2019年09月一覧

時効警察 復活スペシャル 感想|学生服が似合う武田真治さんこそ真の美魔王。

 

f:id:rincoro_ht:20190929231521p:plain

 

事実上、初回2時間拡大スペシャルの形で始まった「時効警察」。

まだ前々作を見始めたばっかりではありますが…

ツッコミきれない程のシュールなネタの充実感、麻生久美子さんが相変わらず可愛らしい事、

そして中堅どころベテランどころがしっかり揃えられてて

しかも見た目から時の流れを感じさせない事などなど、

13年前と変わらない世界観で保ってくれて嬉しいなぁ…というのが第一の感想でした。

 

ただ、本来1時間で盛り込まれていたネタが2時間SPで2倍になるので、

SPとなるとお腹いっぱいにはなってしまうし

(「ユルさ」を通り越して「グダグダ感」も漂ってしまうし)、

やはり連ドラの形の方が物語全体が引き締まるのかな?という気もしました。

そんな訳で、金曜深夜での通常放送こそは…と期待してみたいです。

 

とはいえ、ユルい展開が続いた分、余貴美子さんの演技には

コメディとシリアスのギャップの大きさが感じられて、

息子と別れてしまう所は特に見入ったシーンでした。

何か底知れぬ闇を抱えているのが伝わるような佇まい…

「dele」の時も印象に残りましたが、

ああ、流石だなぁ…と再認識させられもしました。

 

余貴美子さんの熱演があったからこそ、

終盤のお馴染みの「誰にも言いませんよカード」にも、

長い時を経て再会出来た息子と母の幸せを願っているよ…という深みが増したと思います。

 

初登場の吉岡里帆さんに関しては、最初はちょっと力んじゃってるかな?と

気になりはしましたが、動きの1つ1つは時にチャーミングで、

愛らしいキャラクターにも映ります。

終盤の格好を見る限り、どうやらハッチャケそうなタイプではあるので、

回を重ねるごとにもっと弾けた演技を見せて、独特な世界観に馴染めたら良いなぁと。

今後の活躍を応援したいです。

でも…出番が多くなって、霧山(オダギリジョー)と三日月(麻生久美子)の

やり取りが減ってしまうのは止めて欲しいなぁ…とは思います(汗)

 

とりあえず、最近ドラマで多い「若返り設定」でも、

学生服を違和感なく着こなせちゃう武田真治さんは真の美魔王だという

役のハマり具合も含め、まずまず面白い初回でありました。

金曜深夜、仕事帰りに気軽に笑えるドラマに会えると思うと、楽しみです。

 

 

↓1話の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


dTVチャンネルのおすすめ

NTTドコモが提供する映像配信サービス『dTVチャンネル』はリアルタイムに番組が流れるサービスでまるでテレビのような視聴方法のサービスです。

配信されている番組(チャンネル)も豊富なことから人気を集めています。

今回は『dTV』との違いや料金・番組のラインナップなどについて解説してみたいと思います。

『dTVチャンネル』とは

NTTドコモが提供するリアルタイムな番組配信サービスです。

競合サービスだと『AbemaTV』が挙げられます。誰でも利用可能ですがドコモユーザーは料金が割安になります。

インターネット回線を通じて配信されるのでチューナーなどの機器は必要なく、スマホ・PC・タブレット等で視聴可能。

用意されているチャンネルは30ch以上と豊富です(AbemaTVは約20ch)。

『dTV』『dTVチャンネル』どちらがおすすめ?

dTVとdTVチャンネル比較どっちがいいか総括すると dTVは自分で探しに行って観たいものを選ぶのに対して、dTVチャンネルは電源オンすると色々入ってくるというイメージです。 

比較軸を作ってみると以下のように整理できます。

『dTV』はこんな人におすすめ

●主にドラマや映画を見たい人
●見たい番組をちゃんと決めて、時間を確保してしっかり視聴したい人
●ニュースやカジュアルなバラエティなど、一過性の番組は特に不要な人

『dTVチャンネル』はこんな人におすすめ

●テレビが好きだけど、テレビを視聴できない状況にある人
●見たい番組が特になくても、何かしら適当に流しておきたい人
●麻雀、将棋、バイクなど趣味に特化した番組を見たい人

もちろん両方契約することもできますし、そうすれば料金も割安になります。

dTVチャンネルの最大の魅力は【31専門チャンネル】

dTVチャンネルは31の専門チャンネルが楽しめると売り出しています。

具体的なコンテンツは、映画専門だったりTBSやフジの過去放送のドラマ配信だったり、音楽専門のMTVとか将棋や囲碁・釣りなどの趣味の専門チャンネルがあります。

これは、スカパーとかのCS有料放送と同じようなイメージですね。

家で過ごして地上波のテレビを観ていて、「面白い番組が入ってないなあ。
他に何か面白いのやってないかな?」とザッピングする時に、チャンネル選択の幅が広がるということのように思えます。

dTVチャンネルのデメリット

おすすめ機能として、『見逃し配信』と呼ばれる機能があります。

これは過去2週間分の番組をさかのぼって、視聴ができるという機能ですが、

残念なことに、一部の番組のみが対象となっており、リアルタイム視聴が必須となってます。

まとめ

従来の動画配信サービスとは違い、放送されている番組を視聴するという、新しいタイプの動画配信サービス。

リビングで「dTVチャンネル」を流しておくのも悪く無いと感じましたが、肝心なテレビへの対応端末が、非常にお粗末でした。

テレビへの対応状況、アプリの安定性さえなんとかなれば・・・といったところでは無いでしょうか?

コンテンツは悪く無いと思うので、今後の発展に期待したいところです。

dTV同様、31日間の無料トライアル体験も可能ですので、ぜひお試し下さい。

dTVチャンネル

2019年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20190914120529j:plain

 

10/21:「グランメゾン東京」最新話をUPしました。

 

こんにちは、りんころです!

視聴予定の10月期のドラマを紹介して行こうと思います。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2019年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう全19作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 秋ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

           

2019年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴予定の19作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

 

月曜日

     

シャーロック(10/7・フジテレビ・月曜21時)★★★★

 

誕生から130年が経った今、なお世界中で愛され続けている「シャーロック・ホームズ」が、 “令和の東京”を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化される。原作の魅力をそのままに、令和で “顔面最強、内面最狂!?” のバディが数々の難事件に立ち向かう!

