テレビ観戦一覧

2024J1リーグ開幕! 前半も後半も序盤に失点で黒星スタート...|磐田 0-2 神戸

Jリーグが開幕しました。初戦はホームで神戸戦でしたが、残念ながら2失点の黒星スタート。

新メンバーも加わり

明治安田J1リーグが開幕! いやー、待ち遠しかったですね、二年ぶりのJ1ですから。
開幕戦はホーム、ヤマハスタジアム(磐田)に昨シーズンの王者、ヴィッセル神戸を迎え撃つ一戦。

ホーム磐田で開幕できるのは嬉しいことですが、初戦が神戸、第二節はアウェイ川崎と、強敵が続く序盤戦。ここをどう乗り切れるか...スロースターターなジュビロだけに、期待も不安も大きいです。

さて、栄えある開幕戦のスターティングイレブンは、こんな感じ。

先発メンバー
GK 1 川島永嗣
DF 50 植村洋斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 16 レオゴメス
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 37 平川怜
FW 11 ジャーメイン良

今までの流れを保ちつつも新加入のGK川島、DF上村、MFリカルドゴメスに平川怜が名を連ね、新旧融合のスタメンですね。

やっぱりJ1はレベルが高い!

様子を見るまでもないくらいの前半5分、ヴィッセル神戸のコーナーキック。
初瀬がボールを蹴り込むも、伊藤にクリア...するも、こぼれ球に反応した汰木がペナルティエリア手前から右足でゴール左下に決められて、ヴィッセル神戸が先制...
うーん、ちょっと早すぎましたね、せめてジュビロが先制できたら良い試合を期待できたのですが、ヴィッセル相手にビハインドの展開、いきなり厳しい展開となりました。

とは言え、まだまだ時間はあります。
慌てることなく守り、相手にボールを持たれる時間が長くはなりつつも、相手陣内に攻め込むシーンもあり、相手のペナルティエリア付近まではボールを運べていました。
で、結局、前半は神戸が1点リードで終了。

後半開始から平川怜に替えてマテウスペイショットを投入。これまた新加入のメンバー、期待しましょう!

またもや、出だしの時間帯で動きます。
後半3分、ヴィッセル神戸がオフサイドラインギリギリのパスを通して、佐々木大樹がGK川島と1対1の場面に。で、ペナルティエリア中央から右足でゴール下に決められて、神戸の追加点...
佐々木に通った時点でもう、やられたって思っちゃいましたね、さすがの川島でも防げません。

で、結局...

試合結果|磐田 0-2 神戸

試合結果|磐田 0-2 神戸

ジュビロ磐田 02 ヴィッセル神戸

なんかゴールの匂いがあまりしない試合でした。
やはりJ1はレベルが高いヤ。
ま、気持ちを切り替えて、次ですよ、次!

The post 2024J1リーグ開幕! 前半も後半も序盤に失点で黒星スタート...|磐田 0-2 神戸 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

厚みのある攻撃で、怒涛の5ゴール&クリーンシート|磐田 5-0 水戸

J2リーグ第41節はホーム最終戦。水戸相手にジュビロらしい、厚みのある攻撃を見せつけ、〇ゴールの快勝でした。

ホーム最終戦

明治安田生命J2リーグは、今節で第41節。そう、泣いても笑っても残り2試合です。
そして今節はホーム最終戦。ヤマハスタジアム(磐田)に水戸ホーリーホックを迎え撃つ一戦。
勝点差僅かに1で清水の背中を負うことになった磐田、残り2試合勝つのみ。人事を尽くして天命を待つ!

今節のスタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 28 鹿沼直生
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 33 ドゥドゥ
FW 42 後藤啓介

前節で負傷したジャーメインが外れて、後藤がくん入る布陣で、残りのメンバーは前節と同じですね。

厚みのある攻撃

試合はジュビロが押し気味に始まりました。
そんなこんなの前半15分、ジュビロの攻撃。
上原が右サイドに展開すると、鈴木雄斗が右サイドの相手陣中央から余裕を持ってクロスを送ると、ニアサイドで山田大記がヘディング。弧を描いたシュートは水戸GKが伸ばしたさらに先で、ゴールに吸い込まれ、ジュビロ磐田が先制。
綺麗なヘディングシュートでした、お見事!

