした。
ま、新監督になって数日ですので、まだ、なんとも判断できません。
次節から、ここから始まる磐田の反撃、連勝期待しています!

The post 渋谷新監督の初陣、勝ち点積み上げられず|名古屋 1-0 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

連勝ならず...何が足りない?決定力??アウェイ鳥栖はノーゴール...|鳥栖 2-0 磐田

連勝したい!!

明治安田生命J1リーグは、今節で第24節。
前節、湘南に今季初の完封勝利を果たしたジュビロ。この良い流れをものにして、連勝といきたいところです。

残留・降格圏内を行ったり来たりしている、今期のジュビロ磐田。
J1リーグの下位チーム、大混戦で1勝して勝ち点3を積み重ねると、大きく順位が入れ替わりますからね、連勝できたら大きいのです。

今節はアウェイ、駅前不動産スタジアムに乗り込んで、サンガ鳥栖と対する一戦。
スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 24 梶川裕嗣
DF 6 伊藤槙人
DF 17 鈴木雄斗
DF 25 森岡陸
DF 36 リカルドグラッサ
MF 5 小川大貴
MF 7 上原力也
MF 23 山本康裕
FW 18 ジャーメイン良
FW 32 黒川淳史
FW 40 金子翔太

前節からのスタメン変更は1人のみ。松本が外れて、リカルドグラッサが入る布陣。

終わってみれば、ノーゴール...

序盤戦は、やや鳥栖ペースで流れていく展開。
ジュビロとしてはDFライン、しっかり対応していたのですが、いきなりのアクシデント発生。
前半22分に森岡陸くん、負傷で交代...この時間での交代は、正直、痛いですね。

なんとか鳥栖の攻撃を凌いでいた磐田でしたが、前半43分の鳥栖の攻撃。
長沼が右サイドで縦パスを受けると、鋭い切り返しでDFを交わす。右サイドの敵陣深くから右足でクロスを上げると、磐田DF陣、クリアできず、そのまま後方のゴール中央で待っていた宮代がほぼフリー...。右足で落ち着いてゴールに流し込んで、鳥栖が先制...
んーっと、これはDF陣、しっかりクリア対応してほしかったですね。さすがの梶川クンも、あれはどうすることもできません。

で、そのまま鳥栖が1点リードで前半終了。

後半開始から、黒川に代えてファビアンゴンザレス投入するジュビロ。
明確なメッセージ性のある交代、良いですね。

ところが後半に入ってもまた、アクシデント発生。
後半19分にリカルドグラッサが負傷交代...DFラインで二人も負傷交代ってのが、気になりますね。

でも選手交代などで、少しずつ、良い形が出始めている磐田。
なんとか同点に追いつきたいところ。

ところが、後半40分の鳥栖の攻撃。
本田がドリブルでDFを抜くと、左サイドの敵陣深くから左足でクロスを供給。これに反応してゴール前に走り込んだのは、選手交代で入ったばかりの垣田で、右足で合わせてゴールネットを揺らして鳥栖の追加点...
こういう素早い動きがね、磐田にはないんですよね...

その後の猛攻も空しく...

試合結果|鳥栖 2-0 磐田

試合結果|鳥栖 2-0 磐田


サガン鳥栖 2-0 ジュビロ磐田

悪くはないんですよ、特に後半なんか、それなりに攻撃の形にはなっていましたから。
でも、取るべきところで取れていないんですよね。
なんでしょうね、足りないものは...???
決定力なのかなぁ...

The post 連勝ならず...何が足りない?決定力??アウェイ鳥栖はノーゴール...|鳥栖 2-0 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

天皇杯、ヴェルディにジャイキリを許し、敗退...|東京V 2-1 磐田

味スタ2連戦

東京ヴェルディに新型コロナウィルス感染者が発生、ということで13日から20日(水)へと延期されていた天皇杯の4回戦(ラウンド16)。
対するは東京ヴェルディ、会場は味の素スタジアム。ついこないだの17日にJ1リーグFC東京戦で味スタだったので、味スタ2連戦ですね。

まだ7月だというのに、もう天皇杯のラウンド16なんて、なんだかピンとこないですよね。今年はワールドカップイヤー、で、そのワールドカップが11月からなので仕方がないのですが。