 

ディーンさん×西谷演出×太田Pの組み合わせは

モンテ・クリスト伯」を彷彿とさせ、

更には推理もの×バディもの×西谷演出で「刑事ゆがみ」も彷彿とさせるという…

個人的には、発表された時点で気分がアガった作品。

(どちらも大好き過ぎる作品なので…(笑))

 

しかし、それだけでなく、あの有名な小説を「オリンピックを控える東京」と

大胆に設定を変えてきた所には興味があります。

このアレンジが、「シャーロックらしさ」を残しつつも

現代だからこそ作れる物語として反響を呼ぶかどうか…に注目ですね。

 

出演:ディーン・フジオカ、岩田剛典、佐々木蔵之介

脚本:井上由美子(「緊急取調室 シリーズ」「昼顔」「ハラスメントゲーム」)

演出:西谷弘(「モンテ・クリスト伯」「昼顔」「刑事ゆがみ」)

音楽:菅野祐悟(「刑事ゆがみ」「半分、青い。」「偽装不倫」)

プロデュース:太田大(「モンテ・クリスト伯」「レ・ミゼラブル ※SP」)

主題歌:DEAN FUJIOKA「Shelly」

原作 :アーナー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズ』シリーズ

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/

 

 

ハル〜総合商社の女〜(10/21・テレビ東京・月曜22時)★★

 

大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴が、膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描く。 ラーメンからロケットまで、ありとあらゆるビジネスを取り扱う総合商社を舞台に、時には思いもよらない方法で解決への道を切り開いていく爽快ヒューマンドラマ。

 

主人公を女性に変えただけで、「企業の問題解決」とか「再建」とか

また似たような題材をやるのか感が否めず…う〜ん、今の段階ではあんまり惹かれません。

前クールの期待度にも書きましたけど、

「ハラスメントゲーム」みたいな楽しくてタメになる作品は出ないものか…(汗)

 

出演:中谷美紀藤木直人

脚本:龍居由佳里(「ストロベリーナイト」「越路吹雪物語」「あなたには渡さない」)

   本田隆朗 (「サイレント・ヴォイス」「わたし旦那をシェアしてた」)

演出:土方政人 (「謎解きはディナーのあとで」「ヘッドハンター」「SUITS」)

   都築淳一 (「心がポキっとね」「犯罪症候群」「後妻業」)

   三木茂  (「モンスターペアレント」「陰陽屋へようこそ」「大貧乏」)

音楽:ワンミュージック(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「向かいのバズる家族」)

チーフプロデューサー :浅野太  (「バイプレイヤーズ シリーズ」「リーガル・ハート」)

プロデューサー:稲田秀樹 (「リーガル・ハイ シリーズ」「原島浩美がモノ申す!」)

        戸石紀子 (「フジコ」「代償」「ミス・シャーロック」)

        栗原美和子(「美しき罠」「結婚相手は抽選で」「後妻業」)

        高田良平 (「新宿セブン」「大誘拐2018 ※SP」)

主題歌:wacci「Baton」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/

 

 

火曜日

     

まだ結婚できない男(10/8・フジテレビ・火曜21時)★★★★

 

偏屈×独善的×皮肉屋の建築家・桑野信介が、令和になってさらに進化!?「結婚できない男」から13年、続編として帰って来る!

 

再放送が始まったので、予習がてらに見始めた所ですが、

阿部寛さんの厄介で偏屈そう〜なキャラがとにかく面白過ぎます(笑)

続編も変わらないテイストで行ってくれたら嬉しいなぁと。

 

唯一気になる点としては、やはり「結婚観」に多様性が出てきている今の時代なので、

13年ぶりに帰ってきた本作がそこも上手く取り込み、

「現実と世界観の"ズレ"」を埋められるかどうか…ですかね。

 

出演:阿部寛、吉田羊、深川麻衣稲森いずみ

脚本:尾崎将也(「結婚できない男」「シグナル」「僕の初恋をキミに捧ぐ」)

演出:三宅喜重(「結婚できない男」「僕のヤバイ妻」「パーフェクトワールド」)

   小松隆志(「結婚できない男」「家政夫のミタゾノ シリーズ」「美しい隣人」)

   植田尚 (「結婚できない男「サキ」「ごめん、愛してる」)

音楽:仲西匡 (「結婚できない男」「黒服物語」「人生が楽しくなる幸せの法則」)

チーフプロデューサー :安藤和久 (「結婚できない男」「後妻業」)

        東城祐司 (「結婚できない男」「特命係長 只野仁 シリーズ」)

プロデューサー:米田孝  (「健康で文化的な最低限度の生活」「BRIDGE ※SP」)

        伊藤達哉 (「結婚できない男」「脳にスマホが埋められた!」)

        木曽貴美子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「健康で文化的な〜」)

主題歌:持田香織「まだスイミー

公式サイト:https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html

 

     

G線上のあなたと私(10/15・TBS・火曜22時)★★★

 

恋愛マンガの名手・いくえみ綾の人気漫画をドラマ化!「大人のバイオリン教室」で出会った、年齢も立場もバラバラな3人の男女が集まる舞台で繰り広げられる、悩める大人たちに向けた恋と友情の物語

 

あなたのことはそれほど」スタッフが再集結という事で

発表時点で既に話題を呼びましたが、

あらすじを読む限り(バイオリン=芸術の秋というのもあり…)

この季節らしい、しっとりとした作品になりそう。

 

個人的には「日常の中でのちょっとした勇気を与えられるような作品になる」

という文言に惹かれます。

 

出演:波瑠、中川大志松下由樹

脚本:安達奈緒子(「コード・ブルー3」「透明なゆりかご」「きのう何食べた?」)

演出:金子文紀 (「逃げ恥」「あなたのことはそれほど」「大恋愛」)

   竹村謙太郎(「あなたのことはそれほど」「アンナチュラル」「中学聖日記」)

   福田亮介 (「あなたのことはそれほど」「初めて恋をした日に読む話」)

音楽:末廣健一郎(「逃げるは恥だが役に立つ」「ストロベリーナイト・サーガ」)

   MAYUKO   (「逃げるは恥だが役に立つ」「メゾン・ド・ポリス」)

チーフプロデューサー :磯山晶(「ごめんね青春!」「きみが心に棲みついた」)

プロデューサー:佐藤敦司(「あなたのことはそれほど」「インハンド」)

主題歌:緑黄色社会「sabotage」

原作 :いくえみ綾『G線上のあなたと私』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/

 