水戸も慌てず、少しずつポゼッションを持ち返しつつも、どちらかというとジュビロが優位に試合を進める展開。

前半38分には水戸の攻撃から鈴木雄斗が鋭い出足でボールをインターセプト。そのまま右サイドを持ち上がり、ファーサイドの山田を狙ってクロス。水戸DFに一度は弾かれるも、こぼれ球を拾った上原力也がペナルティエリア手前の中央から右足を振り抜くと、ゴール左上に突き刺さり、ジュビロの追加点。
これ、落ち着いてましたね、結構な距離があったように見えましたが、こぼれ球を巧く収めたリキヤの勝利ですね。

さらに前半45分のジュビロの攻撃。鈴木雄斗が右サイドの相手陣中央からクロスを送ると、ファーサイドでドゥドゥが相手DFと競り合ったまま倒れ込みながらも足を出してシュート。ジャストミートではありませんでしたが、水戸GK反応仕切れず、ボールはゴールの中に転がり込んで、ジュビロ磐田の3点目。
よく足を延ばしましたよ、ドゥドゥ。

両チーム、ハーフタイムでの交代はなく後半開始。

後半開始早々のプレーで試合が動きます。
上原がペナルティエリア内にパスを送ると、山田が流して、後藤くんがシュート。水戸GKにセーブされるも、こぼれ球に上原が反応して、山なりのクロス。これに松本昌也がこのボールに頭で合わせるとゴールネットを揺らし、ジュビロ磐田の4点目。
何度か水戸に弾かれているのですが、その次、さらに次と、厚みのある攻撃でしたね。

そこからかなり、水戸に押し込まれる展開も多くありましたけど、耐えました。
そして終了間際の後半46分、ジュビロの攻撃。
金子がペナルティアーク付近で右にスルーパスを送ると、ファビアンゴンザレスが反応てし、ゴールエリア右角付近で滑り込みながら相手GKが触れる直前にボールに足を出し、ゴールに流し込んでジュビロの5点目。
ラッソらしい、なんとも執念を感じるシュート、そしてゴールでした。

で、終わってみますと、このスコア。

試合結果|磐田 5-0 水戸

試合結果|磐田 5-0 水戸

ジュビロ磐田 50 水戸ホーリーホック
(Goal:山田大記, 上原力也, ドゥドゥ, 松本昌也, ファビアンゴンザレス)
5ゴールですし、結果、無失点。この得失点差+5って大きいですよ。

さーて、残すは最終節の1試合のみ。
とにかく勝つこと。他チームの動向次第という部分もありますが、J1昇格を信じてアウェイ栃木戦、カンセキスタジアムに馳せ参じます!

The post 厚みのある攻撃で、怒涛の5ゴール&クリーンシート|磐田 5-0 水戸 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

3位と4位が直接対決の大一番、磐田の死闘は痛み分け…|磐田 1-1 東京V

J2第40節、ホームのヴェルディ戦は両チーム1ゴールずつの引き分け。勝ち点も1を分け合う形となりました。

直接対決!

明治安田生命J2リーグは、今節で第40節。今節はホーム、ヤマハスタジアム(磐田)に東京ヴェルディを迎え撃つ一戦。
3位のジュビロと4位のヴェルディは、ともにここまで19勝11分9敗の勝点68。得失点差で1だけジュビロが上回っているっていう状況。
終盤に来ての上位陣の直接対決、本気(ガチ)の大一番ですね。

スタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 28 鹿沼直生
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良

前節からの変更はなし、同じメンバーで挑みます。

入りそうで入らない2点目

試合は序盤にいきなりのアクシデント。
前半9分にジュビロのジャーメイン良選が負傷で後藤啓介くんと交代。大事に至らなければ良いのですが。

一進一退の攻防ながらもゴールネットが揺れることなく、前半終了。
ハーフタイムでの選手交代は、両チームともになく後半開始。

後半開始の数分間は、ヴェルディ陣内に押し込んでいたジュビロでしたが...。

後半6分にジュビロのコーナーキックからヴェルディのカウンターに。
ヴェルディ陣内から中原輝がドリブル、ジュビロ陣地まで持ち運んで、左方向に展開。齋藤功佑がペナルティエリア左から左足でクロスを入れると、再びの中原で右足で合わせる。ジュビロGKの三浦が一度は弾いたものの、こぼれ球に反応した林尚輝が右足で合わせ、ネットを揺らす。東京ヴェルディが先制...