さてさて、スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 24 梶川裕嗣
DF 6 伊藤槙人
DF 25 森岡陸
DF 26 袴田裕太郎
MF 14 松本昌也
MF 27 吉長真優
MF 28 鹿沼直生
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良
FW 32 黒川淳史
FW 40 金子翔太

なんと!3日前のJ1リーグ戦と比べてみると、全員の入れ替え!!
思い切ったこと、してきましたねー。でも、これは選手からすれば大きなチャンス、リーグ戦に出られなかった選手はアピールしていただきたいところです。

後半アディショナルタイムで追いつくも...

伊藤槙人や鹿沼、ジャーメイン、吉永などはリーグ戦でもそこそこ活躍していますからね、古豪とは言えJ2のヴェルディ相手に圧倒してほしかったのですが、意外と...あ、いや、予想通りかな(汗)、拮抗した良い試合。
前半は、両チーム無得点で折り返し。

後半開始から交代カードを切ってきたのは、ヴェルディで一枚の交代。

なかなかゴールネットが揺れない状態が続いていましたが、後半37分のヴェルディの攻撃。
バスケスが右サイドの敵陣深くで切り返しを入れ、ペナルティエリア右へ進入した後に、ジュビロの松本が倒してしまい、ヴェルディにPKを献上。
蹴るのは新井。GK梶川、横っ跳びで反応していたのですが、シュートのスピードが勝り、ゴールネットに突き刺さりヴェルディが先制...

残り時間僅かですからね、こうなったらジュビロ、もう攻めるしかないです。

時間が過ぎていき、後半アディショナルタイムに突入。
もうダメか...そんな思いも頭をよぎる、後半48分のジュビロの攻撃。
松本が左サイドの敵陣中央から右足で浮き球のクロスを供給。前線に上がっていた伊藤槙がファーサイドから頭で折り返すと、ジャーメイン良が反応。ヘディングシュートを放ってネットを揺らし、土壇場で同点に!

いやはやなんとも、気持ちの籠ったゴールでしたよ。
なんとしても同点に追いつく、そんなメッセージが伝わってくる一連の流れでした。

で、トーナメントの天皇杯、試合は15分ハーフの延長戦に。
延長前半は、両チーム無得点。

延長後半も膠着状態が続きますが、延長後半9分の東京ヴェルディのコーナーキック。
蹴るのは宮本。クロスはDFクリアされるも、ルーズボールに奈良輪が反応。ペナルティエリア手前の中央から右足でボレーシュートを放つと、低い弾道のボールはゴール前の密集を抜けてゴール左下へ突き刺さり、ヴェルディが勝ち越し...
いやー、これは奈良輪を称えるべきでしょうね、あの位置からシュートを打ったこと、そしてそのシュートの勢い、お見事でした。

で、結局...

試合結果|東京V 2-1 磐田

試合結果|東京V 2-1 磐田

東京ヴェルディ 21 ジュビロ磐田
(Goal:ジャーメイン良)

J2のヴェルディにジャイアントキリングを許してしまいました。
ということで、今年の天皇杯は7月で終了です。ルヴァンカップもグループリーグで敗退してしまいましたし、もう思い残すことはないのでJ1リーグに集中ですね。

E-1選手権の関係で、リーグはしばしの中断。次の試合は月末、30日(土)ということで、10日ほど間が空きます。
この間にしっかりと休養を取って、しっかりと修正すべきところは修正されることを期待しています!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

The post 天皇杯、ヴェルディにジャイキリを許し、敗退...|東京V 2-1 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

あーもー!なんとかして~!!全然噛み合ってない...|F東京 2-0 磐田

長いJ1も残り1/3...

明治安田生命J1リーグも今節で第22戦。
全34節であることを考えると、残すところの試合数はおおよそ1/3...そろそろ浮上しないと、泥沼にハマって抜けられなくなってしまうかも...