 

水曜日

   

同期のサクラ(10/9・日本テレビ・水曜22時)★★★

 

北の小さな離島から上京した主人公・サクラの夢は「故郷と本土を結ぶ橋を架けること」。どんな逆境にも自分を貫き、最初は冷めていた同期達をも巻き込んでいく、10年間の記録を描く。

 

火10が「あなそれ」スタッフなら、水10は「カホコ」スタッフが再集結。

過保護のカホコ」は高畑充希さんがとにかく愛らしい、応援したくなるようなキャラで、

彼女をますます好きになった きっかけとなる作品でもありました。

 

予告を見るとカホコに引けを取らず、サクラも個性的な主人公に映ります。

キャラを立てる作品づくりが得意なイメージのある遊川さんが、

今度はどんな主人公を作り上げるのか…楽しみです。

 

出演:高畑充希

脚本:遊川和彦 (「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」)

演出:明石広人 (「過保護のカホコ」「獣になれない私たち」)

   南雲聖一 (「過保護のカホコ」「イノセンス」「偽装不倫」)

音楽:平井真美子(「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」)

チーフプロデューサー :西憲彦 (「地味にスゴイ!」「家売るオンナの逆襲」「偽装不倫」)

プロデューサー:大平太 (「泣くな、はらちゃん」「〇〇妻」「過保護のカホコ」)

        田上リサ(「偽装の夫婦」「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」)

主題歌:森山直太朗「さくら(二〇一九)」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

 

 

死役所(10/16・テレビ東京・水曜24時12分)★★★★

 

“生と死”や“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる。考えさせられる人間ドラマとして大人の鑑賞に堪えうる、極上のエンターテイメント作品。

 

最近では、松岡昌宏さんと聞くと「ミタゾノ」の印象が強いので、

今度は本作で「ミステリアスで強烈な魅力を持つ主人公」を演じるのは、

ぴったりだと思わせるのには良い流れなのではないかなぁ、と。

 

それだけでなく、新進気鋭のクリエイターが原作の持つ「深く刺さる」作風を

どうやって映像化するのか…という点も興味深いです。

 

出演:松岡昌宏黒島結菜清原翔松本まりか、でんでん 他

脚本:政池洋佑(「天 天和通りの快男児」「絶対正義」)

   三浦希紗(「GHOSTTOWN ※SP」「わたし旦那をシェアしてた」)

   鳥丸棗 (作品不明)

監督:湯浅弘章(「ワカコ酒 シリーズ」「探偵が早すぎる」「わたし旦那をシェアしてた」)

   棚澤孝義(「半沢直樹」「大恋愛」「スパイラル〜町工場の奇跡〜」)

   酒井麻衣(「恋のツキ」「W県警の悲劇」「御曹司ボーイズ」)

   松本花奈(「平成物語 シリーズ」「恋のツキ」「ランウェイ24」)

   蔵方政俊(「あやしい彼女 ※映画」「リピート」「我が家のヒミツ」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :山鹿達也(「三匹のおっさん シリーズ」「Iターン」)

プロデューサー:倉地雄大(「電影少女 -VIDEO GIRL- シリーズ」「天」)

        尾花典子(作品不明)

        平体雄二(「居酒屋ふじ」「バイバイ、ブラックバード」)

        瀬島翔 (「たまゆら」「なれない二人」※共に映画)

原作:あずみきし『死役所』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/shiyakusho/

 

 

木曜日

     

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜

(10/17・テレビ朝日・木曜21時)★★★

 

大ヒットドラマ「ドクターX」が 2年ぶりに帰って来る!失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子が再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」に現れ、「今世紀最大のコストカッター」との戦いに挑む姿が描かれる。

 

今までのシリーズは未視聴なので、今からでもついて行けるかなぁと迷いましたが。

第6シーズンまで放送する程面白い作品なのだと信じて、

とりあえず初回を見てみようと思います。

 

出演:米倉涼子遠藤憲一内田有紀

脚本:中園ミホ(「ドクターX シリーズ」「花子とアン」「西郷どん」)

   林誠人 (「ドクターX シリーズ」「ストロベリーナイト」「特捜9 2」)他

演出:田村直己(「ドクターX シリーズ」「未解決の女」「刑事ゼロ」)

   松田秀知(「ドクターX シリーズ」「遺産争族」「疑惑 ※SP」)

音楽:沢田完 (「ドクターX シリーズ」「奪い愛、冬」「あなたには渡さない」)

エグゼグティブプロデューサー:内山聖子(「ドクターX シリーズ」「家政夫のミタゾノ シリーズ」)

プロデューサー:大江達樹 (「ドクターX シリーズ」「スミカスミレ」「リーガルV」)

        峰島あゆみ(「ドクターX 3&SP(2016)」「リーガルV」)

        霜田一寿 (「ドクターX シリーズ」「遺産争族」「リーガルV」)

        大垣一穂 (「ドクターX シリーズ」「リーガルV」)

主題歌:P!NK「ソー・ホワット」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/#/?category=drama

 

    

モトカレマニア(10/17・フジテレビ・木曜22時)★

 

元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語。元カレを引きずる女子はもちろん、恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディーをお届けする。

 

取り扱う題材は違えど、どことなく「人の見た目は100パーセント」と

同じ匂いがするのは気のせいですかね…(汗)

なんか、女子ウケ狙いの作品が多かった以前の木曜劇場に戻りそうですね。

 

出演:新木優子高良健吾

脚本:坪田文 (「コウノドリ シリーズ」「半沢直樹」「HEAT」)

演出:並木道子(「最高の離婚」「セシルのもくろみ」「レ・ミゼラブル ※SP」)

   相沢秀幸(「貴族探偵」「グッド・ドクター」「トレース」)

プロデュース:草ヶ谷大輔(「民衆の敵」「コンフィデンスマンJP」「トレース」)

音楽 :田渕夏海 (「警視庁ゼロ係 シリーズ」「僕らは奇跡でできている」)

    中村巴奈重(「警視庁ゼロ係 シリーズ」「僕らは奇跡でできている」)

主題歌:超特急「Revival Love」

原作 :瀧波ユカリ『モトカレマニア』

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/

 

 

金曜日

   

ミス・ジコチョー 〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜

(10/18・NHK総合・金曜22時)★★★★

 