中原のドリブル、中原のシュート、ともに見事でした。三浦もよく反応したのですが、林がしっかり走りこんでいたってのが凄いですよね。最終ラインのDFですよ、それがゴールラインまで信じて走っていた、これに尽きるんじゃないでしょうか。

でもまだ時間はある!ジュビロの選手、慌てません。
後半24分のジュビロの攻撃。右サイドからドゥドゥが横パスを出すと、上原がワンタッチで落とす。ドゥドゥはペナルティエリア手前の右からダイレクトでリターンパスを出し、再び受けた上原力也、ペナルティエリア右から左足でコントロールシュート。弧を描いたシュートはゴール左のネットに吸い込まれて、ジュビロ磐田が同点に!

ドゥドゥと上原のパス回し、綺麗でしたね。今年、この二人がペナルティエリア近くでパス交換して、どちらからシュートを打ってゴール、こんなパターンを何回か見てきたように思います。

で、この後もりょーチームチャンスはつくるのですが、2点目が遠く...。

試合結果|磐田 1-1 東京V

試合結果|磐田 1-1 東京V


ジュビロ磐田 1-1 東京ヴェルディ
(Goal:上原力也)
うーん、勝ち切れませんでした。負けなかったのは良いのですが、ホームですし、得失点差で僅かに1つリードしているだけとは言え上位ですし、勝ってヴェルディを突き放したかったですね。
今日は2位の清水が黒星。勝点で1だけ近づきました。こりゃ最終節までもつれるなー、昇格争い。

さーて、泣いても笑っても残り2試合、連勝して、人事を尽くして天命を待つ!

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

The post 3位と4位が直接対決の大一番、磐田の死闘は痛み分け…|磐田 1-1 東京V first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

アウェイ徳島で3点&クリーンシートで締めて快勝♪|徳島 0-3 磐田

ポカリスエットスタジアムでの徳島戦、前半のうちにドゥドゥのゴールで先制、上原のゴールで追加点。後半にも昌也のゴールで3得点。守備面では無失点と快勝でした。

もう一つも負けられない

明治安田生命J2リーグは今節で第39節。リーグも終盤、いよいよ最終コーナーを回って、最後の直線コースに入りました。
前節は静岡三国決戦で悔しい敗戦...なんとしても今節は、否、今節から残りの4試合全て勝って、自動昇格に望みをつないでいきましょう!

今節はアウェイ、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムに乗り込んで、徳島ヴォルティスと対する一戦。
スタメンを見てみますと...

GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 28 鹿沼直生
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良

前節と同じメンバーです。
破れこそしましたが、悪い内容ではありませんでしたからね。

シュート数も支配率も低いけど

試合を総括すると、徳島にボールを支配され、シュート数も徳島が上回り、決して盤石な内容ではありませんでした。
でも、結果から言いますと、3-0勝利、凄いです!!!

前半7分に自陣のセンターサークル付近でジャーメインがボールを奪うと、ドリブルで持ち上がって中央へパス。受けたのはドゥドゥで、ペナルティアーク内から右足を振り抜くと、ゴール右上に突き刺さり、ジュビロ磐田が先制!
ジャメの奪い取りは見事でしたし、ちょっと遠めでしたけど、早いタイミングでシュートを打ったドゥドゥの弾丸シュートは凄い!の一言に尽きます。

さらに前半13分のジュビロ磐田の攻撃。左サイドのジャーメインが中央へ横パスを送ると、ドゥドゥがペナルティエリア手前の右へ散らす。味方が短いパスを出すと、受けた上原が中央へ切り込んで左足でシュートを放つ。弧を描いたボールはクロスバーに当たり、ゴール左上に吸い込まれ、ジュビロの追加点!!
これも早いタイミングでシュートを打った、リキヤがお見事でした。

で、前半は2点リードで終了。
後半開始から選手交代のカードを切るのは、アウェイのジュビロ。山田ヒロキに替えて藤川コタローを投入。

後半開始早々の2分、ジュビロの上原が相手陣浅い位置から右サイドへ大きく展開すると、受けた鈴木雄が右サイドの相手陣中央からクロスを上げる。反応した松本がDFの前に入り頭で合わせると、これがゴール左に決まって、3点目!!!
ユートのクロスも綺麗でしたし、それをファーサイドに逸らすような秀逸のシュートを打ったマサヤも凄い!