今節はアウェイ、味の素スタジアムに乗り込んで、FC東京と対する一戦。

味の素スタジアム|2022 J1第22節 F東京 vs. 磐田

味の素スタジアム|2022 J1第22節 F東京 vs. 磐田

関東アウェイということで、馳せ参じましたよ、味スタ。

今日はここから(味の素スタジアム)|2022 J1第22節 F東京 vs. 磐田

今日はここから(味の素スタジアム)|2022 J1第22節 F東京 vs. 磐田

関東の試合はアウェイ側ゴール裏、結構、入るんですよね。
雨こそ降りませんでしたが、時折黒い雲が空を多い、稲妻が光っていました。波乱の予感!?
スタメンを見てみますと...

先発メンバー|2022 J1第22節 F東京 vs. 磐田

先発メンバー|2022 J1第22節 F東京 vs. 磐田

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 3 大井健太郎
DF 5 小川大貴
DF 36 リカルドグラッサ
MF 7 上原力也
MF 23 山本康裕
MF 50 遠藤保仁
FW 8 大森晃太郎
FW 11 大津祐樹
FW 17 鈴木雄斗

前節からのスタメン変更は4人。伊藤、鹿沼、松本、ジャーメインが外れて、大井、山本康、上原、大津が入る布陣。
突発性難聴で戦線を離れていた大津の先発、嬉しいですね。

メッセージが伝わってこない...

様子を見るまでもない、開始早々の前半4分に、いきなり試合が動きます。
磐田陣内深いところで、FC東京のフリーキック。
蹴るのはバングーナガンデ。左足でクロスをゴール前に送ると、山本義が触ったボールは大きく上に上がる形に。これを木本がゴール前から頭で押し込んでFC東京が先制...

なんか、あれ?っていうプレー。
GK三浦も、ジュビロDF陣も、ここまで競ってくると思ってなかったのかな???
こういう隙のあるプレーが、失点を生むんですよね。

で、その余韻が冷めやらぬ前半14分。
三浦がペナルティエリア中央からパスを蹴り込むと、ペナルティエリア手前の左で渡邊がカット...というか、ほぼ渡邊にパス状態。渡邊がそのままドリブルでペナルティエリア内に持ち込み左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートは三浦の股下を抜けてゴールに転がり込み、追加点...
これも、あれ???ってプレーでしたね。

開始14分で、凡ミス二つで2失点。
もう完全にゲームプランが崩れてしまいました。

その後、ジュビロは決定機らしいところはなく、むしろFC東京の攻撃をなんとか凌いで!?前半は2点リードされて終了。

後半開始から交代カードを切るのは、ジュビロ。
山本義に代えてジャーメイン良を投入。

後半21分には大森・遠藤・大津に代えて、吉長・松本・金子と一気に三枚替え!!!
後半39分には大井に代えて森岡と、5枚の交代カードを全部使い、後半はFC東京陣内に攻め込み、シュートもそれなりに打ててはいました。ただ、枠内に飛んでいたかというと、そうでもなく...

で、結局...

試合結果|F東京 2-0 磐田

試合結果|F東京 2-0 磐田

FC東京 20 ジュビロ磐田

なんかね、その局面・局面での対応がね、場当たり的なんですよね。
何をしたいのか、プレーのメッセージ性がないのが気になります。

あーもー!誰かなんとかして~!!って叫びたくなる心境。
全く噛み合っていないんですよね、攻撃も守備も。
今節の試合、将棋でいうところの「投了」みたいに、「参りました」っていうシステムがあったら、それを使いたかったくらい、なす術がなかったように思います。

いよいよこれで4連敗、しかも4試合連続ノーゴールです。

試合後、挨拶に来た選手にも、明らかぬ不満という様子のゴール裏サポーターでした。

でもね、もうここまできたら開き直って、目の前の一戦・一戦を全力で戦うしかないですよ。
あと12試合、シーズンの残り1/3、悔いのない戦いをしてほしいですね。

試合後は反省会。
今シーズンは祝勝会がなかなかできず、悶々としています(苦笑)

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

The post あーもー!なんとかして~!!全然噛み合ってない...|F東京 2-0 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

うーん、J1上位と張り合うだけの、何かが足りない...|広島 3-0 磐田

暑い日が続きますね

今年は記録的な短い梅雨だったようで...7月頭で既に梅雨明け、もう夏本番!?
明治安田生命J1リーグは、今日が第19節。今節はアウェイ、エディオンスタジアムに乗り込んで、サンフレッチェ広島と対する一戦。

18:30キックオフのナイターではありますが、30℃を超える暑さの中の戦い、こりゃ選手も大変ですねー。
体調管理をしっかりやって、選手も疲れがたまらないように気を付けていただきたいところですね。
スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 5 小川大貴
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
MF 17 鈴木雄斗
MF 28 鹿沼直生
MF 50 遠藤保仁
FW 7 上原力也
FW 8 大森晃太郎
FW 27 吉長真優

前節からのスタメン変更は2人。松本と杉本が外れて、鈴木と小川が入る布陣。

うーん、違いを見せつけられた...