掟破りで自分勝手なヒロインが、事故の再発防止に役立てる学問を意味する「失敗学」を武器として、事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込んでいくミステリー・エンターテインメント

 

聞き慣れない学問「失敗学」を扱うのは先鋭的で面白そうですし、

事故の再発を防ぐために主人公がどう動くのか…という点も、

視聴者にとっては身近で、考えさせられる作品にもなりそうな気がします。

 

出演:松雪泰子堀井新太須藤理彩

作 :八津弘幸 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「半沢直樹」「陸王」)

   徳尾浩司 (「おっさんずラブ」「チア☆ダン」「テレビ演劇 サクセス荘」)

   吉田真侑子(「陸王」「ヒモメン」「下町ロケット2」)

演出:福井充広(「全力離婚相談」「おんな城主 直虎」「ミストレス」)

   笠浦友愛(「おひさま」「この声をきみに」「炎上弁護人 ※SP」)

   家次勲 (「植物男子ベランダー シリーズ」「馬の骨 ※映画」)

音楽:眞鍋昭大(「明日の約束」「モンテ・クリスト伯」「白衣の戦士!」)

制作統括:小林大児(「ごちそうさん」「真田丸」「昭和元禄落語心中」)

     高橋練 (「チェイス 国税査察官」「まれ」「サギデカ」)

主題歌:[ALEXANDROS]「あまりにも素敵な夜だから」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/jikocho/

 

    

4分間のマリーゴールド(10/11・TBS・金曜22時)★★ ←リタイア

 

「視える」のに変えられない悲しい運命に立ち向かう救急救命士・みことと、悲しい運命を背負う沙羅の、禁断のラブストーリー。“生”と“死”に向き合う切ない愛の物語に、この秋、日本中が涙する。

  

これも、ジャンルは違えど「切ないラブストーリー」「余命僅かの恋人」

そして秋クールの放送である事も踏まえて、

「大恋愛」の時の感動を再び!感が漂うのは気のせいでしょうか。

 

スタッフは自分の好きな作品に携わった方々ばかりなんですけどねぇ…

命を扱って「この秋一番泣ける」とか言われると、ちょっと引くタチなもんで…(汗)

 

出演:福士蒼汰菜々緒

脚本:櫻井剛 (「マルモのおきて」「表参道高校合唱部!」「ルームロンダリング」)

演出:河野圭太(「マルモのおきて」「フリーター、家を買う。」「僕らは奇跡でできている」)

   城宝秀則(「フラジャイル」「メゾン・ド・ポリス」)

音楽:兼松衆 (「あなたには帰る家がある」「僕らは奇跡でできている」)

   櫻井美希(「限界団地」「僕らは奇跡でできている」)

プロデューサー:橋本芙美(「マルモのおきて」「メゾン・ド・ポリス」)

主題歌:平井堅「#302」

原作 :キリエ『4分間のマリーゴールド

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/4mari/

  

 

時効警察はじめました(10/11・テレビ朝日・金曜23時15分)★★★★

 

伝説のコメディーミステリー『時効警察』が12年ぶりに復活!殺人事件の時効が廃止された今だからこそ、あの男が満を持して(!?)“趣味”の捜査を再開する。

  

こちらも予習がてらに見始めた所ですが、良いですねぇ…

ゆる〜い世界観、なのに劇伴は洒落てるとこ、好きです♪

人物の会話劇が面白いドラマは、大体信頼出来る説。

 

今作の脚本家は、福田雄一さん、田中眞一さん、小峯裕之さんも加わるという事で、

脚本家個々の特徴が出つつも、ますます深夜らしい遊び心が増えそうな気がしますね。

 

出演:オダギリジョー麻生久美子吉岡里帆

脚本・監督:三木聡(「時効警察 シリーズ」「変身インタビュアーの憂鬱」)

      大九明子(「勝手にふるえてろ ※映画」「イジューは岐阜と」)

脚本:福田雄一 (「勇者ヨシヒコ シリーズ」「今日から俺は!!」)

   田中眞一 (「警視庁いきもの係」「さすらい温泉♨︎遠藤憲一」)

   小峯裕之 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「ヒモメン」「砂の器(2019) ※SP」)

監督:今泉力哉 (「東京センチメンタル」「オー・マイ・ジャンプ!」)

   森ガキ侑大(「満島ひかり×江戸川乱歩 ※SP」「坂の途中の家」)

   塚本連平 (「お迎えデス。」「重要参考人探偵」「記憶捜査」)

音楽:坂口修  (「時効警察 シリーズ」「熱海の捜査官」)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(「不機嫌な果実」「ヒモメン」「セミオトコ」)

プロデューサー:大江達樹(「ドクターX シリーズ」「スミカスミレ」「リーガルV」)

        山本喜彦(「GTO(AKIRA版) シリーズ」「僕の初恋をキミに捧ぐ」)

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/#/?category=drama

 

     

孤独のグルメ Season8(10/4・テレビ東京・金曜24時12分)★★★

 

深夜ドラマの金字塔が 8シーズン目に突入!輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ

  

食べ物の持つ色彩の魅力、しずる感、湯気のもわっと感、咀嚼音と…

何から何まで視聴者の心をガッツリ掴むドラマ。

今回も「美味しそう…」と呟きつつ、ゆったりと視聴しようと思います。

 

出演:松重豊久住昌之

脚本:田口佳宏(「孤独のグルメ シリーズ」「日本ボロ宿紀行」「背徳の夜食 ※SP」)

   児玉頼子(「孤独のグルメ シリーズ」「将棋めし」)

演出:井川尊史(「孤独のグルメ シリーズ」「昼のセント酒」)

   北畑龍一(「孤独のグルメ シリーズ(6,7)」)

   北尾賢人(作品不明)

音楽:久住昌之(「孤独のグルメ シリーズ」「花のズボラ飯」)

   ザ・スクリーントーンズ(「孤独のグルメ シリーズ」)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「Iターン」)

プロデューサー:小松幸敏(「孤独のグルメ Season7」「リーガル・ハート」)

        吉見健士(「孤独のグルメ シリーズ」「背徳の夜食 ※SP」)

        菊池武博(「孤独のグルメ シリーズ」「日本ボロ宿紀行」)

アソシエイトプロデューサー:川村庄子(「孤独のグルメ シリーズ」「ラストチャンス」)

原作:(作)久住昌之 (画)谷口ジロー孤独のグルメ

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume8/

 

  