で、4点目こそ奪えませんでしたが、無失点で試合終了。

試合結果|徳島 0-3 磐田

試合結果|徳島 0-3 磐田

徳島ヴォルティス 03 ジュビロ磐田
(Goal:ドゥドゥ, 上原力也, 松本昌也)
シュート数は徳島が19本に対して磐田は9本、ボール支配率は徳島 69:磐田 31。
いかに徳島に攻め込まれていたか、を表す数字かと思います。でも、終わって見れは3-0の勝利。こういう試合で勝てたって大きいと思います。

残すは1枠

今節、町田が勝利したことで2位以内が確定し、J1自動昇格を確定、残す自動昇格枠は1つとなりました。
そして次節、3位の東京ヴェルディとの直接対決です! ここで勝てば順位をひっくり返すことができますからね、のこり3試合で3勝、期待しましょう!!!

The post アウェイ徳島で3点&クリーンシートで締めて快勝♪|徳島 0-3 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

死闘の静岡三国決戦、アウェイ清水戦は1発に沈む...|清水

静岡三国決戦、アウェイ清水戦。ともに昇格を争うチームとの直接決戦、不運なゴールで失点。ゴールは遠くそのまま0-1の黒星...

この時期に、この相手!

明治安田生命J2リーグは今節で第38節。今日の試合を含めて残り5試合、いよいよ本気のカウントダウンです。
この大事な時期の今節は、アウェイ。IAIスタジアム日本平に乗り込んで、清水エスパルスと対する一戦。

静岡ダービー...今年は藤枝も含めて静岡三国決戦として盛り上がっていますが、こんな時期にこの対戦相手、なんとも因縁めいたものを感じます。
ただでさえ、普段から、絶対に負けられない相手ですけど、ともにJ1昇格を争っている真っ只中、勝ち点差も迫っているこの対戦、間違いなく激闘になることでしょうね。

スタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 28 鹿沼直生
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良

前節からのスタメン変更は1人のみ。小川大貴が外れて、松原が入る布陣。

先制されるも

序盤からテンポよく攻撃を仕掛けるのは、ホームのエスパルス。
ジュビロはどちらかというと守って守って、カウンターという印象。
シュート数も清水の方が打てていましたね...なんか、自陣から上がれないジュビロの選手たちって感じでした。

そんなこんなの前半41分の清水の攻撃。
チアゴサンタナが相手陣中央でボールを受けて前を向き、ペナルティエリア中央にパス。一度はジュビロDFがカットするも、こぼれ球に乾が反応してペナルティエリア手前左から右足でシュート。これがリカルドグラッサに当たってコースが変わって、GK三浦の逆を取る形となり、ゴールの中へ...清水エスパルスが先制。

不運な形ではありましたけど、ここまでの流れを鑑みると、致し方なしかな、そんな印象の失点でした。
で、そのまま1点リードされて前半終了。

後半開始から選手交代のカードを切るのは、アウェイのジュビロ。
松原に替えて古川くんを投入。

選手交代で少しずつペースを掴みつつあるジュビロ、でもゴールネットを揺らすにまでは至りません。
ゴールが遠いまま時間が経過し、焦りも見えてきます。
終盤には連続してセットプレーで、ゴールに迫ったのですが...

試合結果|清水 1-0 磐田

試合結果|清水 1-0 磐田


清水エスパルス 1-0 ジュビロ磐田
ゴールは遠く、ノーゴールでした...

これで再び清水に2位の座を譲る形になってしまいました。
とは言え、まだまだ自動昇格の願いは十分に届くところにあります。
残り4試合、全て勝利で昇格を実現させましょう!