前半の立ち上がりから、広島が磐田陣内に押し込む展開。
ジュビロは耐える時間帯が続きます。

そんなこんなの、前半22分に広島のフリーキック
左サイドから蹴るのは満田で、これに反応した荒木がフリーでヘディング。これがゴール左に突き刺さり、広島が先制...
綺麗なセットプレーでした、荒木の動きが凄かったですね。

で、広島が1点リードで前半終了。

後半開始から2枚の交代カードを切る、磐田。
山本義道に代えてジャーメイン良、鹿沼直生に代えて山本康裕を投入。

後半の出だしこそ、少しジュビロが良さそうな時間がありましたけど、やはり上位につけている広島です、徐々にペースを掴んできます。

そして後半18分に磐田陣内の深いところで、広島のフリーキック
野津田が思い切り助走をとって低めの・早い弾道のクロス。これにニアサイドの佐々木が反応してヘディング。これがそのままゴールに突き刺さって、広島の追加点...
これはすごかった、あの速さのFKで、あの速さで反応してシュートを打たれたら、さすがの守護神三浦も反応できません。

フリーキック2発で2点差、正直、ここが痛かったですね...

2点目の余韻が冷めやらぬ、後半23分
広島の森島がGK三浦にプレッシャーをかけると、GKのロングボールを塩谷が頭で前線へはね返す。これが相手の隙間に落ちると、森島がすかさず反応。ペナルティエリア内でトラップして右足で流し込みんで3点目...こういう一瞬の隙を見逃さないところが、さすがはサンフレッチェ広島ですね。

で、結局...

試合結果|広島 3-0 磐田

試合結果|広島 3-0 磐田

サンフレッチェ広島 30 ジュビロ磐田

なんか良いところ無しでした。悔しい敗戦です。
セットプレーに対応しきれなかったところ、そして3点目もちょっとした隙をつかれてしまったところ、なんか違いを感じさせられてしまった感があります。
まだまだJ1上位と対等に張り合うだけの力はないのかな...

ま、気持ちを切り替えて、次です、次!

The post うーん、J1上位と張り合うだけの、何かが足りない...|広島 3-0 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

アウェイで勝点1!まぁ、負けなくて良かったんじゃないでしょうか|川崎 1-1 磐田

あれ?ラッソがいない!?

明治安田生命J1リーグは今節で第18節。全34節なので、今節から後半戦が始まります。
今節はアウェイ、等々力陸上競技場に乗り込んで、J1王者の川崎フロンターレに挑む一戦。
日本列島、全国的に暑い中、熱い戦いを期待したいところです。

等々力陸上競技場|2022 J1第18節 川崎 vs. 磐田

等々力陸上競技場|2022 J1第18節 川崎 vs. 磐田

我が家の拠点は川崎市!ということで、行って参りました、等々力陸上競技場。
なんと本日の入場者数、19,024人の多い入りでした。

さて、今節のジュビロのスタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 2 山本義道
DF 6 伊藤槙人
DF 14 松本昌也
DF 36 リカルドグラッサ
MF 7 上原力也
MF 28 鹿沼直生
MF 50 遠藤保仁
FW 8 大森晃太郎
FW 9 杉本健勇
FW 27 吉長真優

前節からの変更は1人のみ。ラッソ(ファビアンゴンザレス)が外れて、杉本健勇が入る布陣。

ところでこのラッソがベンチにもいなかったのですが、これってなんでですか?休養のため??
怪我などの情報はないので、大ごとではなさそうですけど。
今やチームのエース、ラッソの不在は、ちょっと痛いですね。

よくぞ追いついた!