ひとりキャンプで食って寝る

(10/18・テレビ東京・金曜24時52分)★★★

  

『ひとりキャンプ×食』をテーマにテレビ東京が誇る、グルメドラマの最新作が誕生!ひとりならではのキャンプと、キャンプの醍醐味でもある“食事”をテーマに、男女それぞれが気の赴くまま独自のキャンプを満喫する物語

 

木曜深夜のドラマもそうですけど、今期のテレ東、グルメドラマが多いですな(笑)

まぁそれくらい得意としてるとも言えますけども…

 

本作を視聴しようと思ったのは、単純に「企画が面白そうだなぁ」と。

キャンプを満喫する様子を、男女双方の視点で隔週交代形式で描く…って所が斬新。

 

出演:三浦貴大夏帆

脚本:冨永昌敬(「ディアスポリス -異邦警察-」「素敵なダイナマイトスキャンダル ※映画」)

   保坂大輔(「コードネームミラージュ」「Re:Mind」「ザンビ」)

   飯塚花笑(「ジャンクション29 ※映画」)

演出:冨永昌敬(「ディアスポリス -異邦警察-」「素敵なダイナマイトスキャンダル ※映画」)

   横浜聡子(「バイプレイヤーズ シリーズ」「神酒クリニックで乾杯を」)

音楽:荘子it (Dos Monos)(作品不明)

プロデューサー:大和健太郎(「セトウツミ」「デザイナー 渋井直人の休日」「サ道」)

        滝山直史 (「100万円の女たち」「デザイナー 渋井直人の休日」)

        横山蘭平 (「ディアスポリス」)

主題歌:Yogee New Waves「to the moon」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/hitoricamp/

 

 

土曜日

       

少年寅次郎(10/19・NHK総合・土曜21時)★★★

 

国民的映画「男はつらいよ」の主人公といえば、誰もが知ってる車寅次郎。 その生みの親である山田洋次監督が、出生の秘密から、戦争をはさんだ悪ガキ時代、そして最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つまでの14年間をドラマ化する。

 

これは初回を見てみない事には分かりませんが、

岡田脚本らしい温かみのある作品になれば良いなぁと。

 

出演:井上真央、毎熊克哉、泉澤祐希

作 :岡田惠和 (「ひよっこ シリーズ」「この世界の片隅に」「セミオトコ」)

演出:本木一博 (「軍師官兵衛」「わろてんか」「ベトナムのひかり ※SP」)

   船谷純矢 (「ドクターカー」「癒されたい男」「歌舞伎町弁護人 凛花」)

   岡崎栄  (「遥かなる絆」「あさきゆめみし」「戦艦武蔵 ※SP」)

音楽:馬飼野康二(「忍たま乱太郎 シリーズ ※アニメ」「教師びんびん物語」)

制作統括:小松昌代(「花燃ゆ」「ぬけまいる」「夢食堂の料理人 ※SP」)

     高橋練 (「チェイス 国税査察官」「まれ」「サギデカ」)

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/torajiro/

 

  

俺の話は長い(10/12・日本テレビ・土曜22時)★★★

 

30代でニート、親元にいる男子がざらに居る今の日本。「変わるのが怖い、しんどい」がゆえにヘリクツをこきまくるダメ男の奮闘や挫折やしょうもなさと、それに翻弄されながら絆を深めていく家族を笑いながら見守るコメディーホームドラマ

  

土曜に持ってこい!と言わんばかりの雰囲気を持つドラマが来ましたね。

30代でニートでも気軽に笑えるコメディとして成立するか?が気がかりですが、

「もみ消して冬」の金子脚本×中島演出なら、ある程度の面白さは確保出来るかと思います。

 

出演:生田斗真安田顕小池栄子

脚本:金子茂樹(「世界一難しい恋」「ボク、運命の人です。」「もみ消して冬」)

演出:中島悟 (「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「ドロ刑」)他

音楽:得田真裕(「家売るオンナ シリーズ」「アンナチュラル」「監察医 朝顔」)

チーフプロデューサー  :池田健司(「ドロ刑」「イノセンス」「ボイス」)

プロデューサー :櫨山裕子(「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「ゼロ」)

         秋元孝之(「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「ゼロ」)

主題歌:関ジャニ∞「友よ」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/orebana/

 

  

おっさんずラブ -in the sky-(11/2・テレビ朝日・土曜23時15分)★★★

 

去年の春、視聴熱ランキングでは常に上位に入り、Twitterの世界トレンドでも1位になる程の大ヒットとなった本作。現在もなお、映画が上映された事でブームが冷めやらない状態だが、その勢いに乗り、秋クールに連続ドラマとして再び帰って来る!

 

こちらは文字のみの予告で続編が発表されただけなので、まだ掴めない状態ですが…

うーん、下旬にもなって正式に発表されないとなると、

やはり某主要人物の交渉に時間がかかってるって事なんでしょうかねぇ。

 

映画はまだ見てません。キャストが変わらなければ★星4つですし、

ネットニュースにある「男女入り乱れての〜」な作風になるとすれば

★星3つになると思います。

 

9/27追記:

正式に発表され、サイトも掲載されましたね。

やっぱり口説けなかったかぁ…はるたんと部長以外は

キャストもガラッと変わるみたいです。

全体的に若干焼き直しのように感じるんですが、どうでしょう?

 

出演:田中圭吉田鋼太郎千葉雄大、戸次重幸 他

脚本:徳尾浩司 (「おっさんずラブ」「チア☆ダン」「テレビ演劇 サクセス荘」)

演出:瑠東東一郎(「おっさんずラブ」「黒い十人の女」「探偵が早すぎる」)

   Yuki Saito  (「おっさんずラブ」「昼のセント酒」「私のおじさん」)

   山本大輔 (「おっさんずラブ」「民王」「オトナ高校」「サイン」)

音楽:河野伸(「おっさんずラブ」「重版出来!」「東京独身男子」)

エグゼグティブプロデューサー:桑田潔(「劇場版 おっさんずラブ」「相棒 シリーズ」)

ゼネラルプロデューサー   :三輪祐見子(「おっさんずラブ」「べしゃり暮らし」)

プロデューサー   :貴島彩理 (「おっさんずラブ」「私のおじさん」)

           神馬由季 (「おっさんずラブ」「DOCTORS シリーズ」)

           松野千鶴子(「おっさんずラブ」「DOCTORS シリーズ」)

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/#/?category=drama

 

         

リカ(10/5・フジテレビ・土曜23時40分)★★★

 

「あなたはもう、私のもの」ー 職歴、年齢、住所、すべてを偽る主人公・リカは、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばぬ狂気的なストーカー。新オトナの土ドラがお届けする作品は、純愛モンスターが暗躍するサイコスリラー!