The post 死闘の静岡三国決戦、アウェイ清水戦は1発に沈む...|清水 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

正に死闘! 長崎を振り切り、再び自動昇格圏内浮上!|磐田 1-0 長崎

J2第37節は、正に死闘・激闘! 山田の技ありシュートを守り切って、勝ち点3。再び、自動昇格圏内の2位に浮上です。

静岡三国決戦、藤枝が

明治安田生命J2リーグは今節で第37節。昨日の静岡三国決戦、藤枝vs.清水で藤枝MYFCが清水エスパルスに2-0で勝利。これが静岡県内のチーム同士の対戦のわからないところというか、今の順位とかそんなこと抜きにして、絶対に負けられない戦い、なんとしてもこの相手には勝ちたい、そんな試合の怖さ。

とは言え、順位を多少は気にしつつも、目の前の試合で勝点3を積み上げること、これに尽きるのですが。

さて、今節はホーム、ヤマハスタジアム(磐田)にV・ファーレン長崎を迎え撃つ一戦。
スタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 5 小川大貴
MF 28 鹿沼直生
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良

前節からのスタメン変更は1人のみ。松原后が外れて、小川大貴が入る布陣。

ヒロキのゴールを守り切り!

試合の入りは悪くなかったですよ、長崎陣内に攻め込んでいましたし、シュートも打てていました。
ただ、ゴールネットを揺らすに至らない、そんなもどかしい試合展開は、相変わらず!?(苦笑)

そんなこんなの前半34分のジュビロ磐田の攻撃。
鈴木雄斗が自陣から前線へロングボールを供給。抜け出したのは、山田ヒロキで、長崎DFの背後に抜け出すと、ペナルティエリア右から相手を背負った状態で右足でボレーシュート。体勢を崩しながらのシュートでしたが、長崎GKの上の超えてボールはゴールネットを揺らし、ジュビロ磐田が先制!

ユートのロングパスは奇麗でしたし、決して簡単なシュートではなかったのですが、決め切った山田ヒロキ、お見事でした。

で、前半はそのまま、ジュビロが1点リードで終了。

両チームともにハーフタイムでの選手交代はなく、後半開始。
1点だけじゃ安心できませんし、相手はプレーオフ圏内に入れるか否かという大事な順位の長崎、さらに言いますと、アウェイの試合では長崎に敗れていますからね、怖い存在です。

選手交代でお互い攻撃のギアが二つ・三つ上った感じ。
終盤には両チームに足が吊る選手が出てきて、正に死闘・激闘。

時間は過ぎていきますが、長崎の攻撃がコワイこと、怖いこと...
なんとか・かろうじて、逃げ切りまして、

試合結果|磐田 1-0 長崎

試合結果|磐田 1-0 長崎


ジュビロ磐田 1-0 V・ファーレン長崎
(Goal:山田大記)

いやー、冷や冷やでしたけど、勝ち切りました。終わってみれば、クリーンシートです。
勝ち点3を積み重ね、65となりました。再びの自動昇格圏内、2位浮上です。

さーて、次節は大事な大事な静岡三国決戦、アウェイ清水戦です。
なんとしても勝利・勝点3がほしい試合です。期待しましょう!!

The post 正に死闘! 長崎を振り切り、再び自動昇格圏内浮上!|磐田 1-0 長崎 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

正に死闘! 長崎を振り切り、再び自動昇格圏内浮上!|磐田 1-0 長崎

J2第37節は、正に死闘・激闘! 山田の技ありシュートを守り切って、勝ち点3。再び、自動昇格圏内の2位に浮上です。

静岡三国決戦、藤枝が

明治安田生命J2リーグは今節で第37節。昨日の静岡三国決戦、藤枝vs.清水で藤枝MYFCが清水エスパルスに2-0で勝利。これが静岡県内のチーム同士の対戦のわからないところというか、今の順位とかそんなこと抜きにして、絶対に負けられない戦い、なんとしてもこの相手には勝ちたい、そんな試合の怖さ。

とは言え、順位を多少は気にしつつも、目の前の試合で勝点3を積み上げること、これに尽きるのですが。

さて、今節はホーム、ヤマハスタジアム(磐田)にV・ファーレン長崎を迎え撃つ一戦。
スタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 5 小川大貴
MF 28 鹿沼直生
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良

前節からのスタメン変更は1人のみ。松原后が外れて、小川大貴が入る布陣。

ヒロキのゴールを守り切り!