試合ですが、ある程度の想像はしていましたけど、フロンターレペース。
前半なんか、ジュビロはシュートすら打たせて貰えない展開。

明らかにフロンターレの方が動きが良いですし、フィールドも広く使っています。
なんかジュビロがボールを持つと、途中で止まるんですよね。フロンターレみたいに流れる連携が少ないの...

そんなこんなの、前半33分の川崎フロンターレの攻撃。
谷口が敵陣中央から浮き球の絶妙なパス。これに右サイドで山根がうまくディフェンスラインの裏に抜け出す。ペナルティエリア右から右足のインサイドで丁寧に合わせるダイレクトのシュートを打つと、ボールはファーサイドのネットに吸い込まれて、川崎が先制...

綺麗なゴールでしたよ、敵ながらアッパレでしたよ、谷口のパスも綺麗、ダイレクトで打った山根のシュートも綺麗。ひょっとしたらシュートじゃなくてセンタリングだったのかも、そんな動きに見えなくもないのですが、でも、あそこでダイレクトで打てている山根が凄かったと思います。

結局、フロンターレが1点リードして前半終了。
ジュビロとしては、よく1点で耐えたと言ったところでしょうか。

両チーム、選手交代はなく後半開始。

やっぱりフロンターレペースで試合が進んでいきます。
後半10分には、川崎陣内からルーパスが出ると、チャナティップが敵陣中央に抜け出して、そのままペナルティエリア内へ進入。最後は左足でグラウンダーのシュート...これが右ポストに当たって、フィールドの外へ...うわーっ、メチャ危ないしシーンでした。

鹿沼に代えて山本康裕、杉本に代えてジャーメインなど、選手交代を重ねて、少しずつペースを取り戻してくるジュビロ。
ようやくシュートが打てるようになってきました...って、遅すぎるよ!って突っ込みたくなりますが。

なかなか自分たちのペースでサッカーさせて貰えないジュビロですが、そんなこんなの後半40分にジュビロの右コーナーキック。
キッカーはもちろん、遠藤さん。ニアサイドにクロスを入れると、走り込んだ伊藤槙人がヘディングシュート。首を振ってゴール方向へ飛ばすと、山なりのボールはチョンソンリョンの右手の上を越えて、ゴール左隅に吸い込まれてゴールネットが揺れたのでした! ジュビロ磐田、同点!

秀逸でしたね、あのチョンソンリョンが、ちょうど届かないくらいの絶妙な山なりのシュートでした。
そして伊藤槙人がJ1初ゴールです♪

その直後に、流れの中からジャーメインがヘディング、追加点...と思ったら、右ポストにはじかれ、惜しくも2点目とはならず...

で、結局...

試合結果|川崎 1-1 磐田

試合結果|川崎 1-1 磐田

川崎フロンターレ 11 ジュビロ磐田
(Goal:伊藤槙人)

勝てたのでは?と問われれば、確かにそうなのですが、流れは完全に川崎という試合でした。
むしろ、川崎が勝ち点2を取り損ねたという印象の強いゲームでした。

ジュビロとしては、王者川崎相手に、アウェイで勝ち点1は、最低限の仕事はできたのではないかと思います。
こういう試合で負けなかった、先制されても引き分けに持ち込むことができたというのは、大きいんじゃないかと思います。

試合後、ゴール裏に挨拶に来てくれた選手達。まぁ、納得という感じではなさそうでしたけど、負けなくて良かったの思いは感じ取られる表情でした。
サポーターも、勝ちたかってけど、今日の試合で引き分けなら御の字、そんな雰囲気でしたよ。

焼き鳥|川崎市中原区にて

焼き鳥|川崎市中原区にて

試合後に、ちょっとだけお疲れ様のオフ会。

スタジアムに行かれた皆様、お疲れ様でした。
お会い出来た方も、お目にかかることができなかった方もいらっしゃいましたけど...またの機会を期待しています。

次節もアウェイとなりますが、今度はスッキリ勝利で勝ち点3、こちらも期待しています!!!

The post アウェイで勝点1!まぁ、負けなくて良かったんじゃないでしょうか|川崎 1-1 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

スポンサーリンク
管理人おすすめ