  

単純に、土ドラ枠にはお似合いの、実況向きのサスペンスだと思って

初回を見てみるつもりです。

主人公のキャラが立ってると良いけども。

 

出演:高岡早紀小池徹平(第1部)、大谷亮平(第2部) 他

脚本:牟田桂子 (「碧の海 〜LONG SUMMER〜」「恋がヘタでも生きてます」)

   嶋田うれ葉(「スミカスミレ」「大全力失踪」「ベビーシッター・ギン!」)

演出:松木創 (「ノンママ白書」「警視庁いきもの係」「癒されたい男」)

   菊川誠 (「警視庁いきもの係」「人生が楽しくなる幸せの法則」)

   下向英樹(作品不明)

音楽:(「」「」「」)

企画:市野直親(「さくらの親子丼 シリーズ」「火の粉」「それぞれの断崖」)

企画・プロデュース:栗原美和子(「美しき罠」「結婚相手は抽選で」「後妻業」)

プロデューサー:河角直樹(「碧の海」「やすらぎの郷」「さくらの親子丼2」)

        芳川茜 (「デイジー・ラック」「メゾン・ド・ポリス」)

主題歌:倖田來未「STRIP」

原作 :五十嵐貴久『リハーサル』『リカ』

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/rika/

 

 

日曜日

   

グランメゾン東京(10/20・TBS・日曜21時)★★★

 

木村拓哉が令和最初に挑むのは、 型破りなフランス料理シェフ!!慢心からすべてを失ったカリスマシェフが、世界最高の三つ星レストランを目指すという夢に再び向かう “大人の青春” をかけたヒューマンストーリー

  

まぁ…キャスト的にも脚本的にも、手堅く視聴率は取れるだろう…という印象。

天才役を長年演じられてきたキムタクが、本作でどれだけ「挫折を味わう姿」を

見せる事になるかに、注目していきたいです。

 

出演:木村拓哉鈴木京香

脚本:黒岩勉(「僕のヤバイ妻」「モンテ・クリスト伯」「メゾン・ド・ポリス」)

演出:塚原あゆ子(「リバース」「アンナチュラル」「グッドワイフ」)

   山室大輔 (「空飛ぶ広報室」「ごめんね青春!」「天皇の料理番」)

   青山貴洋 (「ブラックペアン」「下町ロケット(2018)」「インハンド」)

プロデューサー:伊與田英徳(「下町ロケット シリーズ」「陸王」「ノーサイド・ゲーム」)

        東仲恵吾 (「重版出来!」「99.9(2018)」「グッドワイフ」)

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/

 

     

ニッポンノワール−刑事Yの反乱−

(10/13・日本テレビ・日曜22時30分)★★★ ←リタイア

 

SNSで大きな話題を呼んだ「3年A組」から半年後が舞台となった本作。一人の刑事が巨悪に反乱を起こす、究極のアンストッパブル・ミステリーがここに開幕!

 

「3年A組」繋がりの作品。

個人的にはあまりハマれなかったので(理由はこちら)

半年後が描かれると聞いてちょっと不安ではあるんですが…

とりあえず、シリアスな作りに見せといて、緩いパートの挿入で

テンポがもたつく事がありませんように!!

(huluへ誘導する事に対するツッコミはもう諦めました(笑))

 

出演:賀来賢人広末涼子井浦新

脚本:武藤将吾(「家族ゲーム」「怪盗 山猫「3年A組」

演出:猪股隆一(「家売るオンナ シリーズ」「ボク、運命の人です。」「崖っぷちホテル!」)

音楽:松本晃彦(「怪盗 山猫」「崖っぷちホテル!」「3年A組」

チーフプロデューサー :西憲彦  (「地味にスゴイ!」「家売るオンナの逆襲」「偽装不倫」)

プロデューサー:福井雄太 (「怪盗 山猫」「ボク、運命の人です。」「3年A組」

        柳内久仁子(「家売るオンナ シリーズ」「崖っぷちホテル!」)

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/NNY/

 

                               

番外編

 

生田家の朝 2019秋(10/1・日本テレビ・月〜金曜7時50分頃)★★★

 

本作は、どこにでもいるフツーの家族の朝の話。お茶の間とテレビの中が合わせ鏡のように同じ時間軸で進む7分間。日常に起こる小さな事件…小さな幸せを描く。

 

この家族の日常を1年通して見てみたいな〜と当時は思っていましたが、

放送時期をずらして全20話の続編として帰ってくるとは!ちょっと嬉しいです。

「あるある〜!」と言いつつ、気軽に楽しみます。

 

出演:ユースケ・サンタマリア尾野真千子、関谷瑠紀、鳥越壮真

脚本:バカリズム(「生田家の朝」「素敵な選TAXI」「黒い十人の女」)

演出:狩山俊輔 (「生田家の朝」「ど根性ガエル」「俺のスカート、どこ行った?」)

   水野格(「サバイバル・ウェディング」「俺のスカート、どこ行った?」)

劇伴:岡出莉菜 (「たまゆら ※映画」「インベスターZ」)

チーフプロデューサー :池田健司(「生田家の朝」「ドロ刑」「イノセンス」「ボイス」)

プロデューサー:小田玲奈(「生田家の朝」「家売るオンナ シリーズ」「地味にスゴイ!」)

        鈴木香織(「生田家の朝」「東京タラレバ娘」「白衣の戦士!」)

        森雅弘 (「生田家の朝」「地味にスゴイ!」「偽装不倫」)

主題歌:福山雅治「いってらっしゃい」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/asadora/

 

 

スカーレット(9/30・NHK総合・月〜土曜8時)★★

 

大阪という大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いによって成長してきた主人公・喜美子。信楽へ引っ越した喜美子は、地元の信楽焼に惹かれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む…大きな混乱が待ち受けながらも、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく物語。

  

朝ドラは長丁場だから、予告でいくら面白そうだと思っても

あんまり期待してはいかんのだと、最近では言い聞かせてる状態ですから…。

とにかく、続きが見たいという気持ちにさせられたら良いですよね。

 