試合の入りは悪くなかったですよ、長崎陣内に攻め込んでいましたし、シュートも打てていました。
ただ、ゴールネットを揺らすに至らない、そんなもどかしい試合展開は、相変わらず!?(苦笑)

そんなこんなの前半34分のジュビロ磐田の攻撃。
鈴木雄斗が自陣から前線へロングボールを供給。抜け出したのは、山田ヒロキで、長崎DFの背後に抜け出すと、ペナルティエリア右から相手を背負った状態で右足でボレーシュート。体勢を崩しながらのシュートでしたが、長崎GKの上の超えてボールはゴールネットを揺らし、ジュビロ磐田が先制!

ユートのロングパスは奇麗でしたし、決して簡単なシュートではなかったのですが、決め切った山田ヒロキ、お見事でした。

で、前半はそのまま、ジュビロが1点リードで終了。

両チームともにハーフタイムでの選手交代はなく、後半開始。
1点だけじゃ安心できませんし、相手はプレーオフ圏内に入れるか否かという大事な順位の長崎、さらに言いますと、アウェイの試合では長崎に敗れていますからね、怖い存在です。

選手交代でお互い攻撃のギアが二つ・三つ上った感じ。
終盤には両チームに足が吊る選手が出てきて、正に死闘・激闘。

時間は過ぎていきますが、長崎の攻撃がコワイこと、怖いこと...
なんとか・かろうじて、逃げ切りまして、

試合結果|磐田 1-0 長崎

試合結果|磐田 1-0 長崎


ジュビロ磐田 1-0 V・ファーレン長崎
(Goal:山田大記)

いやー、冷や冷やでしたけど、勝ち切りました。終わってみれば、クリーンシートです。
勝ち点3を積み重ね、65となりました。再びの自動昇格圏内、2位浮上です。

さーて、次節は大事な大事な静岡三国決戦、アウェイ清水戦です。
なんとしても勝利・勝点3がほしい試合です。期待しましょう!!

The post 正に死闘! 長崎を振り切り、再び自動昇格圏内浮上!|磐田 1-0 長崎 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

Away岡山戦、幸先よく先制も追加点奪えず逆転負け...|岡山 2-1 磐田

J2第37節は開幕戦で敗れたファジアーノ岡山戦。松原のゴールで幸先よく先制も、逆転負け...痛いです...

残り全勝でいくしかない!

前節、レノファ山口と痛い痛いドロー。ついに、勝ち点で清水に抜かれてしまい、順位は3位に転落。2位までが自動昇格なので、2位と3位の差は、天と地ほどの差があります。
もうこうなると、一つも落とせません。残り全勝、このくらいの気合でいくしかありません。

明治安田生命J2リーグは、今節で第36節。
今節はアウェイ、シティライトスタジアムに乗り込んで、ファジアーノ岡山に挑む一戦。
対する岡山もプレーオフ圏内のすぐ下、十分過ぎるくらいにJ1昇格を目指せる位置ですので、気合十分です。

スタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 28 鹿沼直生
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良

前節からのスタメン変更は2人。藤川と古川くんが外れて、鹿沼と山田ヒロキが入る布陣。

先制するも

試合は開始早々、いきなり動きます。
前半7分にジュビロ磐田のショートカウンター。ペナルティエリア手前の中央で山田ヒロキとジャーメインでパス交換。上原にパスを送るとペナルティエリア内で左方向にラストパス。ここに走りこんだ松原が、ほぼフリーでシュート。落ち着いてゴールに流し込んで、ジュビロ磐田が先制!
お見事です、相手からボールを奪ってから全員の意識が前を向いていました。

早い時間帯で先制できて、良い流れになっていたのですが、前半の中盤から終盤にかけて、徐々に岡山がペースを掴んできます。
そんなこんなの、前半37分のファジアーノ岡山の攻撃。
鈴木喜丈が起点となり、左サイドでパスを交換。左サイドのジュビロ陣内中央から高橋が縦パス。ール前の坂本がポストプレーをして横パス。反応した鈴木喜丈がペナルティエリア内から右足でシュートを放つと、ゴールの中へ...岡山が同点に。
なんか翻弄されまくってましたね...