出演:戸田恵梨香北村一輝富田靖子

作 :水橋文美江(「ホタルノヒカリ シリーズ」「母になる」「みかづき」)

演出:中島由貴 (「平清盛」「逃げる女」「アシガール」)

   佐藤譲  (「バケモノの子」「俺物語!!」「ちはやふる -結び-」※全て映画)他

制作統括:内田ゆき(「カーネーション」「ごちそうさん」「アシガール」)

プロデューサー:長谷知記(「八重の桜」「わろてんか」「不惑スクラム」)

主題歌:Superfly「フレア」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/310377.html

 

                                       

視聴未定なドラマ 

 

チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜

(10/3・日本テレビ・木曜23時59分)

 

極悪詐欺師たちをぶった切るニューヒロインが誕生!しかし、彼女も「売れないアイドル」であるという秘密を抱えていた…本作はそんな”嘘”が散りばめられた”嘘まみれ”の痛快エンターテインメントをお届けする。

 

キャストは割と良い所を押さえられてる感じなので…

初回は多分見るかな?どうしようかな〜?

 

出演:本田翼、金子大地、風間俊介

脚本:松本美弥子(「科捜研の女 シリーズ」「花にけだもの シリーズ」「正義のセ」)

   山下すばる(「1ページの恋」)他

監督:湯浅典子 (「ヒガンバナ シリーズ」「限界団地」「青春カレイドスコープ ※映画」)

   安見悟朗 (「将棋めし」「パフェちっく!」「神ちゅーんず」)他

音楽:吉俣良(「花にけだもの シリーズ」「不便な便利屋」「ごめん、愛してる」)

チーフプロデューサー :前西和成(「探偵が早すぎる」「わたし旦那をシェアしてた」)

プロデューサー:中山喬詞(「眠れぬ真珠 ※SP」「探偵が早すぎる」)

        髙石明彦(「花にけだもの シリーズ」「東野圭吾 手紙 ※SP」)

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/cheat/

 

  

決してマネしないでください。

(10/26・NHK総合・土曜23時30分)

 

天才も人の子だし、恋に悩む時もある…工科医大を舞台に、主人公・掛田理の恋路をさまざまな科学実験や偉人のエピソード、理系大学のあるあるネタと絡めて描いたラブコメディ

 

いつもの如く、土曜の深夜ドラマは3本被っているので、

本作はこっちのコーナーに入れちゃいましたが…。

面白い作品続きの「よるドラ」枠なので、

今までとは異色でも、ただのラブコメではないんだろうと踏んでいます。

初回は見るかなぁ…?

(3本のどれか1本でも良いから、違う時間に異動して欲しい(切実))

 

出演:小瀧望、馬場ふみか、ラウール 他

脚本:土屋亮一(「ウレロ☆ シリーズ」「また来てマチコの、恋はもうたくさんよ」)

   福田晶平(「HiGH&LOW シリーズ」「また来てマチコの、恋はもうたくさんよ」)

   鎌田順也(作品不明)

演出:片桐健滋(「増山超能力師事務所」「ルームロンダリング」「きのう何食べた?」)

   榊英雄 (「まかない荘 シリーズ」「満願 第2夜 ※SP」「ぼくらのショウタイム」)

音楽:石塚徹(「ワカコ酒 シリーズ」「増山超能力師探偵事務所」「男の操」)

   Soma Genda   (「GOZEN -純恋の剣- ※映画」)

   Hayato Yamamoto(作品不明)

   Teje  (「アンダー・ユア・ベッド ※映画」)

制作統括:谷口卓敬(「男の操」「デイジー・ラック」「ベビーシッター・ギン!」)

     八木亜未(「まかない荘 シリーズ」「下剋上受験」「ぼくらのショウタイム」)

原作:蛇蔵『決してマネしないでください。』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/ketsumane/

 

                                      

まとめ

 

以下、視聴予定の19作品です。

 

・シャーロック(フジ・月9)

・ハル〜総合商社の女〜(テレ東・月10)

・まだ結婚できない男(フジ・火9)

・G線上のあなたと私(TBS・火10)

・同期のサクラ(日テレ・水10)

・死役所(テレ東・水深夜)

・ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(テレ朝・木9)

・モトカレマニア(フジ・木10)

・ミス・ジコチョー 〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜(NHK総合・金10)

・4分間のマリーゴールド(TBS・金10)

時効警察はじめました(テレ朝・金11)

孤独のグルメ Season8(テレ東・金深夜)

・ひとりキャンプで食って寝る(テレ東・金深夜)

・少年寅次郎(NHK総合・土9)

・俺の話は長い(日テレ・土10)

おっさんずラブ Season2(テレ朝・土11)

・リカ(フジ・土11)

・グランメゾン東京(TBS・日9)

・ニッポンノワール –刑事Yの反乱–(日テレ・日10)

 

 

期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 シャーロック(フジ・月9)

2位 時効警察はじめました(テレ朝・金11)

3位 死役所(テレ東・水深夜)

4位 ミス・ジコチョー 〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜(NHK総合・金10)

5位 まだ結婚できない男(フジ・火9)

 

 

各ドラマに対する期待度のコーナーから読んでくださった方は

何を書くか薄々お気づきだと思いますが…

今期はとにかく「続編」「あのスタッフが再集結」な作品が多い!!

 

見る範囲内に関係なく、前者は「まだ結婚できない男」「相棒」「科捜研の女

「ドクターX」「カクホの女」「時効警察はじめました」「孤独のグルメ

おっさんずラブ」「生田家の朝」と9作品あるし(テレ朝は全部続編モノですなw)、

後者は「シャーロック(「モンクリ」スタッフ)」

「G線上のあなたと私(「あなそれ」スタッフ)」「同期のサクラ(「カホコ」スタッフ)」

「俺の話は長い(「もみ冬」スタッフ)」「ニッポンノワール(「3A」スタッフ)」と

5作品ある状態。

 

それに加えて、個人的に以前の某作品と似てる感じがする「ハル」「モトカレマニア」

「4分間のマリーゴールド」の3作品もとなると…

良くも悪くも手堅いクールで、

別の解釈をするなら、「当時あの作品を見てた」「あの作品の雰囲気が大好きだった」

視聴者を狙って作られた作品が多いクールでもあるのかな、と思います。

 

ちなみに、私自身の今後の感想記事の更新についての簡単なお知らせなのですが、

諸事情で生活スタイルが変わりまして、もしかしたら最後まで書き切れない作品や

更新が遅くなる作品が出てくるかもしれない…という事だけお伝えしておきます。

と言っても、今の段階では、更新に影響があるのは月曜だけですが。

(今後は月9か月10のどちらかを書こうと思っています)

また状況が変わりましたら、改めてお知らせするかと!

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

秋クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました 感想|ジェットスターへの熱い風評被害。

 

f:id:rincoro_ht:20190924232537p:plain

 

特別協力:Jetstarって書いてあったけど…

これ、自社の宣伝になったん?

私的には、新人パイロットやキャビンクルーがどんなに訓練をして頑張った所で、

乗客にロクな人がいなければその努力はパーになる、みたいな

教訓のようなドラマに映ったんですけど…(苦笑)

少なからず、これを見て格安飛行機に乗ってみたい!って人はほぼ出てこないでしょうし、

逆に飛行機に乗るのが怖いイメージがより広まっちゃったでしょうね。

良いのか?それで。

 

で、永瀬廉くんを始めとした未来有望な若手俳優(女優)が揃うキャストからして、

新人がそれぞれに頑張っていく群像劇テイストになるし、

初日に主人公が遅刻してくるとか機内ハプニングとか

ベタな要素をいっぱい見る事にもなるんだろうな〜と思ってはいたんですけども…

内容もまぁ〜予想通り「一昔前に見た!」が多くて。

千空(永瀬廉)たちを煽ってくる女性3人組は「ショムニ」を思い出しちゃったし。

高山(黒島結菜)が良い人風に見せかけて上司に通報して

二人が「ええ〜っ」って驚く時のカメラのドーン!感ある引き方も

最近のドラマでは見ない手法過ぎて笑っちゃいましたw

曲がり角でぶつかって運命の出会い…主人公には当たりの厳しい上司(でも甘い)…

目に触れるもの何から何までベタで逆に清々しい。

 

しかし、若手の出世作にしようとしてキャストに力を入れたのが原因なのか、

LCCの大人側(先輩・上司)のキャストが真飛聖さんと大倉孝二さんしか

いなかったのが不自然だと感じてしまうのもあって。

機内に新人4人が揃って、先輩が1人しかいないなんてあり得ない…

もう少し中堅かベテランどころを押さえれば良いのになぁと思いました。

 

構成自体も、群像劇とはいえ、後半は高山に関するエピソードが重点的に描かれたお陰で

主人公は誰?何を一番に描きたいの?などと話が霞むし。

成長を描くには2時間では駆け足過ぎるほどの展開で、

個人的には残念さが漂うSPではありましたが…

まぁ…ベタな要素に関しては、

私が「アテンションプリーズ」とか映画の「ハッピーフライト」を見てきたように、

「航空ドラマとの出会いは誰もが通る道」ではないけれど

今の世代に向けられた作品だったと思えば良いでしょうかね。

そして、今の世代がいつか歳を取り、また同じジャンルのドラマが出てきた時に

ベタだな〜…前に見た事あるな〜とツッコみながら見る。

そうやって時代は回って行くのだ…って事で(笑)

 


TSUTAYA DISCUS & TSUTAYA TVのおすすめ

はじめに

今回は言わずもしれたCD・DVDレンタルショップのTSUTAYA(ツタヤ)で提供しているサービスをご紹介します。実は動画配信サービスも展開しているのはご存知でしたか?

TSUTAYA DISCUSとは

DVD、Brue-ray、CDをネットでレンタルし放題のサービスです。

別料金にはなりますが、コミックもレンタルすることができます。

通常ですと店舗まで出向いて借りるのが普通だと思いますが、本サービスはネット+ポストで完結するのが良いです。

送料や延滞料は一切発生しないのもポイント!

料金プラン

細かくプランが分かれていますので、簡単に一覧をご紹介。

プラン定額レンタル4定額レンタル8定額レンタル16定額レンタル24
一ヶ月に
借りれる枚数
4枚8枚
+
旧作借り放題
16枚
+
旧作借り放題
24枚
+
旧作借り放題
一度に届く枚数2枚2枚4枚6枚

定額レンタル8以上のプランの場合、規定枚数(例えば定額レンタル8なら月8枚)を超えても旧作・まだまだ話題作、を借り放題なので、おすすめは定額レンタル8以上のプランです。

TSUTAYA DISCUSのメリット

  • 新作が大量に見れる
  • ラインナップが超豊富
  • 在庫もたくさん
  • CDが借りれる
  • 高画質のBlue-rayで視聴できる
  • レンタルビデオ店に行く必要がない
  • アダルトももちろん借りれる
  • 送料・延滞金は一切かからない

TSUTAYA DISCUSのデメリット

  • 動画を見たい時にすぐ見れない
  • 一度に大量にレンタルできない
  • 返却手続きがやや面倒
  • DVD、Brue-rayプレイヤーがない環境では視聴できない

実はデメリットを補えるサービスがありますので、次項でご紹介します!

TSUTAYA TV とは

先程はレンタル品の郵送があるサービスでしたが、こちらはオンラインで動画配信してくれるサービスです。

類似したサービスですと、HuluやU-NEXTなどが有名でしょうか。

PC、スマホ、テレビなど、あらゆる端末から視聴可能なので、場所を問わず見たい時にすぐ動画を見ることができます。

動画をダウンロードしておいて、オフライン環境で視聴することも可能です。

TSUTAYA TV の料金について

TAYA TVの基本情報
月額料金(税抜)933円
見放題タイトル数約10,000
(新作・準新作除く)
動画ポイント毎月1,080ポイント
無料お試し期間30日間

メリット

  1. 毎月1,080円分のポイントが貰える
  2. 成人向けコンテンツが見放題 #男性向け
  3. 宅配レンタルのTSUTAYA DISCASもセット利用可能
  4. Tポイントが貯まる・使える

デメリット

  1. 一般作品が見放題作品のラインナップが少なめ
  2. ダウンロード再生がレンタル作品しかできない
  3. HD画質対応だがSD画質までの作品が多い
  4. 複数端末を使って同時視聴はNG
  5. 支払い方法はクレジットカードのみ
  6. 複数サービスが混在していてわかりにくい

まとめ

今回はTSUTAYAが提供するサービスについて、ご紹介しました。

今なら無料でトライアルできるチャンスがありますので、もしご興味があれば以下のリンクよりお試ししてみて下さい。

TSUTAYA DISCAS