で、このまま1-1で前半は終了。

両チーム、ハーフタイムでの選手交代はなく、後半開始。
一進一退ながらも、やや岡山が優勢な展開、怖い流れです。

チャンスはつくりながらも、ゴールネットを揺らせないジュビロ。
そうこうしている中の後半31分にファジアーノ岡山の右コーナーキック。
キッカーの仙波は右足でファーサイドにクロス。相手のマークを振り切った柳育崇がヘディングシュート。これが、ネットを揺らして、岡山が逆転...
相手を褒めちゃいけませんが、CKが上がった瞬間からの動きでフリーになった柳、敵ながら天晴れです。

なんとか必死に攻撃を試みるも...

試合結果|岡山 2-1 磐田

試合結果|岡山 2-1 磐田

ファジアーノ岡山 21 ジュビロ磐田
(Goal:松原后)
うーん...勝ち点3どころか、1すら積み上げられませんでした。首位町田、2位清水との差がまた広がってしまいました。

なんか噛み合ってないですね、次節までにしっかり修正していただければと。
次節はホーム長崎戦。今度こそ、綺麗に勝ち点3、期待しています!!!

The post Away岡山戦、幸先よく先制も追加点奪えず逆転負け...|岡山 2-1 磐田 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

攻めきれない、勝ちきれない、夏バテ?痛いスコアレスドロー|磐田 0-0 山口

J2第35節は山口とスコアレスドロー...攻め切れませんでした、勝ちきれませんでした...両チーム死力を尽くした試合ではありましたが、勝ちたかった...

残り8試合

明治安田生命J2リーグは懇切で第35節。22チームがホーム&アウェイで2回戦総当たり、全42節のリーグ戦ですので、今日の試合を含めて残り8試合。もう一つも取りこぼしはできません。
今節はホーム、ヤマハスタジアム(磐田)にレノファ山口を迎え撃つ一戦。

こちらはこちらで昇格争いに必死ですけど、あちらはあちらで残留争いに片足突っ込んでしまっているので、やっぱり必死。
こりゃ激しい試合になりそう。

スタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 7 上原力也
MF 33 ドゥドゥ
MF 14 松本昌也
MF 13 藤川虎太朗
MF 31 古川陽介
FW 18 ジャーメイン良

前節からのスタメン変更は3人。山本コースケ、鹿沼、金子が外れて、上原、藤川、古川くんが入る布陣。

攻めきれない・勝ちきれない

両チーム、それなりにチャンスをつくりつつもゴールネットを揺らすまでには至らず、前半は無得点で終了。

後半開始から交代カードを切ってきたのは、アウェイの山口で、1枚の交代。

硬直状態が続き、ジュビロも松本・藤川に替えて金子・後藤くんを投入するなど、流れを変えようとしていきます。

結局、ホームのジュビロはトータルで4枚、アウェイの山口は5枚と総動員の、予想通りの死闘でしたが...

試合結果|磐田 0-0 山口

試合結果|磐田 0-0 山口


ジュビロ磐田 0-0 レノファ山口

うーん...結局、スコアレスドロー...
こういう試合を攻め切って勝ち切ってほしいんですけどね。

すぐ下にエスパルスやヴェルディがいるだけに、なんとも怖いです。
さーて、残すは7試合、ここから始まる磐田の反撃、勝利は続くよどこまでも!

次節はアウェイ岡山戦、不気味な存在ですけど、きっちり勝ち点3、期待しています!!!

The post 攻めきれない、勝ちきれない、夏バテ?痛いスコアレスドロー|磐田 0-0 山口 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

後半アディショナルタイムの歓喜!リカのゴールでサヨナラ勝ち!|磐田 3-2 大宮

もう凄すぎ! 2度リードされる展開も追いついて、最後の最後にリカルドグラッサのゴールで勝利♪ 泣いちゃいそうな劇的勝利でした。

首の皮一枚で2位

明治安田生命J2リーグは、今節で第34節。残りの試合数が少なくなってきますと、順位も勝ち点も気になってくる頃ですね。
我らがジュビロ磐田は第33節終了時点で16勝10分7敗の勝ち点58。順位は自動昇格圏内の2位ではありますが、3位の清水エスパルスとの勝点差は僅かに1、そして、4位の東京ヴェルディとも2と、首の皮一枚でつながった2位、そんな感じ。

さてさて、今節はホーム、ヤマハスタジアム(磐田)に大宮アルディージャを迎え撃つ一戦。
スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 21 三浦龍輝
DF 17 鈴木雄斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 23 山本康裕
MF 28 鹿沼直生
MF 14 松本昌也
MF 40 金子翔太
MF 33 ドゥドゥ
FW 18 ジャーメイン良

前節からのスタメン変更は1人。上原が外れて、山本コースケが入る布陣。

後半ATの劇的勝利弾

入りは悪くなかったと思うのですが、その油断でしょうか? 前半18分の大宮の右コーナーキック。
蹴るのは高柳がクロスを送ると、ニアサイドで相手にクリアされた後、ボールはペナルティエリア内へ。新里と黒川が頭でつなぐと、ゴール前の室井彗佑が右足でゴール右に決め、大宮が先制。
うーん、なんか振り回されてしまった感、ありましたね。

でも、まだまだ時間がありますし、慌てることはありません。
前半25分にはジュビロ磐田の右コーナー効く。蹴るのは松原で、インスイングのクロス。ニアサイドでフリーになった伊藤槙が頭で合わせると、ゴール左に決まって、同点に!奇麗なセットプレーでしたね、教科書どおりって感じのプレーでした。

で、1-1で前半終了。
後半開始から交代カードを切るのはホームのジュビロで、山本康裕に替えて古川陽介くんを投入。

後半も入りは悪くなかったのですが...後半18分の大宮アルディージャの攻撃。
中野誠也が高柳のスルーパスに反応して抜け出すとDFに競り勝ち、ペナルティエリア左から中央にパス。シュヴィルツォクがこのパスを受けると、冷静にゴール右下に決めて、大宮が勝ち越し。
うーん、中野に通ってしまった時点でアウトだったのかなー。

でも、試合の流れ自体は悪くありません。ここから始まる、磐田の反撃!
後半32分のジュビロの攻撃。古川くんが左サイドの相手陣中央から内側に切れ込み、ペナルティエリア内にパスを送ると、藤川虎太郎が受ける。藤川が大宮DFをかわして左足を振り抜くと、2人の相手の股を抜いてゴール右下に決まって、再びの同点に。
スペースがあまり無い中、動いてスペースをつくってシュート、見事に決め切ったコタロー、2試合連続弾です。

こうなると流れはジュビロ。でも、なかなかゴールネットを揺らすまでに至りません。
時間は過ぎて行き、気付けば後半もアディショナルタイム。
このまま同点で終了なのか、そんな空気も漂っている後半50分のジュビロの右コーナーキック。
ドゥドゥがクロスを送るとジャーメインがゴール前で競り、こぼれ球に反応したのは、リカルドグラッサ。左足でゴールに蹴り込み、逆転に成功!!!
いやー、もー、凄すぎ! 劇的過ぎます。競り勝ったジャメも凄いし、しっかりと枠内にシュートを決めたリカも凄い!

で、直後に試合終了。

試合結果|磐田 3-2 大宮

試合結果|磐田 3-2 大宮


ジュビロ磐田 3-2 大宮アルディージャ
(Goal:伊藤槇人, 藤川虎太郎, リカルドグラッサ)

この勝ち点3は大きいですよ、メチャクチャ大きいですよ。
ここから最後まで連勝、目指すは2位じゃなくて1位、「王者」に輝いてのJ1昇格ですよね!

The post 後半アディショナルタイムの歓喜!リカのゴールでサヨナラ勝ち!|磐田 3-2 大宮 first appeared on ジュビロ磐田掲示板【関西ジュビリスト】.

スポンサーリンク
管理人おすすめ